Kuminxs さん プロフィール

  •  
Kuminxsさん: My シドニーらいふ
ハンドル名Kuminxs さん
ブログタイトルMy シドニーらいふ
ブログURLhttp://kuminxs.blog.fc2.com/
サイト紹介文シドニーでマネージャー、飲食店経営、ebayビジネスに転向した私が海外での起業について語ります。
自由文はろ―!気が付くとシドニーに住んでる期間のほうが日本より長くなってしまった私。
気になることやシドニー情報そして海外起業について私の観点から面白可笑しく紹介しちゃいます。
オーストラリア好きな人または来てみたいと思ってる人におすすめ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/07/23 18:29

Kuminxs さんのブログ記事

  • 高級レストランでもサービスが平凡。
  • 昨日、シンガポールから友人が来たので新しくできたレストランに行ってみた。名前は伏せるが高級の部類に入るレストラン。こういうのをオーストラリアではファインダイニングといって料理、サービス、アルコールの品ぞろえが素晴らしいレストランのことを言う。昨日のレストラン実はジャパレスなんだけど明らかにオージーや旅行客を意識したメニュー。日本語のメニューなかったからね。確かに内装も素晴らしいし料理もそれだけの値 [続きを読む]
  • 明日はアンザックデイだよ。
  • 日本では知らない人もいるでしょう。明日はオースラリアは大大的にアンザックデイという祭日。どういう日かって?第2次世界大戦で戦った兵士たちを英雄として祝う日。そこでいつも出てくるのが日本人と戦って亡くなったというお話。日本は敵だったからね。昔はこの日になるとアジア人は日本人と間違えられて卵をぶつけられるという話があったが。アンザックデイって普通の祭日より規定がうるさい。朝から営業していいのはパン屋と [続きを読む]
  • eBayで売れるものを探せ!
  • さてebayで売れるものとは何でしょう?もちろん自分の得意なターゲットを絞らなきゃいけないけど。私の場合は洋服やジュエリーそれと日本物。以外にコインとかコレクターグッズもかなり売れるらしい。私はまだその方面は研究中だけど一応珍しそうなオーストラリアンコインがあれば使わないでとっておく。腐らないからいつか売ればいいし。自分の得意なことであまり大きくないものから始めるのが一番。ついでに言っておくとeBAYと似 [続きを読む]
  • eBAYで売るものはどこで仕入れる?
  • ネットビジネスやEBAYやってみたいけどお金ないし売るものもない。なんて思ってる人。前にも記事にしたけど家の中探せば売るものはたくさん出てくるはず。それでもないという人。オーストラリアにはお手頃な値段で仕入れられるところがある。新品じゃなくても古着や中古のほうが売れやすいというのはご存知?人の心理として中古のほうが安いという考え方がある。しかも何人もその服を着たり、使ったりしてるわけじゃないから。大体 [続きを読む]
  • だからeBAYやめられない。
  • 私がレストランビジネスからebayビジネスに転向した話は読者の人は知ってると思う。最初に立ち上げたebayサイトは自分の着ない洋服を売るのみ。それからジュエリーサイトや日本のものばかり売るサイトも立ち上げた。最初は自分のものばかり売ってたけどそれも限界があるよね。ひょんなことから1人の友人からモノを売ってくれないかと頼まれた。もちろん売れるものなら売りますよ、で売れちゃったのよ。そうすると評判を聞いて他の [続きを読む]
  • ビザ取りレストラン。
  • ビザ取りといっても日本のレストランのビザサポートのことを言ってるんじゃないよ。もっと規模が大きい、中国人のビザ取レストラン。必死でその店で働いてビザとってもらうとかそんなのでもない。もっと簡単、お金さえあれば。これも立派なビジネスと呼べるのかもしれないけどね。チャイナタウンに名前は伏せるが大きなレストランがある。まあまあというかかなり流行ってる。そのレストランは中国人の知ってる人の間では有名なビザ [続きを読む]
  • オーストラリアンドリーム
  • オーストラリアンドリーム、アメリカンドリーム、ジャパニーズドリーム。基本的にみんな同じなんだけど、ほとんどの人が思ってて特に家族のいる人の地道な夢は家を持つこと。アメリカはオーストラリアにくらべて家が安いでもローンをはらえなくなって手放した人たちは何人もいる。何年か前のアメリアカの住宅金融公庫ファニーメイの危機によって家を失った人はたくさんいる。そういう家が誰も買わないし借りなくてほったらかされて [続きを読む]
  • なが〜い目で中国を見ると。
  • 中国の爆買いしてる世代が30−50代って言うのはお知らせしたとおり。それが後10年は続くけど。中国だって年寄りは増えるわけよ。いま、お金を持ってる40代、50代だって後10年20年すれば60から70歳。今の日本と同じ状況になるのよね。ただ、購買力の高い人たちがまだまだ多いから目立たないけど。高齢化の波は中国にも押し寄せるわけ、早かれ遅かれ。昔と比べて中国は小金持ちがおおいんだから自分たちが年をとった時に有 [続きを読む]
  • じゃあ中国人に売れるものつくりゃいいじゃん。
  • 今、お金をどこでもここでも使いまくってるのはもちろん中国人。どこの国に行ってもブランドの店は中国人で商売繁盛。シドニーの高級店エルメスに現れてバーキンだのケリーだのを簡単に買っていくらしい。お支払いはもちろん現金。スーパーのプラステイックの袋に現金詰めて来るんだって。そんで数えるのはお店の人たち。あ〜たエルメスのケリーやバーキンっていえば100万以上するんだよ。それをプラステイックの袋にいれて数え [続きを読む]
  • 中国人はなぜお金を使うんでしょう?
