加藤一実 さん プロフィール

  •  
加藤一実さん: 加藤一実@加藤クリニック麻布 総院長のブログ
ハンドル名加藤一実 さん
ブログタイトル加藤一実@加藤クリニック麻布 総院長のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/mdkato-katoclinicazabu/
サイト紹介文日々の診療のことやプライベートなど素顔のDr.Katoを公開します!
自由文開業20年以上の美容整形外科医、加藤クリニック麻布の総院長、加藤一実のブログです。日々の診療のことやプライベートの出来事など、Dr.Katoの全てをお届けします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/07/30 09:28

加藤一実 さんのブログ記事

  • 鼻の自験症例、患者さんは満足でも僕は不満なんです
  • 先ずはビフォア、アフター写真から。 ビフォアアフタービフォアアフタービフォアアフタービフォアアフター 患者さんの術前の希望は鼻先を細く高くしたい事と 小鼻の外側への広がりを解消したいということでした。 鼻尖を高くすることに揃えて鼻背の高さの調整もしたかったのですが、 今回はパスということになりました。 オペ内容としては、 術野へのアプローチはクローズ法で行い、 耳介 [続きを読む]
  • アクアフィリング豊胸について
  • 現在、日本形成外科学会ホームページに、アクアフィリング豊胸についての、 韓国乳房美容再建学会から提出された かなり深刻な警告文書が、掲載されています。 一般の方も閲覧できます。 まとめると、韓国政府はアクアフィリングの使用を顔面の皺、口唇の非対称、形態、 ボリュームの一時的改善目的でのみ許可してきており、 それを順守しない無許可の豊胸目的の大量注入は、 将来的に治療困難 [続きを読む]
  • 美容外科医はセンスがすべて
  • 技芸の分野では、識者から見て 人より優れた才能を持っている人のことを、筋がいい、とか、センスがあるといいます。 学問の分野でも数学的なセンスがいい、とか素養がある、という表現があります。 iPS細胞の発明でノーベル賞を受賞された山中博士は整形外科医を目指していたのですが、 整形外科医としてのセンスが無いことを自覚されて研究者になられたそうです。 僕たち美容外科医に与えられた使命は [続きを読む]
  • 美容外科治療の経過観察は大事
  • 僕のクリニックで治療を受けられた患者さんには、 最低でも治療後6か月、 治療によっては1年以上経過した時点での状態を見せに 来院して頂けるようにお願いしています。 そこでは術前の状態と術後の状態を写真で比較したり、 触診、問診を通じて患者さんが期待していた治療結果が達成できているかどうかを、 真摯に患者さんと共有するように努ています。 美容外科を受診される患者さんの動機 [続きを読む]
  • さくらの花絨毯
  • 昨夜は診療後に、 うちの、お人よしのジムチョウさんを連れて銀座へ。 お世話になっている公認会計士ご夫妻と、 独立行政法人の監事をされている方と、はじめての会食をしました。 なんだかカタソーな感じに聞こえますが同世代メンバーだった為か、 ワインもはずみ、ソフトで楽しい会食が出来ました。 帰宅後は一人で飲み直し、食べ直しのせいで、 今朝はキツかったけれどガンバって久々の皇居 [続きを読む]
  • 美容外科医選びは知名度で選べば間違いないか?
  • 21歳の女性の方が、某クリニックの某ドクター執刀で1年前に受けられた二重の切開手術の修正希望で相談に来られました。スマホやテレビでの知名度、実績の多さ、口コミの良さなどで間違いないと思い、そこでの手術を決意されたそうです。術後1年以上経った現在の状況をお見せします。患者さんによると、術前に格別幅広い二重にしたいというオーダーはしなかったそうで、どちらかというとお任せしたということでした。又、形に違 [続きを読む]
  • ボトックスで表情筋の使い方のバランスを変えて目元を若返らせる
  • 美容先進国アメリカで近年最も数多く行われている治療はボトックス注射なのですが、日本でのボトックス注射の評判は必ずしもよくないようです。例えば、ボトックスは毒だから危険、ボトックスをおでこや眉間に打ったら目つきがわるくなった、眉毛が下がった、つり上がった、えらに打ったら笑えなくなった、皺はのびたけれど無表情になってしまった、まぶたが開かなくなってしまった、などなど散々です。残念ながらこれらの悪い評判 [続きを読む]
  • 脂肪吸引はなまけ者のための痩身手術ではありません
