mixjuusu さん プロフィール

  •  
mixjuusuさん: みっくすじゅうす的生活
ハンドル名mixjuusu さん
ブログタイトルみっくすじゅうす的生活
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mixjuusu
サイト紹介文二胡・写真・詩など、心のおもむくままに 私の小さな世界を表現してます。
自由文二胡を始めて、3年が過ぎました。
歩みは遅いが、一歩一歩進んでいきたい。
地元を中心に演奏活動修行中。

他にも、オリジナルハーブティーの販売、ニット小物のハンドメイド、パン作り、読み聞かせ、写真など、趣味色々楽しんでます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/07/11 21:53

mixjuusu さんのブログ記事

  • 伝わること
  • 「伝わること」美しい風景に出会って感動するとその感動を一人占めすることがもったいなくなるそばに誰かいれば一緒に眺めて感動したい誰もいなければこの感動を伝えたくなる例えば感動を乗せた写真を撮るその写真を見てきれいだね?と伝わるとうれしくなる癒されました??と思ってもらえると誰かの役に立てたかなとうれしくなるそれは写真であったり絵であったり文章であったり表現の方法は色々あるけどそうかなぜ表現したいのか [続きを読む]
  • 違和感
  • 「違和感」話していること行動していること何か違和感を感じたら何かひっかかったらちゃんと伝えてねちゃんと話してね小さな違和感の中に大切なことがきっと隠れている自分もちゃんと話すよ何かモヤモヤしたらそのままにして通り過ぎず怖がらないでちゃんと伝えるから小さな違和感をちゃんとちゃんと伝えることができたら小さな穴もすぐにふさがる伝える勇気聞く覚悟違和感はイワナアカンよ♪(晶子)☆ ☆ ☆Facebookページ「みっ [続きを読む]
  • 言葉
  • 「言葉」あなたの字画は無から有を産む才能があるよと子どものころちょっと苦手だった人から言われたそうかとその言葉が頭の片隅に残っていてその気になっていたかもしれない「いらっしゃいませ」っていい言葉だね♪と誰かが言っていたので仕事で「いらっしゃいませ!」と言うと何だか楽しかったりする言葉は必要なときに再生される笑った顔が気持ち悪いと子どものころ言われて心の片隅に残っていていた大人になってそういう風に笑 [続きを読む]
  • 心の奥の奥の方で…
  • 「心の奥の奥の方で…」ふだんは守りに入ってしまう私もときどきムリをしてみたくなる心の奥の奥の方でウズ ウズ…と小さな挑戦それができたらそれはいつでもできるのだと思えて心に余裕ができるかもしれない自分を追い越したいのか加速をつけたいのか何かを振り落としたいのかわからないけど小さな水たまりを濡れるのを怖がらず飛んでみるのもいいかもしれないウズ ウズ…ほらまた動き出した止まったり小さくなったりするけれど [続きを読む]
  • 心の鮮度
  • 「心の鮮度」小さな箱の中で小さくなってきたらいつもとちがうことをしてみるコンビニでいつもは買わないスイーツを買ういつもとちがう公園のエリアに行ってみる緑の中でそのスイーツを食べる図書館でいつもとちがう分野のコーナーを覗くいつもとちがう本を借りるいつもとちがう人の話をじっくり聴いてみるいつもとちがう音楽を聴くいつもとちがう場所に行くいつもとちがう空気を吸ってみる無意識にしていることを意識してやってみ [続きを読む]
  • 先を見るのは…
  • 「先を見るのは…」先を見るのは人間だけだネコや犬は目の前のことだけ考えていて先のことなど考えていない人間は先を見るから未来に希望を持ち明日の自分に一年後の自分に期待をするという話を聞いたなるほどだから 前に進むし好きなことがもっともっと楽しくなるでもたまにはネコや犬もいいな…お腹空いたらご飯を食べて眠たいときには眠る怖かったら鳴く吠える甘えたくなったらすり寄って…人間になったりネコや犬になったりそ [続きを読む]
