江口ピアノ・エレクトーン教室、音楽療法室、個別学習 さん プロフィール

  •  
江口ピアノ・エレクトーン教室、音楽療法室、個別学習さん: 江口ピアノ・エレクトーン教室・音楽療法室・個別学習
ハンドル名江口ピアノ・エレクトーン教室、音楽療法室、個別学習 さん
ブログタイトル江口ピアノ・エレクトーン教室・音楽療法室・個別学習
ブログURLhttps://ameblo.jp/gon0515/
サイト紹介文教室の生徒さんの様子・音楽療法室や音楽療法の様子のブログ。看板猫のこん・ここの日記です。
自由文音楽・脳・心を1つとしてかんがえています。ピアノレッスンで脳の学習と心・感情の成長と単にテクニックだけの教室ではありません。また、身体的障害のお子様も音楽を楽しめ、発達の遅れのあるお子様は発達を促すお手伝いをしています。心を病んで学校にいけないお子様にも音楽で落ち着き、学習のフォローもしております。健常なお子様の学習の指導と幅広くできるのは、ブログの経歴を御覧ください。コンクールもOK
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2014/07/27 08:15

江口ピアノ・エレクトーン教室、音楽療法室、個別学習 さんのブログ記事

  • 8月14日高齢者ディ音楽療法
  • ちまたは、お盆休み真っ最中。しかし、ディも施設も関係ありません。 「お盆だから、ディ利用せずに家族で過ごしたらいいのに、、」と思われる方も多いでしょう。何故でしょうかね。考えてみてください。この日はお盆には触れませんでした。懐かしい話題で発散していただきました。①うみ歌唱、記憶再生歌詞の中を○○で歌詞を書いていません。幼児期に歌ったものは自然にでて来ます。歌詞を読んだときは出ませんでしたが、歌うと [続きを読む]
  • ピアジェ発達論Part2
  • 前操作期(2歳〜7歳)2歳〜4歳前概念段階前概念期とは、外界の認識が感覚と運動(活動)から操作へ発達していく時期です。言語やイメージによる象徴化が出来るようになります。象徴化とは「ある物事を他の物事で表現する事」つまり身体的発達でも書きました、「ごっこ遊び」です。これは遅延模倣でもあります。4歳〜7歳直感的段階①「保存の法則」はまだ理解出来ない。これは論理より見た目でしか考えられない時期です。例えば [続きを読む]
  • ピアジェの発達論Part1
  • 認知機能とは認知とは「理解、判断、論理」などの知的機能精神医学では知能に類似した意味、心理学では知覚を中心とした判断、想像、記憶、言語理解、などとしてつかわれています。Piaget Jean(ピアジェ)は「外界を認識する【シェマ(スキーマ構造)】4つの段階を経て、こどもの思考(認知機能)は発達していく」と提唱した。難しいですね感覚―運動期(0〜2歳)①第1段階(新生児期)原子反射によって、周囲の刺激に対して反応する段階 [続きを読む]
  • お薦め「野田あすか」さんの本(CDつき)
  • 先日、「金スマ」でも紹介された、「野田あすかさん」の本(CD付き)が出版されていました。左は脳科学者の「中野信子」さんが、あすかさんからまなんだ「脳、心の大切な気づき」や心の持ち方、捉え方を記載されています。その中で、あすかさんが大学時代に友人関係、レッスンでうまく理解できないことから、パニックを起こしていたあすかさんに、ある先生が素敵な言葉を贈りました。私がモットーとしている気持ちと同じ言葉。あす [続きを読む]
  • 身体的発達幼児後期
