碧 さん プロフィール

  •  
碧さん: 胡蝶の夢
ハンドル名碧 さん
ブログタイトル胡蝶の夢
ブログURLhttp://hominlovelove.blog.fc2.com/
サイト紹介文東方神起にハマって妄想始めちゃいました。 色んな設定での妄想BL小説! R18有りです。
自由文日々、色んな設定の妄想でひたすら
萌えてます、少しでもお楽しみ頂ければ幸いです、宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供752回 / 365日(平均14.4回/週) - 参加 2014/07/27 00:54

碧 さんのブログ記事

  • わくわく弾むので・・
  • ども〜!!ドラマにLIVE・TOURにと色々情報が入って来ると、わくわく弾んできますね〜♪はい、めり込んでましたが張りが出て来ましたよ〜やっほ〜い。そうなると妄想意欲も出てくるわけで・・最近マメに更新出来てたりもしてます〜。ンで次の話も考えたり〜え?1話だけで書きかけてる放置のはどうすんだ?そうなんですよね〜イケるよね〜とか書き始めてブッツンしてるの多いったらありゃしませんが・・・まあ、それはそれで〜・・ [続きを読む]
  • ハッピーエンドだから〜4〜
  •  「あっ・・」 まだ外は明るいというのに、ユノは僕をベットに倒し込んだ。  ここまで、来ておいて抵抗する気はさらさらないが、少しだけ時間を気にして時計に目をやると、まだ夕方の4時少し前・・・。 まるで、若い盛りの高校生みたいに、顔を合わせるなりこういう展開なのは随分と気恥ずかしい。 だけど、久しぶりの甘い愛撫に身体の方が、素直に反応してしまっている。 本当は、ずっと会いたくてこんな風に抱き合いたか [続きを読む]
  • この曲で出たぁ!
  • やはり皆さん考えることは同じくなのね〜♪この曲はとても素敵だと思うのです〜歌詞も。ええ、私もそう思ってましたよ〜、はい、ありがと〜素晴らしき編集にブラボー!!ランキングに参加してます、ポチッと拍手でやる気倍増なので宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハッピーエンドだから〜3〜
  •  かくて、僕はユノと一緒に、宿泊先のホテルの一室へとあがりこんでいた。 「いつから気付いたんだよ、ユノ」 「ん〜スタッフのふりしててもチャンミンは目立つし、スタイル良すぎるからさあ・・お尻も可愛いし」お尻だと、こいつは、僕を尻で区別してるのか?思わず、そう突っ込みたくなったが、撮影現場で僕に気が付いたなんて観察力があるやつだ。  「きっと驚かせるつもりなんだと思ったから、見て見ぬふりしてたんだけど [続きを読む]
  • ハッピーエンドだから〜2〜
  • ソジュン君が教えてくれたので僕はユノが滞在しているホテルのラウンジへと足を運ぶことにした。 折角、ここまで来たしユノの驚く顔だけは拝んでいかなくちゃと自分に言い聞かせながら、やってきたものの、どうして呼び出そうかと考えている最中に当のユノの姿が飛び込んできた。なのに、僕はとっさに柱の影に身を隠してしまった。向こうも僕に気付く筈もなく、暢気に煙草の自動販売機の前に立ってコインを投げ込んでいる。これは [続きを読む]
  • ハッピーエンドだから〜1〜
  • 高速道路を走りながら僕は運転に集中している。 都心を離れての遠出は随分と久しぶりだ。   『チャンミン〜、会いたい〜』 『なら、会いに来れば』 『・・・だから、俺は今どこだっけ?』 『さあね・・・』 『もう、判ってる癖に、俺は今は地方でロケしてんの』携帯のメッセージを眺めながら相手を想像する。1年前の撮影で共演したユノに口説かれて、クランクアップまでにはすっかり僕の恋人に納まってしまった。そうなの [続きを読む]
  • え〜!!今度はドーム!!
  • じわじわと情報が解禁になっていくのが堪りませんね〜。アルバムも出すよね〜♪んで次はLIVE TOURだ・・2016年4四半期からドーム!?え〜ドームツアー来た〜!!ドームかぁ〜!!福岡ドームかぁ〜!!ドームなんだぁ〜!!!あ〜日程早く出ないかなぁ〜♪こういう楽しい情報がちらほらしてくると俄然元気が出てくる私です〜・・はい、少しだけ色々と萎えてたけど・・まだ頑張れそうです〜うん、妄想も・・やっぱ本人があれこれや [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜13〜
  • 「この間の時みたいに口でしてくれるんなら・・いいよ」「そっ、それは、あの・・こないだは、酔っててっ・・だからっ・・」 この間は酔っ払ってたし・・今は素面なんだ。まあ・・夕べのお酒は、少しは残ってるけれど・・。 素面でそんな事が出来る訳がないだろう。 そりゃ、確かに一度は、やってしまったのだろうけれど、うっすらと記憶にもあるけれど・・。「どっちがいい?俺はどっちもでいいけど、チャンミンに選ばせてあげ [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜12〜
  • 「あの・・ユノ、僕が悪かったから・・」兎に角この場はひたすら、下でに出るしかない。僕はユノの目前に両手を合わせて拝んでみる。「駄目・・許してあげない、俺はもうその気だし」そんなに簡単にその気になるなっ!朝っぱらからっ!「ちょっと、待ってっ・・うひゃっ」 ユノがいきなり顔を寄せてきて僕の耳朶を甘噛みしてきたのだ。 止めてくれっ・・僕は必死になって腕を突っ張り引き剥がそうと頑張ったがびくとも動かないし [続きを読む]
  • ええ〜ドラマ!!
