ponio20 さん プロフィール

  •  
ponio20さん: ponio20のブログ「真実を見極めよう」
ハンドル名ponio20 さん
ブログタイトルponio20のブログ「真実を見極めよう」
ブログURLhttps://ameblo.jp/ponio20/
サイト紹介文今まで私達が信じてきた常識がおかしいと思いませんか?「真実を見極める」記事を発信して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/07/13 10:51

ponio20 さんのブログ記事

  • 常識崩壊の法則
  • 小説家になろう〜作者:東亭和子より転載---この世界は神の機嫌で成り立っている。神が手を離せば世界は崩壊する。それは常識だ。だが、その常識を知っている人はいない。「戦争が起こった!」「殺人事件が起こった!」「火山が噴火した!」この世界は騒がしい。そして物騒だ。もっと穏やかに、静かな世界にならないものか?神は眉をひそめた。青く美しいこの世界を愛したのはいつからだろうか?最初はとても穏やかだった。美し [続きを読む]
  • 化学物質大国日本と癌大国日本
  • 日本は、医療技術も進歩し、衛生環境にも敏感、そして昨今の健康志向の高まり・・ にもかかわらず、癌によって亡くなる方が非常に多く、上昇する一方の医療費は将来 の国民負担となり今後大きくのしかかって来ます。しかし、なぜこれだけ癌発生が多く、かつ死亡原因の1位となっているのでしょうか。 まず、言える事としては、癌発生は世界的に見ると、先進国に多いということ。これは一体なぜだろうか? 日本を守るのに右も左も [続きを読む]
  • 2017 長岡花火 フェニックス
  • 2017年8月2日長岡まつり「フェニックス」の動画です。長岡でフェニックス打ち上げて13年目の「フェニックス」を遠方撮影。打上げ時間は「ジュピター」のフルバージョンに合わせの5分10秒。今年もフェニックス花火から勇気と元気を頂きました。拙い撮影ですが、少しでもこの動画がお役に立てれば幸いです。拝見して下さった方の心が穏やかになりますように!!希望の花が心に咲きますように!!願いを込めて!!震災復興祈願花 [続きを読む]
  • 群れない生きかた だからひとりが好き
  • 「今の日本は、崖に向かって突進する羊の集団」精神科医・名越康文さんに聞く、 群れない生きかた だからひとりが好き 名越康文著『SOLO TIME 「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』」(夜間飛行) 「群れから離れ、ひとりぼっちで過ごす。そのときだけ人は孤独から解放される」精神科医の名越康文さんは、最新の著書『SOLO TIME 「ひとりぼっち」こそが最強の 生存戦略である』」(夜間飛行)でそう語る。なぜ「群れ」 [続きを読む]
  • 海水のもつ 完全なる 生命の情報が 奇跡を起こす
  • 出典:http://hado.com/rene-quinton/ ルネ・カントンの奇跡の海水「クィントン水」わずか100年前に、生理学者ルネ・カントンが海水を用いて、助からない多くの命を救い ました。そしてわずか2年後には、フランスはもとより近隣諸国に熱狂的な広がりをみせ、カントン支持の医師たちの協力を得て、何百万人の命と健康に貢献しました。しかし、戦争という時代背景であり、パスツールの新しい医療の流れの影に隠れてしまい、カント [続きを読む]
  • 米国の州が破綻!! 米国はすでに破綻している?
  • 出典:https://jp.sputniknews.com/business/201511101147435/ 《破産危機が迫るイリノイ州・コネチカットの金融中心ハートフォード市に破綻の危機》んで、国際社会全体、世界の人類全体が幸せになれる方法を考える。本来、金満状態であるはずのアメリカで以下のような事態が発生しています。破産危機が迫るイリノイ州04.07.2017Photo: investmentnews今では「アメリカのベネスエラ」と呼ばれるようになった米イリノイ州は、財政 [続きを読む]
  • 【堀江貴文】「仕事」と「遊び」の境界線はもはや消えた
  • 出典:https://newspicks.com/news/2339372/body/ 幸せはいまここ、 この一瞬、一瞬に「幸せを感じる心」を手に入れましょう。 ホリエモンが仕事と遊びの境界について語っています。 皆さんの参考になれば幸いです。 仕事と遊びの境界が溶けてきているもう20年以上前の話ですが、パン工場で一晩だけ、商品の仕分けのアルバイトをした ことがあるんです。できあがってきたパンをピッキングして、納品先ごとに振り分けて伝票と一緒 [続きを読む]
  • 魂の法則