  • 3歳すぎると様々な身体的発達の成長があります。(さて、この絵を描いたお子さまは何歳?)3歳〜4歳①「ごっこ遊び」が出来るようになります。これは、想像(イメージ)することが出来るようになったためで、また、大切な成長です。②片足立ちからさらに、片足跳びが出来るようになり、ボール蹴りも出来るようになります。③チョキや三本指、4本指の指だしができるようになり、がわかり出せるようになります。④身体の動きと聴覚 [続きを読む]
  • 身体的発達幼児期前期
  • 幼児期になると、様々なことが出来るようになります。1歳〜1歳半①独り遊びを始めます。様々なものをつかむことが出来るようになり、積木など上に重ねたりもできます。②模倣が盛んになり、お母さん、大人の真似が盛んになります。遊び歌を盛んに模倣します。③一言文を話します→まんま、ブーブー、ワンワンなど④探索行動→興味のあるものを見つけては、その物に近寄っていきます。⑤自立の始まり→上手に歩けるようになり興味 [続きを読む]
  • 身体的発達(産まれてから1歳まで)
  • 身体的発達について書いてみます。産まれてから1歳をまず書いてみます。【0〜第4週】(新生児期)この時期は1日の大半(約80%くらい)は寝て過ごします。しかし、生理的な不快があると目を覚まし、どんな欲求(お腹すいた、オムツがぬれているなど)のときにでも、ただ泣いています。欲求が満たされると泣きやみ再びすやすや寝ます。原子反射①口唇探索反射→頬に触るものがあると、顔を向けて口にいれようとする②吸啜反射(きゅうて [続きを読む]
  • 7月11日精神科音楽療法
  • 暑い日々が続き、もうすぐお盆。ご実家に帰省されている患者さん、帰省が出来ない患者さん、ディも病院もお盆休みありません。音楽療法もです。いろいろなお盆に帰省出来ない思い、様々な思いを歌で発散していただきたいと思いプログラムしました。①翼をください歌唱②タッチ歌唱と野球の会話甲子園で福岡の代表高校の結果は?「そうそう、昨日1回戦で負けた。福岡弱か」「これから、残った九州勢を応援する」甲子園の話で会話 [続きを読む]
  • 合唱伴奏オーディション選ばれたよ
  • 昨日、中学1年のMさんが、「合唱伴奏オーディション選ばれました」とお母様よりご連絡いただきました。Mさんは、「私よりピアノ上手なお友達独りいるから自信ないな」と先週のレッスンで言ってました。「オーディションはね、①一定のテンポでまずは弾けて、速くならない②今回の伴奏楽譜はずっとメロディーラインも弾いているので、自分の感情で揺らさない。指揮者と一体になり、主役は歌を忘れない伴奏③左手のシンコペーショ [続きを読む]
  • 子供の発達て何?
  • 「発達」て何でしょうか?以前は「誕生してから思春期や青年期までの成長、発達」でしたが、今は「誕生してから、人は人生の最後の瞬間まで成長、発達する」と言われています。ライフサイクル論としてエリクソン有名です。「人は誕生から死に至るまで発達する」心理、社会的発達に着目し、人生を8つの段階に発達を分類して各段階での発達段階を書いています。フロイトは「精神分析的観点から発達」記していり。また子供の発達だ [続きを読む]
  • 双子さんのレッスン
  • 双子のSちゃんとYくん幼稚園の年長さんです。最初はマイペースだったYくん。いつからか、二人は競いあい。YくんはSちゃんに追い付きたいと頑張りはじめました。そして、もうすぐ「どれみランド2」のテキストが終わります。しかし、なな先生はある決断次からは二人別々のテキストに。Sちゃんは、お歌も指先も独立し初めています。しかし、Yくんは、体格も小さくまだまだ指先の独立が。これからです。でも理知的に考えること、例え [続きを読む]
  • こんの月1の病院通い
