お世話係おき さん プロフィール

  •  
お世話係おきさん: ヤモリといっしょ
ハンドル名お世話係おき さん
ブログタイトルヤモリといっしょ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/oki_gecko/
サイト紹介文ニホンヤモリとガーゴイルゲッコーのお世話をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/07/12 22:07

お世話係おき さんのブログ記事

  • ブライアンの身体測定(2017年4回目)
  • あー、しっぽ巻きついてかわいい(●´ω`●)マモノミカドヤモリのブライアンの身体測定を3月22日に行いました。前回が3月8日だったので、ちょうど2週間ぶりです。体重 16.9g (前回比 +3.5g)全長 およそ14cm (前回比 変動なし)体重は2週間で3グラムずつ、順調に増えています♪長さはもうちょっと伸びてるように思うけど、しっぽの形に依るのでまぁ適当です。ケージの中にいる様子では着実に大きくなって、ケージが狭く [続きを読む]
  • ニホンヤモリの身体測定(2017年1回目)
  • ニホンヤモリの身体測定を3月22日に行いました。前回が昨年の12月25日だったので、約3か月ぶりです。〇あさいち 5.6g (前回比 -0.6g)あさいちはまだ拒食中。イエコを食べないのも2か月を超えました。餌入れが空になってる!?と期待して見ると、単にイエコがエサ入れから逃げ出しているだけでした。('A`|||)ちょっと前まで、ケージを動かしたりヒトの顔を見ると口ぱかで威嚇してきていたのですが、今日は何をしても威嚇はして [続きを読む]
  • ルーズゲッコーの身体測定(2017年2回目)
  • ルーズゲッコーのわらびもちの身体測定を3月8日に行いました。前回が1月11日なので、2カ月ぶりです。ラコダクさんたちはみんな一緒に測定してますが、ブログ記事にするのに少々タイムラグが生じます。ついったーは楽なんですが、後から見直す事考えると飼育日記としてはブログの方が私は管理しやすいです。フリック入力も苦手だし、そういう世代なんですよー。体重46.6g (前回比 +2.4g)全長 およそ25cm しっぽが長いのと、全 [続きを読む]
  • ガーゴイルゲッコーの身体測定&ペアリング
  • ガーゴイルゲッコーの身体測定を3月8日に行いました。前回が1月11日なので、およそ2カ月ぶり、今年2回目です。もう成長期でもないので、健康管理の一環として2カ月に1度くらいでいいかなあと。〇ガゴたん 44.8g (前回比 +0.8g)前回も今回も産卵後のタイミングで測定しましたが、あまり変化はないので、産卵した後のベース体重はこれくらいなのかなあと思います。それにしても色白ですねぇ。もっと茶色いヤモリだと思ってたん [続きを読む]
  • ブライアンの身体測定(2017年3回目)
  • マモノミカドヤモリのちびっこ、ブライアンの身体測定を3月8日に行いました。前回から2週間経っています。体重 13.4g (前回比 +3.2g)体長 およそ14cm1か月前が11cmくらいだったので、長さも3cmほど伸びました。そういえばなんだかケージも小さくなってきたように見えます。旧ラコダクのちびっこといえば、ガーゴたち2匹のお世話をしたことがありますが、ガーゴとマモノでは結構違いますね。一番違うのは食欲。どちらも餌には [続きを読む]
  • ネフさんの卵
  • ネタはほぼないネフーババイヤモリのペア。1月から抱卵していてずっと卵もちでしたが、全然産む気配がありませんでした。3月7日の夜に霧吹きも兼ねてチェックすると、ほっそりネフさんが飛び出してきました。「ほっそりってことはネフ男さん?」「でも、飛び出してくるのはネフ子さん。ネフ男さんは動かない。」「眠いから明日確認します (-_-)zzz」 で、今日確認してみると…あらいいヤモリ(●´ω`●)飛び出してきたほっ [続きを読む]
  • はさまるヤモリ
  • ニホンヤモリのゆうじです。よく見に来ていただいている方はゆうじが乗っているハウスに見覚えがあるかもしれません。これは昨年末に亡くなったぽにこのために作って、ぽにこのケージに入れていたのに、ぽにこは見向きもしなくて、ペアリングさせた際にゆうじがえらく気に入っていりびたっていたハウスです。ゆうじのケージも大きいプラケにしたし、せっかくなので使ってもらおうと入れてみたんですが詰まるわはさまるわで大変お気 [続きを読む]
  • ガゴたん産卵(シーズン2、2クラッチ目)
  • ガーゴイルゲッコーのガゴたん。ケージの中でタテになっている時間が増えてきたので、そろそろかな〜と産卵床を入れまして。ためし掘りすること数日。産んでないときはためし掘りで掘り散らかしたままです。2月28日の朝にはきっちり表面を踏み固めた産卵床がありました。ガゴたん、産んだね?(`・ω・´)取り出してみると、いつも通りガッチリ踏み固められたバーミキュライト。掘るといつも通り並んで産まれた二個たまご。でも今回 [続きを読む]
