shinkyu--kaminari さん プロフィール

  •  
shinkyu--kaminariさん: カミナリハリナミカ
ハンドル名shinkyu--kaminari さん
ブログタイトルカミナリハリナミカ
ブログURLhttp://dskaminari.exblog.jp/
サイト紹介文浅草、浅草寺二天門の傍らにあります、「伝統鍼灸かみなり」院長の徒然日記
自由文江戸の活気が今もつづく浅草寺二天門の傍らの治療院「伝統鍼灸かみなり」院長が、東洋医学、伝統鍼灸、「雷」や「かみなり」に関わりつつ、徒然に綴っています「カミナリハリナミカ」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/07/30 14:57

shinkyu--kaminari さんのブログ記事

  • ライバル
  • 今日決勝が行われましたが、近年稀に見る盛り上がりを見せています「陸上男子100メートル走」近年というより過去最高じゃないですかね。日本人でついに9秒台が出るんじゃないかということが現実味を帯びています。しかもそれを出しそうな選手が1人や2人ではありません。今日、雨というコンディションの中、10秒05というタイムが出たのも、しのぎを削るライバルがいるからでしょうね。ある... [続きを読む]
  • 「バベルの塔」展
  • 今日診療の合間を利用して上野の東京都美術館で行われている『ブリューゲル「バベルの塔」展』に行ってきました。http://babel2017.jp/実は西洋の芸術家の作品をみにいくということはあまりありません。写実主義的なところが僕の好みではないのです。全てがそうだというわけではないのですけどね。でもこれもアンチ東洋医学の人が、実は東洋医学そのものを体験したことがな... [続きを読む]
  • シーバー病
  • 踵骨骨端症、またの名を「シーバー病」成長期の子どもに見られる踵の痛み。痛みだけを訴える子もいれば、腫れてる子もいます。当院でもわりと多くみる症状です。結構共通してみられるのが、腰を過度に反って無理な姿勢をとっていること。それは「肝の臓」の「条達」がうまく作用していないことが多いです。自然と上に伸びないから無理に反らしてしまう。いい姿勢にするよう指摘されて反ら... [続きを読む]
  • 手に取られるもの
  • 「狂言えほん」というものがあって、そのシリーズに「かみなり」もあるということをだいぶ前に話しました。【伝統鍼灸かみなり】の由来のひとつでもあります。雷様が空から落ちてきて腰を痛めたのを、鍼医者が治療をしてよくなって帰っていくというもの。ここに出てくる鍼は打鍼という槌で打つ鍼。当時は打ち入れていたけど、今当院で使っているのは刺さない先が丸い鍼です。そのような日本の昔の伝統的な手... [続きを読む]
  • なぜそこに出るのか、、、
  • 原因はストレス。でもそれによって起こる症状は千差万別です。胃に出る人。頭に出る人。喉に出る人。胸に出る人。などなど。なぜそこに出るのか。しかもそのような症状となって。それはやはり精神性に関わってきます。どういう考え方、思考性を持っている人なのか。人を理解する必要があるわけです。「特に無し」と問診事項に記載した方がいました。僕なら「特に... [続きを読む]
  • パールボウル
  • パールボウルってご存知ですか?ほとんどの方は聞いたことないですよね?実は今日この決勝戦が行われていたのです。もちろん僕はこの大会自体は知っているのですが、今日やっていることは大学の先輩が観にいっていることをFacebookにあげていて知りました(^^;;東京ドームをプロ野球が使用しない月曜日に人知れず行われるこの大会。春シーズンに行われるアメリカンフットボールの東日... [続きを読む]
  • あっち行ってこっち行って
  • 朝からあっち行ったりこっち行ったり。今日はそんな一日。朝イチの診療の後に次男の学校公開に行き、戻って診療してから、長男の学校公開に行き、戻って昼飯を食べてサッカーのコーチに行き、午後の診療。でも次男の学校公開に行ったときには驚きました。音楽の授業。先生は全国大会金賞の吹奏楽部を指導している先生。小学五年生がミュージカル調に「鶴」をやっていました。クオリティの... [続きを読む]
  • 三周年!!
  • 本日6月16日は当院の開院記念日。おかげさまで三周年を迎えることができました。浅草の地に鍼灸東洋医学を根付かせたい。そんな思いがあります。浅草に鍼灸東洋医学というものが認識されることに少しは役立てているでしょうか。慰安ではなく、東洋医学という医学なんだということを、言葉だけでなく、しっかりと実感してくださっている方が増えているとともに、まだまだ浸透させることができていないと感... [続きを読む]
  • 前に前に
  • 大人も子どもも乳幼児ですらスマホを操るこの時代。本来人が感じるものも失われるのではないかと思っています。意識がより「前」になり、まわりへの感覚が希薄になる。目の使いすぎというか、画面の見過ぎによる諸問題も、幼い子に顕著に表れていることを身体を診てて思います。もちろん大人にも。仕事で一日中パソコンを使っているのに、さらにスマホですからね。もちろんパソコンだっ... [続きを読む]
  • 昨日のイラク戦に思う
