安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん プロフィール

  •  
安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん: 安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ハンドル名安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さん
ブログタイトル安田隆夫|ドン・キホーテに学ぶ常識はずれの経営術
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/okadamasaki20
サイト紹介文安田隆夫さんの著書をご紹介します。
自由文ドン・キホーテ社長:安田隆夫氏の著書等からビジネスに対する考えを紹介していきます。
新業態を生み出すことの苦労から楽しみまで味わい尽くした流通革命児の原点に迫りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2014/07/11 11:19

安田隆夫氏の経営術を学びたい若者 さんのブログ記事

  • 安田?夫|ドン・キホーテという企業からもらえたもの
  • ドン・キホーテについて理解を深めたいと思ったのは、たまたまテレビでドン・キホーテの成長について特集をしていた番組があったからでした。その時の自分はあまり流通小売業というものには興味がなく、その当時はどちらかというと目立つようなITベンチャー企業にばかり目が行き、そして自分もそのような業界に属していたということもあり、頭の中の意識はずっとIT系の事ばかり巡っていました。そんな時に、ドン・キホーテのビジネ [続きを読む]
  • 安田?夫|ナイトマーケット市場
  • ドン・キホーテの成長について話をこのブログでも様々展開をしていますが、大きな成功要因としては、大きな市場をきちんと捉える事が出来たからだと私は思っています。ドン・キホーテは、当時まだ日本で確立されていなかったナイトマーケットの市場において、勝負をするという事を最初から視野に入れていました。もちろん、他にナイトマーケット市場を攻めている企業がないので、市場規模を算出することは過去から見ると出来なかっ [続きを読む]
  • 安田?夫|ドン・キホーテのユニークな経営戦略
  • ドン・キホーテは創業した安田氏がたった1代で築いてきた企業です。今の時代となっては独立して仕事をする事が比較的一般的な認知として持たれる時代になりましたが、安田氏が戦ってきた時代は、流通業界で新しく独立をするという人は非常に少なく、また流通業界に革命を与えるような企業の体質を作るということは、本当に異端児的な企業だったのだと思います。そんな安田氏ですが、実際にどのような手段を講じ、現在のドン・キホ [続きを読む]
  • 安田?夫|ドン・キホーテの攻めの姿勢(1)
  • ドン・キホーテについては様々なご紹介をしてきましたが、今回のブログでは最近のドン・キホーテがどのような状態にあるのかという点についてご紹介をしたいと思います。近年、IT化の推進により様々な箇所で便利なサービスが登場して参りました。その中で私たち消費者の生活を大きく変えたのは電子マネーではないでしょうか。今までの決済で便利なものはクレジットカードだったと思うのですが、この電子マネーの登場により、通常の [続きを読む]
  • 安田?夫|ハイペースの出店計画で5年後には1兆円企業に(2)
  • 前回のブログでは、毎年10店舗以上をドン・キホーテとしては出店をして行く計画を持っているという事についてご紹介して参りました。これまでのドン・キホーテの成長から考えると実現不可能とは思えないところが凄いところだと思います。実績を振り返った時に、この成長が根拠のある内容に見えてくるのです。では、ドン・キホーテの成長力を数字化するとどのようになるのでしょうか。その数字を見ていきたいと思います。『創業時 [続きを読む]
  • 安田?夫|ハイペースの出店計画で5年後には1兆円企業に(1)
  • ドン・キホーテは短期的にその店舗数を急増させ、また売上においても飛躍的に成長をさせてきた、物凄い優良企業であると私は認識をしております。では、ドン・キホーテという企業は未来的にどのようなポジションを見据えてその企業のイメージを持っているのでしょうか。その点について創業者である安田氏の意見を引用し紹介をしたいと思います。『ドン・キホーテの躍進ぶりは、その出店展開にも表れている。‘89年の府中店を振り [続きを読む]
  • 安田?夫|ドン・キホーテが株式上場した理由(2)
  • 前回のブログでは、ドン・キホーテが社員の喜ぶ顔を社長である安田氏が会議の席上で見て、いよいよ真剣に上場を考えなくてはならない状態になったという事について触れてきました。また、企業が上場する事によって、社員が活性化し仕事にモチベーションを持って取り組んでくれるのであれば、経営者としてはこれ以上なく喜ばしい事でもあると思います。『ところが、社員のうれしそうな顔を見て、これは本気になって公開準備をしなく [続きを読む]
  • 安田?夫|ドン・キホーテが株式上場した理由(1)
  • 前回のブログで、ドン・キホーテが急激なスピードで株式上場を果たしたという事について説明してきました。その説明の中でドン・キホーテは昔から存在している、小売業として株式上場を果たし見事に差別化をして退けたという点について説明を行いました。今回のブログでは前回に引き続き、タイトルにある通り、ドン・キホーテが株式上場をした理由について話を展開していきたいと思います。『いうまでもなく株価は、企業の将来性や [続きを読む]
  • 安田?夫|店頭公開から1年半で東証2部上場に(1)
  • 今やドン・キホーテというと日本中の人が知っている大企業ではないでしょうか。もはや今の日本においてドン・キホーテの空白地帯は存在せずに、すべての都道府県においてドン・キホーテが出店されているのではないでしょうか。しかしながら、このドン・キホーテは、流通小売業という業界の中において非常に珍しくベンチャー企業であると私は思っています。IT業界であれば確かにベンチャー企業は多くいるのですが、小売業としては非 [続きを読む]
