マリウス さん プロフィール

  •  
マリウスさん: 奥様はベトナム人
ハンドル名マリウス さん
ブログタイトル奥様はベトナム人
ブログURLhttp://ameblo.jp/marius0807/
サイト紹介文私の奥様はベトナム人。主に国際結婚のことやベトナム人技能実習生のよもやま話を中心にお話していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/07/25 06:39

マリウス さんのブログ記事

  • 移民について考える その2
  • にほんブログ村 「また通訳やめた」という記事を書いたら、妻から「なんでわざわざ組合の イメージが悪くなる記事を書くの」と怒られました。 周りから見れば、私が通訳をいじめているように思われると言われましたが 確かに事情を知らない人たちから見れば、パワハラだと言われかねませんが やはり通訳がしっかりしないと、会社・組合と実習生の間に入り、調整する役割が あるので、ここがうまくい [続きを読む]
  • また通訳やめた
  • にほんブログ村 留学生として日本に来て、その後他の組合で通訳をしていたベトナム人男性。 日本語を細かくチェックされたら、また辞めました。 なんで大して日本語もできず、仕事の基本である報告・連絡・相談もできず 実習生受け入れ会社とのやりとりもできない。細かく指導を始めたら 「家族の都合で辞めます」 長く日本にいるから、日本語ができるとは限らない。まずはそれを認めましょう [続きを読む]
  • 移民について考える その1
  • にほんブログ村 外国人技能実習制度に関わる仕事をしていると、いやでも移民について 考えてしまいます。このような仕事をしているのですが、移民に関しては 私は決して賛成というわけではありません。 日系ブラジル人たちと深い関係もあるため、今日本で働いている外国人の 境遇がどんな状況なのかわかっております。 ですから、一概に移民の受け入れを賛成できないのです。 日本は外国人に対 [続きを読む]
  • 犯人つかまったよ
  • にほんブログ村 リンちゃんを殺した犯人、やっばり身近な顔見知りの犯行でした。 これじゃ防ぎようがありません。 保護者会の会長で、自分も小学校の子供を持つ親で、どうしてこんなことが できるのか。私には訳がわかりません。 本来子供を守る側の人間が容疑者なんて、人を信じることができなくなりました。 ずっと目をつけていたのでしょうね。 もう悔しいのやら、情けないのやら、同 [続きを読む]
  • 偉そうなベトナム人
  • にほんブログ村 2月に採用したベトナム人通訳、話し方もメールの書き方もあまりにも偉そうに 書くので、細かく添削したら、プライドを傷つけられたようで辞めると言いだし わずか2週間で辞めていきました。 面接ではなかなか見抜けないので、採用してからこういうことはわかるのですが 後から他のスタッフの話だと、やっぱり日本語の話し方も偉そうであまり良い印象を 持たなかったとのこと。 [続きを読む]
  • 面接ラッシュ
  • にほんブログ村 いよいよ今週から面接ラッシュが始まります。 ベトナム人通訳1名が明日の月曜日から1ヶ月以上の長期出張に入ります。 ハノイからホーチミン、この面接期間で20名の候補者が決まります。 私も5月連休途中からホーチミン出張8日間、また5月下旬に6日間の出張が入る 予定になっており、組合の決算及び総会、定款変更も入るため、相当ばたつきます。 新法に合わせ、外部役員も決ま [続きを読む]
  • 通訳のレベル
  • にほんブログ村 実習生が増えたおかげで、その分組合の通訳も増えています。 ただ、日本語とベトナム語が話せれば、それで通訳ができるかと言えば そうではありません。 某組合の通訳が翻訳した文面を当組合の通訳が見たら、これはベトナム語では ないというケースがたびたびあります。翻訳ソフトを使っているようで、日本に 在住している日本語が達者なベトナム人が、ベトナム語が堪能なわけ [続きを読む]
  • 取れない責任
  • にほんブログ村 どんなに謝罪しても、土下座して謝っても、取れない責任があります。 今回栃木県那須のスキー場で雪崩に巻き込まれ、8人の高校生と教師が亡くなった 事件などを筆頭に、特に人の命に関わることでの責任者の致命的な判断ミスが 多くの人たちの命を奪ってしまったケースが、最近目につきます。 東日本大震災のとき、【想定外】という言葉が流行りましたが、人の生き死に かかわ [続きを読む]
