だいや96号 さん プロフィール

  •  
だいや96号さん: だいや96号のブログ
ハンドル名だいや96号 さん
ブログタイトルだいや96号のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kihon6
サイト紹介文Nゲージの複々線レイアウトを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/07/08 18:49

だいや96号 さんのブログ記事

  • レイアウト12 複線&単線ボード 複線築堤の緑化
  • 今回は、複線部分の築堤を緑化します。先日の記事で作成した築堤の確認。粘土ではなく、百均の方眼紙で作りました。これをアクリル塗料のグリーン(つや消し)で塗装。これが下地になります。前回の記事で紹介したのはここまでです。今回は、これにターフを使って緑化します。まず、築堤に木工用ボンドを塗ります。普通に出し、綿棒を使って側面に塗っていきます。そして、KATOのターフを押しながらつけていきます。適量をつま [続きを読む]
  • KATO 189系「あさま」 走行
  • ひさしぶりにKATOの189系「あさま」を走らせました。基本5両と増結7両のセットで12連を再現できますが、今回は9連で走らせました。後追い。やはりこの姿にこの色はいいですね〜。パンタは1機を畳みました。方向幕は「長野」が入っています。下りの「あさま」ですね。ライト類も発色が良く、気に入っています。ヘッドマークも明るいですし、ライトも黄色に光るようには見えず電球色に見えますので、製品のまま基板は弄 [続きを読む]
  • TOMIX EF64−1030 購入
  • 今年4本目の入線です。TOMIXのEF64−1030号機を購入しました。行きつけの模型店で見つけ、購入しました。本来ならば昨年12月の「14系 北陸」とともに入線させたかったのですが、予算が無かったことから購入せずにおりました。その後、店頭から見かけなくなり後悔していたところ、行きつけの模型店で1台だけ残っているのを見つけ、購入した次第です。未整備ですが、ついつい眺めてしまいます。時間のあるときに [続きを読む]
  • レイアウト11 複線&単線ボード 築堤製作と柵の設置
  • 2枚のボードのうち、まずは1枚を仕上げることにしました。まずは線路脇の築堤を製作します。手軽に作るため、今回も百均の方眼紙を使います。(範囲が小さいので、発泡スチロールや粘土を使わなくても強度に問題はありません。)地面と築堤の高さに合わせ、方眼紙を切り出し、スジを入れて折り目を付けます。折り目は金属製の定規を使いました。そして線路脇に木工用ボンドで貼り付けます。次に、アクリル塗料のツヤ消しグリーン [続きを読む]
  • レイアウト10 複線&単線ボード 田んぼの試作
  • 田んぼを試作します。レイアウトの田んぼの表現ですが、緑の稲の表現は人工芝などを用いるのが一般的でしょうか。メーカーからも、夏頃の田んぼを表現した素材は売られておらず、各自の工夫が必要です。しかしながら、人工芝をどう手に入れるのか、Nゲージサイズでは大きいサイズになりはしないか、安価に作れるのかなど、不安が残ります。そこで、目の錯覚を利用し、ある方法を試すことにしました。まず、東急ハンズで建築模型用 [続きを読む]
  • レイアウト9 複線&単線ボード 線路下の路盤製作
  • ボード上の複線と単線部分に築堤を設けます。カーブ部分のスタイロフォームが30mm、ボードが25mmと厚みが違いますので、線路部分を築堤上にすることで段差をなくします。イメージは、このような光景です。東武伊勢崎線の東武動物公園以北で見られる光景です。田んぼの中を走る伊勢崎線ですが、線路部分が築堤上になっており、一段高いところを走っています。今回は、このような光景を目指して製作していきます。※以前にも [続きを読む]
  • レイアウト8 複線&単線ボード 地面作成開始