  • 道は切り開く
  • 冬初開催のレプタイルズフィーバーもにぎわってました〜。餌虫や飼育道具、雑誌買ってきました。さすがに3か月連続お迎えなんてオソロシイことはできないですよ。さて。たぶん、一番登場回数が少ないガーゴイルゲッコーのオス、しんのうさん。登場回数が少ないにはわけがあります。彼は私の姿を見ると手の届かない所にすぐ隠れてしまうのです。隠れ場所はバックボードにしているコルクボードと、その後ろに貼りつけてある鉢底ネッ [続きを読む]
  • ブライアンの身体測定(2017年2回目)
  • マモノミカドヤモリのブライアンの身体測定を2月22日に行いました。育ち盛りだからこまめに測っておきます。体重 10.2g (前回比+3.6g)お食事前の計測ですが、2週間ちょっとで5割増しですよ。それも納得なくらい毎日よく食べています。8?〜1?位のイエコを5~7匹食べます。ちょっと食べ過ぎなんじゃないかと心配するレベルです。週に2日は練り餌を与えていますが、こちらはあんまり好きじゃないみたいですぐに食べ終わります。 [続きを読む]
  • ニホンヤモリケージ模様替え
  • ニホンヤモリのあさいちです。ニホンヤモリのケージを変えました。今まではこういう普通のプラケ。ダイソーで540円(税込)。なのに日本製でフタも大きくロックもしっかりかかる優れもの。うちの近所ではこのタイプは虫とり少年が増殖する夏場しか販売されないので、「何かあったら困るから」と買いだめして4個あります。夏でも近所で虫取りする少年見たことないけど、ちゃんと店頭からプラケは少しずつ減ってくのでどこかに居る [続きを読む]
  • お世話しているヤモリ 2107年2月14日版
  • サイドバーの「お世話しているヤモリ」を更新しました。サイドバーはいまや少数派となってしまったPCからご覧いただいた場合のみ、右横に出てきます。先日、TV見ていたら芸人の横澤夏子さんが「長い文章読めないんですよ〜、ブログとか読めな〜い」とおっしゃっていたので、引き続きブログで文章を垂れ流していこうと決意しました。 ※横澤さんは好きな芸人さんです ※足の大きな女性は親近感がありますいまや多数派となっておら [続きを読む]
  • 幻想+脱皮不全
  • 我が家のヤモリで二番目に活発に動き、生き物飼ってる欲を満足させてくれる、サラシノミカドヤモリのわらびもち。「呼んだ?」なお、我が家で一番活発に動くヤモリはニホンヤモリのゆうじ。ニホンヤモリのあさいちは3番目。ガーゴ2匹と魔物ちゃんはほぼフィギュアと化しています。ネフ子とネフ男はフィギュアですらなく、シェルタの中に居てるんだろうな〜という気配を楽しむヤモリです。そんなわらび氏は、お食事のハンドリングの [続きを読む]
  • 魔物をさがせ
  • 新入りの魔物ちゃん。たいてい壁に立てかけてあるコルクの影か、天井から吊ってある土管の中でじっとしています。あまり表に出てくるのは好きではないご様子。あれ?土管の中にもいない。(土管を覗く)壁にも張り付いてない。(壁を覗く)コルクの裏にもいない。(コルクを出す)ネオレゲリアにも挟まってない。(植物の鉢を出す)シェルタの下にもいない。(シェルタも出す)そして、ケージにはロックがかかっていた…。(((( ;゚ [続きを読む]
  • マモノミカドヤモリの身体測定(2017年1回目)
  • 新入り魔物ちゃん(名はまだない)の身体測定を2月4日に行いました。魔物ちゃんは結構なビビりちゃんで、自分の近くによるものすべてに咬みつく勢いでした。来てからまだ2週間経ってないというのに、たぶんうちにいるどのヤモリよりも一番よく咬まれてます。咬まれても全然痛くないんですが、魔物ちゃんのあごの方が心配です。なのでちょっと落ち着くまで餌やり以外何もしないとこうということで、しばらく放置してました。土管の [続きを読む]
  • 新入り魔物ちゃん
  • 新入りのマモノミカドヤモリのベビーさんです。昨年12月21日生まれ、TreeMateさんとこのCBベビーさんです。マモノミカドヤモリ、チャホウアゲッコーとか、モッシーゲッコーとか言われるニューカレドニアのヤモリです。これでRhacodactylus属のガーゴ、Correlophis属のルーズ、Mniarogekko属のマモノと、旧ラコダク属のミカドヤモリがそれぞれ一種ずつそろいました。これもある種のラコダクコンプ…にはならないですよね。名前はま [続きを読む]
  • ガーゴイルゲッコーの初ペアリング
  • ガーゴイルゲッコーのオス、しんのうさん(1歳)とメスのガゴたん(2歳)。ガゴたんが2シーズン目の無精卵を産み始めたので、初めてのペアリングを試すことにしました。広いケージが用意できればよかったんですが、この寒波のタイミングに大きなネットケージじゃ寒すぎるし乾燥しすぎるので、オスのケージにメスを入れることにしました。ガーゴイルゲッコーは肉食でテールイーターという噂も聞くので、まずはお腹をいっぱいにして [続きを読む]
  • カマキリ孵った!
