あおい さん プロフィール

  •  
あおいさん: 心に風が吹くとき
ハンドル名あおい さん
ブログタイトル心に風が吹くとき
ブログURLhttp://cocoronokaze.blog90.fc2.com/
サイト紹介文川柳。写真。想い。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/07/07 06:58

あおい さんのブログ記事

  • やわらかい言葉にこころ救われる
  • ぎんなんがところどころに落ちていましたもうすぐ音を立てて落ちる季節ですふと 雨降りの日に傘をさしたトトロが面白がって跳ねたのをおもいだしましたやさしいココロ 無邪気なココロ わたしもそんなココロを持っていたいです☆やわらかい言葉にこころ救われるにほんブログ村 [続きを読む]
  • ぼくと書くこだわりも好きおれも好き
  • あなたが書いたいろんなものをなんども読み返しますとても深く繊細なところは胸が痛みすこし軽めなところはほっとしますときどき思いだしたようにクスッとなるときだってありますどんなあなたも あなたらしいなあってつくづくおもうのです☆ぼくと書くこだわりも好きおれも好きにほんブログ村 [続きを読む]
  • 欲しいのは買えないもので無念です
  • 流れる時間も 立ち止まっている心もおだやかでいたい相手を大切に想う気持ちはなにも変わらないのにちょっとした態度やことばに 違和感をおぼえるとココロがざわつき始めるきっとお互いにただ自分のことをわかってほしいだけなのにうまく言えなくて 伝えられなくてただそれだけなんだ、きっと☆欲しいのは買えないもので無念です(ようこそ川柳広場へ・9月お題『買う』)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夜空から今日をねぎらう声がする
  • 検査があったり お薬が増えたり 副作用がきつくなったり週一でお出かけするところがあったりちょっと疲れて ゆっくり休んでまた頑張ろうとおもえるのは遠いところで見守ってくれている人がいるから☆夜空から今日をねぎらう声がする(i-iネット川柳・9月お題「夜」)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 退院日 引越しほどの荷を送る
  • 診察の長ーい時間に見た光景にあんなこともあったな こんなこともあったな って想い出が重なってくる遠い北海道の病院に行き付添い用にワンルームマンションを借りそこから毎日病室に通った一日の終わりは決まってお風呂屋さんに立ち寄って・・・☆退院日 引越しほどの荷を送るにほんブログ村 [続きを読む]
  • 雨降りの合間気づいた秋と君
  • 慌ただしすぎて周りを見ることができなかった落ち込んで 泣いて 頑張って 作り笑いしてへとへとになって 無理だとおもってぜーんぶ手放したら 気持ちが楽になったそうしたら そうしたら見守ってくれていることに気づいた☆雨降りの合間気づいた秋と君にほんブログ村 [続きを読む]
  • ルージュ引く私そこそこいい女
  • あるイベントに行ったとき初めて似顔絵というものを描いてもらった自分が写真に写ることさえ大の苦手なのにその場の雰囲気に押され恥ずかしさと緊張で固まって椅子に座っているすっぴんに近い状態なのに描いてもらった私の顔にはピンクのチークがほんのりとまつげはくるっとカールしてお目目ぱっちり薄いピンクのルージュがかわいいまるで別人 でもわたしこんな風にうつっているってすてきだな うれしいなっておもった☆ルージュ [続きを読む]
  • 初デート海辺を歩くだけでした
  • わたしの初デートは秋も深まりかけたこの海でしたひと言ふたこと ぽつんぽつんと成り立たない会話をしながらきれいな海を眺め きれいな貝殻をさがした記憶が鮮明に思いだされます☆初デート海辺を歩くだけでした(Web川柳句会・7月お題『海』)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 戻れるのなら青い果実の夢の中
  • 若いころ楽しい夢があったわけじゃないまいにちを淡々と無事に無事にと過ごして早く大人になりたかっただけあのころ得意なことでもあればその夢に向かっていただろうかやっぱりわたしはいつの日も淡々と 淡々とであるとおもう☆戻れるのなら青い果実の夢の中にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドアチャイム今日も一度も鳴らぬまま
  • 何年間もの介護も看護ももうしなくなって ひとりぼっちになってぼーっとする日が数年続いているめっきり家への出入りがなくなり淋しさが淋しさを呼ぶときもあればだらりと自由をもてあますときもありその日その日でわがままになる☆ドアチャイム今日も一度も鳴らぬまま(i-iネット川柳・7月お題「鈴」)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 炎天にバス遠回りして帰る
  • 普段乗らないバスに乗ってお使いへバスや電車は迷子にならないからうれしいはず用事を済ませて反対側の停留所でバスを待っていると案内板に「ここは停まりません」って書いてあるん〜?どうしよう・・・くるっと回るバスだから遠回りになってもいいやと降りたバス停からバスに乗るとほんとうにぐるぐる知らないところを通って元の停留所へそこからぐるぐる回ってやっと家の近くへ戻っていった最初は涼しかったけれど だんだん体が [続きを読む]
  • 新しいめがね世間が広くなる
  • 今まで見えていなかったもの見ようとしていなかったことほんのちょっと角度を変えてみることで気づくことがある わかることがある笑っちゃいそうな些細なことに一喜一憂していたりただひと言 ごめんねと言うだけでとっくに仲直りできていたりはじまりは深呼吸からかな☆新しいめがね世間が広くなる(ようこそ川柳広場へ・7月お題『スタート』)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 朝に夕誰を呼んでる四十雀
  • 朝のセミがひと息ついたところで一羽のシジュウカラの鳴き声が聞こえるその声に誰も応えることはないのできっと淋しいんじゃないかとおもう4〜5日前からずっとひとり鳴いても鳴いてもやっぱり誰からも返事はない☆朝に夕誰を呼んでる四十雀 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 三つ数えて片目をあける
  • まだかな まだかなと 楽しみを待つこともありどうかな どうかなと 不安を待つこともあるどっちにしても 小心者のわたしは時計の音に耳をすます☆三つ数えて片目をあける にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一滴が滲み傷口晴れにする
  • すーっと上に上に咲いていく立葵も大好きだった花びらの薄紫色に濃い紫の線がはいる銭葵も今年は見ていないゆいつ、これからどんどん花をつける芙容だけはいろんなところで見られそうどれも「葵科」やわらかい花びらにやわらかい襞の花わたしも葵科の花になりたくて・・・☆一滴が滲み傷口晴れにする (鈴鹿川柳会インターネット句会・6月・お題『滲む』)にほんブログ村 [続きを読む]