ますだ さん プロフィール

  •  
ますださん: 全国消防操法大会を目指すグッズ用品
ハンドル名ますだ さん
ブログタイトル全国消防操法大会を目指すグッズ用品
ブログURLhttp://shoubousouhou.seesaa.net/
サイト紹介文消防団の甲子園全国消防操法大会に出場するためのグッズや用品の紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/07/27 19:21

ますだ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2020年全国消防操法大会開催日と開催地
  • 2020年の全国消防操法大会はいつなのか?どこなのか?とっても気になります。情報ソースはしっかりとしたところではないのですが2020年10月19日   富山県という情報を得ました。しかしこの情報の真偽はまだわかりません。10月19日は月曜日ですからね・・・。しかし会場になるところは各種行事や大会などで決まっていることが多くこういった特別な大会となると会場を押さえることが難しくこういった曜日になることも考えられます [続きを読む]
  • 29年度消防活動スタート
  • 29年も消防団活動始まっていますね。ところによっては春の訓練なども行われています。年度替わりで新たに幹部になられた団員さんもあると思いますが班長や部長、分団長などそれぞれに役割があり皆その重責を理解されていると思います。やはり幹部は一般団員の見本となる立場ですから出動率が高くて当然と思います。仕事の関係もあるので無理も言えませんがそんなところも一般団員の理解があるといいですね。そういった理解が無い [続きを読む]
  • 平成28年全国消防操法大会
  • 第25回全国消防操法大会 長野大会がいよいよ10月14日に開催されます。あなたの団は出場しますか?私のところは惜しくも敗れてしまって出場できません。全国の消防団の甲子園ともいうべき大会です。ぜひとも出てみたかったですね。出場順や詳細が分かってきました。このサイトの記事に詳しく載っていました。 平成28年消防操法大会全国大会出場順や宿・お土産情報>>あなたの県の出場順は分かりましたか?近ければ応援に行 [続きを読む]
  • 県代表は決まりましたか?
  • もうそろそろ各府県代表は決まりましたでしょうか?各府県大会を勝ち抜いてきた団ですから かなり接戦になるでしょう。長野の地で決戦ですね。各府県大会での勝ち方と全国大会での勝ち方は違います。どこに重点を置いて訓練すべきかはもうあなたたちはわかっていると思います。府県大会では誇張と取られた規律も 全国大会では普通のこと・・という団もあると思います。全国大会の審査員がどこを見ているのか?何を見てないのか? [続きを読む]
  • 水出し操法での4番員
  • 水出し操法の場合は 空操法と違って4番員の責任は格段に上がります。当地は予選会は空操法で決め 代表になると水出し操法になります。空操法の場合の4番員は 規律重視で他の番手の減点分を補うために 自分の減点をいかに減らすか。そこに重きを置いて訓練していました。水出し操法になると実際に水を出すことになりますから。いかに速く的を落とすかに重きを置きます。当然空操法で規律はすでにできていますから 減点を減らし [続きを読む]
  • 消防操法大会 減点
  • 操法は基本減点方式です。加点されるのは基準タイムを切った分だけ 1秒1点が加算されます。減点方式なので各番手ごとの減点。総合での減点。この2種類の減点をいかに食い止めるかが操法に勝てるポイントです。各番手の減点は0.5点 1点 がほとんどで それは 要領や基本姿勢など基本的なこと、要綱に書いてある通りに行動できれば減点はかなり減らせます。しかしそれができないからみんな悩んでいるのですが・・・。番手の減点 [続きを読む]
  • 操法訓練指導員から見た採点に関する想い
  • 連日の操法訓練ご苦労様です。当地でも操法訓練は順調に?進んでいます。指導員として各分団を見て回っていますが 見ている中で思ったことをここに。操法はほぼ減点の世界です。ということは如何に減点を減らすかがテーマです。タイムは機械が計測するのでゆるぎないものですが各番手の審査、総合での審査は 機械が計るものではありません。そう、人間が決めるのです。 人が決めるということは 人によって違うということその人 [続きを読む]
