龍戒 さん プロフィール

  •  
龍戒さん: 京都の霊能者 龍戒
ハンドル名龍戒 さん
ブログタイトル京都の霊能者 龍戒
ブログURLhttp://hottoman8823.blog.fc2.com/
サイト紹介文霊能者の視点で、心霊現象や不思議な出来事について書いていきます。除霊・浄霊についても書いていきます。
自由文霊能師の龍戒です。
昭和31年生まれ。
ヒーリング、霊視、透視、浄霊、
邪気払い、加持祈祷を行っています。

少しでも、原因不明の現象でお悩みの方の力になれたらと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/07/03 09:38

龍戒 さんのブログ記事

  • 霊能者の霊視 透視 によって苦しみの原因がわかることもある
  • 「病院に行ったけれど、原因がわからない。つらくて我慢できない」このようなケースがたまにあるかと思います。十か所以上の病院を転々として、ようやく原因を特定できたというケースも少なくありません。女優の奈美悦子さんも全身に激痛が走る病に悩まされ、数々の医療機関を転々とした結果、ようやく原因を特定できて、治療を行って回復したことを語られています。この前もテレビで骨折で運ばれてきたお子さんが単なる骨折として [続きを読む]
  • プライドが高い 自尊心が高い
  • プライド、自尊心。それは多かれ少なかれ誰にしもあります。しかし、それが暴走してしまうと、良いことは自身の手柄とし、悪いことはすべて他人の責任にしてしまいます。小さなプライドを守るために必死になって周囲に攻撃的になれば、多くの信用を失いかねません。 [続きを読む]
  • 嫁と姑のトラブル 悪い波動 負のエネルギー 
  • 嫁と姑のトラブルこちらもよくあるご相談の一つです。何かにつけてお姑さんが監視人のように一言二言述べてくる。正しいことならともかく、首をかしげてしまう内容が多いと聞きます。これは「大切な息子を持っていかれた」という母親の寂しさや嫉妬をお嫁さんにぶつけるため、一時的に起きるものだという考え方があります。しかし、いつまでたってもこのような状態が続いてしまうと、お嫁さんにとっては大変なストレスであり、結婚 [続きを読む]
  • 長年の神経痛からの解放
  • 早いものでもう3月の中旬ですね。写真は2か月前に京都に大雪が積もったときの物です。この時は本当に公共交通機関が乱れて大変でしたね。それにしても、季節の移ろいが早い早い。3月中旬の今でもまだまだ寒い日があって、気分は陽気になりませんね。そして、暖かくなればなるほど、今度は花粉が大量に飛散するので憂鬱になります。さて、ここ1か月は原因不明の痛みに関して色々なご依頼がありました。肩こり、腰痛、節々の痛み、 [続きを読む]
  • 職場の人間関係 相手の言動 発言に対してイライラする
  • 職場の人間関係でのお悩みに関してです。職場の同僚(ここではAさんとします)の発言や言動に関し、一々気になったり、イライラしてしまうというご相談がよくあります。職場にいる他の同僚の言動は全く気にならないのに、Aさんの発言や提案に対してはやたらとイライラしてしまうというわけです。このような場合、大抵はそのAさんに大量の邪気が憑いていたり、因縁があったりします。つまり、ピュアで且つ霊的なものに敏感な人の場 [続きを読む]
  • メニエール病 お祓い 除霊 浄霊 鑑定
  • 「めまいがする」これはいわゆるメニエール病と呼ばれるものだそうです。当方に来られたある医療関係者の方から「めまいを訴える患者さんの多くは何度も何度も点滴を打ちに来られます。正直、対処に悩みます」といったご意見を耳にしたことがあります。理論上は正しいとされる治療を施しても、一向によくならないため、苦慮されているということですね。実は、霊障の症状でめまいは件数としては多いのです。「頻繁にめまいが起こる [続きを読む]
  • 受容できるようになった 邪気払いの効果
  • 邪気払いを受けられた方から多くいただくご感想のひとつに「受容力が身に付いた」といった効果があげられます。例えば、前までは「周囲の些細な言動に対して心が大きく動揺していたのが、邪気払いを受けてから動揺しなくなった」といったような感じです。他にも「職場での不安感がほとんどなくなった」などがあります。これらを鑑みると、邪気は迷いを生じさせる苦の要素なのかもしれませんね。邪気という名の苦を取り除くことによ [続きを読む]
  • イライラしている人が多い世の中って?
