ゾンビボール さん プロフィール

  •  
ゾンビボールさん: LIVE DAM&JOYSOUND f1&MAX奮闘日記
ハンドル名ゾンビボール さん
ブログタイトルLIVE DAM&JOYSOUND f1&MAX奮闘日記
ブログURLhttp://karaokeojisan.blog.fc2.com/
サイト紹介文昔、音痴と言われた親父がLIVE DAMとJOYSOUNDで頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/07/11 10:52

ゾンビボール さんのブログ記事

  • JOYSOUND MAX 追い出し
  • ラウンド1に行ってきました。リトグリグッズが入れ替わり、ミニタオルになりました。今回は、カードを引いて出た点数を出すゲームです。81.7点と微妙な点数を引きました。全国採点で、最初の速報で80点くらいを出して、しばらくしてから止めるというやり方をしました。ニアピンは出るものの、1時間たっても揃わず・・・分析採点に変えてみたら、やっと成功しました。休憩して、童謡・唱歌を歌いました。まだMAXに苦労されている方 [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 童謡・唱歌
  • 初心にかえって、童謡・唱歌にチャレンジしてみました。MAXの場合、童謡でもカンストするのは大変だという先入観がありましたが、曲を選べばそうでもないようです。下の曲は、一発でカンストできました。(分析採点で何回か練習しています。)全体的に甘くなっていると感じましたが、f1では易しい「ちょうちょう」や「だるまさんだるまさん」は駄目でした。これらは、音程バーの長さや配置が原因で難しくなっていると考えています [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 人気曲にチャレンジ
  • 毎月挑戦している人気曲を、MAXで歌ってみました。f1の点数には届きませんでした。f1と歌い方を変えているのは、伸ばす箇所と止める箇所だけです。それで2〜3点違ってくることがあります。間違い探しです(笑)新規カンスト曲雨はやさしいオルゴール/ふきのとう旅立ち/松山千春少年時代/井上陽水贈る言葉/海援隊童神/花花29才のリアル/狐火マイアミネガティブ feat,あっこゴリラ/狐火1つでも役に立つことがありましたら、クリッ [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX  ○○○○○曲
  • 某チェーン店から、f1が消えてしまいましたので、MAXで頑張ってきました。童謡・唱歌でもカンストするのは大変ですが、可能な曲は見つけていきたいと思います。○○○○○曲を攻めてみました。今回は、この曲が1番楽でした。他の新規カンスト曲ホームにて/中島みゆき1つでも役に立つことがありましたら、 していただければ幸いです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • JOYSOUND リトグリ帽子チャレンジ
  • ラウンドワンのカラオケ採点チャレンジが、リトグリの帽子になりました。今回は、店員が出したカードを引いて、同じ点数(小数点第一位まで)を出すというものです。カードを引くと、94.7点と高めの点数が出ました。自分が宣言した点数を出すよりも手間がかかります。全国採点をやれば途中経過がわかるので、94点が表示されたあたりで停止させたら、10回くらいで揃いました。いただいたのは緑のキャップです。なかなかいい帽子でし [続きを読む]
  • JOYSOUND マイクについて
  • マイクについて、いろいろと問い合わせをいただいていますので、私が使用しているマイクと、その接続方法について書いてみました。現在、私の使用しているマイクは、CUSTOMTRY のCM-2000と、audio technica のAT-VD3です。どちらも安いマイクです。CM-2000は、DAMの精密採点で点が出やすくなることで有名になったマイクです。現在、アマゾンで1600円程度(以前は、送料無料で1150円でした。)で購入できます。実際に使ってみたら、 [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 テクニックの最低点が0.5点の曲
  • 久しぶりに、テクニックの最低点が0.5点に設定されている曲(分析採点で、ビブラートが0回の間に停止すればわかります。)についてです。これらは、テクニックの点が低いのは当然ですが、他の項目も点が出にくいです。『君が代』のように、参加人数が多い曲でも、95点以上取れれば全国上位になれます。96点は、普通の曲で99点くらいの感じがします。各項目について考察してみますと、音程童謡・唱歌でも、音程40点はかなり取りにく [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 半透明バーをなぞってもよいケース
  • このブログでは、分析採点で半透明バーがついている箇所をなぞると、ロングトーンの減点になることを指摘してきました。(1年前にこんな記事を書いていました。)しかし、半透明バーをなぞってもよいケースもあるようです。半透明バーが多い曲を選んで検証してみました。『翼をください』は、「この大空に〜」の前までに、13個の半透明バーがあります。半透明バーのなぞり方を変えて、ロングトーンと抑揚の点数を調べました。半透 [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX  JOYポキャンペーン 12月課題曲
