家族カウンセリング研究所 子どもの悩み相談室 さん プロフィール

  •  
家族カウンセリング研究所 子どもの悩み相談室さん: 家族カウンセラー 柿澤一二美の子育てブログ
ハンドル名家族カウンセリング研究所 子どもの悩み相談室 さん
ブログタイトル家族カウンセラー 柿澤一二美の子育てブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/hihumikaki/
サイト紹介文4人の子育てママカウンセラー。子育てのやり方で親子の関係は変わる「ママ大好き」と言われる子育ては?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/07/20 23:29

家族カウンセリング研究所 子どもの悩み相談室 さんのブログ記事

  • イヌ型?ネコ型?あなたの性格は?
  • 人は体格や顔など外見に個人差がありますが、同じように、性格もひとそれぞれ。 我が家の4人の子どもたちも、同じように育てたつもりでも、それぞれ性格は違います。 性格とは?人の行動に現れる、その人独特の特徴で、時間がたっても大きく変化しないものです。 たとえば人見知りのAくんは、パーティー会場でも、別のパーティー会場でも、同じように人見知りで、おとなしくしている行動は変わりません。 自分 [続きを読む]
  • 大切な思いを受け取り、つなげる。
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 昭和一桁生まれの母は学生時代ニックネームは「がりちゃん」。ガリガリのガリではなく、がり勉のがりである。国鉄の教官の父親が亡くなって、お友達とお茶を飲むお金も、遊びに行くお金も無かった。だから暇な時間はひたすら、勉強した。 がりちゃん中学生の時に弟が、病気で亡くなった。忙しい母の代わりにママのようにお世話をしていた大切な弟。「私が医者なら、弟を助けられたの [続きを読む]
  • 「助けて」と言える人になりたい。
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 会社の売上が下がり、従業員の給料が払えない、銀行の返済が出来ないと社長は悩んだ。社長は何冊も本を読んだ。「自殺」の知識を集め、家族に迷惑のかからない方法を選んだ。 今日の午後2時に、小田急線で高齢の女性2人が電車にはねられ、亡くなった。70代から90代とみられる女性は、手をつなぎホームから線路に飛び込む様子が映っていた。 自殺者は、交通事故で亡くなる人より [続きを読む]
  • ライバルはロボット
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 人工知能AIについて、「日経新聞」の記事では 「私の仕事、ロボットに奪われますか?」 ロボットに変われる仕事は、34%。 仕事別にみると トラック運転手 64.6% 医師 29.2% 旅行ガイド 64.6% カウンセラーですが、   10.5% 仕事のライバルは人間ではなく、ロボットのようである。 &n [続きを読む]
  • 子どもの「質」をあげる勉強法とは?
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 子どもの勉強方法について色々な研究も行われています。 ボリアは、算数・数学の問題で、特に文章問題が解けないと悩む子どもに、「工夫」を取り入れる事を伝えました。「これまでに解いた似た問題を思い出してみよう」「図を書いて考えてみよう」と。 また、日本の市川先生が提案した「教訓帰納」と呼ばれる方略は、テストの問題を解いた後に、「なぜ合っていたのか?」「なぜ [続きを読む]
  • 勉強しても、思うように成績が上がらない時には?
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 お子さんの成績が上がらない時、親は何が出来るでしょうか? 「一生懸命勉強しても、成績が上がらない」と中学2年生の女の子、「努力が足りないんじゃないの?」と母親に言われて、ショックだった。 これまでにないほど勉強したのにもかかわらず、成績がますます下がり自信がなくなり、部活もお休みをしていると。 「やり方を変えてみない?」と提案をしてみました。  [続きを読む]
  • いま、ここに生きている幸せ
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 宮城県大崎市で19日、Jアラートの機器整備中におきた誤報。「ミサイルが着弾する可能性がある。」 ワイドショーでは、いざというその時のための方法が詳しく流れる。 「いつ、何かがおきてもおかしくない日本に暮らしている」 ここ数週間で、自分の感覚が変わった。 家族が出かける時に、玄関での「いってらっしゃい」を大切にする。 夕食は [続きを読む]
  • カクテルパーティー効果
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 たとえば、何人かの人から一斉に話しかけられると、とても話を聞くことは出来ませんが、「ジャーニーズのコンサート行かない?」とか、「駅前に、有名なケーキ屋さんできたよ。」など、自分が興味があることで、その中の1人に注意をむけると、その人の話が急にはっきりと、大きく聞こえるように思えるのは? 「カクテルパーティー効果」と呼ばれる現象である。 大勢の人が集ま [続きを読む]
  • 親の育て方で決まる、子どもの性格!