  • 戻ってきたからにはがんがんやってくれるとは思ってたけれどユノ〜!!まずはドラマですって〜!!主演なんですって、ユウンホ役なんですって・・ナニその役名?いやいや何もツッコムまい。ラブコメ?ロマンチックミステリースリラー?どういうジャンルなんだよ?でも楽しみですわ〜すべてのオンナ達の心をドキドキさせる役なんですって。しかし、ドラマ〜!!DVDBOXだのメイキングだのあれこれ売り出されるんでしょうねぇ〜。どれ [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜11〜
  • すっかり箍が外れたみたいに僕は飲みまくり、終電に間に合わなくなったミノを連れて僕のマンションに辿り着いて部屋に付くなり二人して起き上がれなくなっていて 「あー、もう飲みすぎた・・」「チャンミン・・少し休んでから僕帰りますから・・」「うん・・そうして・・」 そんな会話の途中でブラックアウト。気が付けば夜が明けていて、ミノがごそごそ身支度してて僕は二日酔いでふらついたままで 「じゃあ、僕帰りますね・・ [続きを読む]
  • 慌てずに・・
  • iPhoneを家族で使ってますが家族シェアパックみたいなので15GBにしてるんですが私は、殆ど使ってないんですよね〜自宅だとWi-Fiだしでも、月末とかになるとデーター通信量が不足してます〜・・とか残りが1GBですとか来るんだよね〜。今月なんか20日頃にもう、そういうの来たよ〜・・足りないわけだ〜そうすると外で使いたい時にやたらに繋がらない。肝心な時に遅い・・待てぬ〜それが待てぬ〜のだ〜!!ん〜パックをもう少し上 [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜10〜
  •  「ねえねえ、チャンミン」 ロケバスで二人っきりなのを見計らうようにキュヒョンが話を切り出してくる。 「ねえねえ、何処までいってる?」 「何が?」 僕は判っていながら敢てそう聞き返した。まったく、人事だと思って面白がってるのだ、キュヒョンの奴。 「やだなあ、惚けちゃってぇユノとはどこまでいってんの?」 「こないだ、ドライブしてどっかの夜景を見に行ったけど」 明らかに面白がってるキュヒョンに無愛想に [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜9〜
  •  適当に車を走らせていると、なんだか夜景が綺麗なデートスポットに辿り着いてしまった。何故男二人でこんな処にと心の中で自問自答している僕の隣で「いい景色、ちょっとここで停めて降りてみない?」「うん・・いいけど」ユノに促されて車を停めて2人で降りてみる。平日の夜だからなのか人気は無くて静かだし、今こそ例の話を切り出すチャンスだと僕が思い立った時 「チャンミンっ・・」ユノが僕の名前を隣で囁くように呟く。 [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜8〜
  • あれは全部勢いだった・・そう酔いが回りすぎてやってしまった事なんだ、そうだ、そうなんだ・・と自分に云い分けをしていた僕だったが、このままずるずると誤解されたままにはしておけないと一大決心を固め撮影終了後僕はユノを呼び出した。 僕の誘いにユノは顔を輝かせているようで、それがまた僕に先日の失態を思い出させた。ああ・・何故、僕はあんな事やってしまったのだろう・・。思い返す度に僕は赤くなったり青くなったり [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜7〜
  •  「良かった?」 明るい顔で、そんな台詞で覗き込まれて僕は口篭った。 だが、そんなユノを見ている内に、僕の中で、何かがぷつっんと切れる音がした。 「ああっ!もうっ、良かったよっ!良かったけどっ」 「けど?」 僕は、ぴしっとユノを指差して、断言した。 「今度は、僕の番だからなっ!」 「はあ?」 奴は、意味が判らない風で、目を丸くして僕を凝視している。ふふん、年上を甞めるなよっ!反撃してやるっ。 「だ [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜6〜
  •  「うわっっ・・」 「チャンミン、隙あり〜」  梯子酒の挙句に、僕のマンションへと辿り着いて千鳥足で縺れながらソファーに倒れこんで、暫し、ブラックアウトしてしまった。 だが、どこか重苦しくて、薄目を開けると、僕の上に真っ黒なドーベルマンがっ! じゃなくて、それは黒っぽいシャツを着ていたユノだったのだが、ある意味ドーベルマンよりも怖い存在。    「ななっ!こらっ!」 「チャンミンの事、大好きな俺の [続きを読む]
  • 全然・・褪せてないなぁ〜!!