  • 僕はレーザースタイリングの研修を受ける為にニューヨークの痩身専門クリニックに行ったことがあります。行く前のイメージは肥満体国アメリカだったので、患者さんもBMI高い人が多いんだろうなぁでしたが、予想に反してそこに訪れる患者さんのパッと見は、平均か平均よりむしろやせてみえる人ばかりでした。で、手術の説明の後に患者さんから出てくるお決まりの質問に、いつからエクササイズを始められますか?というものがあり [続きを読む]
  • 小鼻(鼻翼)と鼻柱の位置関係ってとても大事なんです
  • 僕が美容外科医をはじめた15年以上前は、日本人女性で鼻の美容外科手術を受けられる患者さんの要望のほとんどは全体的に低い鼻を高く長くする隆鼻手術的なものであったように思います。しかるに、最近は単純な隆鼻手術だけで満足のいく結果を得るのは難しい患者さんがむしろ圧倒的に多くなっています。その例として鼻中隔延長手術や鼻尖形成手術などの術語が頻繁に耳にされるようになったことがあります。その他ナゾフェイシャル [続きを読む]
  • 今日は新大阪です
  • 昨日は僕にとって週一回の休日でしたが、雨で気温も低く気晴らしの皇居ランもする気が起きず家のカウチで一日中ゴロゴロだらだら過ごしました。オオ神に10歩も動いてないわよと言われたので、メディシンボール使ってちょっとだけ筋トレしたら、急激に睡魔が襲ってきました。折角の休みなので子供と公園で遊ぶなどふつうのことがしたかったのですが、あちらはあちらでなにかと忙しいようでした。で、読みかけの英語論文に目を通そ [続きを読む]
  • 三日ぶりに走りました。
  • 今週はじめの頃は朝ランする気になれなくてサボっていましたが、昨日今日と奮起して皇居ランに出向きました。昨日は15km今日は10km弱のランです。前日のアルコールを飛ばして脳を活性化させるにはこれが一番だと信じている僕は自分でも変だと思います。今日はワッキー先生と診療で、上まぶたのたるみ取り手術、結膜からの眼窩ヘルニア脂肪の除去と脂肪注入を組み合わせた目の下のくまの改善手術、目の下から法令線上までの [続きを読む]
  • 出来るだけ大きな二重を作って欲しい
  • 西洋人女性のような幅広の二重にしたいからといって、東洋人女性にとって解剖学的に不適切なまぶたの高い位置に、二重ができる構造を切開手術で作ってしまうと結果として目元に生気がない不自然で眠たそうな国籍不明の印象の二重になってしまうと僕は思っています。だからといって、埋没法でなるべく幅広の二重を作ろうとしても、せいぜい中途半端な感じにしかなりません。僕は臆病なので、自分の患者さんがノーメイクでも不自然な [続きを読む]
  • ご夫婦で上まぶたの若返り
  • ご主人は元々の二重のラインを利用して、奥さまは二重ラインを新たに作りつつ、上まぶたのたるみを取り、一部眼窩脂肪の処理を行いました。奥さまは他にスキンケアとしてフラクセル治療もお受けになられました。お二人とも自然な若返りに満足されています。 1 お願いします。にほんブログ村美容外科 ブログランキングへ [続きを読む]
  • フェイスリフト手術
  • 解剖学的に正しいフェイスリフト手術を行うことでフェイスラインをナチュラルに若返らすことができます。以下にお見せする患者さんはフェイスラインが重たくなってきたのを解消したいという主訴でフェイスリフト手術の相談に来院され手術を受けていただきました。術前に見られた口角下外側に存在した膨らみ(ジョウル変形という)が解消され自然で若々しいフェイスラインになり顔の重心が上がり、ハートシェイプ型の輪郭になりまし [続きを読む]
  • グーグーガンモ
  • 誰でもそうだとは思うのですが、仕事では緊張を強いられる場面が多々あります。で、僕の場合は日中の仕事ストレスから自分を解放する手段という口実で夜アルコールに走ります。とはいっても華やかな夜の世界へではなく、地味な家での一人飲みです。適度にと心に決めて飲むのですが気が付くと飲みすぎて意識朦朧となってそのまま眠ってしまうこともたびたびです。そんな夜はガーガーいびきをかいてオカミは大変迷惑しているそうで、 [続きを読む]
  • 花束もらいました。
  • 昨日はワッキー先生との診療でした。一昨日に続いてのカトクリ式大腿ぐるっと痩身手術に加えて採取した脂肪を処理して胸にコールマン式注入するという脂肪豊胸手術をセクシー系アクトレスさんに受けて頂き、セクシーさが倍増したボディーラインが出来ました。その他、眼瞼下垂修正を伴った二重形成手術とヘアメイクモデルをされている方の日本人として不自然にみられない限界の幅広二重を作って欲しいという要望に応えての切開二重 [続きを読む]
  • カトクリの患者さんには医療関係者の方が多いんです
