rainbow−shell さん プロフィール

  •  
rainbow−shellさん: 虹の祈り
ハンドル名rainbow−shell さん
ブログタイトル虹の祈り
ブログURLhttp://ameblo.jp/rainbow-shell/
サイト紹介文双極性障害2型を持つクリスチャン女性のブログ。祈りながら、自分の思いを綴って行こうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/07/12 15:03

rainbow−shell さんのブログ記事

  • 病気の福音
  • 寂しくて、気分が悪くて、違和感と孤立感で、誰か助けてと心で叫んでいた。 そういう感じでいたら どこかのサイトで、まさに同じようなことを書いている方があり 共感のあまりコメントしたら こころを繋がらせて頂けた。 思った。 もしも、今、寂しくなくて、気分も良かったら この方の書き込みを見ても 共感することも、メッセージを書くことも出来なかったなと。 喜びを共有 [続きを読む]
  • こころのいのち
  • 神さま、すべてのいのち達を、お守りください 頭の中が回転している。 自分が気になっていること、悩んでいることを、今朝、日記帳に書きだして見た。 自分の力で何とかなることではないようだ。 風が強い日だったが、春の光と小鳥の歌、庭のハナミズキ・・・ 散歩には出られなかった。 あまり動けない。 ただただ横になっていたい感じだ。 神さま、あなたは、わたしがこのような状 [続きを読む]
  • お守りください
  • 神さま、この世界は、自分や自分の国の利益だけが最優先という考え方が、あちらこちらに溢れています。 それは、恐れ、不安、憎しみ、悲しみ、怒り、恨みでいっぱいだからでしょう。 かく言うわたしも、十分に利己主義です。 でも、自分の幸せだけを追求して幸せになった人は、歴史上におそらく一人もいません。 永久に栄えた帝国もありません。 人間も人間以外のいのちも、自分以外の存在のためにいのち [続きを読む]
  • 神さまのお導きを願って
  • 神さま、体が震えてこわばっています。 動悸がひどく、脈が速い日々が、1〜2か月ほど続いているので、ついに循環器内科へ行った。心電図もエコーも血液検査も、問題がなかった。24時間ホルタ―をつけて心電図を取ってみたら、脈拍数の平均値が90ぐらいだった。100以上になると「頻脈」と言うらしい。 やはりメンタルの方から来ているのかしら。 ついでに甲状腺のほうも検査してもらうことにした。甲状腺の [続きを読む]
  • 聖書はいいね
  • 春の夜。春の雨。 イースターマンデー。 受難週は、ずいぶん聖書を読み、クリスチャン放送を聴いた。イエス様のことを思った。 イエス様だったらどうするだろうと考えて生きることがクリスチャンとして、大事らしい。 今、うつと焦燥感がひどくて、何をするのもひどく億劫なので、家事をするとき、『イエス様だったら、まずこんな手抜きのおおざっぱなやり方はなさらないだろう』というやり方をしている。丁寧 [続きを読む]
  • 聖週間、受難週
  • 神さま、 水曜日に母の病院付添をしただけで、未だに、ほとんど何も満足に出来ない。今朝も、顔も洗っていない。何もしないよりはということで、化粧水をコットンに含ませて顔を拭いた。 午前中は、夜、なかなか寝付けない母のために(自分のためもあるが)、安眠サプリメントをネット検索していた。筋無力症のある母は、いわゆる精神科の睡眠薬は使えない。まだ、最近認可されたばかりの、筋無力症患者でも使って良いベ [続きを読む]
  • 原点に立ち返る
  • 神さま、あなたのことを、もっと知りたいです。イエス様、あなたのことを、もっと知りたいです。 木曜日に病院へ母の付き添いで行ってから、疲れてしまって、気分が不安定で、心の立っている場所が、足元から崩れ落ちて、フワフワしている。 インターネットで、聖書放送やキリスト教入門講座を聴くようになった。教派は色々だ。牧師先生の熱意と喜びが伝わって来る聖書講座も多い。聖書の話、神さまの話、イエス様 [続きを読む]
  • 何とか出来た
  • 何とか、母の病院の付添いを無事に終えることが出来ました。 神さま、有難うございます。 昨日のブログを読んでくださって、事情を覚えていてくださった方にも感謝いたします。 今、頭がぐるぐるしてしまっています。 クールダウンしないと・・・ 今日は、普段の10倍ぐらいのエネルギーを使ったので明日(もう今日ですね)は、寝込むかもしれません。 ちょっと、世界を遠くに感じる離人症状が出て [続きを読む]
