Joshua Trees さん プロフィール

  •  
Joshua Treesさん: ゲイオヤジのブログ
ハンドル名Joshua Trees さん
ブログタイトルゲイオヤジのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/joshuatrees/
サイト紹介文日本人が好きなのに、間違って日本を脱出してしまった不幸なおオヤジ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/07/11 15:43

Joshua Trees さんのブログ記事

  • ノンケにカミングアウトする勇気
  • 前回彼にあったときは、時間があっという間に過ぎていった。彼がノンケで奥さんがいることもわかっているし、肉体的な関係がどうこういうよりは、二人で酒をのみながら、一緒にいる時間がただ、心地よいというだけだった。 彼は日本に住んでいるから、もう当分彼に合うことがないだろうと思っていた。そんな中、彼の誕生日を知って、メッセンジャーでお祝いの言葉を送ると、お礼の返事と一緒に来週からこの街に出張で数日するこ [続きを読む]
  • 付き合うなら若い方?
  • ごめんなさい。仕事の忙しさにかまけて、ブログさぼってました。 特に今週は夜の食事会が続きましたが、皆30代のオトコだったので、オヤジは大満足でございます。いや〜30代はいいね。あの色気たまらないよ。あっ全員ノンケだけどね。笑 その一人は、同僚にカミングアウトしたって話をしたときの30代男子ね。その彼とまた二人きりで食事にいくチャンスをいただきました。 彼が今回はゲイの地域のレストランにいきたいとい [続きを読む]
  • 生きることへの挑戦
  • 先日、美人姉妹のアナの妹さんが、亡くなった。お会いしたこともないし、こんな遠くにいれば、接点もほとんどない。でもなぜだろう、僕は彼女がブログを開設した日から、死の直前まで、ブログを追っていた。 彼女の死について、僕の周りに、話を持ちかけてみたが、「ああ、悲しいですね。」くらいで、僕が感受している程の深い悲しみを持っている人がいなかったのは、少し意外だった。 大げさなと言う人もいるでしょう。でも僕の [続きを読む]
  • こんなボーイズラブも悪くない 
  • 年をとる、老いるとは、過去の自分を背負って生きることだ。 僕は、中年オヤジだ。にもかかわらず、受け入れられない自分がある。 自分は、まだイケルだろう。気持ちは若いしねと思っている。 でも、外見は確実に老けている。3年前よりも、もちろん10年前よりも。。。 でも、自分はまだ、大丈夫じゃないかって、変な余裕がある。 29歳のこと考えていたら、偶然にもこんなBL映画が僕の前に現れた。 AIの力は凄いな。笑 この映画 [続きを読む]
  • この気持ちは、ここで止める。
  • 今の僕の気持ちをこのブログに少しだけ書き留めておきたい。 あの29歳と会うのは1ヶ月ぶりだ。 1ヶ月も連絡がなければ、忘れてしまうことがあるんだけど、 僕の心に寄り添ってしまった人は、男でも女でも僕の記憶のとこかに必ず残っている。 この29歳もそんな奴なのだ。 先週、酔った勢いで、テキストを入れたら 来週、食事でもと誘われて、 単純なオヤジは二つ返事でOKし、今週会うことになった。 待ち合わせの場所で、彼を待って [続きを読む]
  • 反省と不安の交錯する自分を見つめて。
  • Wish all gays and lesbians a happy pride month! 6月はLGBTの月ですね〜。仕事を終わって外にでると目抜き通りには、レインボーの旗が元気よく靡いていました。 6月はちょっと飲み過ぎもあってか、今オヤジは反省と不安の交錯する毎日。 飲み過ぎは言い訳だが、実は先日、自分がいかに、口先だけの人間かと思い知らされた出来ことがありました。 先日も午後1時からの開催なのに200人程集まったビジネスイベントに出席。そのう [続きを読む]
  • ノンケのふりは妙な気分。
  • オヤジはいい具合に酔ってます。笑 今日も、飲み会でした。とある企業の方と。 オヤジが何度も飲みにいきましょうよなんて、駄々をこねたから、 相手がやっと折れました。 どこで飲むんだろうとメールをチェックしてたら、 CCにもう一人加わってる。 名前を確認すると、 エグゼクティブゲイでした。 僕は風の便りで彼がゲイだということは知っていましたが、 会うこともないし、共通の話題があるわけでもなく、 ましてや、ゲイだか [続きを読む]
  • エグゼクティブゲイ
  • オヤジのことではありません。 やっと映画「怒り」見ることができました。 正直考えさせられる映画でした。特に、相手を信じること。 信頼関係は意外ともろく、自分が危険な局面に置かれると、相手を信じられなってしまう自分いることに気づく。 まあ、他にいろいろと話したいこともあるけれど、 それにしても、妻夫木くんはよかった。あれは間違えなくゲイの理想形でしょ。(すみません、あくまで僕の好みです) 来てる洋服や時計 [続きを読む]
  • 僕の想いを綴りました。
  • 5月も、もうすぐ終わろうとしている。 そういえば、1ヶ月ほど前に、ワイナリーに一緒に行こうと約束した29歳は、あれ以来連絡がこない。僕の休肝月が4月に終わって、5月はまた飲めるから、一緒に飲もうと約束をしたんだけどね。 それ以来、音信不通。まあよくあることだ。 僕は、追っかけない。向こうが連絡をすると行ってきて、連絡をしてこないのに、無理やりに連絡しても、そんな関係、対等ではないし、こちらが、期待し [続きを読む]
  • 大人の男の魅力?
