らすとるむ さん プロフィール

  •  
らすとるむさん: 万年筆おやじの備忘録
ハンドル名らすとるむ さん
ブログタイトル万年筆おやじの備忘録
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nekopen23/
サイト紹介文万年筆の歴史や構造に興味深々なコレクター気質が抜けきらない愛好家です。最近はペン習字にも嵌る。
自由文ビンテージ万年筆が好きで、古いウォーターマンとペリカンが専門です。モンブラン、オノト、スワンは少々。
パーカー、シェーファーなどはそれなりに・・。
万年筆がメインですが。機械式時計、オンロード・ラジコン、西洋音楽などに興味を持っていました。
最近はペン習字に嵌っていますが、万年筆の調整から修理、大改造まで、万年筆のスペシャリストを目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供740回 / 365日(平均14.2回/週) - 参加 2014/07/01 18:49

らすとるむ さんのブログ記事

  • フレックスペンの考察 その7
  • 前回の水道橋やペントレでフレックス万年筆の話題が出ました。以前ほどではないが、フレックスに興味がある方がおられるようでした。まあ、フレックスペン自体が絶滅危惧種みたいなものだから・・・。フレックスペンの正しい情報などが伝わり難いように思えます。だから、現時点での私なりのフレックスペンの考察を書き残しておきたい。今回からビンテージ・ペリカンです。ビンテージ・PELIKANPELIKAN#100、#400.#140(黒軸)、 [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸その25
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「集」から「襲」までの6字が今日の課題です。「集」と「襲」はバラン [続きを読む]
  • 「号外」第17回 ペントレ TOPICの問題50問
  • 師匠のブログに第17回 ペントレ TOPICの問題50問が出ていました。今年は調整が有ったので参加できませんでしたのでこの場で挑戦してみました。内容がすこぶる面白く・・・難問もありますが、よい問題だなあ〜と感心しました。だから・・・勝手に持ってきてしまって師匠すみません!問題は以上の50問です(拡大してみてください)そのうち、模範解答が示されるはずですが・・・。参加できなかった私の回答を示しておきます。1 [続きを読む]
  • フレックスペンの考察 その6
  • 前回の水道橋やペントレでフレックス万年筆の話題が出ました。以前ほどではないが、フレックスに興味がある方がおられるようでした。まあ、フレックスペン自体が絶滅危惧種みたいなものだから・・・。フレックスペンの正しい情報などが伝わり難いように思えます。だから、現時点での私なりのフレックスペンの考察を書き残しておきたい。MONTOBLANC 244 G昨日の後期型の244とは違って前期型の244は1948〜1949年製らしい。かろうじて [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その24
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「終」から「衆」までの6字が今日の課題です。「羞」と「週」はバラン [続きを読む]
  • フレックスペンの考察 その5
  • 前回の水道橋やペントレでフレックス万年筆の話題が出ました。以前ほどではないが、フレックスに興味がある方がおられるようでした。まあ、フレックスペン自体が絶滅危惧種みたいなものだから・・・。フレックスペンの正しい情報などが伝わり難いように思えます。だから、現時点での私なりのフレックスペンの考察を書き残しておきたい。MONTOBLANC 244この出べそがMONTOBLANC 24X の特徴ですね!MONTOBLANC 24450年代のモンブラ [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その23
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「宗」から「袖」までの6字が今日の課題です。「宗」と「臭」はバラン [続きを読む]
  • WATERMAN 第五世代の軸刻印 (グローブ後期)
  • 先日のペントレで感じたこと・・・・フレックスに興味を持たれた方がおられた・・・。万年筆の初期段階に興味を持たれた方がおられた・・・・?まあ、この2点に関しては自分の最も好きな分野なので今後取り上げる予定です。さて、万年筆の初期段階と云いますとL.E.WATERMANが1884年に毛細管現象を利用した万年筆を開発したことから始まります。WATERMAN 第5世代の軸刻印 (グローブ後期)前回までにWATERMANの初期の物、1900年代 [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸その22
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「収」から「周」までの6字が今日の課題です。「舟」と「秀」はバラン [続きを読む]
  • WATERMAN 第四世代の軸刻印 (グローブ前期)
  • 先日のペントレで感じたこと・・・・フレックスに興味を持たれた方がおられた・・・。万年筆の初期段階に興味を持たれた方がおられた・・・・?まあ、この2点に関しては自分の最も好きな分野なので今後取り上げる予定です。さて、万年筆の初期段階と云いますとL.E.WATERMANが1884年に毛細管現象を利用した万年筆を開発したことから始まります。WATERMAN 第四世代の軸刻印 (グローブ前期)前回までにWATERMANの初期の物、1890年 [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸その21
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「受」から「樹」までの6字が今日の課題です。「呪」と「需」はバラン [続きを読む]
  • 江川遊歩道 2017年5月14日 後編
