八白 米 さん プロフィール

  •  
八白 米さん: 黄昏YAJIROの御朱印帳
ハンドル名八白 米 さん
ブログタイトル黄昏YAJIROの御朱印帳
ブログURLhttps://ameblo.jp/yorozu39/
サイト紹介文日本全国の神社を巡拝しながら108社の一之宮全ての御朱印を頂く迄のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/07/10 14:09

八白 米 さんのブログ記事

  • 小御嶽神社(山梨県)
  • 当社は山梨県吉田市上吉田小御岳下(富士山五合目)にある神社で、磐長姫命(いわながひめのみこと)、桜大刀自命(さくらおおとじのみこと)、苔虫命(こけむしのみこと)をお祀りしています。 小御嶽は富士山より先に出現した山で、小御嶽と古富士の二つの山を土台に噴火を繰り返し、形作られたのが現在の富士山です。その小御嶽の山頂で山岳信仰の霊地である富士山五合目に承平7年(937)に鎮座、創建されたのが冨士山小御嶽神社 [続きを読む]
  • 北口本宮冨士浅間神社【山梨県】
  • 当社は山梨県富士吉田市上吉田にある神社で、旧社格は県社、御祭神には木花開耶姫命・彦火瓊瓊杵命・大山祇神をお祀りしております。 創建景行天皇40年(西暦110年)、日本武尊ご東征の折、足柄の坂本(相模国)より酒折宮(甲斐国)へ向かう途中で当地「大塚丘」にお立ち寄りになられ、そこから富士の神霊を親しく仰ぎ拝され「北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」と仰せになりました。そのお言葉に従い [続きを読む]
  • 相模國一之宮・鶴岡八幡宮【備忘録】
  • 当社は神奈川県鎌倉市にある神社で、応神天皇・比売神・神功皇后をお祀りしています。創建は康平6年(1063年)、京都の石清水八幡宮より由比ガ浜(現・元宮)に勧請したのが始まりです。 治承4年(1180年)に平家打倒のため鎌倉入りした源頼朝が現在の社地にお宮を移し、幕府の中枢になるよう整備した。その後、建久2年(1191年)に社殿の焼失を機に、上宮・下宮(若宮)として改めて創建した。鎌倉幕府の誕生、源頼朝が勧請した [続きを読む]
  • 亀岩の洞窟?
  • 亀岩の洞窟ですが、どうやら拝めるのは、数分だけの様なので、時系列で再アップします(^_^*)ギャラリーが多いので、皆んなで声を掛け合って、頭が入らないように協力しながらの撮影だったんだそうです(^_-)それでは、お休みなさいで御座います。(^_^*) [続きを読む]
  • 亀岩の洞窟(*^^)v
  • YAJIRO家の嫁さんが昨日から「お水取り」で千葉方面に出向いていましたが、近隣に「亀岩の洞窟」がある事を知り、急遽行って見たそうです。 携帯の画像ですが、ハートの光を撮ることができ、大喜びで帰ってきた嫁さんでした(^_^;) あっしを置いて行ったので、天津神明宮ではドシャ降りの雨で、びしょびしょになりながらの参拝だったそうです(O_O) 右側の「神人和楽」と書いてあるものは、宮司さんの遊び心で書いて下さ [続きを読む]
  • 相模國一之宮・寒川神社【備忘録】
  • *一之宮巡拝八社目*当社は神奈川県高座郡寒川町宮山にある式内社(名神大社)で、相模国の一之宮とされ、厄除け、方位除けの神社と知られ全国から数多くの参拝者が訪れる事でも知られています。 御祭神には寒川比古命、寒川比女命が祀られており、この二柱を総じて寒川大明神という。創建は不詳、旧社格は国幣中社、現在は神社本庁の別表神社となっています。 現在の社殿は関東大震災後に修復されたもので、その社殿は壮大な [続きを読む]
  • 伊豆國一之宮・三嶋大社【備忘録】
  • p>*一之宮巡拝七社目* 当社は静岡県三島市大宮町にある神社で、大山祇命・積羽八重事代主神を主祭神としてお祀りしています。この二柱を総じて三嶋大明神と呼ばれている。 総門 創建は定かではありませんが、伊豆國一之宮で、総社でもあります。旧社格は官幣大社 神門 舞殿 拝殿 本殿を始め、こちらの拝殿・幣殿も重要文化財(平成12年)に指定されています。 御本殿 一之宮帳・御朱印 境内には他に複数の境内社が鎮まっ [続きを読む]
  • 浦安の舞い?
