よもうま さん プロフィール

  •  
よもうまさん: よもうまの追い切りシリーズ
ハンドル名よもうま さん
ブログタイトルよもうまの追い切りシリーズ
ブログURLhttp://yomouma.hatenablog.com/
サイト紹介文調教分析、追い切りに特化したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/08/09 18:11

よもうま さんのブログ記事

  • 中京記念2017 馬体・追い切り グランシルク等人気どころが順当な動き
  • http://kura1.photozou.jp/pub/137/745137/photo/213359512_624.jpg中京記念 馬体・追い切りチェックアスカビレン栗東坂路不良51.1-37.3-24.7-12.4馬体は前走比で落ちるが、それでも良いデキ。追い切りは軸があってブレなくスマート。ウインガニオン銭型浮いて体調〇やや首高いもののしっかり前駆を出して走っている。半面後躯は硬い。グァンチャーレ栗東坂路不良52.1-37.7-24.3-12.1軽さがあって跳べている。連動性があって [続きを読む]
  • 中京記念2017 傾向
  • http://kura1.photozou.jp/pub/583/2991583/photo/185349584_624.jpg中京記念ポケットからのスタートで向こう正面まで上り坂。残り10ハロンのところからしばらく下りが続いて直線入り。400mを超える長い直線には坂がありタフな印象。中京は改修以来ずっと芝が軽くなってきていて、今年も軽めの芝を予想。雨が降らなければ、勝ちタイムは1.33くらいか。外から差し込める馬が好走できる舞台。好位から抜け出すような馬より [続きを読む]
  • 函館記念2017 追い切り評価
  • http://kura1.photozou.jp/pub/137/745137/photo/212983142_624.jpg函館記念→内でうまく立ち回れる馬。外は割引き。→基本は先行馬。逃げ馬の波乱あり。→割とラスト2ハロン戦。脚質バランス次第なところもある。今年は逃げる意思を持った馬がいるので極端に緩むことは考えにくいか。データ取得先 伏兵馬の状態チェックアングライフェン安田厩舎ステイゴールド産駒函館芝良56.0-41.1-13.4あまり柔らかさはないものの、長 [続きを読む]
  • 函館記念2017 ステイインシアトル 馬体・追い切り
  • ステイインシアトル池江厩舎ステイゴールド産駒函館記念函館W良66.4-51.6-38.0-12.6前走鳴尾記念でもトップ評価しましたが、今回の追い切りを見てもいい馬だなあと感じることができる素材です。柔らかいことはもちろんですが、脚がムチのようにしなる・・というかバネのある使い方をしますね。語彙力が足りません・・銭形が浮いて状態は高い位置でキープ出来ています。筋肉も良く発達している。前走勝ったことからも、内面が充 [続きを読む]
  • 函館記念2017 ツクバアズマオー 馬体状態・追い切り
  • ツクバアズマオー尾形厩舎ステイゴールド産駒函館記念函館W良65.3-50.9-37.3-12.2ちょっと明らかに硬いですね。もともと伸びない脚の造りなのですが、それにしても全く蹴れていないのは気になります。流れるような展開は合わないので、今回息の入りにくいラップが刻まれるようだと出番はないかなあと感じる。前走の日経賞は余計でしたね。適正路線から外して惨敗ですから馬にもストレスがかかったハズです。休みを与えてしっか [続きを読む]
  • 函館記念2017 サトノアレス 馬体 追い切り
  • サトノアレス藤沢厩舎ディープインパクト産駒母父デインヒル函館記念函館芝良70.6-53.6-39.4-12.6やはり本質的に「硬い」ので長く良い脚というのは使えない不器用なタイプで、前走はこの馬向きの流れになったし、対照的に流れた皐月やスプリングSは対応できなかった。筋肉量豊富で爆発的な脚が使える点は魅力的ですが、全ては展開次第。今回は大きく緩むような展開は期待しづらい点からもなかなか対応に苦しむのではないでしょ [続きを読む]