  • 僕は、約束の場所まで走った。すでに遅れそうなのに、バスのストップサインを間違えて、予定の場所より5ブロックも離れた場所に到着し、焦って走っていたのだ。 目的地には15分も遅れた。すぐに店内を探したけど、彼の姿は見えない。 しまった。怒って帰ってしまったか。 仕方なく受付で、予約したが15分遅れたという話をしたら、お連れさんは、まだ到着しておりませんよ。と言われ、 ひとまず安心した。 それから、僕は長め [続きを読む]
  • カミングアウト
  • 金曜午後3時、今日は全員社員早退。 本当ならば、同僚と午後6時30分から夕飯の約束をしていたのだが、思いかけず、早く会社を出ることができた二人は。。。。 ビアガーデンで真昼間からビールを飲み始めました。笑 可愛い同僚は33歳。ストレート妻、子持ち。少々Mっ気あり。次男坊の人なっこさ。こんな奴といると僕の外川さん性格(わからない方は前回のブログ参照)があらわれる。 可愛い同僚目の前にちょっとリードした [続きを読む]
  • ボーイズラブ悪くない
  • 午後9時、仕事を終えてビルをでる。 吹雪いている霧は、ビルの間をかけぬけ、とても幻想的だ。 こんな時は、一人でいるよりも寄り添う誰かがいればとふと考えてしまう。 なんて、 ブログをさぼっている間に、僕はボーイズラブという、今まで踏み入れたことのない、ジャンルを経験してみた。 経験とはいっても、映画を見るくらいなんだけど、正直ゲイが描くゲイの関係よりもおそらくボーイズラブを執筆している女性の方が、遥かに [続きを読む]
  • 僕の幸せの形。
  • みなさん、お久しぶりです。やっと時間が少し取れました。 前回のブログでは、一人で生きて行こうという話をしていたと思います。 ただ、一人で生きていこうとは考えていても、僕にとって男女問わず素敵な出会いは、心の財産です。 これだけは、幾つになっても止められません。 幸運なことに、僕は仕事で、素敵な出会いをする機会に恵まれています。(だから、この仕事やめられないんですが)ただし、素敵な人 [続きを読む]
  • 自分の想いを大切にする。
  • 一人で生きていくこと。 それは、その日、その日を大切に生きていくこと。 そして、その瞬間、誰かを好きでいられる、その気持ちを大切にしたいです。 相手が僕をどう思うなんて、王子もそうでしたが、僕には Out of Control です。 でも、自分の気持ちへは、自分だけが、ご褒美を挙げられます。 世の中、明日はどうなるかわかりません。家族、友人、恋人関係でも来週はどうなっている [続きを読む]
  • いい出会いに触れた時。
  • 一人で生きていこうと、徐々に受け入れつつあるもやはり、寂しさは拭えないオヤジ。 29歳青年からは、さらりと映画いいですね。是非一緒に行きましょうと連絡があり、思わず、受け入れてしまったオヤジ。 相手は、年上の知り合いの人くらいしか思っていないのに、変な期待をしてしまうオヤジ。 29歳の青年と会う当日、準備万全と15分前行動をしようと、会社を出る寸前に、連絡があり、もう一枚書類を作成して [続きを読む]
  • ベットが届かない。
  • 今日、ベットが届く予定でした。前のベットが壊れて、起きると底が外れているんです。 あっ、エッチのやりすぎて外れたんじゃありません。 家に持ってきてもらっても、どうせ留守なので、店でホールディングしてもらうつもりで、カーシェアリングでSUVまで予約しておいたら、 突然、 列車の脱線事故で、指定日までに届きません。と連絡がありました。 ベットはこんな感じで、 いかにも [続きを読む]
  • 現実をみつめて
  • 僕は 頭のいい、自信のある優等生のハンサム系、には惚れないんだと思う。 きっと、それは、自分との向き合い方が原因だ。 頭がよくて、器用になんでもこなす人に出会うと、僕の価値がないような気がして、自分みたいのと一緒にいて、楽しんだろうか、幸せなんだろうかと思ってしまう。 だから、ちょっと出来の悪い問題児に惚れるんだよ。性格的にもね。 それは、このブログを前から読んでいてくれる人なら、 [続きを読む]
  • 若い息子や、娘をもつオヤジの心境とはこういうものかなあ。
