Joshua Trees さん プロフィール

  •  
Joshua Treesさん: ゲイオヤジのブログ
ハンドル名Joshua Trees さん
ブログタイトルゲイオヤジのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/joshuatrees/
サイト紹介文日本人が好きなのに、間違って日本を脱出してしまった不幸なおオヤジ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/07/11 15:43

Joshua Trees さんのブログ記事

  • 一人で生きていく。
  • 3月は別れの時期だというのは周知の事実。 僕の経験を買って、採用してくれた上司がとうとう、日本へと帰国する。まあ、日本企業なら、よくある光景だろう。 しかし、僕はずっと米系に勤務していたので、こうやって駐在と呼ばれる方々が日本へ帰ってしまうという光景は、しばらくぶりである。 特に今回は、僕と二人三脚でチームを盛り上げた上司だったから、彼がいなくなるということは、僕の心にポツンと穴が空い [続きを読む]
  • 親父、竜宮城へ行く。
  • 実は、数日前まで日本に出張に行っていました。 浦島太郎状態です。現実から離れ、きれいな日本人女性、イケメンな日本人男性を街の至るところで見かけるという、親父にとっては、まさに竜宮城であります。 さあ、皆さんもご察しの通り、王子と会えたんでしょうか。 王子に連絡をとると、金曜日から箱根に1泊しようといい、僕は遊びじゃないから、金曜日は一日中会議だと言って、それなら、東京のホテルでお泊りデート [続きを読む]
  • 会ったのか、会わなかったのか。
  • それで、王子と結局あったのか? 会いませんでした。 会いたい気持ちはありました。 飛行機のチケットも購入しかけました。 でも、あの週末は雨がかなり降っていて、帰ってこれなくなるんじゃないか。(まあ、これは言い訳ね) それよりも、こちらに来る1日前に、連絡をしてきて、会いたいから来てくれ? ちょっと都合よすぎませんか? 僕も生身の人間です。感情もあります。幾ら僕が [続きを読む]
  • 長いあいだ、サボってました。ごめんなさい。
  • 皆さん、お久しぶりです。 また、ブログをほっぽらかしにしてました。 すみません。 ここ数週間で、特別なことがあったわけではありません。 ただ、少しずつ自分を見つめ直してみると、自分は 「男を見る目がない」と感じ始めています。 周りから、洞察力があるとか、人に対して鋭いと言われると 自分の男を見る目も、正しいのかなと、ふと勘違いをします。 実際は、女に厳しく、男に甘い [続きを読む]
  • Happy New Year! 明けましておめでとうございます。
  • 新年明けまして、おめでとうございます。本年もブログ共々、男大好きオヤジをよろしくお願いします。 Happy New Year to all of you! May the upcoming year be more prosperous than the last! 朝から、あの卓球の〜〜さんの結婚記者会見を見て、旦那さんが、あまりに僕のタイプにはまっていたので、う〜ん台湾人もいいなとちょっとだけ移り気な気分に吹かれましたが、気を取り戻して、やはり僕は日本人の彼氏が欲しい [続きを読む]
  • 今年最後の想い。ってか最後までこれか。
  • 今年もそろそろ終焉に近づいていますね。 この忙しい時期に、僕のブログなんて読んでいる人いるんだろうか。 そんな奴は、1) きっとオヤジに惚れてるか 笑、2) オタクさんか、3) 僕と同じ年末年始ぼっち?4) 暇つぶしさんですね。 年末の最後の日までオヤジは男について語ります。でもすごい退屈なので、時間のない方は、飛ばしてください。 男の魅力ってなんだろう。 外見の男らしさや顔って僕にとって [続きを読む]
  • これで最後です 王子への想いは。