  • 函館記念2017 マイネルミラノ 追い切り
  • http://art25.photozou.jp/pub/163/1857163/photo/237870077_624.jpgマイネルミラノ相沢厩舎ステイゴールド産駒函館記念函館W良67.7-52.7-38.6-12.2馬体はかなり絞れていて、少し加齢の影響を受けていそうな状態です。前走は負けはしましたが、状態はかなり良かったと推測しています。すこし直線でのキレ負け感が斤量の影響を感じさせました。さて今回はというと、馬体は使ったこともあり、かなり絞れていてムダ肉のない状態で [続きを読む]
  • 函館記念2017 タマモベストプレイ 馬体 追い切り
  • タマモベストプレイ南井厩舎フジキセキ産駒母父ノーザンテースト函館記念函館W良69.5-53.5-38.9-12.3今回は全体的にバランスの良い馬体ですよね。追い切りも大きな欠点は見当たらない。夏は毎年札幌に来て長距離戦をこなしています。今回は始動が函館ということで今回の距離短縮に対応できれば札幌記念へ、といったところでしょうか。さすがにこのスケールの馬体で函館対応は難しいと思いますが、状態は割と高い位置にありま [続きを読む]
  • プロキオンステークス 2017 追い切り
  • プロキオンステークス簡易版です。データ取得先無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】 アキトクレッセント清水/ウォーエンブレム栗東CW不良94.5-78.4-63.8-51.0-38.3-13.1軽く走らせているとはいえ、なんとなく重さがあって気だるそうな雰囲気です。脚もあまり出てこないし、筋肉で地面をはじくような走り。もう少し良化して柔らかい走りができるようだと良いでしょうか。ただ馬体写真を見る限りだと、研ぎ澄まされたような身 [続きを読む]
  • 七夕賞 2017 追い切り
  • 七夕賞データ取得先無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】 ゼーヴィント木村/ディープインパクト美浦南W不良83.6-68.8-54.0-39.4-11.9適正レースを大事に使われているなあという印象で、今回も格下戦で福島チョイスと、休み明けとしては理想的なステップを踏ませるようです。好走しやすいステップを踏むことで馬の内面を傷つけることなく本番を迎えることができる。馬体は、まだ絞り込める余地があり、外厩で作り上げてきた! [続きを読む]
  • CBC賞2017 追い切り
  • CBC賞オメガヴェンデッタ安田/ゼンノロブロイ栗東CW85.0-68.5-53.5-39.2-12.3並走で淡々と消化する内容。特に闘争心を!というような雰囲気ではなく内面からの変わり身を期待できるタイミングではない。促されても首が高いし腰も高いので前後の脚が伸びてこない。ティーハーフ西浦/ストーミングホーム栗東坂路51.6-37.5-24.8-12.4気持ちふっくらしてますが、基本的には筋肉のハリはあって状態は良い。走らせてみると若干軸ブレの [続きを読む]
  • ラジオNIKKEI賞 2017 最終追い切り
  • ラジオNIKKEI賞宝塚記念は少し残念な結果に終わってしまいました。有料記事購入してくれた方、ありがとうございました。もっと精度の高い記事が提供できればよかったのですが...今週からはまた同じように通常記事を更新していきます。クリアザトラック角居/ディープインパクト栗東芝87.5-71.8-55.8-39.9-11.3角居厩舎で芝追い切りは仕上げ途上です。馬体を見る感じでも完成度は低いので、しっかり時間をかけて育てていく意思が [続きを読む]
  • 宝塚記念2017 追い切り
  • こんにちは。よもうまです。いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。今年も半分が過ぎようとしていますね。それが示す通り、今週は上半期を締めくくるレース、宝塚記念が開催されます。当ブログも今年に入ってからというもの、ここまで毎週のように追い切り記事を更新してきました。上半期はなんとかそれなりの結果を残せたかなと感じています。追い切りベースで選出している◎馬の回収率は単複ともに100パ [続きを読む]
