くりぼん さん プロフィール

  •  
くりぼんさん: みちくさ通信
ハンドル名くりぼん さん
ブログタイトルみちくさ通信
ブログURLhttp://michikusa-tsushin.net/
サイト紹介文ペン習字と文房具関連の話題が中心のブログです。現在、硬筆書写検定1級を目指して修行中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/07/09 21:52

くりぼん さんのブログ記事

  • 湯島天神に梅を見に行ってきました
  • 昨日、湯島天神に梅を見に行ってきました。とても寒かったのですが、いい天気で、青空を背景に梅を撮影することができました。湯島天神の祭神は菅原道真。学問の神様としてだけでなく、書道の神様としても有名ですね。湯島天神には筆塚もあります。筆塚に刻んである文字は泉鏡花自筆のようです。3年前の2月、パイロットのペン習字講座の級位認定課題は、「庭の梅の木に、メジロが二羽よく飛んで来ます。」でした。この時、新宿御苑 [続きを読む]
  • 筆箱定点観測(2017/02/05)
  • 前回の筆箱定点観測から三ヶ月近く経過しました。前回の観測報告(2016/11/20)はこちらです。現在、使っているペンケースは以下の4つです。草木染めの帆布ポーチ(藍染め)が二軍落ち。入っていたデスクペンが二軍落ちしてしまったためです。1. 遠州綿紬のロールペンケース(青縞)ブングボックスのオリジナル商品です。中身は、左から以下のようなラインナップになっています。スティロアート軽井沢 アサマ 赤溜塗(首軸:カスタ [続きを読む]
  • 第36回芝風会書作展に行ってきました
  • 今年も芝風会(しふうかい)の書作展に行ってきました。パイロットペン習字講座のB系統の先生や競書誌「ぺん時代」の先生方が制作された作品の展示会です。開催場所は駒込にある北里画廊。開催期間は、2017年1月19日(木)〜22日(日)。昨年の記事はこちらです。会場には10時ちょっとすぎに到着。受付は古谷晶子先生でした。芳名帳に記入して、展示作品の鑑賞開始。まだ来ている人もほとんどおらず、ゆっくりと見ることができました。 [続きを読む]
  • パイロットペン習字講座:級位認定課題の清書(2016年12月)
  • 2016年12月の課題文は、「ペン習字の練習を兼ねて、年賀状を書こう。」でした。「ペ」「習」「書」の字形が難しかったですね。「ぺ」は、定規で書いたようなまっすぐな線で書いたら味気ないものになってしまいますから。「習」は、ゴチャゴチャさせずにスッキリと書くのは難しいですね。あと、「習」は、二回登場するので、ちょっと字形を変化させた方がいいとは思うのですが、三画目を右側につなげる字形はあんまり好きじゃないの [続きを読む]
  • 硬筆書写検定の書道史問題対策(〜平成28年度第1回)
  • 硬筆書写検定1級/準1級の第9問Bは、書道史上の重要作品と作者を対応付ける問題です。以前、過去問に登場した作者と作品の数を集計した記事を投稿しましたが、今回はその記事のアップデートです。先頭の数字が登場回数です。「:」の右側は「作者名−作品名」の形式になっています。準1級(平成18年度第1回〜平成28年度第1回)10: 小野道風−屏風土代7: 唐太宗−晋祠銘,孫過庭−書譜6: 顔真卿−建中告身帖,空海−灌頂記,虞世南−孔 [続きを読む]
  • パイロットペン習字講座:級位認定課題の清書(2016年11月)
  • 2016年9月と10月の課題は、練習不足で、あまりに悲惨な出来だったので、ブログにアップするのをやめてしまいました。記事のアップを待っていた方がいたら、申し訳ありませんでした。11月の課題もブログへのアップはやめておこうと思っていたのですが、「最近の記事、ペン習字に関係ないものばかりじゃん」と、ある人から言われてしまったので、今回は掲載することにしました。(´ω`)2016年11月の課題文は、「郷里から届いた栗と [続きを読む]
  • 筆箱定点観測(2016/11/20)
  • 前回の筆箱定点観測から三ヶ月以上も経過してしまいました。撮影するのが面倒でついつい先延ばしにしてしまいます。(^-^;)前回の観測報告(2016/08/07)はこちらです。現在、使っているペンケースは以下の5つです。1. 草木染めの帆布ポーチ(藍染め)草木染めのお店「MAITO」の帆布ポーチです。中身は、左から以下のようなラインナップになっています。王子ネピア ネピア鼻セレブティッシュ×2個パイロット デスクペン DPP-100-B F [続きを読む]
