田中 さん プロフィール

  •  
田中さん: 芸能人の病気まとめ、癌や難病
ハンドル名田中 さん
ブログタイトル芸能人の病気まとめ、癌や難病
ブログURLhttp://geinouzinuwasa.net/
サイト紹介文芸能人が告白した病気の知られざる闘病生活を紹介。癌、難病など病気の発症時から治療に至るまでを解説。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 319日(平均0.7回/週) - 参加 2014/07/06 14:59

田中 さんのブログ記事

  • 北斗晶が乳がんを告白
  • タレントとして活躍されている、元プロレスラーの北斗晶さん(当時48歳)が乳がんの手術を受けたことが大きな話題となりました。ニュース番組ではトップで取り上げられ、北斗さん本人から「ステージⅡbという状況で、5年後の生存率は50%です」という言葉を聞き、衝撃を受けられた方も多いかと思います。北斗さんは毎年秋に、乳がん検診マンモグラフィーを受けているのですが、胸の違和感に気付いたのが2015年の年頭のこ [続きを読む]
  • いとうまいこが子宮筋腫を告白
  • 最近、増加傾向にあるといわれる子宮筋腫ですが、元アイドルでタレントのいとうまい子さんも子宮筋腫に患った1人です。いとうまいこさん自身、詳細についてはあまり語られていませんが治療をはじめたのが2005年(当時41歳)、超音波療法(FUS)という治療法で、子宮筋腫の手術を受けられています。切らない治療法なので「タレントの自分に合った治療法だと信じている」とご本人が当時語っています。超音波療法は入院の必 [続きを読む]
  • 生稲晃子が5回の乳がん手術を告白
  • 元おニャン子クラブでタレント・女優としてもご活躍されている生稲晃子さんが2015年11月10日、自身のブログ内で過去に乳がんを患っていたことを公表しました。生稲さんに乳がんが発覚したのは2011年4月で彼女が43歳の誕生日を迎えた日でした。幸いに早期発見だったため温存治療が適応され、腫瘍部分を切除する手術になりました。その後の病理検査では「初期の浸潤性乳頭腺管がん」と診断されます。 翌年201 [続きを読む]
  • 森三中・大島美幸が子宮筋腫を告白
  • お笑い芸人の森三中・大島美幸さんが2014年5月から妊活休業と称して子宮筋腫の治療をした事はメディアでも大きく取り上げられました。彼女は過去2回の妊娠をしているのですが2度とも流産という辛い経験をされています。2度目の妊娠は双子だったといいます。子宮筋腫があっても出産や妊娠に影響があるケースは少ないようですが、種類や大きさによっては妊娠しずらかったり、流産しやすくなることもあります。大島さんの場合 [続きを読む]
  • 宇多田ヒカルが卵巣腫瘍を告白
  • 日本を代表する歌姫・シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが卵巣腫瘍を患ったのは2002年、彼女がまだ19歳の時でした。アメリカでの活動が本格的になりはじめ、国内でも多忙を極めていた時期ですね。幸い良性の腫瘍でしたが左側の卵巣に約5センチの腫瘍ができて腫れており、左卵巣を全摘出することになります。手術の際、宇多田さんは「私、妊娠できますか?」と医師に確認したといいます。術後の治療は「偽閉経治療法 [続きを読む]
  • 中山美穂が子宮筋腫を克服
  • アイドルの黄金時代を築いた中山美穂さんが子宮筋腫であることをツイッターで明かしたのは2014年の3月のことでした。中山さんは2004年に長男を出産していますので子宮筋腫はその後何年か後に発覚したものだと考えられます。当時、中山さんは貧血で鉄分補給の薬を服用していたと公表していますが、理由として何年も子宮筋腫を患っていたことが原因だと語られています。ご本人は「もう閉経待ちで構わないと思っていたんです [続きを読む]
  • 国生さゆりが子宮筋腫を告白
  • 元おニャン子クラブのメンバーで現在はタレント・女優として活躍される国生さゆりさんが子宮筋腫だと公表されたのは2002年のことでした。2000年にご結婚をされ、その後2度の妊娠することになるのですが2度とも流産という結果になってしまいます。原因として結婚前から患っていた子宮筋腫が4つ確認されていて、中には7?を超えるものだったと当時の夫が語られています。 1度目の妊娠では9週目の流産となり、2度 [続きを読む]
  • 森昌子が子宮筋腫・子宮頸がんを告白