  • もちろん中国の富裕層がふえたからとか小金持ちが外にでるようになったから爆買いするとか。色々、説はあるけど。今の中国はお金を使う消費者世代が多いって事。大体、お金を消費する人たちの年齢は世界中、同じ。30代から50代まで。20代の若いのはお金持ってないし、もう60すぎると欲しいものもなくなってくる。てゆ〜か今まで消費してきて大体のものは持ってるから。そこで販売業界、流通業界、電信事業、すべての業界がター [続きを読む]
  • 苦手なことを得意にするのもビジネス。
  • ビジネス始めるとなんでも自分でやらなきゃいけない。もちろん大企業であれば分野で得意な人を集めてやらせればいいけど。中小企業はそうはいかない。しかもビジネス始めたばかりのころなんて自分でも初めてのことなんで学ぶしかない。お勉強お勉強。税金対策とかいくらアカウンタントが詳しくても自分で理解してないと意味がないのよ。アカウンタント任せは怠け者です。ビジネスやるといろんなことを学ぶ。自分のビジネスだから私 [続きを読む]
  • これで売れちゃいます。
  • これまで何回かにわけてセール成功の秘訣について話してきたけど。天性の素質がある人じゃなくても少し自分を鍛えれば何でも売れるようになる。まず、商品を覚える。簡単なようで簡単じゃない。在庫もすべて頭に入れとくんだから。そうするとクライアントに説明するときに商品がそこに出てなくても頭に入ってればそれを勧めることができる。第2はオプションを考えておく。たとえば洋服とかランジェリーだったら上下で勧める。上を [続きを読む]
  • そのセール決めちまおう!
  • 商品も見せた、大体クライアントの欲しいものもわかった。さてセールを決めちまおう!英語では最後の売りの段階のことをClose the sale という。まさにセールを閉めてしまおう、決めてしまおうってこと。商品見せてお客さんの求めているもので値段もそれなりだったらもうセールは終わってるはず。今ごろクライアントはクレジットカードを出してるころ。しかし、まだ決まってない場合は少しだけプッシュがいる。2つか3つあってどう [続きを読む]
  • 商品を見せる、さてどう売る?
  • はいはい、商品をお客さんに見せるところまで来ましたよ。ここまで来れば売るしかない!商品の説明はとっても大事。ということは商品についての知識がないと困る。悪い例はここまできてこれはいいからとプッシュ連発。だから何がいいんだって?自信を持って正直に説明するとますますクライアントはあなたの虜。質問にもはっきり答える。そしてありがちな失敗は商品を見せすぎる、出しすぎる。これじゃお客さん迷って買わないことが [続きを読む]
  • 売れるか売れないかはセールストーク次第。
  • さてさて、お客さんが店に入ってきて挨拶したところまでだったよね。はい、ここで何も商品に対して聞いてこない人たちには取りあえず話しかける。でもプッシュしちゃだめよ〜。いつも言ってるように押し売りはバツだから。どうでもいいような天気のはなしとか旅行者であればどこから来たの?どれぐらいいるの?とか。でも話に入り込まないようにするのがコツ。このセールスのシリーズで話ばかりしてやたら長いセールスをする例は先 [続きを読む]
  • そしてどうモノを売る?
  • モノの売り方シリーズ第3弾。昨日、おとといとモノの売り方や様々なセールスの仕方を語ってきたけど。どうしたら上手にクライアントに満足してもらってものが売れるか?昔のような押し付け押し売り方式だと必ず返品したいって言ってくる人が3人に1人はいる。クライアントが満足してハッピーだと他の人にも進めるし又リピーターになってもらえることもある。どうしたらいいんでしょう?コツさえつかめば割かし簡単。まずお客様が [続きを読む]
  • モノの売り方その2
  • 高いものを売るうえで一般的なのがやたらディスカウントをする。私は宝石業界にいたからその手の販売をしてる人をよく見る。もちろんクライアントとしてはディスカウントはうれしい。しかしモノが高ければ高いほどディスカウントをされるとこのモノに価値はあるのか疑いはじめる。マネージャーをしていたころ新入りのスタッフ(といっても他の店で経験はあったが)のセールスを観察してたら。これいくらですか?とクライアントに言 [続きを読む]
  • モノを売るって難しい?