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 兄弟、姉妹、同じ親に育てられたのに性格が違うのはなぜでしょうか? 産まれた順でも性格が違うと言われています。 長男・長女(1番目に生まれた子)自制的・控えめ・仕事が丁寧・面倒なことを嫌う。 2番目に生まれた子外で遊ぶ・おしゃべり・甘えん坊・依存的 では、親の育て方による子どもの性格ですが、子どもの性格からも、親の育て方がわかります。 A.支配 [続きを読む]
  • 10代の子どもたちの親は大変です!
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 「まわりの人に家族の事を聞かれるのは辛い」 「どこの高校行ったの?」「就職は?」「結婚は?」「孫は?」 近所のちょっとの知り合い程、ぐいぐいと心の中に入ってくる。 普通の人なんていないのに、家族が普通でないと思うと、人生のレールから外れた気持ちになり、外に出れなくなった。 近所のコンビニに行くのに、マスクをし、目を合わさないようにした。とうと [続きを読む]
  • 甘やかしすぎは、わがままな子になる?
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 子育ての質問です。 「甘やかしすぎは、わがままな子になりますか?」 たとえば スーパーでお菓子を買ってと大きな声で泣く子 時間が来ても、公園から帰りたくないと言い泣く子 お友達がおもちゃを貸してと言っても、嫌だと言って貸せない子 こんな時、あなたが親ならどうしますか? 1、怒る、なだめる、理由を伝える、たたく、大きな声で言う、   [続きを読む]
  • 本人がいないからからこそ、ほめるタイミング!
  • 家族の事、子どもの事。 「自分の事じゃないから、どうしていいかわからない!」 小学生の私は、両親の事で悩んだ。酒乱の父は、お酒を飲めば飲むほど、声が大きくなり、目がすわり、笑顔の無い顔で、お酒を飲み続けた。 その日も、父は荒れていて、翌日になって母に聞いた。「どうして、お母さんにひどいことをするのに、別れないの?」 「子どもの事は、大切にするから。」「幼児期、お父さんも大変な育ち方 [続きを読む]
  • 学校の中の安全基地
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 家庭にも、クラスにも居場所が無かったら子どもはどこへ行けばいいでしょうか? 以前、9月1日を前に鎌倉の図書館では、「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、図書館にいらっしゃい」と、呼びかけた投稿の反響はすごかった。9月1日は、夏休みも終わり、学校の始業式の日であり、子どもの自殺が一年で一番多い日である。 私は、学校の中の安全基地は保健室であると考えます。&n [続きを読む]
  • 誰かと話がしたい
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 誰かと話をしたいと思う気持ち。大人とか、子どもとか、年齢は関係ない。 たとえば、「おいしいね」と誰かが言い、「おいしいね」と誰かがこたえる。 近所のバス路線は、人生の大先輩の乗車率が高い。「一人暮らしで、今から整形外科に行くのよ。私今年で、82歳。一人だから、何でも自分でやるしかないからね。息子は…。」たまたま乗り合わせた人との会話を楽しんでいるようだ [続きを読む]
  • 人生につまずいた時の立ち直り方。
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 「最近なんだかうまくいかなくて、心臓が痛くなるの」ママ。高校生の娘は人間関係に悩んでいるようです。 「リビングから、テレビを無くしたら」のお話は、以前書きましたが、ほんとうに良かったです。 「ママ、どうしたらいいのかなぁ、わからないよ〜!」 「人にはそれぞれ、つまづいた時にしている事があると思うよ。お兄ちゃんたちに、うまくいかなくて、つまずいた時 [続きを読む]
  • 大人だって誰かに「よし、よし」して欲しい。
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 大人も一人の人間だ。 イライラもするし、泣きたいし、もう何もしたくない!と思っても、子どものため、家族のためと思えば、自分の気もちはパンドラの箱入れて、ふたをして。 過去誰かに言われた傷ついた言葉さえも、忘れたふりをして、何もなかったかのように、生きている自分。 「長女なんだから、しっかりしなさい!」 「男の子なんだから、泣いちゃダメ!」&nbs [続きを読む]
  • お母さん、あのね…。
