ワン さん プロフィール

  •  
ワンさん: ワンワンのブログ
ハンドル名ワン さん
ブログタイトルワンワンのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/angdscgvz4ov8gbm/
サイト紹介文放送大学で勉強していましたが、別大学の通信教育部で勉強します。
自由文無計画で放浪するみたいに勉強します。
感情で動いているみたいに言われたことがありますが、単なる思いつきで生きています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/07/17 04:15

ワン さんのブログ記事

  • 《傲慢脳(ごうまんのう)》とは
  • とGoogleで検索したら、検索結果は表示された。しかし、《傲慢脳》としては熟していないようだ。検索結果の一番手。CCleanerというソフトウェアでいつもブラウザに記録されている利用情報を一掃してはいるけれども、Googleは、それまでの利用とか、その人の住んでいる所とか、まで検索結果の順番に反映させているそうなので、人によっては違うかも知れない。 CNN.co.jp : 「権力者の傲慢」は脳の仕組みに [続きを読む]
  • 『カストロ兄弟』を読んだ。
  • 『カストロ兄弟』を読んだ。 「目次第1部 革命に向けて(革命の背景;革命の成就)第2部 革命初期段階(革命政権;対米関係の崩壊と対ソ関係の構築;キューバ・ミサイル危機;模索と低迷の時代)第3部 興隆期(ソ連・キューバ関係の再構築;国内政治・経済体制の整備;国際的地位の向上を求めて)第4部 転換期(キューバ経済低迷の背景;ソ連の衰退とキューバ;カストロ政権崩壊せず)第5部 ラウル・カストロ議長の時代 [続きを読む]
  • 北海道情報大学のインターネットメディア授業を試聴した。
  • 一つ目は、「コンピュータアーキテクチャ」の「1単元 情報の科学」。講師は北海道大学の大学院の教授。大学院の学生三十人余りと無線通信の研究をされていて、何かの機器を設計されていると話されていた。2008年の統計資料が出てきていたので、2010年前後に撮影されたものだろうか。他に、パソコンの絵が出てきたが、Windows 95発売頃のNECのパソコンの写真だった。この頃くらいにしておかないと、特定のメー [続きを読む]
  • 質問何回でも迅速に回答、教材を超える質問もしていい、通信教育
  • 何回でも質問してよく、迅速に回答して、教材を超える質問もしていいという通信教育を見つけた。修了も、一応の期限があるけど、自由に延長ができる。入門的な内容だから可能なのかもしれない。コースがたくさんある。試してみようと思う。よかったら、どんなか、紹介してみたいと思う。全文を貼り付けて Google で検索したら一画面目には出てこなかったw。たぶん二画面目にもでてこないだろう。 キリスト教の無料の通信教育 [続きを読む]
  • 『2時間でわかる外国為替 FX投資の前に読め (朝日新書)』
  • 『2時間でわかる外国為替 FX投資の前に読め (朝日新書)』(小口 幸伸 (著)を読んだ。 読むのだけでも「2時間」なんて私にはできません。 三部構成で後ろの「部」から読んだ。 「目次」は、 「第1部 為替の基本を知る(「ドル円」だけではわからない;為替レートはなぜ動くか;金利との関係を知り、為替を立体的に見る)第2部 プロの「技」を知る(リスクヘッジのさまざまな手法;なぜ為替レート予測は外れる [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・(自由10%、気ままに20%、ルールは私!70%)
  • 滅多にこういうのをやらないのですが、気まぐれでやってみました。結果を見て、概ね、我が意を得たり、という感じでした。▼私を構成する成分は・・・\あなたはなにでできている!?/成分チェッカーで分析する高校の担任に、感情で動くなと言われたことがあります。しかし、感情では動きません。思いつきで動きます。「ルールは私!」ではなく、「ルールは私の気分!」です。「自由」「気まま」も、ほとんどコントロールで [続きを読む]
  • ナクソス・ミュージック・ライブラリー
  • 公立図書館で利用できるところがあります。大学図書館でも利用できるところがあります。ブラウザの中で再生されました。HTML5だと音質の善し悪しを選べるのだけれど、何がいけないのか再生してくれませんでした。FLASH(※ 2種類。バージョンなんでしょうか。よく分からない小数点の入った数列が付いています。)で再生しました。そのためなのか、音質がなあ…。HTML5が使えるように、そのうち調べてみよう。面倒くさいのでいつ [続きを読む]
  • お金がなくても預金がつくられる。