  • 美しい空は繋がっている
  • 今日も一日お疲れ様でした♪美しい夕焼け空でした!色が変わっていく間ずっと見てました。facebookの中でも、美しい夕焼け空の写真が、駆けめぐりました。みんな同じ空を見て感動していたんだ。美しい空は繋がっている。みんなが幸せでありますように。ただ祈るだけ。 [続きを読む]
  • 自分のペース
  • 「自分のペース」自分のずっと先を歩く人たちに一生懸命追いつこうとした追いかけて追いかけて苦しくなるだけでちっとも追いつかない悔しかった寂しかったでもふと立ち止まったまわりをゆっくり見てみた木漏れ日は優しく木々の葉っぱは美しく吹く風は心地いいことに気づいたもういいや自分のペースで行こうせっかくのこの場所を楽しまないともったいない味わいながら自分のペースで進もうちゃんと前に進んでいるからいつかたどり着 [続きを読む]
  • いつも笑っている人が…
  • 「いつも笑っている人が…」いつも笑っている人が何の悩みがないとは限らないいつもゆったりとした人が忙しくないとは限らない自由に動き回っている人が昔から自由に動き回れたとは限らない平気そうにしている人が何のダメージも受けていないとは限らないこんなに辛いの こんなに大変なのと表に出す人 出さない人好きな方にしたらいい光の後ろには陰があることを忘れちゃいけないそれがわかっているから陰をないことにするのでは [続きを読む]
  • 秋のはじまり
  • 「秋のはじまり」秋のはじまりの朝は静かな朝あんなに絶え間なく聞こえてきた声は聞こえなくなった乾いた風がそっと身体を通り抜けスッと癒してくれる秋のはじまりの夜は静かな夜近くで遠くで静かな声静かに穏やかに導いてくれる空を見上げると闇の中に吸い込まれそうになる心の深いところまで潜っていって何かをつかめそうな気持ちになるでもただこの静けさの中に漂うだけでいい季節は変わるいつから?ってそれはいつの間にか見え [続きを読む]
  • 伝えること
  • 「伝えること」もうやめよう自分の気持ちをごまかして自分の感情を押し殺していい子になって嫌われないようにしていることをやりたいことがあるくせにみんなに迷惑をかけたくなくて自分をかわいそうにして誰かのせいしたくなくてただガマンすることそれはただ拗ねているだけ伝えることそこから始まる自分の本当の感情に気づくことそこから始めよう自分がどう感じているのか自分が何をやりたいのか自分を生きるために自分らしく生き [続きを読む]
  • ある
  • 「ある」「ある」ものに気づこうあれも「ない」これも「ない」と言っていたころは、わからなかったこんなにいっぱい「ある」ということを「ある」がわかるとそれでいいと思えるそれで幸せって思えるんだみんなにもいっぱい「ある」に気づいてほしい誰かの「ある」に目がいって自分のいっぱいの「ある」に気づいていないってもったいない あなたの「ある」をうらやましいと思っていたみんないっぱい「ある」があるみんなそれぞれ自 [続きを読む]
  • トゲ
  • 「トゲ」小さなトゲが刺さったほっておいてもいつか抜けるだろうと思っていたなかったことにしようと思ったトゲは私の中に埋もれていったでもトゲはいるのだ 私の中にトゲは日に日に存在を大きくしていくついにトゲを抜いてもらった膿が出る ドロドロとなかったことにしても後回しにしてもどこまでも追いかけてくる人生の宿題と呼ばれるもののように何度も何度も私の前に現れ、立ちはだかるトゲを抜く痛みを恐れてはいけない痛み [続きを読む]
  • 思考と感情
  • 何か感情が湧いてきたとき自分を客観視する俯瞰する色々な角度から考えてみる感情をポジティブ変換するために消化するためにあれやこれや考えて結局は単純にストレートに感情を出してみる思考もまんまの感情もどちらも意味ありそう詩にまとめてみたりこれは哲学というのか?よくわからんけどあれやこれや考えるのもまたおもしろいお題のようにして考えることは何をしていてもできるから仕事でパンを作りながら洗い物しながら洗濯物 [続きを読む]
  • 稲刈り終了!