  • 今日は心臓内科を専門とされる女医さんの二の腕ぐるっと及び胴回りぐるっと痩身手術を行いました。前々から思っていたのですが、当院の患者さんの特徴として医療関係者の方の割合が多いことが挙げられます。現役各科臨床医はじめ研究職についている方、製薬関係の方、クリニックや病院勤務のナースさん等の患者さん割合がかなり高いんです。ワッキー先生も同じように感じていたそうです。どのように当院をお知りになるかはさまざま [続きを読む]
  • 「きれいですね」とほめられて嬉恥ずかし
  • 新大阪院で、二重と鼻の手術を受けて頂いた患者さんが 先日術後2週間検診に来られました。 手術は僕とワッキー先生で担当しました。 二重手術は以前に某クリニックで受けられた経験がありましたが、 思うような結果が得られなかったそうです。 鼻は昔からコンプレックスがあり なんとかしたいと考えていて、 当院でカウンセリングを受けられて 自分の気になる点を伺ったことを元に [続きを読む]
  • 今日は休みでよかった
  • 昨日は忙しい一日でした。クリニックではワッキー先生とメンター先生と大学病院の形成外科専門医のきれいな女医さんとで診療にあたりまして、多くの外来患者さん診察に加えて、 鼻の骨切り縮小手術や大手チェーンクリニックさんで受けられた鼻と二重の修正手術がありました。鼻の修正手術にあたっては、前もってベクトラで3Dシミュレーションをしており、どこの部分の形態に問題点があるのかは明確になっていましたが、実際 [続きを読む]
  • 若返り手術は精神的な回春剤
  • 美容外科医学の急速な進歩により構造的な見地から、いったい何がどうなって老化顔貌が形成されるのかが、かなりのレベルでわかってきました。実際、若返りのための糸のリフト手術や定型的なフェイスリフト手術や目の下のたるみ取り手術を行っても、結果的に顔貌がたいして若返ってみえないことが時にあることを美容外科医の多くが経験しています。 これは若返りを希望される患者さんの術前の顔貌の分析が不適切な場合に生じる [続きを読む]
  • もう3月です
  • 昨晩は家で焼いた大皿に敷き詰められた餃子をビールと共にたいらげて、しめに豆腐チゲ雑炊みたいなものを丼で頂いて結構おなかいっぱいと思っていたら、せっかく作ったので全部食べてとオカミに促され更にもういっぱい丼を戴き、冷蔵庫に残っていたワインを全部飲んで就寝しようと思ったら、オカミに最近ちょっとムチムチしてきていないかと体型を揶揄され就寝。 今朝は昨晩の悪いイメージを払拭すべく、目覚めの皇居ランいき [続きを読む]
  • 鼻尖形成手術、小鼻縮小手術 鼻の穴を小さくする手術
  • 昨日は大阪院でぐるっと胴回り痩身手術をしてきました。家についてから今日の鼻の手術のイメトレしていたら、なんだか眠られなくなってしまいました。今日の手術というのは、鼻尖形成手術と小鼻が横に広がって見えるのを改善させるのが目的です。鼻尖は本人が思っているほど丸くはないのですが鼻尖上方のふくらみの改善と、横からみると鼻尖の高さがほんの少し足りなく、鼻尖もやや下へ下げた方が良いことが判明しました。小鼻は少 [続きを読む]
  • 今月もあとわずか
  • 今日はワッキーと東京院で診療でした。午前中からのオペは台湾系の50代セレブ女性です。 カトクリミッドチークリフトオペを受けられました。以前に某院で目袋の脱脂とたるみとり手術をされたことがあり、最近、中国の形成外科医に中顔面を若返らせる為の脂肪注入をすすめられたのですがどうしても注入に抵抗があり、当院でチークリフトオペを受けられることになったわけです。ご本人は脂肪注入やヒアルロン酸注入などで不自 [続きを読む]
  • うちのスタッフの妹さん
  • おととい、昨日は大阪に出張でした。おとといは以前に、二の腕ぐるっと痩身手術を受けていただいたことのある方で、今回は太ももぐるっと痩身手術を受けていただきました。夜はナースさんたちと焼き鳥やさんへ行き、久しぶりに盛り上がりました。 昨日は、ワッキー参上。鼻形成手術と二重形成と二重あごの脂肪吸引手術をしました。 術前に行ったシミュレーション通りの形になれるように、いろいろ考えたり工夫したりして [続きを読む]
  • フェイスリフト手術
  • 20代の時はシャープなフェイスラインが自慢だった女性でも、30代後半に入るとフェイスラインがダルになり始め、40代後半ないし以降になると個人差はあるものの フェイスラインが明らかにへヴィーな感じに変わってきます。このフェイスラインの老化による変化を若々しいフェイスラインに戻してあげるのがフェイスリフト手術です。 手術テクニックは様々でそれぞれのテクニックには開発者の形成外科医がおり、 どの方 [続きを読む]