KUMA さん プロフィール

  •  
KUMAさん: Monkeycupのブログ
ハンドル名KUMA さん
ブログタイトルMonkeycupのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/monkeycup1
サイト紹介文食虫植物、主にNepenthes(うつぼかずら)に関するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/07/19 20:13

KUMA さんのブログ記事

  • 本日は、U.nelumbifolia×reniformisです。
  • 本日は、U.nelumbifolia×reniformisです。Utriculariaはタヌキモ科タヌキモ属の食虫植物で、エチオピアから南アフリカ、マダガスカル島及び、南アメリカのメキシコ等に隔離分布している種です。本日の品種は、ブラジル南東部のリオデジャネイロ州の標高800〜2200mの湿地に自生しているU.nelumbifoliaと、同じく南アメリカの標高750〜2500mの高山の湿った草原や岩場に自生するU.reniformisの交配種になります。今 [続きを読む]
  • 本日は、N.Ile de Franceです。
  • 本日は、N.Ile de Franceです。①人工交配 :N.Lecouflei[mirabilis×thorelii]×       Mixta Sanguinea[northiana×maxima]、1978年、       Yvon Ve'zier氏作出②入手時期 :2009年10月③入手元  :うつぼかずらの郷殿④成長度合 :非常に早い⑤栽培難度 :超簡単、高温に強い⑥挿し木  :水挿し発根容易⑦嚢の大きさ:我が家ではMax25cm前後⑧雌雄   :♀、10月頃この交配種はそ [続きを読む]
  • 本日は、N.neoguineensis Macfarl.です。
  • 本日は、N.neoguineensis Macfarl.です。①自生地  :ニューギニア島、ダントルカストー諸島、1911年記載種②入手時期 :2012年4月③入手元  :jips殿④成長度合 :今の所遅い⑤栽培難度 :普通⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家でMax8cm前後⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し本種は1000m以下の低山帯〜平地にかけて自生する種で、基本的には低地性種として扱われて [続きを読む]
  • 本日は、N.boschiana(NO-2)です。
  • 本日は、N.boschiana(NO-2)です。 ①自生地  :ボルネオ島、1839年記載種②入手時期 :2015年11月③入手元  :GREAT VALLEY殿④成長度合 :今のところ遅い⑤栽培難度 :やや難しい?⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家でMax8cm前後⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し 本種は1839年に記載された古い品種で、以前は殆ど出回っていなかったのですが、最近はボチボチ [続きを読む]
  • 本日は、Cephalotus follicularisw Giant系です。
  • 本日は、Cephalotus follicularisw Giant系です。本種は1科1属1種の食虫植物で、オーストラリア西南部にのみ自生しています。自生地は、海岸線沿いの切り立った崖で、海水の水分が十分当たる湿度の高い場所です。栽培に当たっては湿度を十分保つ必要がある様です。以前栽培していた株は残念ながら枯死してしまいましたが、一昨年の6月にブログでお世話になっているめそさんから、子苗を分けていただきました。普通種だと思いま [続きを読む]
  • 本日は、N.Louisaです。
  • 本日は、N.Louisaです。①人工交配 :(N.ramispina×ventricosa)×hirsuta②入手時期 :2015年9月③入手元  :Hero's Pitcher Plants殿④成長度合 :早い⑤栽培難度 :簡単、低温高温に強い。但し強光線では葉焼けを起こす⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax25cm程度⑧雌雄   :♂、10〜11月頃本種は植物体自体、種子親には殆ど似ていないようで、花粉親のN.hirsutaの影 [続きを読む]
  • 本日は、N.Dashy Kotoです。
  • 本日は、N.Dashy Kotoです。 ①人工交配 :N.Mixta(northiana×maxima)×merriliana、1977年、       河瀬晃四郎氏作出②入手時期 :2011年6月③入手元  :うつぼかずらの郷殿④成長度合 :普通〜やや早い⑤栽培難度 :普通、低温、高温に強い⑥挿し木  :簡単、水挿しで100%⑦嚢の大きさ:我が家ではMax15cm前後⑧雌雄   :♂、10月頃開花 本種の両親は大型ですが、本種は種子 [続きを読む]
  • 本日は、Cephalotus folliculariswです。
