KUMA さん プロフィール

  •  
KUMAさん: Monkeycupのブログ
ハンドル名KUMA さん
ブログタイトルMonkeycupのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/monkeycup1
サイト紹介文食虫植物、主にNepenthes(うつぼかずら)に関するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/07/19 20:13

KUMA さんのブログ記事

  • 本日は、N.ventricosa×densifloraです。
  • 本日は、N.ventricosa×densifloraです。①人工交配 :N.ventricosa×densiflora②入手時期 :2011年8月③入手元  :山田食虫植物農園殿④成長度合 :普通⑤栽培難度 :普通⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax15cm程⑧雌雄   :♂、2月〜7月頃本題に入る前に、昨日潰れたデジカメですが修理不能でしたので、帰宅時にヤマダ電機に立ち寄り、めっちゃ安い( ̄∇ ̄;)ハッハッ [続きを読む]
  • 本日は、N.ventricosa×mindanaoensisです。
  • 本日は、N.ventricosa×mindanaoensisです。①人工交配 :N.ventricosa×mindanaoensis②入手時期 :2015年3月③入手元  :JCPS殿④成長度合 :早い⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家では12cm程度⑧雌雄   :?、我が家では開花実績無し突然ですが、今朝ブログ記事用の写真を撮ろうとしたら、デジカメが途中で潰れてしまいました( ノД`)シクシク…。従って本日の記事に [続きを読む]
  • 本日は、N.Ville de Rouenです。
  • 本日は、N.Ville de Rouenです。①人工交配 :N.Superba×Mastersiana、1982年Y.Vezier氏作出       ・N.Superba(×hookeriana[ampullaria×rafflesiana]×        Sedenii[N.sp.(Bornean spp)×khasiana])        ・N.Mastersiana(sanguinea×khasiana)②入手時期 :2010年8月③入手元  :うつぼかずらの郷殿④成長度合 :早い⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :鹿沼土で100%⑦嚢の大 [続きを読む]
  • 本日は、N.gracilis var.nigropurpureaです。
  • 本日は、N.gracilis var.nigropurpureaです。①自生地  :マレー半島、ボルネオ島、スマトラ島、スラウェシ島、1839年       記載種②入手時期 :2017年4月③入手元  :れおん6000さん④成長度合 :早い(・・?⑤栽培難度 :普通(・・?⑥挿し木  :我が家での実績無し⑦嚢の大きさ:我が家でMax4cm前後⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無しN.gracilisも自生地は広範で、東南アジアの至る場所に [続きを読む]
  • 本日は、N.alataです。
  • 本日は、N.alataです。①自生地  :フィリピン(ルソン島、その他の島々)、マレー半島、スマトラ・       モルッカ島等、1837年記載種②入手時期 :2016年10月③入手元  :gunさん④成長度合 :早い(・・?⑤栽培難度 :簡単(・・?⑥挿し木  :我家での挿し木実績無し(・・?⑦嚢の大きさ:我が家でMax5cm程度⑧雌雄   :?、我家での開花実績無しN.alataは水平、垂直分布が広範で、ヒョウタン [続きを読む]
  • 本日は、N.ventricosa×burkeiです。
  • 本日は、N.ventricosa×burkeiです。①人工交配 :N.ventricosa×burkei②入手時期 :2015年3月③入手元  :JCPS殿④成長度合 :早い⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家では10cm前後⑧雌雄   :?、我が家では開花実績無し本種はどうしても欲しい品種がありましたので、それを購入時に併せて入手しました。両親共に良く似た品種で、何んとか育てることが出来るのでは [続きを読む]
  • 本日は、N.veitchii(L)×Miranda‘Striped’です。
  • 本日は、N.veitchii(L)×Miranda ‘Striped’です。①人工交配 :N.veitchii(L)×Miranda ‘Striped’、ぷりんさん作出②入手時期 :2011年10月③入手元  :リベラルファーム(ぷりんさん)殿④成長度合 :やや遅い?⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax25cm⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し本種はぷりんさん自ら育種されたもので、我が家では同 [続きを読む]