  • 前回の記事で紹介した形で、複線&単線ボードの制作を開始します。ベースにするのはトミックスの600mm×300mmのボードです。これを2つ使います。手前側直線10両分のうち、8両分がこのベースとなります。そして手前側直線部分の3複線ボードを入れ替えます。ワイドレールだからこそ可能なことですね。従来ならば不可能だったことです。そして、6線のうち、奥側1本と手前側2本を残し、残りの3本を外します。これで [続きを読む]
  • レイアウト7 複線&単線ボード 構想
  • レイアウトですが、3複線ボードをひとまず終了させ、単線&複線ボードの制作に入ります。構想のきっかけですが、以下の2点です。①3複線だと、似合う車両が高崎線や京浜東北線に限られ、私鉄などが楽しめない。これは鉄コレの東武8000系ですが、野田線の車両ですので複線か単線が似合いますが、線路が多い場面ではリアリティが感じにくいです。②かねてより、田園風景の似合う伊勢崎線風のレイアウトが作りたい。(加須〜南 [続きを読む]
  • レイアウト6 3複線ボードで複々線
  • 先日の記事で紹介したレイアウト手前側直線部分の3複線ボード。1つのボードで3複線も複々線も楽しめるようにレールを固定していません。今回は、複々線にする際の検討を記事にします。最初は、単純に手前側レール2本を抜き、複々線にすれば良いと思っていました。レールを固定しておりませんので、4線で楽しみたいときは2線を抜けばよいだけですね。223系などを走らせると臨場感が出ます。しかしながら、手前側に線路2本 [続きを読む]
  • 平塚駅 切り離し列車の両数案内
  • 先日、平塚駅で見かけた発車案内表示。3番目にある12:03発の熱海行きですが、平塚で後ろ5両を切り離します。そのため、右側の両数も「15両→10両」というように減車された形で表示されています。なるほどと思い、写しました。よろしければ、鉄道コムに して下さい。http://www.tetsudo.com/ [続きを読む]
  • レイアウト5 3複線ボードの試運転
  • レイアウト手前側の3複線ボード。トミックスのボードにスチレンボードを貼り付け、更に道路部分を作り、サーフェイサーで塗装したものです。前回の記事では全体像を紹介しておりませんでしたので、この画像を載せました。今回は、レールを敷いて様子を見ます。エンドレス手前側の直線レールの下にボードを置くだけです。レールは固定せず、このボード1枚で複線〜複々線〜3複線と楽しめるようにします。(いずれ田園風景イメージ [続きを読む]
  • 31年前の秋葉原 総武線と電気街
  • 31年前の秋葉原の写真が出てきました。1986年4月27日という日付が入っています。万世橋方向から電気街と総武線を撮った写真です。黄色の103系が写っていますね。(先頭車がATC車ですね。)ガードや道路に今の面影がありますが、建物や看板はかなり変わっているかと思います。私は年に数回ほど模型店巡りをしますが、いずれ鉄道模型関連で訪れる街になるとは当時は思っても見なかったことでした。よろしければ、鉄道 [続きを読む]
  • レイアウト 4:3複線ボードの作成
  • 手前側直線部分のボードを作成します。最初は600×300×30mmのスタイロフォームを2つ並べていましたが、入れ替えを考えていますので強度に問題がありました。そこで、トミックスの600×300のパネルに置き換えることにしました。ただし、両端のスタイロフォームの高さが30mmなのに対しトミックスのパネルは25mmのため、高さが5mm足りません。そこで、パネルの上に5mmのスチレンペーパーを敷くことに [続きを読む]
  • 中央東線に乗車
  • もう数か月前ですが、富士吉田に所用があり、中央線に乗車しました。八王子15:19発の大月行きに乗りました。10両ということは、東京発の快速が中央特快のE233系0番台ですね。(正直、211系を期待していました。)また、高尾で初めて長野色の211系を見ました。電車ですが、相模湖あたりまで座れませんでした。そして四方津で通過待ち。このあたりでの通過待ち、雰囲気が好きです。そして大月着。先ほど初めて見た [続きを読む]
  • レイアウト 3:使用レールとボードについて