  • わ、わ、忘れてた!!(゜ロ゜ノ)ノあしゃごはんがにゃい????は、病院だ?また血液抜かれ、爪切り????今日はしぇんしぇい、女医しゃんにも思い切り「シャー」を三回いや、4回はプレジェントしたにゃ??女医しゃんが、「こんちゃん、もう終わるよ、、いつもお利口になってたこんちゃん久しぶりのシャーだね」ママしゃんが、「多分子猫さんの鳴き声にも苛立ってます。すみません???」しゅるとママしゃんとしぇんしぇ [続きを読む]
  • なな先生の久留米再発見
  • 台風は宮崎、鹿児島へ。朝倉などの被害にあった土地に台風による被害なくて良かったです。しかし、奄美大島、鹿児島、宮崎、またこれから通過する地域の皆様、お気をつけくださいさて、3日に、ホームページを作ってくださったYさんが久留米にいらっしゃいました。いつも迅速にパソコンの調子が悪いときに、遠隔操作でパソコンをちゃちゃと元のように戻してくれます。ホームページはこちらです。 ↓江口ピアノエレクトーン教室、 [続きを読む]
  • 暗譜と脳Part3
  • 暗譜はどのようにしているとおもいますか?結果から言いますと、、音を1つのグループとして記憶しています。例えば「ドミソ」の和音【ドミソ】は「ド」と「ミ」と「ソ」の1つ1つで覚えているのではありません。【ドミソ】というかたまりが、ド→ミ→ソド→ソ→ミ→ソド→ミソド→ミ→ソ→ド→ソ→ミなど様々なバリエーションの伴奏が出来ます。またポピュラーでコードネームを勉強すれば、Cコードだ?をピアノ楽譜の中からも1 [続きを読む]
  • 8月4日精神科音楽療法
  • ①四季の歌歌唱②精霊流し歌唱何年前の曲誰が歌った?レコード、カセットテープ③五木の子守唄歌唱④野に咲く花のように歌唱⑤見上げてごらん夜の星を歌唱と手話さびを覚え頂く。さびは今までした手話を思い出すと自分でもつけられるので、患者さんから出てくるのを待つ。最後はOTに評価のため点数をつけてもらう。と80点でした。マイナス20点の理由を説明してもらう。⑥上を向いて歩こう歌唱⑦夏祭り歌唱今日は?久留米の花火大 [続きを読む]
  • はじめての合唱伴奏トライ(^-^)v
  • 五年生のMさんが、今日の出校日に合唱の伴奏楽譜を持って返り咲き、レッスンに持ってきました。久留米では、市内の五年生が集まり正式な名前忘れましたが、「音楽祭」が二学期にあります。その伴奏にチャレンジはじめてにしたら、「今年の選曲はやや難しいな」と思いました。しかし彼女なら頑張って成し遂げるでしょう。今日は歌詞を読みました。この曲は純粋に合唱のために作られた曲なので、昨日の二人のような裏ネタは特にあり [続きを読む]
  • 合唱伴奏頑張るよ?
  • 今年の夏休みも中学生が二人、秋の合唱コンクールの伴奏にチャレンジ中学2年のNさんクラスにピアノ弾ける生徒さんが自分しかいないからと責任持ってクラスのために頑張りたいと練習開始「心の瞳」【この曲は昭和の歌手「坂本九」さんの最後の作品です。1985年5月にB面の曲として録音され、坂本九さんも気に入ってあったそうです。その年の8月12日にNHKで「羽田健太郎」さんのピアノ伴奏で最後の歌声を録音になりました。その日 [続きを読む]
  • 音楽療法の勉強会
  • 今日は音楽療法の勉強会に博多までしかし、暑い猛暑日昨夜の睡眠時間は、、看板猫ここくんが体調不良なのか、一晩中泣き続け、2時間しか寝てないなな先生しかし、新幹線が出来たことで、ギリギリに会場につき、勉強症例を3症例聞かせていただきました。①脳梗塞で言葉が不明瞭、寝たきりの方が音楽を通して、自力で食べられ、起きて集団音楽療法に参加されるようになった。②精神科での音楽療法のまとめとして、著名な松井氏の [続きを読む]
  • 「野田あすかさん」とある思い出