  • 本日は、N.mirabillis Greenです。
  • 本日は、N.mirabillis Greenです。①自生地  :北は中国の広東省から、ボルネオ島、スマトラ島、スラウェシ島、       マルク島、ニューギニア島、マレーシア半島、インドシナ半島、       タイ、ミャンマー、カンボジア、フィリピン、ホンコン、       ミクロネシア、マカオ、パラオ、そして南はオーストラリアのヨーク       半島クイーンズランド州に至る殆ど全ての島々、1869年記載種②入手 [続きを読む]
  • 本日は、N.smilesii×Noboriryuの交配‐その5について紹介します。
  • 本日は、N.smilesii×Noboriryuの交配‐その5について紹介します。 ①交配番号 :NO.48②交配親  :N.smilesii[♀]×Noboriryu(Balmy Koto[thorelii×maxima]×       khasiana)[♂]③交配日  :2014年6月15日④採取日  :2014年8月27日⑤播種日  :2014年10月9日⑥発芽確認日:2014年11月24日 種子親のN.smilesiiは、東南アジアの大陸部(タイ東北部、ラオス南部、カン [続きを読む]
  • 本日は、N.peltataです。
  • 本日は、N.peltataです。 ①自生地  :ミンダナオ島、2008年記載種②入手時期 :2015年11月③入手元  :JCPS殿④成長度合 :やや遅い⑤栽培難度 :普通⑥挿し木  :?、我が家での挿し木実績なし⑦嚢の大きさ:5cm程度⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し フィリピンはミンダナオ島のHamiguitan山脈の上部800m〜1600m辺りの斜面地に自生しており、この地域の固有種です。2008 [続きを読む]
  • 本日は、Dionaea muscipula"Bristle Tooth"です。
  • 本日は、Dionaea muscipula"Bristle Tooth"です。Dionaea muscipulaは、北アメリカのノースカロライナ、サウスカロライナ各州の郊外に自生しており、最近ではフロリダ州でも自生地が見つかった様です。唯、個体数は少ない様で、貴重な植物である事だけは確かです。以前はほんの数える程度の品種しかありませんでしたが、最近はバリエーション本当に豊かですね。さて、本日は一昨年7月に親の通院の折り、病院近くの園芸店「とらい [続きを読む]
  • 本日は、N.Fukakusaです。
  • 本日は、N.Fukakusaです。①人工交配 :N.rafflesiana×Dyeriana、1964年、豊島正巳氏作出       N.Dyeriana(Mixta[northiana×maxima]×       Dicksoniana[rafflesiana×veitchii])②入手時期 :2011年6月③入手元  :うつぼかずらの郷殿④成長度合 :徒長を始めると早い⑤栽培難度 :簡単、高温、低温に強い⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax20cm程⑧ [続きを読む]
  • 本日は、N.???(ラベル落ちNO-1)不明種です。
  • 本日は、N.???(ラベル落ちNO-1)不明種です。①人工交配 :N.ventricosa×maxima?gymnamphora?②入手時期 :2010年6月③入手元  :jips殿④成長度合 :早い⑤栽培難度 :簡単、低温、高温に強い⑥挿し木  :難しい⑦嚢の大きさ:我が家ではMax10cm程⑧雌雄   :♂、5月頃本種は2010年6月にjips殿より苗を購入時、ラベル落ちの不明種として挿し穂を無償で戴きました。水挿しで何んとか発根した品種で [続きを読む]
  • 本日は、N.ventricosa×inermisです。
  • 本日は、N.ventricosa×inermisです。①人工交配 :N.ventricosa×inermis②入手時期 :2015年3月③入手元  :JCPS殿④成長度合 :普通⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :水挿しで容易⑦嚢の大きさ:我が家では未だ5cm程度⑧雌雄   :?、我が家では開花実績無し本種は是非とも欲しかった品種でしたが、中々手に入れる機会がありませんでした。が、2015年の3月にやっとその機会に恵まれ何とか入手することがで [続きを読む]
  • 本日は、N.gracilis Greenです。
  • 本日は、N.gracilis Greenです。①自生地  :マレー半島、ボルネオ島、スマトラ島、スラウェシ島など主に東南       アジアの至る所に自生、1839年記載種②入手時期 :2013年3月③入手元  :ピイちゃんさん④成長度合 :遅い⑤栽培難度 :普通⑥挿し木  :ミズゴケ挿しで容易⑦嚢の大きさ:我が家ではMax12cm前後⑧雌雄   :♂、7月〜9月頃2013年の3月にピイちゃんさんから挿し穂(頂芽 [続きを読む]