  • 貧しさ
  • 神さま、わたしの貧しさを祝福してください 神さま、明日は、母に付き添って病院へ行かなければなりません。自信がなくて、自分ではなくあなたを信じて委ねられますように。 精神が健やかであれば、体がきつくても、ある程度何とかなります。でも、病んだ頭で、信仰を保つのは、難しいです。理屈で考えれば、無理なことばかりです。 午前中は、具合が悪いのです。今夜、どうか眠れますように。 明日着ていく服 [続きを読む]
  • 後悔のない生き方
  • 神さま、いっしょにいてくださって、有難うございます よく耳にする言葉「悔いのない人生を歩みましょう」「後悔しないような生き方をしましょう」 間違っているとは思わないけれど・・・ わざわざ、後悔するようなことをしたいとも思わないけれど・・・ でも、もしも、誰かが、自身の人生や生き方を後悔して、嘆き悲しんでいたら、その人に寄り添えるのは、同じ経験のある人だけだと思う。 [続きを読む]
  • 静かにうつに沈んでいく
  • 神さま、もう耐えられません ひどいうつと焦燥感。 このうつ、何と表現したら良いだろう?病院では、きっと、気分が沈んでいるとか不安とかいう用語でカルテに記録されてしまうのかもしれない。体験したことがなければわからない、恐ろしいような心の痛みだ。 昨日は、母の書類を、母自身が書いている横で色々と話し合いながら作成した。わたし一人で書けば簡単かもしれないが、やはり、こういう面倒な書類を [続きを読む]
  • 風見鶏
  • 神さま、わたしの霊を、あなたに委ねます 一番、困っていることは、おそらく双極性障がいを持ちながら、キリスト者を生きるには、どうしたら良いのかということだ。 母のことであれば、臨機応変にある程度、何をすれば良いかわかるところがある。母の状態についての「天気予報」のようなものを少し想定出来るのだ。 でも、自分のことについては、「天気予報」は難しい。ほとんど賭けで生きているかもしれない [続きを読む]
  • ほかにはいない
  • イエス様、いっしょにいてください さびしくて、うつが出て来て、辛い 何か、みんなが遠いところに行ってしまったような気分になる 自分が、見捨てられている、邪魔者のような被害妄想どうして、これほど、独りぼっちだと感じてしまうのか。病のせいなのか。 *** 弥勒菩薩が、醸し出している慈愛と平安は、素晴らしい芸術的にも、美しく優れている作者の崇高な魂を感じさせる 救いへの道を示して [続きを読む]
  • 賜物
  • 聖霊、来てください 一人ひとりの人間が、その人にだけ与えられている、特別な「聖霊の賜物」があると言う。この世で生きている間、愛を持って、その賜物を、神さまのために使うようにと。 あなたにも、わたしにも、そういう特別な賜物が与えられている。 賜物がその人に特別に与えられた能力とかタレントであるのなら、自分の賜物が何であるかなんて、まったくわからない。 以前していたような仕事を今 [続きを読む]
  • ただ、在る
  • 神さま、ありがとうございます 今日は(14日)、やっと精神科へ行って来た。遠くて、それに胸が苦しくて、なかなか行けなかった。何とか薬ももらって来られた。 最寄りの駅は、仕事をしていたとき降りていた駅。 プラットホームから、遠くの山や木を眺めながら思った。あの頃は、スーツ姿で「〜で〜をしているわたし」という肩書を持っている自分が、この風景を観ていたのだなと。 今は、もう何の肩書 [続きを読む]
  • こころを大切にしたい
  • 神さまの優しさを、すべての人に あなたは、今、どんな気持ちでこれを読んでくれているのかな? 東京も、今日は肌寒かった。あなたの地域はどんな感じだった? 今日は、ピンク色の文字。そう、何だかやわらかく優しいものが恋しいから。 今日は、一日中、脈が速くて、息が苦しかった。今も、まだ続いている。 尽く尽く思う。自分には寄る辺がないなと。救急車を呼んでも、付き添ってくれる人がいな [続きを読む]
  • 100点満点
  • 神さま、そばにいてください 気分が悪い 動けない 人生がない どうしたらいいのだろう、どうしたらいいのだろうと思う 今日は、お風呂にも入る元気がなかった 精神の病は酷だ 体に障がいがあるわけでもないのに、動けないのだから 誰かそばにいて 誰かやさしいこころを頂戴 赤ちゃんに戻りたい 安全な場所で、ぐっすり眠りたい 緑のそよ風で、気持ちよく目覚め [続きを読む]
  • 恥を知れ!
