みやび さん プロフィール

  •  
みやびさん: お箏好き・猫好きのインテリアコーディネーター
ハンドル名みやび さん
ブログタイトルお箏好き・猫好きのインテリアコーディネーター
ブログURLhttps://ameblo.jp/matsuyamamiyabi/
サイト紹介文松山市に住むお箏好き・猫好きのアメーバブログです。本業は住宅リフォームアドバイザーです。
自由文お箏を始めて8年になりました。宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供452回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2014/07/15 06:15

みやび さんのブログ記事

  • 宙ガールの夜
  • これは、銀河鉄道999で有名なアンドロメダ大星雲です。 (友人の写真をもらいました) 昨夜の宙ガールの観測会は満天の星空に恵まれ、天の川と、流星と、アンドロメダ大星雲と、昴(すばる)を見ることが出来ました。 久万高原天体観測館で、一緒に宙ガールをしませんか? 星空を眺めるのが好きな人、写真を撮るのが好きな人、星座が好きな人、ロケットが好きな人、星の話をしたい人、いろいろな人がいていいのではないかと [続きを読む]
  • 中学生さん
  • 7月に聴きに行ったお箏の発表会の中で、斜影を弾いた中学生がいて、鳥肌が立つほどお上手でした。その子が宇部で行われた小中学生対象のコンクールで優秀賞(2位)を取られたとのことです。素晴らしい!。ご指導の先生はどんなにか嬉しいことでしょう。М先生、おめでとうございます。 手元に置いた7月のプログラムを見れば、その女の子は中学3年生。となれば、中高一貫校でなければ高校受験勉強の真っ最中。勉強と練習の両立 [続きを読む]
  • 船頭小唄
  • 慰問の曲を練習中ですが、入れようかどうか迷っているのが船頭小唄です。不思議と、「おれは河原の枯れすすき〜♪」という、もの哀しい歌詞と旋律のこの曲を弾くと、自分が流しの芸人にでもなったような気がするのは何故なのでしょう。 社中に居た頃に数人で施設に行きましたが、皆さん歌をご存知で喜んで歌っていただきました。でも、今から練習して間にあうでしょうか?というわけで、楽譜から省けるところは省いてしまうみやび [続きを読む]
  • 時が解決しないこともある
  • お盆に夫の実家に行きましたが、その時に考えたことがあります。「時が解決する」というのは本当だろうか? 実家の夕食のメニューは、義母がいた時のメニューが義姉に引き継がれています。エビの天ぷら、鶏のから揚げ、じゃがいものサラダ、寿司、そしてワインは私の好きなマドンナ。 いつもと同じ流れの中に義母だけがいないという悲しみは、確かに1年前よりは薄れていて、日にち薬という言葉を思い出させました。でも、その死 [続きを読む]
  • パン屋さんで
  • お昼にパンを買って帰り、夫に「どう?」と見せると「蜘蛛?」と言われてしまいました。 ・・・違います。クワガタです。そんなキモチワルイもの売ってるわけないじゃない〜(ー_ー)!! あ、これ買ってみようかなと思うかたは、松山市南土居町のパンステージ・メリーさんに行けばGETできます。カブトムシさんもいました。 [続きを読む]
  • 夕やけこやけ
  • 慰問の曲を準備しながら、秋なので「夕やけこやけ」を入れて見ようかと思いつきました。 弾きながら、割と歌いやすい高さであることに満足したのですが、そういえば以前別の「夕やけこやけ」があったことを思い出し、楽譜を比べてみました。写真の左が今弾いている独奏曲で、右が初心者向けの二重奏です。調弦を比べてみると、二重奏のほうは音が高くて声が出ず1オクターブ下げなければ歌えません。   独奏曲の調弦  GAB [続きを読む]
  • 苔むしろ 
  • 花や草、木や森といった自然のものを見ると心がなごみます。都会で忙しく暮らす息子に緑を堪能してほしくなり、昨日のこと、夫の実家に行った帰りに西予市の「こけむしろ」に寄ってきました。 梅雨で瑞々しさを増した苔は、背の高い木々によって夏の日差しから守られていました。しっとりとした深みのある緑にほれぼれしました。春はクマガイソウ他の珍しい花が咲いていましたが、今の時期はそれがなく、緑色一色の林はかえって [続きを読む]
  • 自己暗示の魔法