  • 本日は、S.flava var rubricorpora Burgandyです。
  • 本日は、S.flava var rubricorpora Burgandyです。S.flavaは、アラバマ州、フロリダ州北部、ジョージア州南部、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州、バージニア州南西部に自生していますが、本種はその変種になります。瓶子葉表面全体が暗赤色に染まる事が多い様で、この事が変種名(ラテン語のrubra(赤)+corpus(体))の由来になったようです。本種は、2014年9月にブログでお世話になっているgunさんよりお譲りいた [続きを読む]
  • 本日は、N.burbidgeae×campanulataです。
  • 本日は、N.burbidgeae×campanulataです。 ①人工交配種:N.burbidgeae×campanulata②入手時期 :2015年11月③入手元  :大谷園芸殿④成長度合 :今のところ遅い⑤栽培難度 :普通?⑥挿し木  :?、我が家での挿し木実績なし⑦嚢の大きさ:未だ5cm程度⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し 種子親のN.burbidgeaeは、ボルネオ島サバ州のキナバル山とタンブユコン山の標高1200〜2000m辺り [続きを読む]
  • 本日は、N.Sachikoです。
  • 本日は、N.Sachikoです。①人工交配 :N.ventricosa×ampullaria②入手時期 :2016年5月③入手元  :一正園殿〜kazさん④成長度合 :やや遅め⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :?、我が家では挿し木実績なし⑦嚢の大きさ:我が家ではMax5cm程⑧雌雄   :?、我が家では開花実績なし本種は、1986年に中川氏によって交配育種された品種です。確か奥方のお名前を冠されたと記憶しております。N.ampullariaに良 [続きを読む]
  • 本日は、N.Henreyana(NO-2)です。
  • 本日は、N.Henreyana(NO-2)です。①人工交配 :N.Sedenii?(N.gracilis×khasiana)×       Hookeriana(rafflesiana×ampullaria)、1882年J.Taplin氏作出②入手時期 :2011年6月③入手元  :うつぼかずらの郷殿④成長度合 :やや遅い⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax12cm程⑧雌雄   :? 開花実績無し本種は今から100年以上前に作出され [続きを読む]
  • 本日は、N.kongkandana Cheek ex M.Catal.です。
  • 本日は、N.kongkandana Cheek ex M.Catal.です。①自生地  :インドシナ半島タイ南部のSongkhla(ソンクラ)省に固有、       2010年記載種②入手時期 :2012年12月③入手元  :jips殿④成長度合 :普通⑤栽培難度 :簡単⑥挿し木  :我が家での実績無し⑦嚢の大きさ:我が家でMax8cm前後⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し本種は、インドシナ半島タイ南部のSongkhla(ソンクラ)省に固有 [続きを読む]
  • 本日は、N.Nakanogoです。
  • 本日は、N.Nakanogoです。①人工交配 :N.mirabilis×rafflesiana、1982年、一正園殿作出②入手時期 :2011年6月③入手元  :うつぼかずらの郷殿④成長度合 :最初の頃は非常に遅いがその後は順調に成長⑤栽培難度 :普通、高温に強い⑥挿し木  :我が家での実績無し⑦嚢の大きさ:我が家ではMax20cm前後⑧雌雄   :?、開花実績無し入手して既に6年近く経ちますが、最初の頃は非常に成長が遅く、1年 [続きを読む]
  • 本日は、S.flava var.flava(伊勢系)です。
  • 本日は、S.flava var.flava(伊勢系)です。本種はアメリカのノースカロライナ州、サウスカロライナ州、バージニア州、アラバマ州、ジョージア州、フロリダ州に自生するサラセニアの一種です。2013年の2月にブログでお世話になっているgunさんにいただきました。戴いた年には開花しませんでしたが、翌年は1輪だけですが見事に開花してくれました。唯、栽培拙き故か今年も1輪のみの開花でした。S.alataの花に比べ倍以上の大 [続きを読む]
  • 本日は、N.truncata Macfarl.です。
  • 本日は、N.truncata Macfarl.です。①自生地  :フィリピンのミンダナオ島北部から中央部、1911年記載種②入手時期 :2011年6月③入手元  :JIPS殿④成長度合 :遅い⑤栽培難度 :普通⑥挿し木  :我が家での挿し木実績無し⑦嚢の大きさ:我が家でMax10cm前後⑧雌雄   :?、我が家での開花実績無し本種は、我が家では棄民中の鬼門品種で、一向に上手い具合に育ってくれない品種です(;´д`)トホホ。 [続きを読む]