  • 紅葉狩りに行ってきました(2016年)
  • 今年は昭和記念公園に紅葉を観に行ってきました。昨年はブログに記録しておかなかったので、どこに行ったのか記憶にない…。(^-^;) 毎年、変わり映えしない画像ばかりですが、ブログ記事として記録しておこうと思います。本当は、パイロットのペン習字講座の課題文「紅葉のなかで、里山の古道をゆっくりと散策する。」に倣って、里山の古道を探して散策に行ってこようと思っていたのですが、実現できず…。今年の撮影機材は、OM-D [続きを読む]
  • 硬筆書写検定の草書対策(〜平成28年度第1回)
  • 平成28年度第2回書写検定の試験日が迫ってきましたね。過去の記事で、硬筆書写検定1級/準1級の第二問「楷行草の三体」に登場する漢字の登場回数を集計しました。今回は、平成28年度第1回までの過去問を入手できたので、集計結果をアップデートしました。なお、1級の場合は、過去問に登場していない漢字がほぼ必ず出題されますから、このデータは参考程度にしておきましょう。準1級(平成18年度第1回〜平成28年度第1回)先頭の数字 [続きを読む]
  • 「スティロアート軽井沢 したためる展 in 蔵前」に行ってきました
  • 「スティロアート軽井沢 したためる展 in 蔵前」に行ってきました。毎年、谷中で開催されてきましたが、今年は会場を蔵前にある文具店「カキモリ」に移して開催。カキモリのインクスタンド側のスペースで展示会は行われました。昨年の記事はこちらです。今回の目玉は、インク染万年筆と木軸キャップレス。インク染万年筆は、インクで木地を染めた後、拭き漆を施したものです。木軸キャップレスの写真を撮るの忘れちゃいました。あ [続きを読む]
  • パイロットのデスクペン DPP-100
  • 昨日は、「万年筆の日」でした。昨年の「万年筆の日」には、プラチナ万年筆のデスクペン DP-1000AN の記事を書きました。こちらの記事です。今年は、パイロットのデスクペン DPP-100 を紹介します。今、利用頻度が一番高い万年筆です。照明も使わず、蛍光灯下で撮影したので、真っ暗やん・・・。(^_^;) 今度、撮り直します。DPP-100 の商品名は、「デスクペン ペンジ」。その名が示す通り、ペン習字のために開発された万年筆だと思わ [続きを読む]
  • パイロット カスタム漆が販売開始されました
  • パイロットのカスタム漆、ついに販売が開始されましたね。カスタム漆は、パイロットの今秋の新製品(万年筆)です。軸は、カスタム845を大きくしたようなデザインで、素材はエボナイトに漆塗りです。ペン先は、巨大な30号サイズのものが付いています。昨日が最初の入荷日だったようです。初回入荷は各販売店に数本程度とのこと。今回入荷した販売店に再入荷されるのは来年になるそうです。かなり先まで品薄状態が続きそうです。以 [続きを読む]
  • パイロットペン習字講座:級位認定課題の練習(2016年8月)
  • 2016年8月の課題文は、「夕立のあと、虹が二つ現れて みんな歓声を上げた。」でした。今回は、練習過程は省略。(^_^;) 以下の画像が提出した清書です。練習回数は、行書40回。今回は、練習時間があまり取れず、書き込みが足りませんでした。筆記具は、パイロットのデスクペンDPP-100 EF+極黒。下敷きはトモエリバー10枚を重ねたものです。気に入らないところは、たくさんありますが、時間切れ。追記(2016/10/01 21:45)わかくさ [続きを読む]
  • ペン先お手入れセットを入手しました
  • つけペン用のペン先を製造している立川ピン製作所が販売している「ペン先お手入れセット」を入手しました。ペン先がよく錆びて困るという方は試してみるといいと思います。特に墨汁を使うと錆びやすいようですね。お手入れセットに入っているアイテムを一つずつ紹介します。まずは、ペン先の保存用ケースが二つ。ケースの中には、防錆紙が入っています。続いて、木製のヘラ。ペン先に付着している汚れを落とすのに使います。次は、 [続きを読む]
  • 硯箱定点観測(2016/08/07)