  • 今回は使用レールについて紹介します。レールは全てトミックスのワイドレールを使っています。まず、奥側直線部分から紹介します。ワイドPCレールS280-WP×5×6です。つまり、直線10両分×3複線分ということになります。こちらはいずれ駅を設置しますので、線路配置も変わるかと思います。また、ボードは600×300mmのスチレンボードを2つ使っていますが、トミックスの木製ボードに換えるかもしれません。次は、直線 [続きを読む]
  • レイアウト 2:線路配置の検討
  • レイアウトの線路配置ですが、昨年はいろいろと試行錯誤しておりました。前回のレイアウトは「複々線」でしたので、まずは同じ線路配置にしました。2400×900のスペースに、直線10両分のエンドレスが開業できました。しかしながら、複々線に似合わない車両を走らせにくいという欠点がありました。レイアウトがいくつも持てれば問題ないのでしょうが、我が家はこのスペースしかレイアウトが作れません。そこで、複々線と複 [続きを読む]
  • レイアウト 1:レイアウトボードを支えるテーブルについて
  • 先日の記事でお伝えしました通り、レイアウト製作記を載せていきます。初回の今回は、レイアウトボードを載せるテーブルについてです。また、レイアウト製作の順を追うため、過去に記事にした内容も含めていきます。今回、レイアウトを再開するにあたって最も頭を悩ませたのは、レイアウトボードを載せるためのテーブルでした。どんなことに悩んだかというと、・台自体が本当に水平か・台自体の重さ(できるだけ軽いものが好ましい [続きを読む]
  • TOMIX 東武100系スペーシア 購入
  • 1月末に、トミックスの東武スペーシアを購入しました。中古美品(たぶん未使用品)を定価より安く購入できました。2012年発売仕様です。東武好きでありながら、数年前に古い仕様の製品を一度手放しておりましたので、最新仕様の製品がお得に購入できて良かったです。この塗装のスペーシア、ずっと欲しかったので満足です。実車ではこの塗装を見ることができませんので、ついつい眺めてしまいました。ロゴの部分もバッチリです [続きを読む]
  • レイアウト製作を始めました。
  • ブログを中断していた間に、レイアウト製作を始めました。線路配置は3複線のエンドレス。ポイントレールは今のところ設置していません。奥側直線部分は駅を配置予定。とはいえ、線路配置やホームの設置の仕方などは、これから考えていきます。トミックスから発売された新しい島式ホームが設置できたら最高ですね。また、ポイントレールなどを設置し、側線などを設けても良さそうです。そして、見せ場は手前側直線部分。通常は3複 [続きを読む]
  • Nゲージ 秩父鉄道の機関車
  • 秩父鉄道の機関車の画像が出てきましたので、ここに紹介します。左奥から、デキ200(マイクロエース/パレオ塗装)、デキ300(マイクロエース)、C58 363(マイクロエース)、C58 363(ラウンドハウス)です。この4機はパレオの12系をけん引するほか、デキ300やデキ200は貨物列車の先頭に立つことになります。このような並びが完成品で再現できるとは、本当にありがたいです。 [続きを読む]
  • 久しぶりの更新
  • 1月以来、3か月ぶりの更新です。その間にあったことを記事にします。1.レイアウト昨年より作り始めた3複線レイアウトですが、手前側をモジュール化し、単線〜複線〜複々線〜3複線まで楽しめるように作り始めました。こちらは3複線バージョン。大宮〜赤羽間のイメージです。この部分ですが、手前側線路2本を外し、複々線としても利用可能にしてあります。こちらは単線と複線バージョン。田園区間を行く単線と複線。前の3複 [続きを読む]
  • 今年初の走行 東武伊勢崎線 1990年
  • 今年最初の運転です。少し前の東武伊勢崎線をイメージして走らせました。左から、準急伊勢崎行きの8000系、中目黒行きの営団03系、浅草行きのDRC「きぬ」です。いずれもマイクロエースの製品です。ただ、ギクシャクしたり動かなくなったりしてきたので整備に追われました。集電板を少々磨いたり、台車を組み直すなどの整備を結局1時間以上しました。特に、動力とギアを結ぶプラ棒のパーツが外れた時には組むのに苦労しま [続きを読む]