  • 女優としても活躍されている歌手の森昌子さんが更年期障害を患ったのは2006年。結婚後、芸能活動を復帰直後のことでした。離婚してからの芸能界復帰でしたが、仕事の方も順調に全てがうまくいっているかのようでした。そんな中、彼女を襲ったのはうつ症状が酷い更年期障害です。疲れやすい、やる気が出ない、食欲不振、吐き気、引きこもりなどで苦しめられたといいます。それから約2年が経過した時、突然、自宅で子宮からの洗 [続きを読む]
  • 平松愛理が子宮内膜症・乳がんを克服
  • シンガーソングライターの平松愛理さんは「ゲキツー!!−子宮内膜症との闘いの日々(2001年)」にて、若い頃から子宮内膜症で苦しんだことを告白されています。症状が出たのはデビュー直後の1989年、彼女が24歳の時。朝起き上がれないほどの腹痛に襲われます。鎮痛剤が効かない状態でしたがオーデションのため、激痛に耐えながら乗り越えて、その夜に近くの病院へ運ばれることに。診断は「盲腸」ということで緊急手術を [続きを読む]
  • 大黒摩季が子宮疾患を告白
  • シンガーソングライターの大黒摩季さんに子宮疾患が見つかったのは1996年、彼女が27歳の時でした。多忙を極めていた時期でもあり、闘病しながらの治療でしたが本格的な治療はしていませんでした。大黒摩季さんの子宮疾患とは、子宮腺筋症のみでなく、子宮内膜症、左卵巣嚢腫(子宮内膜症性のチョコレート嚢腫)、そして子宮筋筋腫が併発しており、他の内臓を圧迫するほど肥大していたといいます。 これ以上、悪化した場 [続きを読む]
  • 和田アキ子が子宮がんを克服
  • 芸能界のご意見番として知られている和田アキ子さんですが1981年に子宮がんを発症しています。2度目の結婚直後に子宮がんが発覚し、同年7月には子宮全摘の手術を受けられています。子供が大好きだというアッコさんは子供が産めないことで自殺を考えたり、夫に離婚を考えたこともあったようですが、夫が「子どもが欲しくて結婚したのではない。アコの歌が好きだから」という言葉で離婚をとどまり、夫婦の絆が更に深まったと語 [続きを読む]
  • 石坂浩二が直腸がんを克服
  • タレントとしても幅広く活躍される俳優の石坂浩二さん。石坂さんが直腸がんを患ったのは時代劇「水戸黄門」4代目水戸光圀公役を演じてはじめて一年足らずの2002年のことでした。大腸がんの中でも肛門に近くに発生するという直腸がんは、症状として潜明な出血が排便時などによく見られるのが特徴です。石坂さんも症状はあったようですが最初は痔だと思い込んでいたそうです。その後、病院を受診して精密検査の結果、直腸がんが [続きを読む]
  • 柴田恭兵が初期の肺がんを克服
  • 俳優の柴田恭兵さんが肺がんを患われたのは2006年7月の事でした。幸い初期の肺がんと診断され、7月下旬に右の肺の上葉部を切除する摘出手術を受けています。柴田さんは同年8月中旬に無事退院、それから自宅療養後、同年12月のドラマ「ハゲタカ」の撮影にて無事に復帰を果たしています。「ハゲタカ」のドラマ収録は6月からスタートしたのですが翌月7月に肺がんが発覚。柴田さんはが関係者に病気を告白したことで8月に収 [続きを読む]
  • 若槻千夏が潰瘍性大腸炎(UC)を告白
  • タレントで実業家としても知られる若槻千夏さんが潰瘍性大腸炎を発症したのは2006年のことで若槻さんが22歳の時でした。当時の若槻さんはグラビアアイドルとしてデビューし、おバカキャラで人気絶頂期の頃でテレビでもよく見かけていました。タレントとして多忙を極めていた時期でしたが潰瘍性大腸炎入院の発覚で治療のため療養、2ヵ月後に仕事へ復帰されました。しかし、いつ再発するかわからない病気の為、再発防止の為に [続きを読む]
  • 渡哲也が直腸がんを克服
  • 2011年まで石原プロモーションの代表を務められた俳優の渡哲也さん。2015年6月に心筋梗塞で緊急手術をされて入院していた事が、故石原裕次郎さんの二十九回忌で明らかになりました。渡哲也さんといえば1991年に直腸がんの手術を受けており、この手術でオストメイト(人工肛門使用者)であることを公表し話題となりました。その当時の壮絶な闘病記が柏木純一著書の「渡哲也 俺」という本に記されています。直腸の上に [続きを読む]
  • 佐藤B作が胃がんを克服
  • 劇団東京ヴォードヴィルショーの主催者で俳優の佐藤B作さんは2007年に初期の胃がんを患いました。当時のB作さんは「お酒が残る」といった症状があったといいます。たまたま舞台で共演していた中村勘三郎さんからの勧めで人間ドックを受けることになったのです。そして2007年年末に受けた人間ドックで初期の胃がんが発覚しました。しかし、B作さんは劇団の地方公演を座長として勤めたいという意向で、治療は2008年の [続きを読む]
  • 吉田拓郎が肺がんを克服
