みんなの不動産マンション売却 さん プロフィール

  •  
みんなの不動産マンション売却さん: みんなの不動産マンション売却
ハンドル名みんなの不動産マンション売却 さん
ブログタイトルみんなの不動産マンション売却
ブログURLhttp://xn----mfuqfnb6cc8523c18hcnbyy3a9r9e.xn--q9jyb4c/
サイト紹介文不動産・マンションを少しでも高く売却したいあなたに耳よりな情報を提供します。
自由文失敗しない不動産・マンション売却とは?不動産・マンションを少しでも高く売却したいあなたに耳よりな情報を提供します。

http://xn----mfuqfnb6cc8523c18hcnbyy3a9r9e.xn--q9jyb4c/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/07/12 12:59

みんなの不動産マンション売却 さんのブログ記事

  • アパートローンの新規貸し出しが5四半期ぶりに減少
  • 日銀が発表によると国内の銀行によるアパートローンの新規融資額は2017年1月から3月期に前年同月比0.2%減少、1兆508億円となった模様です。新規融資が前年を下回ったのは2014年10月から12月期以来、約2年ぶりのことです。銀行のアパートローンの新規融資額は2015年10月から12月期から2016年末まで5四半期連続で前年同期比で2ケタの高い伸びを示していました。これは2015年の相続税に関する税制改正において課税対象が広がり不動 [続きを読む]
  • 中古マンションの成約数が新築マンションの供給数を上回る/2016年
  • 先日、国交省から発表された2017年公示地価によると、首都圏住宅地は上昇を続けています。富裕層向け都心高級マンション販売の好調なのが、主な要因だと考えられますが、以前のような、海外投資家による運用目的による爆買というのでもなさそう。新築マンション需要に変化が見え始めています。価格上昇基調はあるものの、例えば、千代田区の上昇率は前年の9.4%から7.5%に減少。中央区や港区を含めた、都心3区でも勢いが鈍化してい [続きを読む]
  • 2017年4月 メガバンクが住宅ローン金利を引き上げへ
  • 先日、国交省から発表された2017年公示地価によると、首都圏住宅地は上昇を続けています。富裕層向け都心高級マンション販売の好調なのが、主な要因だと考えられますが、以前のような、海外投資家による運用目的による爆買というのでもなさそう。新築マンション需要に変化が見え始めています。価格上昇基調はあるものの、例えば、千代田区の上昇率は前年の9.4%から7.5%に減少。中央区や港区を含めた、都心3区でも勢いが鈍化してい [続きを読む]
  • 新築マンション信仰に陰り?中古マンションの成約数が過去最高に
  • 先日、国交省から発表された2017年公示地価によると、首都圏住宅地は上昇を続けています。富裕層向け都心高級マンション販売の好調なのが、主な要因だと考えられますが、以前のような、海外投資家による運用目的による爆買というのでもなさそう。新築マンション需要に変化が見え始めています。価格上昇基調はあるものの、例えば、千代田区の上昇率は前年の9.4%から7.5%に減少。中央区や港区を含めた、都心3区でも勢いが鈍化してい [続きを読む]
  • 国土交通省が2017年1月時点の公示価格を発表
  • 国土交通省が2007年3月21日に2017年1月1日時点の公示価格を発表しました。公示価格は国土交通省が毎年3月に公表する同年1月1日時点の全国の土地の価格であり、全国の約2,500人の不動産鑑定士が評価し、国土交通省が構成する土地鑑定委員会により公表されているものです。公示価格は「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「調整区域内宅地」の用途に分類して発表されています。また、公示価格は全国約26,000地 [続きを読む]
  • 中国人の日本不動産 爆買いブーム収束か?中国当局が外貨使途制限を強化
  • 中国国家外貨管理局の発表によると、2017年から中国国民は人民元を外貨への両替および外貨の使い道が制限されるようになります。一人あたりの両替枠である年間5万ドルは変更はありません。中国国内で有効な身分証明書提示の上、外貨両替目的の申告を行い、外貨両替が可能です。今回、外貨両替管理規定で変更された部分として、注目したいのは、両替された外貨の海外不動産購入投資使用は許可されていないことです。「外国旅行、留 [続きを読む]
  • 【コラム】簡単ではないマンション売却、戸建て住宅売却、注意点とは?
  • 住宅の売却を考えるとき、不動産業者に依頼する人が大部分でしょうが、その業者が「本当に適切な価格をつけているのだろうか」という疑問を抱くのは当然のことです。今回は3つに絞り注意点をご紹介したいと思います。 複数の不動産業社に査定依頼を人生のうち不動産を売却する経験など、プロでもなければ、度々するものではありません。不動産売却に関して、多くの人が何もわからないような状態です。専門的な知識もなく、ついつい [続きを読む]
  • 政府、タワーマンション節税規制へ
  • 大都市圏のタワーマンションの高層階は人気があり、取引価格も高騰します。しかし、税金面では下層階と差がないこと、また土地所有分が部屋所有者で分割となり土地持ち分が少なくなることから、富裕層の主に固定資産税や相続税対策に活用されていました。しかし、総務省は、高層階の固定資産税と相続税を引き上げることを検討しています。一方で低層階の税負担は軽くなるとのこと。2018年以降引き渡しの新築物件(20階建て以上の超 [続きを読む]
  • 政府、タワーマンション節税規制へ
  • 大都市圏のタワーマンションの高層階は人気があり、取引価格も高騰します。しかし、税金面では下層階と差がないこと、また土地所有分が部屋所有者で分割となり土地持ち分が少なくなることから、富裕層の主に固定資産税や相続税対策に活用されていました。しかし、総務省は、高層階の固定資産税と相続税を引き上げることを検討しています。一方で低層階の税負担は軽くなるとのこと。2018年以降引き渡しの新築物件(20階建て以上の超 [続きを読む]