  • ペン習字の上達に良い効果があるのではないかと期待して、毛筆を始めてみようかと思います。この猛暑の中、書道用具一式を購入してきました。「筆箱定点観測」のように、書道用具についても「硯箱定点観測」と題して記録していこうと思います。硯箱がまだないので、書道用具は「よいこのおどうぐばこ」に入れています。(´ω`) 今度、スティロアート軽井沢の数野さんに木地溜塗りの硯箱を作ってもらえないか相談しようと思います [続きを読む]
  • 筆箱定点観測(2016/08/07)
  • 前回の筆箱定点観測から三ヶ月以上も経過してしまいました。写真を撮るのがおっくうで・・・。(^_^;) 前回の観測報告(2016/04/28)はこちらです。現在、使っているペンケースは以下の3つです。1. 草木染めの帆布ポーチ(藍染め)草木染めのお店「MAITO」の帆布ポーチです。中身は、左から以下のようなラインナップになっています。パイロット 油性マーカー中字×5本パイロット デスクペン DPP-100-B EF×2本(インク:極黒)パイロッ [続きを読む]
  • 第39回硬筆書写東京夏期大講習会
  • 今年も夏の大講習会に行ってきました。三日間の講習会なのですが、今年も手を抜いて三日間をまとめて1つの記事に。(^-^;) 開催場所はエトワール女子高校です。いつもは、文京学院大学女子高校ですが、今年は変更になりました。昨年の記事は、こちらです。1級向けの上級コースを受講しました。受講生の中には、すでに一級に合格した人、すでに教室で指導にあたっている先生、書家などもいます。1日目時間割です。講習内容講師1時限 [続きを読む]
  • 第79回 全日本ペン書道展に行ってきました
  • 第79回 全日本ペン書道展に行ってきました。日ペンの美子ちゃんでおなじみの日本ペン習字研究会が主催する展覧会です。今年から会場が変更。蒲田にある大田区産業プラザPiO 1階大展示ホールになりました。昨年の記事はこちらです。今年も、競書誌「ペンの光」で惚れ惚れするような作品を拝見している師範や先生方の作品を間近で堪能することができました。(´ω`)今年は以下の講習会を聴講しました。「ペンの光」規定部〜上達のヒ [続きを読む]
  • パイロットペン習字講座:級位認定課題の練習(2016年7月)
  • 2016年7月の課題文は、「水泳部の友達は、県大会で いつも優勝していた。」です。「優勝」が難しいですね。画数が多いので、字粒が大きくなりすぎてしまいます。「優勝」に合わせて、他の漢字の字粒を大きく書くと、一行目が枠に入りきらなくなってしまう・・・。う〜む。右ハライが、たくさん出てきますが、行書の場合は、トメたり、ハラったりと変化をつける必要があります。連綿は、「して」だけにしようと思います。「いつ」や「 [続きを読む]
  • 憂喜和会の特注カスタム845
  • 珍しいカスタム845を拝見する機会がありました。キャップリングに「憂喜和会」の文字が刻印されています。「憂喜和会」とはパイロット製品の販売店の互助会です。パイロットから、憂喜和会の会員に特注のカスタム845が贈呈されたことがあったようです。裏側には、パイロットの社是「三者鼎立」が刻印されています。天冠には、鼎(かなえ)の絵が描かれています。 [続きを読む]
  • パイロットの新たな漆塗り万年筆を入手しました
  • パイロットの新たな漆塗り万年筆を入手しました。これです。「おいおい、カスタム845のどこが”新たな漆塗り万年筆”なんだよ〜。(´・ω・`)フザケンナー」という声が聞こえてきそうです。(^-^;) カスタム845を隣に並べてみた画像がこれです。右側がカスタム845です。そう、新作は、巨大なカスタム845なんです!\(^o^)/ ペン先はどうなっているかというと・・・。なんと、30号のペン先がついています!カスタム845は15号です。字幅は F [続きを読む]
  • 金箔を散りばめた漆塗り万年筆を入手しました
  • 金箔を散りばめた漆塗り万年筆が届きました。制作したのは、スティロアート軽井沢の数野元志さんと木曽の漆芸家 根岸修さんです。昨年の12月に注文したものです。5月に完成する予定だったのですが、根岸さんが出来映えに満足できず、作り直すことになったとのこと。根岸さんには頭が下がります。(´ω`)下地の漆を塗った後に金箔を貼りつけて、透き漆を塗っているんだと思います。金箔と透き漆の塗りは二層になっていて、奥に見え [続きを読む]