  • 日本のシンガーソングライターの草分け的存在である歌手の吉田拓郎さんが肺がんを患ったのは2003年57歳の時でした。同年の4月に摘出手術を行なった拓郎さん。当時予定していたコンサートツアーは全て延期となりましたが、手術後の同年秋には見事に復帰コンサートを果たしています。その後は2006年までコンサートツアーを毎年精力的に行なっておられました。また、今回の肺がんを切っ掛けに煙草をやめたそうです。その後 [続きを読む]
  • 高山善廣が脳梗塞を克服
  • プロレスラーの高山善廣さんが脳梗塞で倒れたのは2004年8月8日、高山さんが38歳の時でした。大阪での試合後のバックステージで突然右手の自由が利かなくなり、ドアノブさえも開けられない状態となりました。その後、酷い立ちくらみから倒れてしまい救急搬送されることのに。脳梗塞の発症で怖いのが後遺症の問題ですが、発症から3時間以内に治療ができれば後遺症が少なくないといわれいます。幸い高山さんの場合は、国内で [続きを読む]
  • 西城秀樹が2回の脳梗塞を告白
  • 現在もリハビリを続けながら音楽活動をされている西城秀樹さんは過去2回の脳梗塞を患っています。最初の発症は2003年、西城秀樹さんが48歳の頃、仕事で韓国にいた秀樹さんは朝から何となく症状を感じていたそうなのですがディナーショーの仕事を終えて帰国。直ぐに病院を受診した秀樹さんですが医師から脳梗塞の診断され、直ぐに入院することになります。秀樹さんは「何となく怠くて眠かった。何となくスッキリしない状態が [続きを読む]
  • 辛坊治郎が十二指腸がんを克服
  • 朝番組のニュースキャスターやシンクタンク経営者でもある辛坊治郎さんが十二指腸がんを患ったのは2012年のことでした。辛坊さんは2年近くも「がん検診」を受けていなかったのですが、小型ヨットによる太平洋横断へのチャレンジ企画の為、急遽検査をすることになりました。この番組企画のオファーを受けた辛坊さんは矧大学時代はヨット部だったということもあり、2つ返事でOKしました。企画の為、検査をすることになった辛 [続きを読む]
  • 石川ひとみがB型肝炎を克服
  • 1980年代のアイドル黄金時代にして大ブレイクし、1981年には「まちぶせ」が大ヒットした歌手の石川ひとみさんがB型肝炎を発症したのは1987年、彼女が28歳の時でした。当時、初めてのミュージカルの主演に抜擢され、連日稽古に励んでいましたが疲労感が抜けず、日々容態は悪化していく状態に。ある朝、目が覚めた時に酷い吐き気とめまいに襲われ、平衡感覚はなくなり、歩くことさえできなくなったといいます。直ぐに [続きを読む]
  • 栗山英樹がメニエール病を告白
  • 元プロ野球選手で現在は日本ハムファイターズの監督をつとめている栗山英樹さん。栗山さんがメニエール病を患ったのは1985年、プロになりヤクルトに入団して2年目の時でした。当時、2軍に在籍していた栗山選手ですが試合中に突然のめまいに襲われ「地面が揺れて、ボールが2つにも3つにも見えるようになるんです」と語られています。1軍と2軍の境目に位置していたため、その後は症状が出ても押し隠して試合に出るなど厳し [続きを読む]
  • キャシー中島がへバーデン結節を発症
  • キャシー中島さんといえば、モデルとしてデビューし俳優の勝野洋さんと結婚後はハワイアンキルトの第一人者としても有名です。キャシー中島さんが、へバーデン結節を発症したのは40代の頃。へバーデン結節とは40代の女性が多く発症する難病で人差し指から小指にかけて、第一関節が赤く腫れたり曲がったりする病気です。時には痛みを伴う事もあり原因は不明です。痛みがある場合には、物を強く握ったり日常生活に支障をきたす事もあ [続きを読む]
  • 中尾彬が横紋筋融解症を克服
  • ドラマに映画、最近ではバラエティ番組でもご活躍されている俳優の中尾彬さんが横紋筋融解症を患ったのは2007年3月。中尾さんが64歳の時でした。中尾さんは昔から健康には自信があり、病院にもほとんど行ったことがないというくらいの健康体だったそうで、お酒もたばこも存分に楽しまれていたといいます。また、長寿の家系だったこともあり、自分でも大きい病気とは無縁で大丈夫だと過信していたと仰っています。そんな中尾 [続きを読む]
  • 小堺一機が原発不明頸部リンパ節転移を克服
  • お昼の超ご長寿番組「ごきげんよう」でお馴染みの小堺一機さんですが2004年に首の腫瘤を切除する手術を受けられています。小堺さんは首の右側に直径2〜3センチの腫瘤、左側にも小さな腫瘤が見つかり、生検ではがん細胞との診断。摘出手術は無事成功し、担当医からは「すべて摘出したので、転移の心配はない」とのことでした。小堺さんが首の腫瘤に気づいたのは、ひげを剃っている時にしこりを発見し、直ぐにかかりつけ医に相 [続きを読む]