  • 函館スプリントステークス2017 最終追い切り
  • 函館スプリントステークス最終追い切りエポワス藤沢/ファルブラヴ函館芝67.0-50.6-36.9-12.2年齢を重ねてもストレスのかかる競馬に対応できているし、馬体も非常にフレッシュです。筋肉量も多く今回はハリもあります。馬体に関しては特に割り引くようなポイントがない。追い切りでは3頭併せの内を走り、少し離れた位置から追走する形で前の馬を意識的にロックオン。差し切る意思を持ってギアを上げます。結果的には差し切れな [続きを読む]
  • マーメイドステークス2017 最終追い切り
  • マーメイドステークスアースライズ矢作/マンハッタンカフェ栗東坂路53.0-37.3-24.2-12.1綺麗なストライドで進むタイプで、逆に伸縮性は高くない馬。だいたいこういった馬は持続的な脚を使う展開が好みで、前走は格下戦でも息の入りにくい持続ラップだった為、力の違いを見せつけることが出来た形となりました。阪神内回りも基本的には6ハロン戦の持続ラップが刻まれやすいコースなので、この馬にとっては向く舞台。また少数頭で [続きを読む]
  • エプソムカップ 2017 最終追い切り
  • エプソムカップアストラエンブレム小島/ダイワメジャー産駒美浦坂路51.9-38.5-25.6-13.03頭併せの間を抜け出すという追い切り。レース中でも競馬を止めるクセがあるので、追い切りで2頭の間を追い出して走りきるようなシュミレーションを組んでいます。基本、こういうクセがついた馬は狙いにくい。長い脚を活かした走りで持続的に良い脚を繰り出せる反面、瞬発力勝負となると身体を収縮出来ないので、結果瞬間的な脚が出せない [続きを読む]
  • 安田記念2017 結論
  • 安田記念展開予想ハナを主張するタイプはいなくて、一番可能性として高いのはロゴタイプを先頭とした隊列。サプライズ的な逃げで、何か1頭主張してくるにしてもロゴタイプが番手を抑えて実質的に序盤〜中盤はレースをリードするポジションになるでしょう。その後ろにインからコンテントメント、その外を被せるようにヤングマンパワーというところまでは想像できます。いずれにしてもハイペースは考えにくく、ミドル〜スロー [続きを読む]
  • 鳴尾記念2017 追い切りから結論まで
  • 鳴尾記念展開と傾向はこちら鳴尾記念 2017 展開・傾向 - よもうまの追い切りシリーズ最終追い切りラストインパクト栗東CW68.8-52.7-38.0-11.9少し前後の連動性を欠いている印象。後駆の使い方は良い。完全に安定化していたタイミングでダートで心機一転図ったが、それでも意識変わらずといったところでしょうか。間を短くして、最終も単走仕上げにして...と角井厩舎としても色々工夫をしているタイミングです。スピリッツミ [続きを読む]
  • ステファノス 馬体・追い切り
  • ステファノス藤原厩舎ディープインパクト産駒母父クロフネ安田記念一週前追い切り栗東CW85.1-67.7-51.8-37.9-11.5一週前らしくしっかりと負荷を与える追い切りです。鞍上は戸崎。時計も良いですし、馬体も充実しています。久し振りのマイルとなる今回のレースですが、遡ると3歳時の富士Sで勝ったとき以来となるので、実に約3年振りのマイルということになるようです。ちなみにその時の有力出走馬はロサギガンティア(3着)ダ [続きを読む]
  • 鳴尾記念 2017 展開・傾向
  • 鳴尾記念阪神内回りの2000メートル。序盤は坂とコーナーがあり、さほど速くはならないのですが、向正面からは息が入りにくく持続的なラップを刻みます。グッと速くなることは少ないものの、持続ラップを延長するような形でスパート。坂の下りも利用した6ハロン戦で、とにかく長く良い脚が求められます。内で立ち回ったほうが良さそうに感じますが、過去5年だと外枠のほうが好成績。脚質は前のほうが良いのは当然。 [続きを読む]