  • Little Glee Monsterのグッズプレゼントをやっているラウンドワンですが、今月(15日まで)は、Тシャツです。宣言した点数(小数点第1位まで)を出せばもらえるので、JOYSOUNDならカンストコースに乗せれば簡単です。(50.0点や100.0点はダメになったようです。)生地は薄いですが、カラオケを楽しんでТシャツまでもらえるならお得です。今月の「歌ってためようJOYポキャンペーン」課題曲は、冬やクリスマスの歌が多いですね。 [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 採点項目の考察と攻略について(3)
  • テクニック (配点5点)テクニックは、曲により最低の点数が0.5点、2.1点、2.2点のいずれかに設定されています。ビブラートが1回でも入れば、この点数に2〜4点加点されます。(オーバーフロー分は、他の項目に配点されます。)加点のされ方は、回数にはあまり関係はなく、ビブラートのタイプによって違いが出ます。しゃくりやこぶしは、ほとんど関係していません。JOYSOUNDのビブラートタイプは、写真の9種類+ノンビブラートに [続きを読む]
  • JOYSOUND MAXで点が出ない曲
  • 夏頃からf1の採点が変わり、少し甘くなったようですが、MAXも同じように甘くなったと思います。しかし、まだ曲によっては全然点が取れないものがあります。特に、短い曲は厳しいようです。聖詠シリーズは、f1ではカンスト易曲なのですが、「銃爪にかけた指で夢をなぞる」は、80点さえも取れませんでした。安定感とロングトーンが壊滅状態です。総評が面白いので載せてみます。相変わらす点が低いと、ダメだしをするようなコメント [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 採点項目の考察と攻略について (2)
  • 今回は、抑揚とロングトーンについて書きます。この2項目は、LIVE DAMで有効な歌い方をしても、あまり点数は上がらないので、多くの人が苦労していると思います。個人的には、抑揚とロングトーンをきちんと評価してくれれば、良い採点になると思うのですが、おかしな採点なので、割り切って点数を上げる歌い方や工夫をする必要があります。抑 揚 (配点15点)公式サイトには、「Aメロ・Bメロ・サビなど、曲の展開に応じて抑揚を [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 ペンパイナッポーアッポーペン(2)
  • 「ペンパイナッポーアッポーペン」が、カラオケでも大人気です。平均点が65点くらいで、難しい曲です。攻略の仕方についてメールをいただきましたので、ブログでもまとめてみたいと思います。この曲は、音程&リズム当てゲームだと思います。しかし、原曲とはかなり音程が違います。分析採点で音程バーを確認して、それに合わせて歌わなければなりません。音程・抑揚以外は、埋められるようになりました。音程がこの程度で安定感が [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 採点項目の考察と攻略について (1)
  • JOYSOUND MAXの検証が進み、ある程度の点数を出せるようになりましたので、採点項目の考察と攻略について数回に分けて書いてみます。カラオケ採点ゲームで高得点を出す為には、採点項目についての理解と各項目を埋める技術が必要です。少しでも参考になればと思います。f1の採点も、基本的には一緒です。「音程バー+半透明バー」の箇所を、1つの音程バーとして考えれば、同じ攻略法が通用しますが、違う点には触れていきます。 [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 ペンパイナッポーアッポーペン
  • 話題の「ペンパイナッポーアッポーペン」に挑戦しました。短いバーで音程が飛んでいる箇所が多くて難しい曲ですね。ガイドメロディがよく聞こえる曲と、そうでないのがありますが、この曲は、ほとんど聞こえないので、リズムを合わせるのが大変でした。分析採点を20分くらいして、やっと93点台が取れました。音程以外の項目は、まぁまぁ出るようです。全国採点では、95点が取れました。今月は、何点台の争いになるのでしょうか?ス [続きを読む]
  • JOYSOUND MAXの方がカンストしやすい曲もある
  • 鉄道カラオケに東京メトロ丸の内線が加わりました。実は、鉄道カラオケシリーズは、MAXの方がカンストしやすいです。といっても、今回配信されたのは短いのばかりで、簡単ではありません。特に、「池袋〜新大塚」編が難しかったです。やはり分析採点は重要です。f1とは、切る箇所、伸ばす箇所が違ってくるので、そこをしっかり確認しないと高得点は取れないでしょう。「秋止符」は、f1での点数を更新できました。「ひなげしの花」 [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 譜面の違いに注意
  • ボブ・ディランの「Blowin' in the Wind」を歌ってみました。この曲はいろいろなアレンジのバージョンが存在しており、生演奏版と通常版では、音程バーが違っています。生演奏版スタンダード版ずれていますが、黄色の矢印が同じ箇所です。特に○の所が違っています。歌詞でいえば、existの所です。他にも違う箇所がいくつかあります。スタンダード版の方が、音程を注意しなければいけない箇所が多く、難易度は高いです。(スタンダ [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 音程は39点くらいでもカンストできる?