  • 国交省、マンション管理規約に民泊の可否明記を促進
  • 近年、個人が自宅の空き部屋などに旅行客を泊め、宿泊料を得る「民泊」が広がりをみせていることは、ご存知の方も多いでしょう。その民泊の際に、ゴミ出しや騒音を巡り、近隣住民とのトラブルになるケースもあるそう。このほど、国土交通省はマンション管理規約に民泊受け入れ可能かどうかを明示するように促すことを決定しました。規約の文案を作成、業界団体などに通知するとのこと。訪日外国人観光客の増加による宿泊施設の不足 [続きを読む]
  • 国交省、マンション管理規約に民泊の可否明記を促進
  • 近年、個人が自宅の空き部屋などに旅行客を泊め、宿泊料を得る「民泊」が広がりをみせていることは、ご存知の方も多いでしょう。その民泊の際に、ゴミ出しや騒音を巡り、近隣住民とのトラブルになるケースもあるそう。このほど、国土交通省はマンション管理規約に民泊受け入れ可能かどうかを明示するように促すことを決定しました。規約の文案を作成、業界団体などに通知するとのこと。訪日外国人観光客の増加による宿泊施設の不足 [続きを読む]
  • 中古マンションの売り時を逃すな
  • 新築住宅の価格高騰を受け、中古マンション市場が活況です。中古マンション相場上昇により、売り手が売却益を手にする例もあり、在庫は増加、一部中古マンションは価格の上昇傾向が継続しています。東京カンテイによると8月の希望売り出し価格(70平方メートル換算)は東京都が4809万円、神奈川県は2710万円。前年同月比でそれぞれ、10.5%、7%上昇しています。特に23区の価格上昇は激しく、希望売り出し価格平均は5279万円とな [続きを読む]
  • 中古マンションの売り時を逃すな
  • 新築住宅の価格高騰を受け、中古マンション市場が活況です。中古マンション相場上昇により、売り手が売却益を手にする例もあり、在庫は増加、一部中古マンションは価格の上昇傾向が継続しています。東京カンテイによると8月の希望売り出し価格(70平方メートル換算)は東京都が4809万円、神奈川県は2710万円。前年同月比でそれぞれ、10.5%、7%上昇しています。特に23区の価格上昇は激しく、希望売り出し価格平均は5279万円とな [続きを読む]
  • 海外投資家による日本国内不動産の売却額が過去最高に
  • みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所が集計したところによると海外投資家による日本国内不動産の売り越し額が1〜9月に5950億円と過去最大を記録した模様です。国内不動産価格の上昇で海外投資家の買いが急減したためで、取得総額は前年同期比80%減の1,302億円と2012年以来の低い水準となっています。一方で売却額は7,252億円と高水準を維持しており、この差が過去最大の売り越し額となった背景です。海外 [続きを読む]
  • 海外投資家による日本国内不動産の売却額が過去最高に
  • みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所が集計したところによると海外投資家による日本国内不動産の売り越し額が1〜9月に5950億円と過去最大を記録した模様です。国内不動産価格の上昇で海外投資家の買いが急減したためで、取得総額は前年同期比80%減の1,302億円と2012年以来の低い水準となっています。一方で売却額は7,252億円と高水準を維持しており、この差が過去最大の売り越し額となった背景です。海外 [続きを読む]
  • 新築マンション成約数前年割れ、大手3社契約率低下
  • 2017年3月期に収益計上予定のマンション成約数が、本年6月末時点で、4社中3社が前年同時期を下回りました。特に値ごろ感の薄れた郊外物件の苦戦が目立ちます。また、株安による資産の目減り効果もあり、高額物件でも中心部の立地の良い一部物件を除き、厳しい状況です。通常、マンション販売において、収益計上は顧客に引き渡した時点で行います。当然それ以前に契約を行うわけですが、今期収益計上予定の物件のうち顧客との契約 [続きを読む]
  • 新築マンション成約数前年割れ、大手3社契約率低下
  • 2017年3月期に収益計上予定のマンション成約数が、本年6月末時点で、4社中3社が前年同時期を下回りました。特に値ごろ感の薄れた郊外物件の苦戦が目立ちます。また、株安による資産の目減り効果もあり、高額物件でも中心部の立地の良い一部物件を除き、厳しい状況です。通常、マンション販売において、収益計上は顧客に引き渡した時点で行います。当然それ以前に契約を行うわけですが、今期収益計上予定の物件のうち顧客との契約 [続きを読む]
  • 野村不動産、地方で分譲マンション展開へ
  • 野村不動産が地方都市での分譲マンションを本格展開するとのことです。まずJR静岡駅前で総戸数200戸、総事業費100億円を超えるマンションを開発します。地方ではその地方の中心地への機能集約が進んでおり、マンション需要が見込めると判断したとしています。今回のマンションは低層階に商業施設、中層階にホテルを入れるものであり、旭化成不動産レジデンスと共に手掛けるとしています。早ければ2020年にも既存冷え鵜の [続きを読む]
  • 野村不動産、地方で分譲マンション展開へ
  • 野村不動産が地方都市での分譲マンションを本格展開するとのことです。まずJR静岡駅前で総戸数200戸、総事業費100億円を超えるマンションを開発します。地方ではその地方の中心地への機能集約が進んでおり、マンション需要が見込めると判断したとしています。今回のマンションは低層階に商業施設、中層階にホテルを入れるものであり、旭化成不動産レジデンスと共に手掛けるとしています。早ければ2020年にも既存冷え鵜の [続きを読む]