  • 僕は キミとふたりで生きていきたかった。それだけで 何もいらなかったそっとキミに寄り添うことができれば。 でもキミが僕への思いをなくしてしまったことは、この恋の終焉なんだと言い聞かせてる。 僕と君はあまりに遠すぎた。遠すぎると、気持ちも離れる。でも、僕の気持ちは、不思議なくらい、離れなかった。 そしてこの終焉は、貴方を嫌いになったからではなくて、貴方を好きすぎて、自分がどうしていい [続きを読む]
  • 何を書こうか。hmmm
  • オヤジは男の話をしなくなると、何をここで書いていいんだか。すでに30分以上も、何を書こうか考えていますが、 全く浮かびません。僕が男以外のことを書こうとしても、自分では全くワクワクしません。 例えば、オヤジが料理について書いて、僕の夕飯ですとか、載せても読んでくださる方にあまりに失礼ですよね。オヤジが食ってるもの知りたくないでしょ? でもオヤジがどんな男食っているかはしりたいでしょ。笑&nbs [続きを読む]
  • On this Christmas Day... 決心
  • 僕、決心つきました。 実は、浪人時代に付き合った彼女に別れ話をされたのが、クリスマス。 そして、僕が結婚を望んで7年間待った彼氏と別れのが、クリスマス、2日後。 ===== 今回、僕はおよそ20人の日本在住の知り合いに一斉にメリー・クリスマスのメッセージを送りました。王子にもね。 クリスマスの朝、一斉に返事が届きました。 21歳の男から、 僕に日本人の男の良 [続きを読む]
  • 一晩限り- One Night Stand
  • 仕事も終わって、休日の1日目。生憎の雨である。 クリスマス前は、お仲間も、中西部の田舎におかえりになるので、ゲイのメッカも静まり返る。 ラップトップ持って、普段行かないお仲間エリアのど真ん中にある、コーヒーショップでこれからの約2週間の計画を立てている。 本当は丸々日本に帰国したいのだが、犬のことを考えるとそうもいかず、今年のクリスマス、新年ともどうやら1人になりそうだ。&nbs [続きを読む]
  • 信頼
  • 今日は今年の仕事納め、夕方から職場でのクリスマスパーティーだった。 お疲れ様。 同僚には来年の4日まで会うことはない。 シャンパーンで乾杯して、1年終わったなあという安堵感。 こういう場では、僕は一人いることが多いけれど、 皆の笑顔を見ていると、話さなくても、皆の気持ちがよめてしまう。 と同時に僕は、 超高層ビルから夜景を見渡して、 突然、僕は信頼している人がこの街 [続きを読む]
  • 恋する。。。
  • いつまで、引きずっているんだと思われても、くだらないと言われても、やはり僕は王子に恋をしているんだと思う。 僕は仕事で今年約100人ほどの面接をしたのだが、僕が面接者を判断するのは、最初の1分。あとは、別の面接官がずっと面接をしていて、僕はそれを観察している。最初の印象が、ほぼあっているのだ。だから自分の洞察力を信じている。 たしかに、新橋の例のバーで、だれにも相手をされなくて、ワインをかなり [続きを読む]
  • わからない。
  • そういえば、こないだ例の王子からメッセージがきていた。 箱根に今、仕事で来ている。去年二人で旅行したことが懐かしくなってメッセージしてきたとのこと。 僕はもっともっと辛くなった。 いったいあいつは僕のことどう思っているのだろうか。 今度、聞いてみるか。 もう答えはわかってんだけど。 神はどこまで、僕を迷路に閉じ込めておくんだろう。 [続きを読む]
  • 理想のウエディング
  • 男もいないのに、お前何考えてんのって思われるかもしれません。 でも、オヤジだって人の子。 こんなウエディングをしてみたいなんて、考えることがあります。 っていうか、今までこんなこと考えたこともなかったんだけど、 帰路について、いつものように路面電車を降りて、駅の前の公園を ぼっと歩いていたら、なぜだろう。 タキシードを着た二人が僕の頭によぎり続けるんです。顔は見えません。た [続きを読む]