  • 最近はモンスターがしばしばメディアに取り上げられます。モンスターペアレントやモンスターペイシェント。学校の先生にキレたり、病院の先生にキレる。無論、キレる理由も理不尽であることが前提です。上記に限らず、駅中に公共施設、交通機関、会社に、どこに行ってもイライラ感をよく感じます。当方に来られている方からもしばしば「街ゆく人に霊や邪気だらけの人をいっぱい見かける」といったお声をいただきます。現代人は自然 [続きを読む]
  • なぜあの人気店が閉店? 土地のお祓い お清め 浄化
  • 最近、「土地を視てください」といったご依頼が多くございます。なので本日はそれに関するお話をさせていただきます。街中を歩いていると、「人気だったお店が突如閉店」といったことがあります。そこには一身上の都合を除いて実に様々な事情があります。繁盛していても、経費諸々で毎月赤字でついには閉店ということもありますし、近隣住民とのトラブルや従業員とのトラブルなどが原因になることもあります。それらの悪因はもちろ [続きを読む]
  • 化け物そのものの霊
  • 久々に武士以外で化け物そのものの霊を見たので書いてみます。特徴は髪の毛がボサボサで顔が髪で見えず、男女かどうかは不明(性別不明)かなり古い時代の霊で怨念がすさまじい・・・成仏できないって損ですね。 [続きを読む]
  • 霊障による感情と言語の変化
  • 霊障による主な症状のひとつに感情と言語の変化があります。それを以下に示します。・突然キレる・常に怒りっぽい状態・悲しそう・わけもなく涙が出てくる・生気を感じられない・見るからに病んでいる・意味不明あるいは支離滅裂な言動を連発する上記のような症状が出ていて、悩まれている方は一度霊障を疑ってみてください。また、本人に自覚がないケースが多いので、身内や知り合いにそういった方がいらっしゃる場合も気にかけて [続きを読む]
  • カール・ユングの金言を考える
  • 心理学の巨人カール・グスタフ・ユングはこのような金言を残している。「私は神を信じない。神を知っている。」これは神を信じるか否かを問われた際の彼の答えである。この金言を知って私の内に歓喜が起こった。と同時に落胆した。なぜ落胆したのか?それは現在進行形でこの問いが繰り返されているからだ。日本ではもっと酷いとさえ思う。「霊なんて本当にいると思ってんの?」「多分いないと思うわ。迷信迷信。」老若男女問わずこ [続きを読む]
  • 徳がない人間が倫理観に欠ける行動を取ると責められる
  • 昨年は不倫の話題がよく上りましたね。鑑定してきた経験上、不倫している人間はろくなものを持ち合わせていません。変な色情因縁に邪気もたっぷりだったり・・・。さて、芸能界を見ていると、不倫を理由にかなりバッシングを受けて休業を余儀なくされるような芸能人もいれば、何事もなかったかのようにテレビに出演をし続け、視聴者からも苦情がほとんど出ない方もいらっしゃいます。両者には何の違いがあるのかを霊的な視点で考え [続きを読む]
  • 精神を整える。心を磨く言葉。
  • 心が貧しい人間というのは以下の様である。自分が他人にしてあげたこと他人にされたことは事細かに覚えているが、自分が他人にしてしまったこと、自分が他人にしてもらったことはほとんど全く覚えていないものである。 [続きを読む]
  • 下御霊神社 清らかな井戸水が湧く
  • 下御霊神社平安初期の863年に神泉苑で行われた御霊会で祀られた崇道天皇(早良親王)伊予親王藤原吉子藤原広嗣橘逸勢文屋宮田麻呂の六座に吉備聖霊火雷天神を加えた八座、即ち八所御霊を出雲路(上京区)の地に奉祀したのが始まりである。いずれも無実の罪などにより、非業の死を遂げた人物で、疫病流行や天変地異はこの怨霊によるものと考えられ、それを鎮めるために御霊が祀られた。当初。御霊神社(上御霊神社)の南にあったこ [続きを読む]
  • 解剖実習でふざけていた医師に起きた霊障