  • おお〜っ!!こういうのが、続々出てきて欲しいですね〜!!楽しみが増えるなぁ〜財布の中身は減るんでしょうけどね〜笑。うお〜!!素敵ですっ!!この後ろからのもっ・・うん、全然色褪せてないですよ・・私の気持ちもね・・ランキングに参加してます、ポチッと拍手でやる気倍増なので宜しくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜5〜
  • ユノに不覚にも唇を奪われて、その事実を共演者仲間のキュヒョンにも知られてしまった僕は、半分開き直って日々忙しい撮影に全力で取り組んでいた。 何しろどんなに考えまいとしても、長身優美なユノの姿がちょろちょろと目の前を掠めているし無視するわけにもいかないのだから。 しかし僕は少しだけ、さり気無くユノを警戒していたりもする。 所謂これは、自衛手段だ。 「チャンミン・・」 「ユ・・ユノっ」  シナリオの内 [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜4〜
  •  あれから、数日が過ぎた撮影終了後、キュヒョンと2人で何か食べて帰ろうかって話になった。適当な店に落ちついて、あれこれ物色して運ばれて来た料理に手を付けながら話も弾む。キュヒョンとは同じ歳で、親しみ易い性格だからすっかり友達感覚だ。この間も僕が世話をしてやったから、ここの支払いはキュヒョンが持ってくれるという。 「あのさ、チャンミン・・一つ聞いてもいい?」キュヒョンがさらっとそう云うので 「ん、何 [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜3〜
  •  「これ美味いっ!」 有り合わせの材料で適当に作って上げただけなのにユノは大袈裟な声をあげる。「チャンミン、料理上手〜俺のお嫁さんになってよ」「誰が嫁だよ、僕は男だしっ、ほらこっちもどうぞ」僕がそう流しながら、次の皿を差し出すと  「うんっ、最高こういうのも好きっ」 満面の笑みを向けるユノ、その表情がなんだか可愛いと思ってしまった・・・不覚だ。 だけど空気はすっかり和やかになってしまい撮影の話やら [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜2〜
  •  あれから二週間、ユノとは嫌でも仕事で顔を合わすから普段通り接している。どちらかと言えば気にしてるのは僕の方で、ユノの方は自分の言った事は何処吹く風みたいな感じ撮影に没頭してるし、二人きりになる機会なんて全然無かった。もしかして、冗談だったとか・・・? だけど撮影の合間なんかにふと目があったり、視線を感じて振り向くと其処にユノがいてその眼差しの中に本気が見え隠れしているような気もする。 その日は撮 [続きを読む]
  • ハッピーエンドかも?〜1〜
  •  「今何て言った?」 「聞いてなかったの?酷いなぁ」聞いてたよ・・でも、そんな風にさらっと流される話じゃなかっただけで。 僕、シム・チャンミンは20歳の時にスカウトされて、なんとなく芸能プロダクションに所属して一応タレントしている26歳。今年の春から、子供向け特撮番組のオーディションに合格し一年契約でレギュラーの座に納まっている。僕の役どころは、レギュラーとは言っても主役ではなくて、慇懃無礼なエリ [続きを読む]
  • 案ずるよりも・・
  • 職場の仕事も気が付けば半年近くなり色々なステップを踏んであれこれ出来るようにはなってますがまだまだ、ものすご〜く上手にはやれてないし要領も悪いとこもあります〜。そして、また一歩ステップUPの練習があって・・ひぇ〜出来るかなぁ〜、何しろ練習っても実際は就業中での流れを経験なんでどどっ〜とお客さん来たら捌けるのぉ?みたいな環境になるだろうし、どうなるの・・どうしよう・・明日・・明日が・・そうなんだよ・・ [続きを読む]
  • 処理速度が・・
  • 最近、我が家のPCの処理速度が遅くなってます・・ワード開いたり・・ネット繋いだり・・開いたりする時が時間が・・かかる・・苛ッ・・んがっ・・苛ッ・・別に中身が沢山でパンクしそうだから・・とかじゃないの・・うん、これは老朽化だわね・・ノートPCって、そんなに長く持たないんだよね〜つうか使えるけど新品の頃とは格段に処理速度が遅くなってくるのよね〜・・今使ってるのは2011年夏モデルなんだよね・・あ〜今は2017年で [続きを読む]