  • 生きていたなら、昨日テレビであっていた発達障がい「野田あすかさん」と同じ年齢になっていました。彼女とはなな先生が音楽療法士になりたてのころに出会いました。「不登校で学校へ行けない」不登校の理由は「他の友達と自分はどこか違い、みんなと会話が出来ない。そしてみんなの目が怖い。いじめからにげたい」でした。小さい頃からピアノは習っていました。私と出会ったのは楽譜売り場。店員と間違えられてお母様から「この [続きを読む]
  • なな先生が1番伝えたいこと「野田あすか」さん
  • テレビを見られましたか?発達障がいのピアニスト「野田あすかさん」楽譜を学ぶことを苦労した、楽譜のドレミやリズムが1つずつはわかっても、羅列された楽譜になると、、楽譜読みながら、ピアノは弾けない。発達障がいの特徴です。また彼女はたくさんの音も身体が痛くなるはどの聴覚にたくさんの音がはいるのが予想できない、、彼女ははじめて、弦楽器とのアンサンブルで「お友達が出来た」なな先生が発達障がいの生徒さんに必 [続きを読む]
  • ハピママ5月号
  • 音楽療法を行うにあたっての、音楽療法を受けるお子さまの音楽療法が出来るかどうかを参考文献より引用しました。そして「音楽療法へ行くよ」と説明を受けていなかったお子さまの様子を記載いたしました。発達障がいのお子さまには新しい場所新しい事新しい人を説明なしでは混乱いたします。混乱な結果、パニックを起こして、部屋から飛び出す楽器でケガをする音楽療法士として危険なことは避けなければなりません。いつ(When)ど [続きを読む]
  • 暗譜と脳〜Part2〜
  • ずいぶん、間があきました。「暗譜と脳」について、前回「記憶を蓄える脳が大きくなる」とお伝えしました。ではさらに、、結論から言いますと、暗譜をすることにより「耳から覚えた情報の一部分を蓄えるために、視覚野の神経細胞を活用している」これはどういうことでしょうか? ↓音を画像として覚える(暗譜)ことにより優れた記憶力を持つ」と脳科学者は調べてわかったそうです。これはどういうことでしょうか?「音楽家 [続きを読む]
  • 夏休みのピアノ練習方法
  • 前回、ピアノの練習を毎日の日課に取り入れましょう、とお伝えしました。今回さらに詳しく1つの例をあげながら書きたいとおもいます。①朝の練習(宿題が終わって10分〜15分)メインテキストの練習をします。両手ばかりは効果ありませんよ。右手(5回)→左手(5回)→両手(5回)なな先生が印つけたのところのみだと4小節〜8小節になりますね。幼児さんは左のページのみで構いません。そして五線ノートやワークの宿題書き②午後夕 [続きを読む]
  • なうの闘病日記part2
  • なうは、人にいじめられたのでしょうか?人を受け入れない。病院で威嚇より怯える。人間で言えば、怒り当たり散らす気力がない。しかし、何で目が急に?人に慣れるためにゲージ暮らし。ゲージには目を傷つけるものは置いてませんでした。目が充血してあれよあれよ、白濁して目の周りは腫れてしまいました。痛みから自らご飯食べられません。獣医師によると目の痛みは、人間にたとえると、目に槍を突き刺さったときの激痛が毎日続 [続きを読む]
  • 明日から夏休み&なうの闘いpart1
  • 明日から夏休みスタートしますね。1日のうち、ピアノ練習を日課にぜひ入れてくださいね。そして、もし可能なら10分〜30分出来たらたとえば、朝の勉強(宿題)のあと→10〜15分夜の夕食または入浴前後→10〜15分お母様の声かけが必要不可欠です。【なうの病気との闘い】先日お知らせしました「虹の橋」を渡ったなうなえは、2月19日に友人の家に入り込みました。猫が苦手な友人にかわり保護したのが「なう」でした。捕獲器を借りて [続きを読む]