  • 新年のご挨拶の記事を投稿したのですが、なぜかしら反映されていませんでした(゚д゚)というか、まるごと消えてましたヾ(o´∀`o)ノシステム障害で痛い目に遭うケースがあります。ネットも便利ですが、そういった点は気を付けたいですね。今年は色々ありそうです。「あの時は間違っていると思ったけど、結果的に良かった」というような方向へと世界的に進んでいってくれたら良いと思います。特にアメリカさま。日本でも小池百合子さ [続きを読む]
  • 口腔乾燥症 ドライマウスは霊障かもしれない
  • 霊障の中で「のどが異常に渇く」という症状は有名です。霊は水を特に欲しがるようで、人に憑依すると水を大量に憑依者に飲ませて、自らもその気を取り込もうとするのかもしれません。さて、ひどくなると、喉が渇くという症状を通り越してしまう場合がございます。その症状は口腔乾燥症(ドライマウス)と呼ばれ、唾液の分泌が極端に少なくなる状態です。そうなってくると、口の中が常に乾燥したような状態となり、虫歯や歯周病の原 [続きを読む]
  • うつ病 不安障害などの精神の不調とスピリチュアル
  • 日本における精神疾患による患者数は300万人を超えています。潜在的な患者を含めると、その数はかなりのものになると推測されます。では精神疾患を患った時にひとまずどうするか?まずは普通の内科を受診、あるいはいきなり心療内科・精神科に行くのが一般的でしょう。受診するとその日のうちに何らかの病名が付き、次回の診察の際に病名を告げられるでしょう。そして、処方箋などによる治療が開始されます。受診した病院で症状 [続きを読む]
  • いくら寝ても寝足りない 居眠り 原因不明 
  • いくら寝ても寝足りない。昼間の眠気で仕事に支障をきたしている。このように、睡眠時間をいくら取っても眠気が引くどころか、さらに寝入ってしまいたいぐらい眠い症状が存在します。この場合、肝機能の数値などに重きが置かれるようですし、精密検査も場合によっては行われるでしょう。ところが、それでも原因が判明しないとなると、どうしようもなくなってきます。実は「いくら寝ても寝足りない」といった症状は霊障の典型例です [続きを読む]
  • 高雄 神護寺 紅葉 2016
  • 朝晩がとても寒くなってきました。京都は紅葉真っ盛り。散り始めているところもあるようで。さて、本日は数日前に行ってきた高雄の神護寺の紅葉模様を載せていきます。神護寺は和気清麻呂によって創建され、のちに弘法大師空海が14年間住職を務め、袈裟御前を殺したことを悔いた遠藤盛遠が文覚と名乗って、荒廃していた当寺を再興した奥深い歴史があります。その歴史を振り返っていきましょう。空海と最澄の決別伝教大師最澄は弟子 [続きを読む]
  • 崇道神社 京都 上高野
  • 崇道神社「ついに来たか」そんな言葉が思わず心に浮かびます。社名の通り当ブログに前々から登場していた崇道天皇が祀られています。これまでの神社では崇道天皇を含めた、複数の怨霊と呼ばれる歴史上の人物を祀っていましたが、当社は崇道天皇のみを祭神としています。崇道天皇とは追号であり、元は早良親王です。早良親王は光仁天皇・高野新笠の子で、桓武天皇の実弟でした。早良親王は藤原種継暗殺事件で首謀者の疑いをかけられ [続きを読む]
  • 岩上神社 磐座信仰
  • 岩上神社当社は社殿が存在せず、自然石をご神石とし、背後の林山を神南備山を崇める。漁猟や牛馬の神として信仰された。岩を神としているので、自然崇拝になりますね。日本におけるこのような信仰に対する態度は私はとても好きですね。山に川に岩に、、ありとあらゆる清らかで美しい自然には神が宿ると考えます。 [続きを読む]
  • 妙円寺 松ヶ崎大黒天
  • 妙円寺 妙円寺は日蓮宗の寺院で、松ヶ崎大黒天としてよく知られています。本尊の大黒天は最澄作とされる。当院は都七福神の一つとなっています。霊験あらたかな大黒天様に手を合わせ、撫でると御利益があると言われるなで大黒を撫でまして、境内を後にします。妙円寺も紅葉がきれいだそうです。京都の裏名所として知られているそうですから、必見ですね。 [続きを読む]