  • この前から話してるオーストラリアでの今時のセールスのやり方。基本的にモノがうれればいいんだけどその人のセールステク二ックによる。前から言ってるけど知識がなければモノは売れない時代。あとはいかにしてクライアントの心理を読むか?セールスアシスタントは主に3つのタイプに分けられる。まず異常に長いセールス。まあ宝石だから1時間かけて選びたいひともいるかもしれないけどさ。クライアントじゃなくて販売する人の売 [続きを読む]
  • 最近の宝石業界セールストーク。
  • この前オパールのことについて話した時に昔の売り方では売れないよって書いたのを覚えてる人もいるはず。そう、昔の宝石業界のトークはとにかく買わせる商法。もちろん今も買わせるんだけどさ。やり方が違う!もともとオパールに限らず宝石は高いものだからみんな簡単には買わない。昔のやり方はあまり知識なんかなくてもお客さんの気分を良くして買わせる方法がまかり通ってた。ほとんど押し売り状態ね。私も宝石業界、長いから他 [続きを読む]
  • オパールビジネスまだまだイケるオーストラリア。
  • 1980年から90年にかけてのオースラリア旅行ブームの時はお土産に買うものはオパールと決まってた。日本人だけじゃないよ、ヨーロッパ人もアメリカンも猫も杓子もオパール。そのころ、まだまだオージードルは高かったはずなのにとにかくみんな買ってたな。私がワーホリで最初にオージーボスの下で働いたときもオパール売れてた。とにかくオパール出せば売れるから接客というよりもスーパーマ―ケット状態。そしてオパールショ [続きを読む]
  • ネットビジネスのセミナーに気をつけろ!
  • オーストラリアでもあるかも知れないけど日本ではネットビジネス詐欺がおおいらしい。オースラリアにもそういう詐欺あると思うけどあまり話題になってない。ただオースラリアは投資詐欺おおいけどね。日本ではネットビジネス詐欺が横行してるらしい。ネットビジネスやればすぐに儲かりますよといわれて高額なセミナー料や教材費を払わさせるパターン。ネットビジネスをやってる私がはっきり言います。ネットビジネスは簡単にはでき [続きを読む]
  • フランチャイズの裏話。
  • 世界中、どこでもここでもフランチャイズがありふれてる。フランチャイズビジネスを始めるにあたっていいことはもうブランドが知れ渡ってるから自分でプロモーションしなくていい。お店をオープンしてすぐに売り上げがあるのは確実。もちろん売り上げの何パーセントかを年貢として奉仕しなきゃいけない。店で使うプロダクトはすべてセントラルキッチンから仕入れなきゃいけない、それが非常に高かったりする。世界的に有名なマクド [続きを読む]
  • 誰でも巻けるスシもある。
  • 前回、何人でもできる日本食の話をしたけど。今回は難しくない巻物なら誰でもデキル話。私は一応回転すしをやっていた関係上、巻物はプロに習ったので一応巻ける。細まきも太巻きも裏まきも商品になる程度のものがちゃんと巻ける。巻きすを使って正当な方法でね。しかし、この前、某回転すしで食事をしてた時に気が付いたけど今や巻物も正当な方法でなければ誰でも巻けるのよ。そこの回転すしは握りは職人っぽい人が握ってたけど軍 [続きを読む]
  • 何人でもできる日本食になってしまった。
  • 前回記事にしたジャパレスの移り変わりを読んで気づいたひともいるかもしれない。そう今や日本食は難しいものじゃない。もちろん本格的なスシや刺身をやるには誰でもできるわけじゃないけどね。オージーに受けるものをやるにはそんなに技術はいらないのよ。まず最近の冷凍食品の充実ぶり。ラーメンのスープを鍋でぐつぐつ煮なくても東京マートの冷凍ラーメンで十分おいしい。もちろんス―プもついてるから簡単。あとはコーンと煮卵 [続きを読む]
  • ジャパレスの移り変わり。
  • 昔はジャパレスというと敷居が高いし値段も高いしでそんなに簡単にできるもんじゃなかった。日本で修業した板前を使うのが普通だったし、永住権が欲しいために日本で調理師学校に行ってオースラリアのジャパレスにスポンサーになってもらう人もいた。それが最初のころのオーストラリアのジャパレス。そのころ私もワーホリで来て最初の仕事はジャパレスのウエイトレスだったわ。なんと時給5ドル!ジャパレス第2期になるとこういう [続きを読む]