タイラ さん プロフィール

  •  
タイラさん: 密造酒と食 工房SHIIVA
ハンドル名タイラ さん
ブログタイトル密造酒と食 工房SHIIVA
ブログURLhttp://shiiva.hatenablog.com/
サイト紹介文非合法酒アブサンを密造します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 16日(平均3.5回/週) - 参加 2014/07/31 22:03

タイラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 幻覚性植物モーニンググローリーを育ててみる
  • タイラです。2016年はニガヨモギと並走して育てていた植物があるので紹介します。→幻覚性植物【モーニンググローリー】ちゃんです。別名【へヴンリーブルー】で日本の法律では一切縛られていません。なんならホームセンターで普通に販売されています。皆さん観賞用でしか買いませんが。タイラも近所のホームセンターで種子を手に入れました。別名【西洋あさがお】または【ソライロアサガオ】でパッケージングされている [続きを読む]
  • 春蒔きのニガヨモギの花は咲かなかった
  • 7月に入り夏らしさがでてきた。成長期で草勢が止まらない姿にうっとり。タイラも色気づいて高価な植物活力剤HB-101を貢いでしまう。しかし縦に伸びず、全力で横に広がるニガヨモギちゃんたち。わさっとな。……。いい加減、うえを目指そうぜ。夏至を過ぎてしまった。日照時間は少なくなっていく一方だし、気温の下がりはじめる8月中旬までどれくらい成長してくれるのだろう。ああ。時間が足りない。ニガヨモギのタイ [続きを読む]
  • ニガヨモギのタイラ的栽培方針
  • 2016年6月7日火曜日。ニガヨモギが成長期に入ったので育苗ポッドから8号菊鉢に植え替えました。ニガヨモギの幼苗期をなんとかやりすごす - 密造酒と食 工房SHIIVA↑前回の記事がまだの方はこちら↓続きをどうぞ種蒔きから80日目の出来事です。成長期とはその名のとおり植物がぐんぐんと大きくなっていく時期であり、幼苗期のスローな成長スピードが嘘のように毎日草体が肥大してゆきます。植え替えた8号鉢の直径は27cm [続きを読む]
  • ニガヨモギの幼苗期をなんとかやりすごす
  • 2016年4月2日金曜日。桜は咲かないが、ようやく春らしい気温になってきた。山形の春は日本海の湿った風を受けるので熱しやすく冷めやすい。ニガヨモギ(ワームウッド)の種を蒔く - 密造酒と食 工房SHIIVA↑前回の記事がまだの方はこちら↓続きをどうぞ発芽まで約2週間かかったが、どうやらこれは時間がかかり過ぎのようだ。ハーブ関連の書籍をみると種蒔きから発芽まではもっと早い。タイラの買ったニガヨモギの種の [続きを読む]
  • ニガヨモギ(ワームウッド)の種を蒔く
  • 3月某日、春分の日に向けて種を買った。緑の妖精アブサンの主原料、ニガヨモギ(ワームウッド)。パッケージからして日本に自生しているヨモギとは草体がちがう。欧州原産のニガヨモギではあるが、緯度が近いとは言え山形のこの地で生育可能であろうか?。環境適正に若干の不安が残ります。春分の日になったので早速種を蒔く。種蒔きセット一式を準備。せっかくなので発芽用の水は贅沢にミネラルウォーターを使う。 [続きを読む]
  • 伝説の非合法酒アブサンを求める
  • 不在。アブサント。その名が暗示するように19世紀末の欧州を席巻し、緑の妖精と謳われた酒は姿を消した。はじめまして。山形の農耕民族タイラです。世界保健機関のツジョン規制縛りによって市販されていない本物のアブサンを、ニガヨモギを栽培するところから作ってみたいと思います。よろしくお願いします。退廃的な20世紀末作品の一節より汝は冒険者。危険と言う名の滝をくぐり抜け、その奥に伝説の正体を求める [続きを読む]
  • 過去の記事 …