  • 今日は、品川区にある戸越八幡神社の例大祭にお邪魔させていただきました。 到着したのは午前10時過ぎでしょうか、まだ人出は多くなく、すんなり参拝する事ができました。 参拝を済ませ、神輿の撮影をしていたら、その時は突然やってきました(^_^;)・・・大袈裟(O_O) いきなり始まったので、何の舞いかは判りませんが、恐らく「浦安の舞い」ではないかと思います。 以前、川越氷川神社の新嘗祭で拝観させてもらったいるの [続きを読む]
  • 駿河國一之宮・富士山本宮浅間大社【備忘録】
  • *一之宮巡拝六社目*当社は静岡県富士宮市にある神社で全国にある浅間(せんげん)神社の総本社になります。富士山信仰の象徴であり、奥宮は富士山頂にあります。また8合目以上は浅間大社の社地として所有されています。 旧社格は官幣大社(式内社)で、主祭神に木花之佐久夜毘売命をお祀りしている。相殿には瓊々杵尊・大山祇神を配する。御神体は富士山。 拝殿 社殿は浅間造りという独特なもので、徳川家康によって造営さ [続きを読む]
  • 遠江國一之宮・事任八幡宮【備忘録】
  • 参拝日2013年8月14日(一之宮巡拝5社目)当社は静岡県掛川市八坂にある神社で、己等乃麻知媛命を祀る遠江の一之宮を称する神社です。旧社格は県社で「言葉のままに願いが叶う」八幡宮と云われ遠方からの参拝者も数多く訪れる事でも知られています。創建は成務天皇年間。 拝殿前の鳥居 拝殿 主祭神には己等乃麻知媛命 (ことのまちひめのみこと)が座しておりますが、相殿には神功皇后・応神天皇・玉依比売命が配祀され [続きを読む]
  • 遠江國一之宮・小国神社【備忘録】
  • ◎一之宮巡拝四社目◎小國神社は、静岡県周智郡森町にあり、御祭神に大己貴命祀る遠江國の一之宮を称する神社です。旧社格は国幣小社となります。 *当初はおもちゃみたいなカメラをを持って行ったので、画像は後日の再訪時のものです。* 参道途中に祀られている八王子社 拝殿 創建時期は不明だが、社伝によれば、欽明天皇16年(555年?)2月18日、現在地より6kmほど離れた本宮山に神霊が示現したので、勅命によりそこに社殿 [続きを読む]
  • 三河國一之宮・砥鹿神社【備忘録】
  • 三河國一之宮・砥鹿神社(里宮)*一之宮巡拝三社目*社格・旧国幣小社(式内社)御祭神大巳貴命(おおなむちのみこと)里宮本社には、大己貴命(おおなむちのみこと)をお祀りする。大国様(だいこくさま)と慕われる御祭神は、福徳の神・国土開拓の神・縁結びの神として尊崇せられ、交通安全・家運隆昌・厄難消除等の御神徳は、三河地方はもとより各方面からの篤い崇敬を受けている。 神門と拝殿 御本殿 三河えびす社 境内社は然程 [続きを読む]
  • 下総國一之宮・香取神宮【備忘録】
  • 下総國一之宮・香取神宮(一之宮巡拝二社目)社格・旧官幣大社(式内社)御祭神・経津主大神(ふつぬしのおおかみ)全国にある香取神社の総本宮で、鹿島の神と共に国土平定(国譲り)を成し遂げた事から軍神・武神の神として崇敬されている。 鹿島神宮・息栖神社と合わせ東国三社の一社です。伊勢・近畿以外の地方神社では、宇佐神宮・香取神宮・鹿島神宮の三社のみが勅使の派遣があった。特に香取・鹿島は異例中の異例で毎年( [続きを読む]
  • 常陸國一之宮・鹿島神宮【備忘録】
  • *特段目新しいものはございませんので、備忘録に関してはスルーして下さいませ。*◎一之宮巡拝一社目◎社格・旧官幣大社(式内社)御祭神・武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)全国にある鹿島神社の総本宮で、国土平定(国譲り)をしたことから、武神・軍神として崇敬を集めている。また、伊勢以外で神宮の称号を名乗れたのは千葉の香取神宮と、ここ鹿島神宮の二社だけでだった。 あ、話は変わりますが、当初はカメラを持っ [続きを読む]
  • 安房國一之宮・洲崎神社
  • 洲崎神社は、千葉県館山市洲崎の海に面した御手洗山の中腹にある神社で、天比理乃咩命を祀り、こちらもまた安房國の一之宮を称する神社です。 旧社格は県社で、御祭神の天比理乃咩命は安房神社の天太玉命の后神にあたる。 鳥居を抜けると左手に手水舎があり、正面には随身門が建立さており、書置きの御朱印はここに用意されている。 随身門の先には厄払坂(石段)があり、名物なのかも知れませんが昇るのは結構しんどい(^_^;) [続きを読む]
  • 安房國一之宮・安房神社
  • 千葉県南部、房総半島最南端部の山麓に鎮座する神社で、安房國の一之宮として天太玉命・天比理刀咩命をお祀りしています。旧社格は官幣大社。 創建は今から約2600年前に遡り、初代神武天皇の時代とされている。阿波国の忌部氏の一族が、天富命と共に黒潮の乗って上陸、開拓したと云われています。 個人的な感想ですが、紀元前に海を渡ってこれる船があったのかと考えると・・・? 拝殿 当神社は主祭神二柱の他に相殿に忌 [続きを読む]