  • 小学生の頃図書室で見つけた「星と伝説」の本が好きでした。それで星座に興味をもち、現実の夜空で星を探すようになりました。そのまま月日が過ぎてしまいましたが、久万高原天体観測館のイベントに行ったのがきっかけで、学芸員さんと仲良くなり、最近は「宙ガール」の一人として天体写真を撮るようになりました。 小学生の頃、隣家の優しいお姉さんが大好きで、ある日遊びに行くとお箏を見せてくれてとても素敵だと思いました [続きを読む]
  • 息子 去る
  • 先ほどバイクの爆音を残して息子が去って行きました。 一緒に映画に行ったし、アニメDVDも見たし、ドライブもしたし、ご飯も食べさせたし、1年ぶりにちゃんとお母さんをしました。 次に会うのはいつでしょうね。願わくば、ムキムキマンになっていませんように(^_^;) [続きを読む]
  • 宙ガールの天体写真
  • 8月12日の夜はペルセウス座流星群でした。久万高原天体観測館で宙ガールの人たちと再会し、数時間ねばって撮った写真がこれです。 流星ってどれ?と思われました?天の川の下、目をこらさないと見えないほどの薄い一本線が見えたかたは、目がいいと自信をもってください(笑)。いくつか大きな流星が流れるのは見たのですが、ちょうどそのときそちらの方向をカメラが狙っていなかったため、アウトでした。 そして、何か写った [続きを読む]
  • 息子の帰省
  • 家というのは、好きな時に出て行って好きな時に帰って来れる場所だと思っていますが、1年ぶりとなると事前に予告くらいしてもよさそうなものですが、昨日の朝起きると玄関に見慣れない男物の靴がありました。玄関脇にある息子の部屋に入り、寝顔を見て本人と確認した次第です。しかも庭には大きなバイクがありました。 いいですけどね。 「立ってるものは親でも使え」といいますが、息子なら尚更のことで、久しぶりに映画に付き [続きを読む]
  • 二重奏の苦難
  • 二重奏の練習をしていました。ICレコーダーに吹きこまれている一箏に合わせて二箏を弾いたのですが、何とまあ弾きにくいこと。「この一箏、下手!」「もう、めっちゃ下手!」「テンポずれてるじゃない」「録音しなおし!」・・・はい、すみません。その一箏をひいているのもみやびです。二重奏の二箏の練習のために、一箏を録音しておいて合わせたらいいと思ったのですけどね。自分の音がこんなにストレスだとはおもわなかった [続きを読む]
  • お箏を始める・やめる人
  • FBフレンドの小学生のお嬢さんが、夏休みにお箏と三味線の体験に行きました。するとどちらも楽しくて、これからどちらを続けようかと悩んでいるそうです。とりあえず10月から始まる三曲協会のお箏教室に申し込みをして、勉強と習い事の両立ができるか様子をみてみるそうです。この両方の企画をフレンドさんに紹介したみやびとしては、とても嬉しい結果です。子どもたちにどんどん和楽器を習ってほしいなぁ その反面、まわりで [続きを読む]
  • 悩める三味線
  • 先日貰ってきた三味線のその後です。ただいま、杉原楽器さんにお預けしています。といっても、修理のためではなく、みやびの心が決まるまで、家にあるよりも安全だからです。 昭和50年のシールが貼ってありました。ということは40年以上前に作られた地唄三味線です。材は花梨で、練習用の三味線です。現代のものよりも棹が少々細いです。この両面の皮を張り替え、修理をすると数万円かかるわけですが、それに3万ほど足すと同 [続きを読む]
  • この音 楽譜発売
  • 「この音とまれ!」の楽譜が発売になりました。愛媛県のかたは杉原楽器さんでお求めいただけます。 (写真拝借:杉原楽器さん) 昨日みやびも店頭で見せていただいて、まだ迷い中です。衝動買いをしなかった自分をエライと思います(笑)社中に属さないみやびは、独奏曲が基本です。「この音」に限りませんが、どんなに素敵で恰好良くて心惹かれる曲であっても、それを弾く機会というのはほぼ無いのです。まあ、社中にいた間もこ [続きを読む]
  • イノシシ
  • 昨日、愛南町の高茂岬(こうもみさき)に行く途中、イノシシ親子に遭遇しました。友人と二人、静かにイノシシが通りすぎるのを待ちました。5匹のウリボウたちはやんちゃざかりといった風で、道路をとことことこちらのほうに向かってきたもので、車の中の私たちは固まりました。いくらウリボウが可愛くてもここで抱き上げるような暴挙には出ませんが、ウリボウたちが何かに驚いてしまえば、お父さんイノシシが敵を見つけたとばか [続きを読む]