  • 操法指導方法
  • 操法の指導に置いて気を付けなければならないこと それは指導者が正確に今年の操法の訓練要綱を把握しているかどうか。そこに尽きると思います。訓練要綱に記載されていない部分例えば 規律の面 や統一事項などちゃんと把握できているかどうかで 用員にいらぬ疑惑を抱かせないことです。用員にとってはかなり気になることでも 指導者がそこまで重要に思っていなくてその場の判断でこうしなさいなどと勝手な判断で返答すること [続きを読む]
  • 消防奏法消防学校での指導を受けるときの注意
  • 消防学校に入校して学校の指導員から操法の指導を受ける場合があると思います。それが地域によっては操法用員がすでに決まっていて 選手が受ける場合と指導員が受ける場合があります。この消防学校での指導を受ける場合大事なことがあります。それば  消防学校入校は自分たちの消防団のアピールの場であるということ指導受けるよりもこちらのほうがウェイトは大きいのではないでしょうか。消防学校としては 今回はどこがやる気 [続きを読む]
  • 28年度消防団始まりましたね
  • 4月1日より消防団も新たな体制でスタートしました。色々と人事も変わったと思います。自分の役割をしっかりとこの2年で遂行してくださいね^^私もなんですが・・・今年は操法の年 忙しい年になりそうです^^私もポンプ車操法の指導員に選ばれ気合を入れなおし 要綱を読み直しているところです。今年の要綱も少し変わるところがあるかもしれませんが そんなに大きくは変わらないと思いますし変わったところをしっかりと理解 [続きを読む]
  • ミズノファイアークルー4 白
  • ミズノファイアークルー4には白のバリエーションはありません。黒しかないのです。白い脚絆と合したいところではありますが 白い脚絆に黒い靴のほうがメリハリが効いていいのではないでしょうか?前モデルの紺は消防の服の紺とオレンジと相まってそれはそれでよかったですがしかし黒も精悍でかっこいいですね^^しかし大会は夏ですから かなり靴は熱くなりそうです・・・・。全国消防操法大会を目指すグッズ用品TOP [続きを読む]
  • 消防 おすすめ 靴
  • 消防操法で使う靴のおすすめといえばやはりミズノファイヤークルー4 でしょう。最新の操法専用シューズとして今回モデルチェンジしました。操法を研究し操法のために作られた靴ですから 悪いわけありません。この靴を用員にはかせることで メンタルな面でも効果があります。用員みんなが同じ靴を履くこと、それがファイヤークルーであることが用員の自信を更に高め、やる気を出させます。アシックスの靴よりもミズノファイヤー [続きを読む]
  • ホース巻取り 自作はどうなのか
  • ホース巻取り機の自作はあまりおすすめしません。部の中にそういった工業系の団員さんもおられると思いますがうちも昔、腕に覚えのある方が見学に行った先の団がホース巻機を使っていてよっしゃ!作ってやるということで挑戦しましたが・・・。いいものはできませんでした。見学先のホース巻機もあまり使い良いものでなかったと思います。その当時はまだタコマンは販売されておらず  板で作った 凹型の1.2Mほどのガイドで巻くの [続きを読む]
  • 操法用ヘルメットで気をつけること
  • 操法に於いてヘルメットで気をつけることがあります。ヘルメットのかぶり方ですね。目深に被り それが用員みんなが同じに見えないといけません。それぞれ背の高さ 頭の格好が違いますが 見た目に揃っていないと揃えろ!と言われているわけですから  そこも揃えましょう。特にヘルメットにラインが入っている団は そのラインがみんな同じに見えるように揃えましょう。このようなことは普段の訓練でも揃える癖を付けておかない [続きを読む]
  • 2016操法の年ですね
  • 2016も明け いよいよ今年は操法の年です。各団の方々も今年は県の代表となり全国大会へ向けて訓練にも熱が入りますね^^まあ、操法だけが消防ではありませんが この基本の動作ができることで有事の際スムーズに消火できる事になります。水源を取りホースを伸ばし火点を鎮圧する この一連の動作は実際の消火活動そのものです。実践の時には規律は要りませんが・・・。その規律とて 指を伸ばしなさい 足の角度は60度 かかとを [続きを読む]
  • 過去の記事 …