  • 昨年秋に実家のパッションフルーツに付いていたカマキリの卵を持って帰りました。夏にパッションフルーツの葉でハラビロカマキリを見かけたので、卵もハラビロカマキリかなぁ?で、リビングに置いてたんですが 1月17日に孵化しました。暖かい部屋の中ということもあるんだろうけれど、ちょっと早すぎです。。。早速一部はヤモリのごはんになりました。とはいえ、まだまだたくさんのカマキリが孵っています。ちょうどイエコが [続きを読む]
  • 冬レプ行ってきました
  • 1月14・15日は静岡のツインメッセでジャパンレプタイルズショー(冬レプ)がありました。今回も帰省ついでに行ってきました。 行きの14日は京都を過ぎると雪景色新幹線も徐行運転です。とはいえ、冬に帰省すると関ヶ原あたりでこんな景色を見ることが多いです。それでも静岡には10分ほどの遅れで到着しました。コインロッカーに荷物を入れて、そのままツインメッセへGO。お昼くらいに着きましたが、混み具合はこんな感 [続きを読む]
  • ガーゴイルゲッコーの身体測定(2017年1回目)
  • ガーゴイルゲッコーの身体測定を1月11日に行いました。○ガゴたん 44.0g(前月比 ‐6.6g) 産卵後、まだ何も食べてない状態ですがシェルタからぬくぬくスポットに出てくるようになったので体重も量らせてもらいました。卵2個で体重の1割5分くらい消耗するんですね。一杯食べて快復してね☆そんなガゴたんのお食事。おき@ヤモリとお造り@okizukuri地味にお食事ガゴたん。 https://t.co/AvKTEkisWm2017/01/16 23:50:01ガゴた [続きを読む]
  • ルーズゲッコーの身体測定(2017年1回目)
  • ルーズゲッコーのわらびもちの体重を1月11日に量りました。体重44.2g (前月比+0.6g) ガゴたんの産卵により、わらびもち氏が我が家で一番重く大きなヤモリとなりました。そんなわらびもち氏は今年の初☆脱走ヤモリとなりました。逃げ足はそんなに速い方ではなく、ニホンヤモリの方が速いくらい。なのに逃げられた理由は、引っ付き力です。ガラスにもしっかりくっつくので、はがしそこなって逃げられて、ケージ裏の断熱材の [続きを読む]
  • ガゴたんの無精卵(シーズン2、1クラッチ目)
  • 年末にかけてなんだかいつもと違ったガーゴイルゲッコーのガゴたん。いつもはケージの中のどこかしらで水平にたたずんでいることが多いのに、いつみてもアクリル壁とかコルク壁とかにしがみついているのです。昼も夜も。これは…また抱卵してるんじゃなかろうか。と産卵床を入れてみたのが元日の夜。そこから毎晩掘るだけ掘って、バーミキュライトをまき散らしまくっていました。産んでないときはまき散らしっぱなしなんですが、産 [続きを読む]
  • ネフ男登場
  • ペア飼いしているのに、メスのネフ子ばかり姿を見せていたネフーババイヤモリ。やっとオスのネフ男の全身像がみられました。このときは2匹ともタッパーウエアの横におりました。タッパーがお好きなようで、どちらか(ほぼネフ子)がタッパーの横か下か中かにいます。まあせっかくのネフ男なので どアップで。ガーゴやサラシノなどミカドヤモリのオスを見慣れているせいか、だいぶ控えめに見えますね。なお、ネフ男が出てきた [続きを読む]
  • オスがびびりなのか、メスが物怖じしないのか
  • あけましておめでとうございます今年ものんびりペースで更新していく予定です。さて。引きこもり気味ゆえに超絶たまにしか記事にならないであろうと予言したネフーババイヤモリのペア。意外に出てきております。金色の瞳で隣のニホンヤモリのゆうじを挑発するネフ。人間観察中のネフ。シェルタの隙間から顔を出すネフ。自らエサ皿に入り込むネフ。食べている所は見たことがありませんが、練り餌も小さいコオロギも食べている形跡が [続きを読む]
  • トラブルかと勘違い
  • ガーゴイルゲッコーのしんのうさん。頑張ってアクリル面にしがみついています。(´∀`*)「ホソユビミカドヤモリだって、やるときはやるんです」垂直面だけでなく、水平面の引っ掛かりもうまく利用しているようです。ん?おなかに線がはいってませんか?アップ。下腹部正中線に沿って傷のような線が入っています。レイアウトが悪くて、どこかで傷ついてしまったんだろうかと心配しましたが、流血やかさぶたも見当たらず。その後、 [続きを読む]