  • 三味線
  • 人のご縁で、三味線をいただきました。皮は両面破れていて、撥もありません。頭の中をかすめるのは「タダより高いものはない」という名言。・・・とりあえずお琴屋さんに相談に行ってみましょう。いつか、習いたくなる日の為に(^_^;) [続きを読む]
  • 忙しい幸せ
  • 昨日は、「愛媛県木造住宅耐震改修設計講習」というものに行ってきました。最近やたら勉強会が多くて、「建築士というものは資格を取ってから勉強の機会が増えるものです。」と言われたことの意味をリアルに感じます。 50人くらいの参加者のうち女性は数名で、ほんとに男性社会よねと改めて思ったのですが、その中にびっくりするようなやる気のない女性がいて驚きました。先生が前に立って説明をしていくのですが、何ページを開 [続きを読む]
  • 猫モップ
  • バロンが、日々こんなことになっています。 吹き抜けの、梁の上でダラダラ〜 移動してダラダラ〜 百の王ライオンの遠い親戚っぽい感じですが、実はこの上に天井ファンがついていて、至近距離から扇風機の風が吹いてくるのです。文明の利器はちゃっかり利用する現代のニャンコです。 猫モップ的な動きが非常に良くて、毎日違う場所で寝転がってくれないかと期待するみやびです。 [続きを読む]
  • 折り布
  • 「この鶴、紙じゃなくて布でできてるのよ、すごいでしょ」と夫に言ったところ「関心ない」あ、予想通りの返事だわ。 「布だと羽がこんなにピンと立たないでしょ。しかも紙と違って何度も繰り返し使えるの。すごいでしょ」「関心ない」 わはは。こっちも予想通りです。路線を外さないオトコだわ。 なんで、こんなにも興味の範囲が違ってて、ぶっきらぼうで、気遣いのない相手と暮らしてるんだろう。私ってえらいな〜と、朝から [続きを読む]
  • 割引券のおはなし
  • 松山市の杉原楽器さんのお得情報です。8月31日までに1000円以上のお買い物をすると、9月末まで使える10%割引券がもらえます 8月中に1000円お買い物をすれば、9月には200万の超高級なお箏が180万で買えて20万ものお得です(≧▽≦)。「あら、それなら柾目か玉杢のお箏を一面買っちゃおうかな〜」って計画中のかたはもちろん、糸替えしようかとか、小物を買おうかというかたにも良いお話しです 私ですか? [続きを読む]
  • 「秋桜」練習
  • 曲の「弾けるようになった」という目安をどこに設定するか、というのは人それぞれでしょうけれど、みやびの場合はミスなくつっかえることなく弾ける、ということが大前提です。 だいぶ弾けるようになった「秋桜」ですが、ミス3度の壁が越えられません。間違えるところをとりだして、1行のみ何度も繰り返して、弾けるようになったと思ったら、通しで弾いたらまた間違え「私って何てアホなんだろう。きっと他の人よりも断然不器用 [続きを読む]
  • チューナーの小さな話
  • 昨日友人宅でお箏を弾いていたら、ビー〜って音がして、何だろうと思ったら私のチューナーでした。楽譜の下になっていたので知らずに何か押してしまったのかとボタンを止めてしばらくすると、また音がして、やっぱりチューナーでした。さすがに2度目になると変に思い、表示をよく見ると電池切れのサインが出ていました。何て親切な機能なんでしょう! (442の下に空っぽの電池マークがあります) 家に帰って単4電池2個を入 [続きを読む]
  • 浴衣で花火
  • 昨夜のみやびはこんな感じでした。半裸のイケメンと北条の海辺でデート。 あ、ポイントそこじゃありません。(しかもどう見ても店主とお客だし)頑張って浴衣を着ました。毎年夏の間に1回は着ようという目標が達成されました。 海辺に別荘を持っているリッチなお友達に、花火とバーベキューにお誘いいただいたのです。別荘のバルコニーからゆっくりと海を見下ろし、陽の沈んだ空を見上げれば、その時間をマジックアワーといっ [続きを読む]
  • 秋のために
  • この猛暑の続くなか、世間には、「まだエアコン使ってません」という凄い人がいるのです。私は2人からその言葉を聞きましたが、凄い・偉いと思いつつも、この人の家には遊びに行きたくないと思いました。・・・正直ですみません。冬生まれのみやびは夏にはとても弱いのです。雪が恋しいです。 そんなもので、お箏は、夏を通り越して秋の曲を練習し始めました。大平光美先生の「秋桜」は、我ながら出だしの音の響きにうっとりしま [続きを読む]