  • 『なぜ異次元金融緩和は失策なのか』(建部 正義【著】、新日本出版社)を読んだ。俗に考えると、預金をしてもらって、それを貸す、というのが、順序だろうと思ってしまう。お金を借りると、銀行が預金口座にお金を入れてくれる。銀行は、お金を持っていなくても、こんなことができてしまう。金融は、中央銀行も含めたシステムで考えないといけないものだそうだ。なぁるほどと思った。この本の主題とは違うところで感心した。貨幣 [続きを読む]
  • FX、外国為替証拠金取引 その2
  • 注文した『チャートがしっかり読めるようになるFX入門』( 佐藤 正和 (著) 、翔泳社)が届いた。見出しをざっと見た。手際よくまとめられているようだ。多色刷りだけど、ギンギラギンではない。著者のプロファイルに、外為オンラインという会社のシニアアナリスト、と書かれている。セミナーの案内が掲載されていて、そういうことか、と思ったら、終わりに、「無料」と書かれていた(笑い)。初心者向け?は、比較的近いとこ [続きを読む]
  • FX、外国為替証拠金取引
  • 『めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版』(ダイヤモンド・ザイ編集部 (著))を読みました。見出しとか、気になったところとか。通してはまだ読んでません。にぎやかすぎて、どうも、こういう多色刷りのは苦手です。一度、FXにちょっかいをだしたことがあります。トレードの仕方に、 スキャルピング…数秒から数分で売買 デイトレード…数分から数時間で売買 スウィングトレード…数 [続きを読む]
  • 身元保証人
  • 北海道情報大学の通信教育部で、身元保証人の記載をする欄が消えていた。大いに結構なことだ。学生の義務・責任が消えるということではないので、学生賠償責任保険に加入するなどは身のためにはなると思う。児童福祉施設等に関する「身元保証人確保対策事業」http://www.zenyokyo.gr.jp/mimotokakuho/mimotokakuho.htmというのがある。「児童福祉施設」を退所しなければならなくなり、就職しようとしたら、身元保証人を求められ、 [続きを読む]
  • 学生賠償責任保険
  • クレジットカード会社で募集していた自転車向け保険に今月から加入している。自転車に乗っているとき、車をぶつけられたからだ。たちの悪い相手にぶつけられて、車が壊れただとか、言いがかりをつけられかねない。今回は警備員と工員が見ていた。しかし、目撃者がいないことだってある。大学生協で募集している学生賠償責任保険は、自転車向け保険より、補償の範囲が広い。交通事故に限らず、実習中などまで、損害賠償の面倒をみて [続きを読む]
  • プログラミング言語 パイソン(Python)
  • プログラミング言語 パイソン(Python)は、「人工知能、機械学習、ディープラーニング」(私が全く存じないもの)でもよく使われているそうだ。『しんせつなPython プログラミング超初心者が初心者になるための本』( とおやま ただし/とおやま つよし (著) 、秀和システム)という本が借りられたので読んだ。兄弟の合作であって、弟が兄にプログラミング言語 パイソン(Python)を教えたのが機縁だったそうです。ここからは [続きを読む]
  • 悪人正機説
  • 『パウロ』(岩波新書)を読んでいたら、悪人正機説と似ているなあと思うところがあった。著者は西南学院大学の教員だったプロテスタントの教会の人だ。カトリックの神父が「普遍主義」( http://www.fukuinnomura.com/?p=20284 )を説教されている。これも悪人正機説に近いなあと思う。遠藤周作の『沈黙』を「原理主義」と「普遍主義」の問題を捉えているのだと説教されている。検索しながらうろうろしていて浄土真宗大谷派(東本 [続きを読む]
  • もずのはやにえ
  • 衝動買いして・・・同じ物を積ん読していて、無駄に新書を二度買っていたこともある。身の回りの整理をしよう。期間は一応3月末まで。もっとかかってもよしとしよう。あるいはずっと整理しながら生きよう。身辺整理にもなる。何が月後に死ぬとかなら後を頼むこともできるけど、急死だと後の整理をする人が苦労する。こんなここと↓もあったから。この間、停車中の車の前を、自転車で横断中にぶつけられた。ひどいことをする人はい [続きを読む]
  • 考えを絞り出す
  • 『ワンフレーズ論理思考』(堀 公俊【著】、日本経済新聞出版社。2016/11)を読んだ。自他に問うて、考えを引き出す、考えさせる、ことばが並んでいる。面白いアイデアだと思う。目次は以下の通り。「第1章 論理的に考えるための「基本フレーズ8」1 なぜ2 だから3 要するに4 たとえば5 何のために6 どうやって7 他に8 中でも第2章 コミュニケーションで役立つ「応用フレーズ8」9 私は10 考えます11 結論から12 1つ目は13 そも [続きを読む]