  • これは、「あヽ人生に涙あり」をビブラートが入らないうちに停止させた時のものです。テクニックの点が3.291点になっています。ビブラートが0回の時には、2.1点になるはずですが、約1点加算されています。これは、音程・安定感・ロングトーン・抑揚の満点以上になった分が配分されたと考えています。それぞれの項目について、何点まであるかは、よくわかりませんが、テクニックだけで、約3.5点発生したことがあります。音程を結構 [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 月間1位争奪戦
  • 近場に朝の時間が格安料金で利用できる店がオープンしたので、月間1位争奪戦に参加してきました。月間グランプリが切り替わるのは、1日の朝8時らしいです。確実に100点が取れる曲を7時59分台にカンストさせれば、いけると思いました。選んだのは、攻略法を公開している「BANGIN SHAKE IT(HIP HOP)」です。ちょうど1年前にMAXでカンストさせた曲です。スタートさせてから、カンストできるまでの時間を確認しました。これは練習で7 [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 ロングトーンについて(補足)
  • 今まで当ブログでは、ロングトーンの評価を上げる為には、半透明のバーをなぞらないようにすることがポイントだと書いてきました。写真でAの箇所がそうです。Aは、音程バー+半透明バーの構成になっています。半透明バーにかからない程度に音程バーをなぞれば良いわけです。DAMのロングトーンの採点は、約0.2秒以上伸ばした箇所について、音程がぶれずに発声できているかどうかを採点しています。JOYSOUNDの場合は、正確な数値が不 [続きを読む]
  • JOYSOUND f1 繫げるようにして歌うはNGになったか
  • 採点仕様に変更があったのではないか?は確信に変わりました。これまで点が取れた、(半透明バーがある箇所以外は)息継ぎをできるだけしないで、繫げるようにして歌うはNGになったと思います。これは自然な歌唱を評価することに少し近づいたのではないでしょうか。ロングトーンについては、「音程バー+半透明バー」を1つの長いバーとして考えればf1もMAXも採点は同じです。判定する箇所は、ある程度長く伸ばした所だと推測して [続きを読む]
  • JOYSOUND f1  採点は、本当に変わったのか?
  • 8月21日のブログで触れましたが、f1の採点が少し変わったようです。音程・抑揚・ロングトーンについて調整をしたように思います。音程については、やはり音程の満点を取るために必要な正解率が少し下がったような感じがします。LIVE DAM 精密採点DXでは、音程正確率が90%程度あれば、100点が可能ですが、f1でも、それくらいの正確率があれば、カンストは可能だと思います。抑揚については、音程バーをしっかりとなぞることの重要 [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX  加茂の流れに、津軽海峡・冬景色 カンスト
  • 昨日は、MAXで全国採点中心にいろいろ歌ってきました。前回、分析採点でわずかに届かなかった「加茂の流れに」が、ようやくカンストできました。「津軽海峡・冬景色」も100点が取れました。MAX とf1の採点は、基本的には同じだと考えています。1番の大きな違いは、半透明バーの存在の有無です。原曲と同じようにロングトーンを伸ばして歌ったら、8点〜9点前半になってしまうことが多いかと思います。これは、伸ばして歌ったら駄目 [続きを読む]
  • JOYSOUND MAX 分析採点マスター 普通の曲で99点チャレンジ
  • 先月は、MAXで98点台が何曲か取れました。今月は、99点を目指しました。(ラップ曲や抑揚が15点になるバグ曲を除く。)そもそも、f1とMAXとでは、音程バーが違う箇所があります。同じように歌っても、点が取れないのは当然なのです。音程・安定感・ロングトーン・テクニックについては、だいたい解明できました。問題は抑揚で、これを14点以上にする必要があります。その為に、修正すべき所をいくつか考えました。それを、まずは、 [続きを読む]