世話人 さん プロフィール

  •  
世話人さん: オンライン洋書読書会
ハンドル名世話人 さん
ブログタイトルオンライン洋書読書会
ブログURLhttp://www.manga-meishi.com
サイト紹介文100年前、アメリカに渡った日本人移民ヨネ・ノグチと同性愛の物語洋書Queer Compulsionsを読みます。
自由文ヨネ・ノグチは日本人として初めて英語による詩集をアメリカ・イギリスで発行し、東洋の美意識を英語で西洋に伝えた詩人です。洋書『Queer Compulsions』はこれまでアメリカでも取り上げられることのほとんどなかった有色人種&同性愛という視点から歴史を読み直します。読書会Queer Compulsionsはオンラインでこの洋書を読み進んでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/07/23 16:50

世話人 さんのブログ記事

  • 第9回読書会「第4章」前半を読みました
  • 1月24日(日) 第9回読書会で、Chapter 4「クィアな関係」の前半を読みました。 クィア queer というのは、もともと「奇妙な」という意味ですが、現在では同性愛を指すことが多いようです。この章ではヨネ・ノグチ … 続きを読む 第9回読書会「第4章」前半を読みました [続きを読む]
  • Chapter4[前]の訳文をアップしました
  • 1月24日13時の読書会用に第4章「クィアな関係」前半の訳文をアップしました。 クィアな関係とは同性愛を指していますが、それも相当こんがらがっていて、ほんとうにヘンです。 ヨネ側のチャーリー以外の関係も語られますが、フィ … 続きを読む Chapter4[前]の訳文をアップしました [続きを読む]
  • 第6回読書会「第2章」後半を読みました
  • 10月18日(日) 第6回読書会で、Chapter 2「二つの内気な星」後半を読みました。 前半では、もはやチャールズなしには生きていけないとまで盛り上がったヨネ(野口米次郎)のチャールズ・ワレン・スタッダードへの愛です … 続きを読む 第6回読書会「第2章」後半を読みました [続きを読む]
  • Chapter2[後]の訳文をアップしました
  • 10月18日13時の読書会用に第2章「二つの内気な星」後半の訳文をアップしました。 さて燃え上がったヨネこと野口米次郎とスタッダードとの恋は、その後、意外(?)な軌跡をたどります。 へえ、そうだったの!という事実も明かさ … 続きを読む Chapter2[後]の訳文をアップしました [続きを読む]
  • Chapter2[前]の訳文をアップしました
  • 9月20日13時の読書会用に第1章「二つの内気な星」後半の訳文をアップしました。 いよいよヨネこと野口米次郎はスタッダードと出会います。と言っても、実際に面会したのではなく、文通を始めるのですが、うーん、会ってもいない人 … 続きを読む Chapter2[前]の訳文をアップしました [続きを読む]
  • 『「二重国籍」詩人野口米次郎』
  • 今回は、新資料で、従来のヨネ・ノグチ観を一新させてくれる堀まさみさんの『「二重国籍」詩人野口米次郎』です。 『「二重国籍」詩人野口米次郎』の著者堀まどかさんは、これまであまり注目されてこなかったヨネ・ノグチが英語で投稿し … 続きを読む 『「二重国籍」詩人野口米次郎』 [続きを読む]
  • Chapter1[後]の訳文をアップしました
  • 8月16日13時の読書会用に第1章「海を隔てて」後半の訳文をアップしました。 生活苦を逃れて、ハイツで暮らすようになって、1年後、ヨネは英詩を書き始めます。 ヨネの詩はボヘミアンの文学冊子に掲載され、注目を浴びます。 そ … 続きを読む Chapter1[後]の訳文をアップしました [続きを読む]
  • 第3回読書会「第1章」前半を読みました
  • 7月19日(日) 第3回読書会で、Chapter 1 「海を隔てて」を読みました。 参加者は1名。すいません。訳を書くのに手いっぱいで集客ができていません。「概論」に比べれば、英語はそれほどむずかしくはないのですが、著者 … 続きを読む 第3回読書会「第1章」前半を読みました [続きを読む]
  • Chapter1[前]の訳文をアップしました
  • 7月19日13時の読書会用に第1章「海を隔てて」前半の訳文をアップしました。 野口米次郎の誕生から、少年時代、渡米、ミラーのハイツに身を寄せるまでの物語が展開します。 一方、チャールズ・ワレン・スタッダードは、エキゾチッ … 続きを読む Chapter1[前]の訳文をアップしました [続きを読む]