  • http://www.uv.es/vguillem/Tamashii_no_Housoku.pdf 人はいつかは目が覚める! 私が長年疑問に思っていたことを、この「魂の法則」は答えてくれました。 あなたの覚睡のきっかけになれば幸いです。 序文 僕は、長い間いつも多くの疑問を抱えてきた。 それらは、存在の根源に関するものだった。いつも、自分の人生の目的や、皆の存在理由を知りたがっていた。 「僕は何者か」「なぜ存在しているのか」「他者はなぜ存在するの [続きを読む]
  • ふつうではない対話が始まる・・・「起きてくること」
  • ニール・ドナルド・ウォルシュ著:サンマーク出版 「起きてくること」津留晃一メッセージ集より---ある日、あまり行くことのない渋谷にふらりと行きました。「あっ、こっちへ行ってみよう」という思いが起こり、そちらへ向かって歩いていくと、目の前に大きな書店が現れました。「こんなところに本屋さんがあったのか、 時間もあることだし入ってみよう」とすっと中へ入りました。精神世界コーナーを見つけ、私の目は書棚をゆっく [続きを読む]
  • 「恐れ」の根源に気づいて下さい。
  • 出典:津留晃一メッセージ集より 今のこの三次元地球における現象世界で、皆様が行動、活動をしているその基本要因は100%恐れにあるようです。原点として肉体維持のために仕事をします。源の恐れです。より快適にと、より良い環境、より良い待遇を得ようと頑張ります。見下されることを恐れる人は、常に上を目指さなければなりません。基本環境が整うと、その維持に躍起になります。せっかく築いた環境を失いたくないからです [続きを読む]
  • 「被害者意識の本質」、津留晃一のメッセージ集「加害者」より
  • 津留晃一のメッセージ集より抜粋--- 人はいつもいつも、あれは良くない、これは良いと、 毎瞬、毎瞬、判断を下していますが、自分が良くないと判断する基準となっているモノサシには気付きません。ひとつ身近な話題でお話しします。「会社の社員旅行に行った時、同室の人のいびきがうるさくて眠れなかった」と言う人 がいました。その人はいびきをかいている人から迷惑を受けた被害者で、いびきをかいた人が加害 [続きを読む]
  • ガン、糖尿病〜全ての病気改善にクエン酸 は強力!
  • 出典:強健ラボ---クエン酸を毎日飲む。クエン酸は、神薬です。万能薬です。しかし食品ですので、病気が治ると宣伝すると薬事法違反で逮捕されかねません。しかしほとんどの病気はクエン酸を上手につかえばかなりの予防効果と治療効果が あります。殆どの病気の場合、体液は酸性になります。これを弱アルカリ性にするものがあれば優れた治療薬になりますが、WHOに登録されている約1500の食品、薬品成分表の中で弱アルカ [続きを読む]
  • 選択
  • 出典:津留晃一のメッセージ「選択」 中国の老荘思想をご存知でしょうか?私はつい先日知りました。老荘思想って、「物事の善し悪しなんて考え方次第なんだから、気楽にあるがままでいいんだよ」という 自由奔放さの考え方で、自然を崇拝し、無私無我を理想とし、自然にあるがままにいる のをよしとします。世の中に絶対的なものや、絶対的な価値観など存在せず、すべては相対的であると考 えます。それに対 [続きを読む]
  • これからの医療は波動にシフトする!AWGの紹介
  • 出典:スーパードクターは旧タイプ、現在はかなり進化しています。※AWG(ジーウェーブ) 波動の神秘とガン治療より抜粋---波動と聴くとなんだか、スピリ系で、今ひとつピンときませんが、 実は、波動を追求すると、西洋医学が大変困ることがわかりました。80年も前に、ライフ博士は、がん治療に成功して抹殺されたわけですが、 その功績をさらに現代に新化させたものが、松浦博士が開発した、「AWG」 [続きを読む]
  • これからのスピリチュアルの役割と情報発信について
  • TCDテーマ スピリチュアリズムは19世紀に西洋、特にイギリスで霊媒の研究をしたのが始まりとされ、 「あの世はあるのか?」が基盤になっていると言われています。 そして、現在の日本では第二次、第三次とも言われる「スピリチュアルブームが到来して いる」と感じている人も多いでしょう。 逆に、一言でスピリチュアルと言ってもその定義が曖昧なために「スピ系」と聞くだけでも 抵抗感を抱き「ス [続きを読む]
  • 変化
  • 昨日、なにげなくネットサーフィンをやってたら、「エンパス」という言葉に出会いました。「エンパス」って何だろうと思って調べてみましたら、以下のことが分かりました。 エンパス(共感力)とは、他人のエネルギーに影響を受けやすく、他人の感情を直感的 に感じて自分のものに受け入れることができる天賦の才能を意味します。 エンパスの人は他人の望みや願望、思考やムードによって無意識に影響を受けてい [続きを読む]