  • 偽装される大学卒業証明書の問題
  • にほんブログ村 今まで、結構たくさんの【技術・人文知識・国際業務】の在留資格を持つ ベトナム人たちに会いました。俗に言う就労ビザと呼ばれているものです。 昔、一時期は在留期間の更新ができる研修生ビザ(そんなものはない)として もてはやされたことがありましたが、今は就労に制限のあるビザとして認識 されるようになりました。 とはいえ、工場のライン作業や単純作業のところで使 [続きを読む]
  • 格安販売は問題あり
  • にほんブログ村 格安旅行会社てるみくらぶが破産しましたね。私は常に自分で手配している ので、あー倒産したんだとしか思わず、他人事のように見ていましたが 適正単価というものがあるわけですから、安ければどこかで無理をしている はずです。現金一括キャンペーンと見た瞬間に、資金繰りに苦労しているの だろうと私は思ってしまいます。 実習生にしてもしかり。異様に安い管理費であれば [続きを読む]
  • しつこい営業
  • にほんブログ村送出し機関からの営業が多いですが、さすがにこれはダメだろうということで書いておきます。同じ送出し機関から、別々の営業の人が電話をしてきます。通常、一人が営業をかけてくれば、他の営業の人からは連絡が来ないものですがどうも情報共有されていないようで、はっきり言ってうざい。またいきなり電話をかけて、××日にお客様と会うので同席しませんかという話もしてくる始末。送出し管理費はいただきませんと [続きを読む]
  • 悲しい事件
  • にほんブログ村 ベトナム人の女の子が殺されました。同じ娘を持つ親として、本当に悲しく つらい事件です。 たまたまお母さんはベトナム帰省中、普通なら見守りボランティアがいる ところまで一緒についていったようです。 どうも最初から狙われていたのではないかと私は思います。 親御さんの気持ちを思うと、どうしてこんな事件が起こるのか。 もしベトナムなら親は学校への送迎をして [続きを読む]
  • 勝手に改造するな
  • にほんブログ村 某実習生のアパートの電気代が異様に高い。何度注意しても変わらない。 どうもおかしいので、部屋に入ってみると、2名の実習生は押入れに布団を敷き そこで寝ているのだが、中にライトをつけたり、スマホの充電のため、コンセントを 押入れに持ち込んだ。普通なら延長コードを買うのだが、お金がもったいないと いうことで、ベトナムから持ち込んだ配線とコンセントを結び、プラグ [続きを読む]
  • 1年が経ちました。
  • にほんブログ村 以前の組合を辞めて、一年が経ちました。 1年間で100名の実習生の受注を目標に頑張って来ました。 いろいろありましたが、本格的な営業もかけていないところで とりあえず80名まで受注が取れ、36名の入国まで来ましたので 100名入国をできるだけ早く達成できるように頑張りたいと思います。 さて、入国して配属された実習生たちが状況を組合に報告してきますが 概ね喜んで仕事 [続きを読む]
  • いやぁまいった
  • にほんブログ村もうすぐ入国予定の実習生、実は面接合格後授業は休むわ、おなかが痛いと言い出すわすでに入管へ在留資格認定申請を行っていたので、家族を呼び出して注意を入れたり受け入れ会社の社長がスカイプで面談して注意したりして、送出し機関も組合も指導を行って、在留資格も下り、いよいよ入国日も決まったのですが・・・。再び授業の無断欠席をして、昨日組合の通訳から注意を入れたにもかかわらず、夜外出してお酒を飲 [続きを読む]
  • 面接の良し悪しでその後が決まる
  • にほんブログ村 あるところに入っている実習生たちがあまり仲が良くないようです。 原因は3名の中で1名が協調性がなく、他の2名と共同生活でトラブっています。 迷惑を被っている実習生たちからよく話を聞くと、ベトナムでの事前教育期間中 でも、寮で浮いた存在だったようで、そもそもそのような協調性のない人が 面接を受けさせたところに問題があります。 私たちが一生懸命良い人を取ろうとして [続きを読む]
  • ずうずうしい
  • にほんブログ村先日、タンソンニャット空港にて、手荷物検査の列に並んでいたときのこと私の前には2名の白い服とベージュの服を着た韓国人の女性がいました。ふと気がつくと、私の目の前に緑の服を着た小柄なベトナム人女性がおりました。あれっどこから来たのか、どうも列を並ばず、誰も何も言わないので、そのまま順番抜かしをやってきたようです。『あんた誰?どこから来たの?』思いっきり日本語で言うと、気づかれたという顔 [続きを読む]