  • そういえば、夏にこの街で、経験豊富でもないのに、オヤジがデートの仕方を教えてあげた、21歳 まあ、親父のことを、まるで父親のように慕い、毎日のようにラインでテキストを送ってくる。少々ウザいとは思いながらも、最近はまるで自分が父親のような感覚になってきた。 ゲイの父親が、ゲイの息子をもつとこうなるのかというくらい、会話はひどいもんだ。笑 最近は、会いたいと思う男の写真と会話を送ってきて、 [続きを読む]
  • また、取り残された。
  • 今日、フェイスブックを読んでたら、突然 婚約しました のメッセージが入ってきた。 かれこれ2年まえ、僕たちは、お互い白人よりも自分の人種の方が好きで、 なかなか彼氏がみつからないと、二人でタラレバして。 二人で、素敵な彼氏がみつかるといいねとはなした。 かれは、しっかり婚活して、自分の現実を見つめて、自分の思いを叶えた。 ファイスブックのメッセンジャーで Are you re [続きを読む]
  • 僕にとっての20代の男たち
  • 正直にいえば、僕の好みは30代半ばから40代後半の男性だ。しかし、この年のゲイと出会うことは、この街では少ない。 最近、僕は20代との出会いが多い。僕にとって20代は、父親と息子の関係に近い。もちろん20代でも大人の雰囲気を十分に備えた男らしい人もいるし、30代なのにおおそ幼い性格の奴もいる。 20代の若者がなぜ、僕みたいな、モテナイ親父と会おうとするのか? 僕が彼らの恋愛対象に入っていな [続きを読む]
  • この年になると。
  • この年になると、人生やり直せたらって思うことが度々ある。 もし僕が、海外に移住しないで、日本にずっといたら、幸せだったのか? 今頃、彼氏ができていたのか? 家族と過ごす時間をもっとつくることができたのか。 タラレバになってしまったけれど、もし、別の自分の人生を映画のように見ることができたのなら、まず自分が日本から去ることがなかったケースの人生を映し出してみてほしい。 そして2番目のケー [続きを読む]
  • そして。。。
  • 近いうちに是非よろしくお願いしますと、青年はテキストをくれた。 まあ、これはきっとお決まりの文句だとはおもったんだけど、丁度今週、来週にかけて、勤務先からすぐの映画館で日本の映画を上映するので、一緒にいきませんかと、テキストを送った。 どうなるんでしょうね。  手を繋ぐくらいでいい、並んで歩くくらいでいいそれすら、危ういから、大切な人が見えていれば上出来。by Ataru Nakamura 4月は [続きを読む]
  • 一人で生きていくとはいったものの
  • 英語ではよく Good things happen when you least expect it. というけれど、一人で生きていこうと思ったときに、 あっ そういえば、2月の終わりくらいから、ずっとオンラインでチャットしている 29歳(若すぎるのはわかってますが、こればかり親父にはコントロールが効きません。親父の好みは35から49歳くらいなはずです。)に、3月の終わりに酒でも飲みにいきましょうと、軽く言って、3月の最終 [続きを読む]
  • 一人で生きていく。
  • 3月は別れの時期だというのは周知の事実。 僕の経験を買って、採用してくれた上司がとうとう、日本へと帰国する。まあ、日本企業なら、よくある光景だろう。 しかし、僕はずっと米系に勤務していたので、こうやって駐在と呼ばれる方々が日本へ帰ってしまうという光景は、しばらくぶりである。 特に今回は、僕と二人三脚でチームを盛り上げた上司だったから、彼がいなくなるということは、僕の心にポツンと穴が空い [続きを読む]
  • 親父、竜宮城へ行く。
  • 実は、数日前まで日本に出張に行っていました。 浦島太郎状態です。現実から離れ、きれいな日本人女性、イケメンな日本人男性を街の至るところで見かけるという、親父にとっては、まさに竜宮城であります。 さあ、皆さんもご察しの通り、王子と会えたんでしょうか。 王子に連絡をとると、金曜日から箱根に1泊しようといい、僕は遊びじゃないから、金曜日は一日中会議だと言って、それなら、東京のホテルでお泊りデート [続きを読む]