  • 先日のヤフーニュースに地元の江川遊歩道のカルガモ親子の画像が載っていました。きっと、愛鳥週間とかに絡めた企画なんでしょうかね?。にわかに江川遊歩道にカルガモ親子見物の人が増えたような気がする・・・(笑)。まあ、このカルガモ親子は1羽も欠けることなくすくすくと成長しているのがめずらいことです。気になったことは、大型魚、カラス、ヘビに食われるとか書いてあったような気がした。実際どうなのか・・・現状を見 [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸その20
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「珠」から「寿」までの6字が今日の課題です。「腫」と「趣」はバラン [続きを読む]
  • 江川遊歩道 2017年5月14日 前編
  • 先日のヤフーニュースに地元の江川遊歩道のカルガモ親子の画像が載っていました。きっと、愛鳥週間とかに絡めた企画なんでしょうかね?。にわかに江川遊歩道にカルガモ親子見物の人が増えたような気がする・・・(笑)。まあ、このカルガモ親子は1羽も欠けることなくすくすくと成長しているのがめずらいことです。気になったことは、大型魚、カラス、ヘビに食われるとか書いてあったような気がした。カラスが襲うことはあるような [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸その19
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「守」から「殊」までの6字が今日の課題です。「守」と「朱」はバラン [続きを読む]
  • フレックスペンの考察 その4
  • 前回の水道橋やペントレでフレックス万年筆の話題が出ました。以前ほどではないが、フレックスに興味がある方がおられるようでした。まあ、フレックスペン自体が絶滅危惧種みたいなものだから・・・。フレックスペンの正しい情報などが伝わり難いように思えます。だから、現時点での私なりのフレックスペンの考察を書き残しておきたい。PILOT 14K戦後初の本格的な金ペンの万年筆でした。この頃は、驚くことに大概の万年筆が普通に [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その18
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「爵」から「主」までの6字が今日の課題です。「爵」と「手」はバラン [続きを読む]
  • フレックスペンの考察 その3
  • 前回の水道橋やペントレでフレックス万年筆の話題が出ました。以前ほどではないが、フレックスに興味がある方がおられるようでした。まあ、フレックスペン自体が絶滅危惧種みたいなものだから・・・。フレックスペンの正しい情報などが伝わり難いように思えます。だから、現時点での私なりのフレックスペンの考察を書き残しておきたい。PILOT 14K戦後に金ペンが復活した直後のPILOT製万年筆です。驚くことに・・・この頃はどれで [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その17
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「邪」から「釈」までの6字が今日の課題です。「尺」と「酌」はバラン [続きを読む]
  • フレックスペンの考察 その2
  • 前回の水道橋やペントレでフレックス万年筆の話題が出ました。以前ほどではないが、フレックスに興味がある方がおられるようでした。まあ、フレックスペン自体が絶滅危惧種みたいなものだから・・・。フレックスペンの正しい情報などが伝わり難いように思えます。だから、現時点での私なりのフレックスペンの考察を書き残しておきたい。フレックスペンの考察昨日はおおまかなフレックスペンの時代と生産国の分布にふれました。昔か [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その16
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「捨」から「謝」までの6字が今日の課題です。「斜」と「遮」はバラン [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その15
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「写」から「射」までの6字が今日の課題です。「写」と「射」はバラン [続きを読む]
  • WATERMAN #12 その2
  • さて、万年筆の初期段階と云いますとL.E.WATERMANが1884年に毛細管現象を利用した万年筆を開発したことから始まります。それで、手持ちのウォーターマンの軸刻印の古い順に紹介していますが・・・。一番古い軸刻印が”グローブレス2行刻印”といわれるもので・・・19世紀末のものです。WATERMAN #12これは・・・いわゆる・・・WATERMAN #12です。WATERMAN #12コーンキャップのアイドロッパーで2号ニブ搭載の万年筆・・・・WATE [続きを読む]
  • 「更新2」PLATINUM #3776 青軸 その14
  • ペン爺の味方」は・・・最近ではいろいろ詰め込みすぎたので・・・。原点回帰して・・・趣味のペン習字みたいなゆるいものにしたい。「書順」だけになりましたが、また、しばらく、お付き合いください。さて、メインの万年筆は本日、4月28日からPLATINUM #3776 青軸 に変わりました。自分でセレクトした万年筆だから下手な文字は書けないので今日も必死です。「湿」から「芝」までの6字が今日の課題です。「漆」と「実」はバラン [続きを読む]
  • WATERMAN #12 その1
  • さて、万年筆の初期段階と云いますとL.E.WATERMANが1884年に毛細管現象を利用した万年筆を開発したことから始まります。それで、手持ちのウォーターマンの軸刻印の古い順に紹介していますが・・・。一番古い軸刻印が”グローブレス2行刻印”といわれるもので・・・19世紀末のものです。WATERMAN #12いわゆる・・・WATERMAN #12です。WATERMAN #12コーンキャップのアイドロッパーで2号ニブ搭載の万年筆・・・・WATERMAN #12WATE [続きを読む]