  • 安田?夫|成長企業の各指標ランキングの常連企業(2)
  • 企業の成長を指標で表した時に、様々な指標によってその企業を図る事が出来ると思います。例えば売上などは非常にわかりやすいと思うのですが、これが年々どれくらい増えているかによって、その企業の成長が見えるのだと思います。そういう意味でいうと、ドン・キホーテがここまで成長してきたのは、どのような指標の成長があったのでしょうか。今回のブログでは指標によってドン・キホーテを捉えていきたいと思います。『また、重 [続きを読む]
  • 安田?夫|成長企業の各指標ランキングの常連企業(1)
  • ドン・キホーテは急成長をし、見事にその企業の存在感を市場に認知させてきました。そして、その急成長については様々な指標によって見える化されており、その指標が群を抜いて優れている事を証明しています。今回のブログでは、この指標について話を展開していきたいと思います。『ドン・キホーテの急成長ぶりを別のデータでご紹介してみたい。対前年度比の売上高の推移である。第一号店である府中店がオープンしたのは前述の通り [続きを読む]
  • 安田?夫|バブル崩壊後の10年間で200倍に成長(2)
  • 前回のブログでドン・キホーテの初年度から10年間で売上が200倍にまで成長したという事について説明をしてきました。そして、ドン・キホーテの安田氏が小売業については素人であり、ドン・キホーテの前は卸売業者を営んでいたという点についても紹介をしてきました。今回のブログでは、前回に引き続き、このドン・キホーテの成長について話を展開したいと思います。『店舗数は2001年中には11店舗が新規オープンするので [続きを読む]
  • 安田?夫|最強のビジネス手法がお客さま第一主義である(1)
  • ドン・キホーテといえば「お客さま第一主義」を企業原理としている、数少ない企業だと思います。では、なぜドン・キホーテはこの「お客さま第一」を最強のビジネス手法だと捉えているのでしょうか。本日のブログではこの点について紹介をしていきたいと思います。『ドン・キホーテがお客さま第一主義を企業理念にとどめることなく、現実的な業態手法としているのは、現代のビジネス環境において、お客さま第一主義が最も有効的な訴 [続きを読む]
  • 安田?夫|「お客さま第一主義」を企業原理とする理由(2)
  • 前回のブログで、ドン・キホーテがドン・キホーテとして存在するためには「お客様第一主義」が絶対に必要である、そして、企業原理や企業理念と統合した考えかたのため、ぶれずに体制づくりができるという点について話を展開してきました。今回のブログでも前回に引き続き、この企業原理について話をしていきたいと思います。『多くの企業では、お客さま第一主義は概念にしか過ぎない。そのためにいっていることとやっていることが [続きを読む]
  • 安田?夫|「お客さま第一主義」を企業原理とする理由(1)
  • お客さま第一主義という言葉はよく耳にすると思います。小売業の本を読むとこのような言葉が多くの著書にて使われており、お客さま第一主義を実践する事によって、お客様の信頼を得るという記載が非常に多く見受けられます。しかしながら、ドン・キホーテも同じような言葉を発しています。同じことをしているのに、なぜこれほどまでに大きな差が生まれてくるのでしょうか。今回のブログではその点について説明をしたいと思います。 [続きを読む]
  • 安田?夫|驚異的な成長力はどこにあるのか?(1)
  • ドン・キホーテと言いますと、既にご存知の方も多数いらっしゃると思います。しかしながら、ドン・キホーテは一人のビジネスマンが起業し、驚異的な成長力を持って一代でここまでの企業規模に成長させた事を皆さんは知っていますでしょうか。既にターミナル店舗は日本全国に設けられており、海外進出まで果たしているドン・キホーテですが、その成長力について今回のブログで説明したいと思います。『ドン・キホーテは創業以来、マ [続きを読む]
  • 安田?夫|最後まであきらめない者がビジネスでも勝者になる(3)
  • 前回のブログで記載を行いましたが、プロを自分の店に呼んでしまうと、そのお店はプロの持つ色味になってしまうということが考えられます。自分が特異性を出したいと願っても、そこにプロの手法論を取り入れれば、間違いなく最終的な店が持つコンセプトはプロが経験をしてきた色味に染まってしまうことでしょう。そうなってしまうのはドン・キホーテを創業した安田氏は正とはしませんでした。『本来自分が繁盛させた原点というのは [続きを読む]
  • 安田?夫|最後まであきらめない者がビジネスでも勝者になる(2)
  • 前回のブログでもご紹介しましたが、ドン・キホーテは安田氏が素人から起業した流通小売業です。だからこそ、最初の段階では物事がうまくいかず、何度も辞めたいと思ったようです。しかしながら、今のドン・キホーテがあるのは安田氏があきらめずに企業を成長させようとひと時も休まず行動し続けたからではないでしょうか。つまりあきらめない強い心が企業には必要なのだと思います。では、なぜこれほどまでに安田氏はビジネスを諦 [続きを読む]
  • 安田?夫|最後まであきらめない者がビジネスでも勝者になる(1)
  • 仕事を遂行するにあたり、諦めの悪さは非常に重要だと思います。そう思うのも、仕事は常に変化をしており、どのタイミングでそのチャンスを掴み取れるかという事は誰もわかっていないですし、もっと言えば何が正解なのかも誰もわかっていないのだと思います。だからこそ、最後まであきらめず、仕事をし続ける人がいればこそ、勝者になれるのではないでしょうか。『私がこれまでの人生でもっとも辛かったのは、独立後の挫折でも、一 [続きを読む]
  • 安田?夫|経営者は持続力とスピード制御力が求められる長距離走者(3)
  • 企業には存続という点が求められると思います。この点は前回も触れてきましたが、企業はある一定地点において業績が良くても仕方がない。定期的に利益を創出し、競合と比較し優位性をもち、お客様から支持されることによって、存続を果たしていくという目的が存在している。ほとんどの企業が営利団体であるため、その最終目的は利益の創出となります。では、長期的に必要となる視野とはどういったものでしょうか。その点について安 [続きを読む]