  • 久伊豆神社【越谷】
  • 当社は越谷の総鎮守とされており、御祭神には大国主命が祀られています。創建は定かではありませんが、平安時代には信仰があったそうで、武士から庶民まで幅広く崇敬を集めていたそうです。旧社格は郷社。 参拝日は9月2日。嫁さんは来た事がなかったので大宮氷川神社の後に越谷を目指しました。氷川神社からは1時間弱で到着しましたが、既に午後2時を過ぎていたので境内は閑散としており、ゆっくりとした時間を過ごせました [続きを読む]
  • 千葉県館山市・大福寺(崖観音)に行って見た件(*^^)v
  • 大福寺は千葉県館山市船形にある、真言宗智山派の寺院で山号は船形山普門院。切り立った崖の中腹にあることから崖観音と呼ばれています。 観音堂の壁面には十一面観音が刻まれているそうで、昇殿して参拝することができます。 画像は本堂で、この左の石段から観音堂を目指します。 爺さん見習いにはチトきついが、折角なので昇ってきました(^_^;) ちょっとだけ足がプルプルしてきたので、途中の画像は携帯で済ませてしまいま [続きを読む]
  • 武蔵國一之宮・氷川神社
  • 武蔵國一之宮・氷川神社社格・旧官幣大社(式内社)須佐之男命・稲田姫命・大己貴命を祀る神社で、関東に約280社ある氷川神社の総本宮になる。 創建は第五代孝昭天皇3年4月。2000年以上の歴史を持つ古社という事になります。 そして武蔵の國の一之宮だけあって、境内には数多くの神殿が立ち並んでいます。 画像は神楽殿と額殿(絵馬殿)。鳥居を抜けてすぐ右手に並んで建っています。右側には戦艦武蔵の石版が建立されていま [続きを読む]
  • 深大寺(調布市)
  • 深大寺は、東京都調布市深大寺元町五丁目にある天台宗別格本山の寺院で、山号は浮岳山。 こちらは再訪ですが 前回は23年前蕎麦を食して即帰宅という事だったので 実質初めての拝観という事になります(^_^;) 鐘楼と本堂 本堂には宝冠阿弥陀如来が安置されています。この本堂は二度の火災にあい、大正年間に再建されたものです。 本堂よこの石段を登ったところには元三大師堂が建立されており、御祈願などはこちらで受付 [続きを読む]
  • 大宮八幡宮(杉並区)
  • 大宮八幡宮応神天皇・仲哀天皇・神功皇后をお祀りし、旧社格は府社で現在は別表神社となっている。 都内近郊を回っている方なら一度は訪れるであろう神社の一社です。 (康平6年(1063年)、京都の岩清水八幡宮より勧請。源頼義により建立された。武蔵国の三大宮の1つで「多摩の大宮」、「八幡一之宮」と呼ばれていた。 現在は東京の中心に位置することから「東京のへそ」と云われ、安産・子育ての神社として知られており、遠 [続きを読む]
  • ちょっと綺麗なクリアファイル(*^^)v
  • クラウドファンディングで成立した古事記・八百万の神浮世絵ミュージアム 昨日ですが、嫁さんが古事記のセミナーに行って拝領してきたクリアファイル。現在は約20神のファイルがあるそうです。 大分県日田市豆田町にある古事記・八百万の神浮世絵ミュージアムで販売しているそうです。(税込み378円)御朱印帳やポストカード、神様カードなどなど好き者にはヨダレが出そうな商品がラインナップされているそうです。 因みに、 [続きを読む]
  • 本牧神社(横浜)
  • 本牧神社当神社は横浜市中区本牧和田にある本牧山の麓にある神社です。周辺は閑静な住宅街で、神社の前方と、本牧山・山頂には公園があり、近隣の方々の憩いの場となっています。 旧社格は村社で、主祭神には大日靈女命 (天照大神)、相殿に 建速須佐能男命・木花咲耶姫命・大山咋命が祀られています。その他相殿摂神に八王子大神、相殿末社に若宮八幡宮・阿夫利神社が配されています。 本牧神社由緒書きより本牧神社(旧称 [続きを読む]
  • 神明社(保土ヶ谷)
  • 保土ヶ谷・神明社主祭神は天照大神、社格は旧村社ですが千年の歴史を誇る名社です。 正式名称は神明社ですが、これだけではどこの神明社が判断出来ないので、自分的には勝手に保土ヶ谷神明社と呼んでいます。 横浜では好きな神社の一社で、数回訪れています。なーんたって雰囲気がいいやね(^_^)v 神明社・由緒書きより今から一千年以上昔、保土ヶ谷の地が榛谷(はんがや)と呼ばれていた平安時代の中頃、天禄元年(970)当社の [続きを読む]
  • 根岸八幡神社(横浜)
  • 根岸八幡神社、近所を走行中にナビに載っていたので何気に立ち寄ってみました。 JR南武線、平間駅から東の住宅街を6ブロックくらい奥に入った所に鎮座するお社で、境内には幼稚園が併設されている少し小ぶりな神社です。 由緒、詳細はよく解りませんが、創建は今から約1400年くらい前だそうです。 御祭神は応神天皇、天照大神、大山祇大神 、白山姫大神が祀られております。 拝殿は一般的な入母屋造りで、向拝には結 [続きを読む]