rika さん プロフィール

  •  
rikaさん: おべんとう&フリー素材
ハンドル名rika さん
ブログタイトルおべんとう&フリー素材
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/rika0624
サイト紹介文お弁当とフリー素材、その他徒然。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/07/30 07:17

rika さんのブログ記事

  • 肉詰めピーマン・チキンみそ漬け/お弁当
  • ピーマンの肉詰め焼きチキンみそ漬け焼き卵焼きこんにゃくの炒り煮にんじんのピクルス風*こんにゃくの炒り煮のレシピ→叩きこんにゃくの炒り煮| おかずのクッキング|テレビ朝日「叩く」って手間をかけるとすごくおいしくなります。味は濃いめ。叩いたこんにゃくを、フライパンで両面に焼き色を付けて、調味料を加え、汁気がなくなるまで炒り煮します。*肉詰めピーマン、みそ漬けは魚焼きグリルで。焦げ付かないホイルを敷いてい [続きを読む]
  • 旧日本軍によるオーストラリア空爆
  • (動画あり、5分30秒)空爆から75年、日豪和解の軌跡「日豪友好のさきがけ〜日本が空爆した街の復興に尽くした日本人」(国際報道2017[WORLD LOUNGE] |NHK BS1 ワールドウオッチング)1942年2月19日に、旧日本軍がオーストラリア・ダーウィンに大規模な空爆を行い、被害を受けて沈んだ船はそのまま放置されていたが、約10年後、藤田柳吾さんは引き上げに協力し、交流を深めたそうです。兵庫県芦屋市にある、藤田さんの墓標は、 [続きを読む]
  • 「戦争中の暮しの記録」
  • 戦争中の暮しの記録―保存版暮しの手帖編集部暮しの手帖社初版昭和43年(1968年)8月。当時の暮しの手帖96号、一冊まるごと特集号の保存版。今まで、テレビや本やネットで、戦争にかかわる証言をいくつか見聞きしてきたけど、この特集は、受ける印象が違う気がしました。それが何かわからないけど、花森さんはあとがきでこのように書かれています。「一種の昂奮のようなものが、身内をかけめぐる」「切っぱつまったものが、ほとん [続きを読む]
  • 「知らなかった、ぼくらの戦争」
  • 知らなかった、ぼくらの戦争Arthur Binard小学館アーサー・ビナードさんのラジオ番組の中で行ったインタビューに、加筆修正して本にしたもの。とても興味深い、衝撃的な内容でした。* * *(印象に残った内容)アメリカの人にとっては「戦後」というと、「いつの戦争のあと?」みたいな感覚。広島・長崎の「ピカ」と「ピカドン」、ピカの記憶しかない人、ピカとドンの記憶がある人。「外地」「内地」。”「外地」は一瞬にして [続きを読む]
  • アッピーカレー/お弁当
  • アッピーカレー(夕べの)ゆで卵*いただきものの、上尾の特産品「アッピーカレー」。小松菜なのか酒粕なのかわからないけど、くせになりそうな和風の後味で、おいしい!”上尾市の特産、小松菜と酒粕を使用したアッピーカレー。”井上スパイス今朝の富士山、幻想的 [続きを読む]
  • 幕の内風/お弁当
  • 幕の内風(リベンジ、笑)・白身魚のフライ・きんぴらごぼう・シャウエッセン・卵焼き・煮物(里芋、にんじん)・かぶの浅漬け、佃煮昆布・3色ごはん(白米、十六穀米、枝豆ごはん)*前回、ごはんがぎゅうぎゅうになったので、少し大きめの弁当箱にしてみた。 [続きを読む]