  • 今日も一日お疲れ様でした♪朝の田んぼの写真です♪うちの田んぼはこの中にありませんが♪無事終了稲刈り終わりました!また新米の準備ができましたから、お知らせしますね♪お楽しみに♪息子もコンバインと軽トラに乗って、手伝ってくれました♪ありがたいです。私は戦力外です(笑) [続きを読む]
  • 得意なことは何?
  • 「得意なことは何?」あなたの得意なことは何?絵を描くこと?歌を歌うこと?コストパフォーマンスだよケチだなんて言わないでザリガニをとること?素敵じゃない!じゃあ、好きなことは何?何をしていると楽しい?得意なことと、好きなことが重なっていることをやっていこう誰かを喜ばせることができるかもしれない自分を喜ばせることはまちがいない苦手なことは、得意な人にやってもらおう近くにいない?仕方ないね じゃあちょっ [続きを読む]
  • 大丈夫
  • 「大丈夫」大丈夫と言ってくれる人は私の中の力を信頼してくれているってこと信頼している人から言われるから大丈夫は、本当に大丈夫な気がして自分の中の力を信頼することができるんだ大丈夫は誰かを心から信頼することで心から信頼する人がいるということで自分を心から信頼してくれている人がいるということでだから自分を心から信頼することができるということだから大丈夫すべては大丈夫なんだ(晶子)だから幸せ今日もがんばろ [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • 「夏の終わり」夏にだけ夏の終わりという言葉があるそんな気がする急に静かになっていく蝉の鳴かない静かな朝涼しい空気午後は遠くでツクツクボウシこの夏の思い出をゆっくりゆっくり心の深いところへ沈めていくように美しい夕焼けは美しい季節の到来を予感させる夜はもう虫の声疲れた身体をゆっくり眠りの中へいざなう秋の準備を始めようこの静かな夏の終わりに少し休止符そしてまた奏でよう来年の夏に少しだけワスレモノを残して [続きを読む]
  • よくがんばったね
  • 「よくがんばったね」よくがんばったねひとりでよくがんばってきたねこれからはちゃんと助けてって言おう助けてって言えることはみんなを信頼しているってことみんな迷惑をかけてほしいと待っているんだよ役に立てることがうれしいんだよだから甘えてもいいんだよ私でなくてはならないなんて仕事は何もない私でなくてはならない仕事は自分の心と身体を守ることだけ心と身体が悲鳴をあげる前に気づいてほしいんだあなたの仕事はあな [続きを読む]
  • 夕焼け空
  • 今日も一日お疲れ様でした。忙しい一日の最後どのくらいの人がこの空に気がついただろうかこの空だけでも癒された家に着いてさらに焼けてきていることに気づき走ったきっとがんばった人へのご褒美の空ありがとう見損なった人へお裾分け♪みなさんお疲れ様でした♪ [続きを読む]
  • ワタシメセン
  • 「ワタシメセン」みんな同じところを見ていても見ているものは違うお花が咲いているのを見てる人鳥が飛んでいるのを見てる人誰かが連れているワンちゃんを見てる人ワンちゃんを連れている女の人を見てる人雲の形を見てる人空の色を見てる人少し変わった建物を見てる人建物の中の窓際の小物を見てる人車を見てる人車に乗っている人を見てる人みんなみんなワタシメセンワタシメセンを話してみようみんなの見えるものが一つずつ増えて [続きを読む]
  • 変化するもの
  • 「変化すること」変化することは自然なこと。変化することは、案外ゆっくり。あんなにやかましく鳴いていたクマゼミも今はツクツクボウシにバトンタッチ生暑い風の中にひとすじの秋の風抜いたばかりのはずの雑草もまたニョキニョキと生えてきている自分の中で育てているもの自分の変化についてこれなかったまわりの空気も少しずつ少しずつわからないくらいの変化を続けているんだなぁふと気がついたときにうんと前と比べたらきっと [続きを読む]