  • 『乱』から『癒」へ
  • 前回のブログで、自分の心に栄養を与えないといけないと書いた。 今日、ふと思ったのだが、僕は12月に1つもパーティーに誘われていない。(仕事は別として)もともと、日本人の友人は少なかったから、仕方がないにしても、Non Japaneseの友人からのパーティー、飲み会の誘いが1つもなかった。 これは、実は僕にとって深刻な問題だ。転職して、仕事や仕事の同僚に集中しすぎて、他の人たちとの連絡が滞っていたか。反省 [続きを読む]
  • ある土曜日の一日
  • 土曜日の朝、この街は肌寒いものの晴天でした。 先週から出張が続きで、今日は、久しぶりに自分の街をゆっくりと歩きたくなったんです。 他の街を訪問してみると、アジア人でゲイであることが、マイノリティーのマイノリティーなのに、この街は、アジア人あること、ゲイであることがマイナス要素になっていないことに再認識したんです。 だから、人に紛れて自分の気持ちを落ち着かせたかった。 そ [続きを読む]
  • 男のいない親父の金曜の夜
  • 金曜日の夜くらいは、好きな奴とまったりしたいもの。クリスマス商戦まっただ中のダウンタウンを一人、オヤジは、音楽を聞きながら歩く。 Iphoneから流れる歌詞は、 君が僕の前に現れた日から何もかもが違くみえたんだ朝も光も涙も、歌う声も君が輝きをくれたんだ抑えきれない思いをこの声に乗せて遠く君の街へ届けようたとえばそれがこんな歌だったらぼくらは何処にいたとしてもつながっていける (sung by sukima [続きを読む]
  • 聞き出すチカラ
  • 訪ねた南の町は快晴なのに、僕の住んでる街は嵐が吹き荒れているらしく、フライトは大幅に遅延。なんとか、自分の街に戻ってきました。 今回の出張は、チームメンバーの2人に同行しての、とある会議に出席して、セミナーを受講したり、ブースを回ったりしていました。 米企業に勤めていた頃は、定時になれば後は、解放されたけど、今はそうもいかず、夕飯も、飲みもずっと一緒。 でも、僕は別に嫌だと [続きを読む]
  • 僕はバカだ。
  • あああ、あれほど、皆からやめたほうがいいと言われていたのに。 やっちゃった。 僕はなんてバカなんだろう。 ちょっとだけ自己嫌悪になってる。 いい加減しろや。オヤジ。 君は我慢という言葉を知らないのか。 まだ、懲りてないオヤジ。 [続きを読む]
  • 酔っ払って、自分でもわけわからん。
  • 飛行機は定刻通りに離陸し、数時間後には、州の最南の都市に到着しました。 飲みすぎて、ホテルに戻り、今度は1人でホテルのバーでワインを飲む。 妙に、人恋しくなって、王子を思い出す。あいつサーフィンやってるから、この街の周辺にあるビーチに連れて行ってあげたいなあとか。 もう、王子はいい。僕は彼を忘れたいのだ。 今日の文章は、支離滅裂。かなり酔っ払ってる。 こんな時 [続きを読む]
  • かわいいゲイには旅をさせよ。
  • 実は、又明日から2泊3日で出張です。息子(愛犬)はいつもの友人に任せて、更にまた南へとくだります。 今日は、9月に数日間一緒に過ごした21歳の続き。 彼からは、未だにラインでメッセージが届く。王子とは全く逆で、数日ごとにラインでメッセージが送られてくる。(これで如何に王子が僕に興味がないか、はっきりとわかった。笑) 話は、僕が聞き役。 大学3年だから、就職の話も、男の話も、すべて僕 [続きを読む]
  • 僕が日本人と付き合いたい訳。
  • 金曜日、朝4時に起きて、南の街に向かいました。今回の目的は日帰りの出張です。 正直、週2回の出張は体にきつい。オフィスに一日中こもっているよりはましですよね。 クリスマスツリーも豪華。 さて、本題に入ろう。 僕に彼氏がいないことを知っていて、友人はアドバイスをくれる。その中で、僕は、「なぜ日本人でなければいけないのか。アジア人ならいいのではないか。」と聞かれる [続きを読む]