  • 本日は、Cephalotus folliculariswです。本種は1科1属1種の食虫植物で、オーストラリア西南部にのみ自生しています。自生地は、海岸線沿いの切り立った崖で、海水の水分が十分当たる湿度の高い場所です。栽培に当たっては湿度を十分保つ必要がありますので、我が家では入手後ずっと温室内に設置しているワーディアンケース内で育てていましたが、光線量がやや少ないのか発色が良くないようでしたので、ガラスケースから出して、 [続きを読む]
  • 本日は、D.x beleziana Giantです。
  • 本日は、D.x beleziana Giantです。本種は2015年の9月にブログでお世話になっているgunさんよりお譲りいただきました。既に1年7ヶ月も経過したんですね〜。本種は、モウセンゴケ(D.rotundifolia)とナガエモウセンゴケ(D.intermedia)の自然交雑種だそうで、北半球の温帯域(イギリスを含むヨーロッパ地域、北アメリカ北部並びに東部)に自生しており、とても丈夫な品種だそうです。特に片親のD.intermediaは、日本では外来種( [続きを読む]
  • 本日は、N.gracilis×khasianaです。
  • 本日は、N.gracilis×khasianaです。①人工交配 :N.gracilis×khasiana②入手時期 :2012年10月③入手元  :うつぼの郷殿④成長度合 :早い⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :挿し木は難、取り木増殖可能との事だが、今回鹿沼土挿しで成功⑦嚢の大きさ:我が家ではMax18cm程⑧雌雄   :♂、9月〜10月頃本種は一説によると自然交配種ではと言われている様ですが、N.gracilisはカーシア地方には自生していな [続きを読む]
  • 本日は、D.x obovata Europeです。
  • 本日は、D.x obovata Europeです。本種は昨年の1月にブログでお世話になっているgunさんよりお譲りいただきました。和名はサジバモウセンゴケと言うそうで、D.anglicaとD.rotundifoliaの自然交雑種で、ヨーロッパの両者が自生している地域に分布している様です。本書は、染色体数が中間の3倍体なので種子は実らない様で、もっぱら増殖は葉挿し、株分けによるとのことです。今春、暖かくなり冬芽もほどけ葉が少しずつですが展開し [続きを読む]
  • 本日は、N.viking×campanulata konanです。
  • 本日は、N.viking×campanulata konanです。種子親のN.vikingは、近年発見された種類で、タイの本国及び西海岸アンダマン辺りの島々に自生する低地性のネペンテスです。ネオファームによってAタイプ、Bタイプ、ボートフォーム、ビビッドレッド等の種々タイプが発売されたそうです。そもそもバイキングとはゲルマン人(ノルマン人)の別称で、彼らは快速軍船を開発し大洋航海を可能にしたことで、様々な地域を侵略、略奪、征服、 [続きを読む]
  • 本日は、Drosophyllum lusitanicumです。
  • 本日は、Drosophyllum lusitanicumです。本種は一属一種の食虫植物で、スペイン、モロッコ、ポルトガルの海に近い乾燥した日当たりの良い荒地や崖に分布します。結構乾燥を好む種なので、栽培に当たっては乾燥気味にする必要があるでしょう。本種は独特な匂いを発し、ネコがマタタビと同様の行動を起こすそうですので、野良猫には要注意です。我が家の近辺では、野良猫に餌を与えるおばはんが多くて困りものです。それで増え続けて [続きを読む]
  • 本日は、N.adrianiiです。
  • 本日は、N.adrianiiです。①自生地  :ジャワ島、2004年記載種②入手時期 :2015年12月③入手元  :ぷりんさん④成長度合 :やや遅い?⑤栽培難度 :普通⑥挿し木  :我が家での実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax6cm程度⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し本種はジャワ島の固有種とされ最近発見された品種ですが、スマトラ島の固有種であるN.spathulataとはとても良く似ている様です。標高10 [続きを読む]
  • 本日は、S.leucophylla 伊勢由来です。
  • 本日は、S.leucophylla 伊勢由来です。S.leucophylla は、アメリカ南東部のノースカロライナ州、フロリダ州,アラバマ州,ジョージア州,ミシシッピ州などに自生しており、大型の直立する品種で、タイプによっては高さは約1m程になる様です。本日の伊勢由来系は、昨年の3月にブログでお世話になっているれおん6000さんよりお譲り戴いたものです。何と3芽も戴いたのですよ〜。\(^o^)/戴いた昨年は未だ子苗でしたので開花はし [続きを読む]
  • 本日は、Dionaea muscipula`shark teeth'です。
  • 本日は、Dionaea muscipula`shark teeth'です。Dionaea muscipulaは、北アメリカのノースカロライナ、サウスカロライナ各州の郊外及びフロリダ州に自生地していますが、個体数は少ない様でとても貴重な植物です。本日は、2005年7月にブログでお世話になっているタメさんから戴きました。数種戴いたのですが、こちらはshark teethになります。その名の通りトラップの縁がサメの歯状になる品種だと思うのですが、戴いてずっと愚 [続きを読む]