  • リンクアン寺の孤児シェルター訪問
  • にほんブログ村ホーチミン市から100キロぐらいかかるドンナイ県スアンロック郡にあります。もともと私の妻の実家の近くにあるお寺で、2015年9月に私と妻が初めて訪れいつかこのお寺にいる子どもたちの支援を行いたいと思っていました。ちなみに私が初めて訪問した外国人で、日本人がこの地域に来ること自体とても珍しいそうです。ドンナイ県のチャウロ民族の支援をきっかけに、尼僧がこの孤児シェルターを作ったそうで前回訪れたと [続きを読む]
  • ただいま、ホーチミン
  • にほんブログ村22日からホーチミン入りしています。仕事なので、娘は非常に退屈しています。事務所でおとなしく動画を見ていますが、かまってあげられる時間はありません。ごめんね。ひとつビジネスになる話ができました。今はやりの高度人材を日本に入れる話ですがおもしろい形にできそうです。具体的に話が固まったら、人材に困っている会社を中心に紹介していこうと思っています。ところで、今回初めてANAを使ってみましたが、 [続きを読む]
  • 日曜日にもかかわらず・・・
  • にほんブログ村 今週22日水曜日からベトナムホーチミン出張を控えているため、今月の仕事を前倒しで終わらせるために、日曜日も出て仕事をしています。まあそれだけ忙しいことなので、ありがたいですね。ところで、ベトナムの送出し機関の情報をいろいろと集めていますと、いろいろな話が入ってきて、なるほど組合はこういうところで儲けているんだなとわかります。結局、日本側で取れないものはベトナム側で取るということです [続きを読む]
  • GDP世界第2位の国からなんで実習生を入れるの?
  • にほんブログ村 素朴な疑問です。外国人技能実習制度の趣旨は下記の通りです。開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識(以下「技能等」という。)を修得させようとするニーズがあります。我が国では、このニーズに応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがありま [続きを読む]
  • 不適正な送出し機関を排除する仕組み
  • にほんブログ村 中央会の適正化講習会で渡された資料の中に、タイトルのページがありました。そのまま転載します。以下転載始め1. 技能実習制度の趣旨の理解について ・ 技能実習制度の趣旨を理解した者のみを選定する。 ・ 技能実習生になろうとする者は、技能実習制度の趣旨を理解したことを明らかに する書面を作成し、技能実習計画の認定申請書に添付する。2. 保証金徴収・違約金契約について  [続きを読む]
  • 何が問題なのかわかっているのに言わない
  • にほんブログ村 協同組合の大半は、都道府県にある中小企業団体中央会に加入しているケースが多くその中央会が昨年度から技能実習制度の適正化講習会を開いており、今回参加してきました。新しい技能実習法も今年施行が予定されており、新法についていろいろと情報がでるのかなと思っていましたが、まだのようですね。でもね、この実習制度、何が問題かと言えば、マスコミが報道している『劣悪な労働環境で低賃金で働かされ、母国 [続きを読む]
  • トランプのやり方
  • にほんブログ村 この人、完全にビジネスマンですね。それもワンマン社長のやり方・・・。 前の組合の理事長そっくり。まあ前の理事長はトランプほどの実業家では ありませんが、交渉のやり方はよく似ています。 訳のわからない無茶振りをして、相手を混乱させ、自分のペースに持って行き 強引に押し通す。そこには理屈もへったくれもありません。 「 私が社長だ?? 俺のルールに従え 」 ト [続きを読む]
  • 雪の中を歩く
  • にほんブログ村 異常気象と言われ続けていますが、先日中部地方を襲った大雪、半端な量ではなかったらしく、実習生たちは大雪の中歩いて工場へ通勤したそうです。約3キロ近い距離、自転車で通っているところ、大雪で自転車どころか車でも危険な状態。1時間半かけて歩き、それを3日間続けました。タクシーを呼んでも断られ、送迎をやろうにも組合の通訳は間に合わず、それでも実習生たちは文句ひとつ言わず、がんばって歩いて通いま [続きを読む]