  • 神さま、苦しみにさらに苦しみを加えられている人を助けてください 放射能におびえ、故郷や住み慣れた家を離れ、何とか暮らして行こうとしている人を、いじめたり、偏見の目で見たりするのは、あまりにひどいと思う。 賠償金をもらっている人への妬みも醜い。そもそも、交通事故でも何でも被害を受けたら賠償金をもらえるのが当たり前だ。ましてや、自分の家や土地、暮らし、仕事、健康に、大きな影響を及ぼす被害 [続きを読む]
  • 待っている
  • 神さま、待っている人達を、祝福してください 理不尽に長い間、じっと待っている人達がたくさんいるということを思う。 拉致被害者の方達とそのご家族、20年以上もの歳月、生涯をかけて、愛する人を待ち続けている。 津波で行方不明のままの家族を待ち続ける方達。 空爆に怯えないで安心して暮らせる日を待ちわびている方達。 新しく希望ある人生を取り戻そうと、待っている難民の方達。 こ [続きを読む]
  • 逃げていい、とりあえず生きて
  • 神さま、愛のないところに愛を 今日は(3月5日)、急ぎの手紙を投函しに、近くのポストまで行くことが出来た。外に出るのは2月24日金曜日以来で、歩行距離はおそらく350メートルぐらいだと思う。少しきつかったので、うつむいて、一歩一歩、ゆっくり踏みしめて歩いた。 テレビを観ている途中で、鉄道のある区間で、人身事故があったというテロップが流れた。思わず祈った。迷惑だと言う人も多いかもしれな [続きを読む]
  • もういい
  • 神さま・・・ 今日は、「神さま・・・」の後の言葉が出て来ない。(『今日』とは3月4日土曜日のこと) 母が、晩、教会へ行って、教区ニュースをもらって来た。教会のニュースも、教会で話されることも、なんだか、健康な人達を対象にしているという印象を、病人の自分は持ってしまう。 健康優良児とまではいかなくても、少なくとも、教会に出かけられる体力や気力がある人でなければ、教区ニュースで紹介されてい [続きを読む]
  • 静かに話して
  • 神さま、さびしいひと、かなしいひとに、ぬくもりと優しさを 3月に入って、夕方に街を流れる時報の音楽は、4時から5時に変わりましたね。それだけ、日が長くなったのでしょう。 4時になったら一緒に祈りましょうというキャンペーンも5時になったらキャンペーンへと変わります。 どうぞよろしくお願い致します。 わたし、今も、続けています。たまに、時報が聞こえなかったりしてお祈りしそこねることもあ [続きを読む]
  • 願い
  • 神さま、愛に渇いているすべてのいのち達、霊魂達にあなたの愛の喜びを体験させてください。 きょうだいに、寝たきりで動けないことをメールで伝えたら、カウンセラーに話すことを勧められた。感情というものが全く感じられないメッセージで、わたしに関わりたくないというオーラが感じられた。 「お大事に」「つらいね」という言葉をかける余裕さえないようだった。そのひとことで、どれほどの希望をもらえたかわからな [続きを読む]
  • 愛に飢え渇いて
  • 神さま、愛に飢え渇いているいのち達に、霊魂達に、愛をお与えください 昔、こんな男性の友達がいた。 彼は、とにかく、人に甘えたくて、優しくされたくて、仕方がないという人だった。喫茶店で飲み物などを取ると、砂糖やガムシロップなどをたくさん入れて、思いっきり甘くする人だった。自分で自分を赤ちゃんみたいだと言っていた。 障がい者であった彼に接する人達は、福祉関係やボラン [続きを読む]
  • 乾いた空っぽの絶望感
  • イエス様、いっしょにいてくださいイエス様、うつの中にあるわたしといっしょにいてくださいイエス様、今、つらい思いでいる人といっしょにいてください もう寝ようと思うのですが、こころが苦しくて、何処かに表現せずにはいられなくて・・・あなたには、そんなとき、ないですか? 絶望感があって、しかも、妙に乾いたからっぽの無機質な絶望感があります。この手の絶望感は、「〜がこうなったらなくなる」という種類の [続きを読む]