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。新しい環境に慣れるまで時間がかかるのは、大人も子どもも同じである。 お母さんと手をつなぎながら、幼稚園でのことを話す女の子。「お母さん、あのね…。」横断歩道の女の子はまるで女優さんのように、身振り手振りで、幼稚園の事を話し続ける。お母さんは笑顔でうなずきながら、聞いていた。誰かにまっすぐにただ、ただ話を聞いてもらう経験。 保育園の先生が子どもたちを見 [続きを読む]
  • 子どもの才能の見つけ方
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 子どもの将来を考えるとパパ、ママは悩みはつきません! 自分の好きなことで、生活できるようになって欲しい その反面 好きな事を仕事に出来ている人は、特別な才能がある人だから 親のおもいは複雑ですね。 ある医学部では、 早期退職で、再受験で医学部に入学した人。 文系大学を卒業後、再受験で医学部に入学した人。 年齢も30代、40代 [続きを読む]
  • 高校生の為の薬物乱用防止パンフレット
  • Stop Drug!全国5,000人(15歳以上64歳以下)を対象とした調査(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部 2015年)で、これまでに1回でも薬物を使ったことがある人の割合は シンナー1.5%、大麻1.0%、覚せい剤0.5%、危険ドラッグ0.3%、MDMA0.1%、コカイン0.1%、いずれかの薬物の生涯経験率は2.4%、でした 大麻約95万人覚醒剤約50万人です この中の、どの程度の人が薬物「依存」の状態に [続きを読む]
  • 当たり前はありがとう!
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 私が第二子を授かり、喜びもつかの間、お腹の子どもとの別れが来ました。その後も妊娠するも…。突然の痛みに、病院に行きました。それから、婦人科での2週間の入院。 入院生活で私が味わった、ベットでの1人食事、家族と会えない日々。 子どもの世話や家事で、忙しくイライラし、腹を立てていた自分から、元気で、毎日忙しくできる自分の「当たり前」は「ありがとう」だという [続きを読む]
  • さまざまの事をおもひ出す桜かな
  • 桜 さくら 咲達 さくらの「さ」は、さ神様(田の神様)を意味し、「くら」は神様の座る台座「御蔵」を意味する。 農耕をつかさどる神様が、種まきの頃山から降りてきて、さくらの木に座って収穫時まで、見守っていると言う言い伝え。 世田谷の三軒茶屋駅から15分。 「世田谷観音」は昭和26年に建立され、せたがや百景にも選ばれている。 特攻観音堂 観音像は、大和法隆寺の秘 [続きを読む]
  • ダイエット
  • 昨年からの‘ハレの日‘の食事で、私の体重の増加はとまらない。 夫に「ダイエット始めようかな」と言うと、 「そろそろ自分の健康を考える年齢だね」と言われた。 たしかに、結婚前の体重から10キロの増加は、詐欺に近い。 「毎日の食事もおいしいし、わたしダイエットする自信ないんだよね〜」と夫に言うと、 「子どもに目標を決めて、毎日取り組みなさいって君は言うのに、母親が出来ないんじゃ、子ど [続きを読む]
  • しかり方を変えてみませんか?
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 桜の花も満開で、お花見に言った方、これから行く方。近所の中目黒の桜も、皆さんの訪れを待っているようです?? 今日は、効果的なしかり方についてです。 効果的なしかり方の第一歩は、「わかりやすいコミュニケーション」からはじめます。 わかりやすいコミュニケーションとは、  子どもに「ちゃんと」や「いい子」といったあいまいな表現を使うのではなく [続きを読む]
  • 子育ての悩み相談「しかり方」
  • 家族カウンセラーの柿澤一二美です。 買い物に行っては、子どもがお菓子が欲しいと泣き叫び、「親のしつけが悪い」と見ず知らずのおばさんに怒られ、泣きたいのは私なのに 「子どものしかり方って難しい!」 親にしかられた記憶は、誰でもあると思いますが、 「何で怒られたのかわからない?」とか、 「イライラをぶつけているだけじゃない?」とか、 「本当に私のため?」 と叱られたこ [続きを読む]
  • 親の背を見て子は育つ
  • 日経新聞(3月31日・夕刊)での記事。 大野玄妙法隆寺管長の 「背中を見せる教育」についてである。 館長の子ども時代は、親の背中を見て育った。子どもには細かいことまで「ああしろ」「こうするな」といちいち指図せず、親が自らの背中で、行動を教えてやるのが一番だと。 心理学では、「モデリング」がある。あこがれの人の行動や、心の使い方、考え方をマネをすることで、自分自身があこがれの人に近づく [続きを読む]