  • 昨日のW杯最終予選、対イラク戦。1対1のドローで試合終了となりました。ほぼはじめから終わりまでテレビ観戦していましたし、試合の采配等について思うことはもちろんあるのですが、それより、あの環境は実際にどんな感じなんだろうか?というのが気になるところです。37℃で標高1200メートル低湿度ですよ!?経験のある選手もいるのかもしれませんが、一度や二度やったからって慣れるもの... [続きを読む]
  • 奈良でさらにバージョンアップ!
  • 昨日は奈良の師匠のもとで研修。唯一無二の鍼医者です。74歳ですがあくなき探究心は尽きるところがありません。臨床を目の当たりにするのも研修ですが、治療を受けるのも研修。前日実技のとき僕が鍼をした支部長、同様に研修に来ていて、師匠の治療を受けたのですが、そのとき師匠が使ったツボは僕と全く同じところ。だけど、身体に起こる反応は同じではありません。僕の治療でもよく... [続きを読む]
  • 大阪でバージョンアップ!
  • 昨日は大阪で行われた(一社)北辰会エキスパートコースに参加してきました。毎度毎度の鍼の勉強会です。堀切菖蒲園で行われた阿波おどりをパスして。午前中は傷寒論のエキスパート水本淳先生による「傷寒論」の講義だったのですが、僕含めた准講師は別室にて刺鍼実技の研鑽。我々は少数鍼。一本に対する拘りがあるわけで、その一本をよりよく利かすためには妥協は許さないわけです。痛くなく刺... [続きを読む]
  • モモカンでも鍼
  • 大腿部前面の打撲のことを、僕が関わってきた世界では通称「モモカン」と呼んでいます。他の呼び方をしているところもあるみたいですけどね。アメリカでは「チャーリーホース」なんて言います。程度によっては血腫にもなるのですが、この場合にも鍼は有効です。どう有効か?非常に治りが早くなります。直接外力が加わり損傷するわけですが、「気滞血瘀」が起こるわけです。それを散らし巡りが... [続きを読む]
  • 24年前
  • 突然ですが、24年前の今日何をしていたか覚えてますか?僕は高校1年生でした。そして全く覚えていません、、、まぁ当たり前と言えば当たり前なのですよね。一昨日食べた晩ご飯だって覚えているかあやしいものです。でも覚えておられる方もいるようです。実は24年前のこの6月9日。この年限りの祝日だったのです。皇太子のご婚礼のため。そう言われると学校が休みだった... [続きを読む]
  • 定期検診
  • 先日国会中継を見ていたら、とある議員さんが歯の定期検診が医療費の抑制になることについて述べていました。歯周病など、口の中の病気が万病のもとになるから、平素から検診を受け定期的に予防しておけば、病気にかからず健康に過ごせ、検診において医療費は増しても、結果的に抑制になるというもの。実際に定期的に受けている人とそうでない人を統計で出して有用性を示していました。全てそこに起因して... [続きを読む]
  • 今日から梅雨入り
  • 今日発表されましたね、梅雨入り。別に雨が嫌だとか湿気が強いのは嫌だとかはないのですが、梅雨時にある阿波おどりのおまつりがあるので、そこだけが気になるのです(^^;;今週末に堀切菖蒲園で菖蒲まつり、来月はじめに小岩阿波おどり、翌週にかっぱ橋の七夕まつりと梅雨時に盛りだくさんです。その後小金井でも中旬から下旬にかけてあります。シーズンです。今週末の菖蒲まつりは関西の勉強会... [続きを読む]
  • 野球肘
  • 子どものスポーツ障害で多いものの一つですね。「野球肘」その名の通り、野球をやっている子がよく発症する障害で、投げすぎとか言われることが多いのですが、いっぱい投げても痛まない子は痛みません。ただそれは運がいい、悪いということではなく、その子のクセ、使い方によるところが大きいので、しっかりと見極め、いい使い方を身につけさせる、悪い使い方をしていれば投げすぎないようにするというこ... [続きを読む]
  • 一対一
  • この鍼灸という仕事は「不特定多数」というほど「多数」ではないですが、様々な人と対することになります。一対一です。当然僕のことを人として気に入らない方もいると思います。でもそういう方に対する接し方も変わってきたかなと自分なりに思います。不機嫌な態度をされて、イラっとするのではなく、なぜそうなっているのかを考えるようになりました。その方の心にゆとりが生まれれば、不機嫌な態... [続きを読む]
  • ちょっと休診
  • 明日は次男の運動会があります。そのため朝イチと夕方16時以降という変則的な診療時間です。ちなみに朝イチは8時です。でもそこは埋まっているので、ご予約は17時以降でお願いします。カラッとした天気になる予報ですね。長男の運動会は今月の18日。日曜ですが、梅雨真っ盛りですよね。中間テストや行事の兼ね合いでこうなっているようですが、なんとかならないものか。。。... [続きを読む]
  • 高血圧
  • 「高血圧」と医師から言われる方、少なくないと思います。そして高いと薬によって下げることが行われます。なぜその方は血圧が高くなっているのか。そのことをもっと真剣に考えないと、解決にはならないですよね。下げとけばリスクは回避できるということでしょうが、身体の内側で圧が高まっている状態にしている要因は変わりません。そしてその数値がその人にとって病的かどうか。みん... [続きを読む]
  • 状況に応じる
  • 「肝の臓」に問題がある人、「脾の臓」に問題がある人、「肺の臓」に問題がある人、「腎の臓」に問題がある人、「心の臓」に問題がある人。五臓のうちでどこが一番問題か、といったときに、明確にこれと言える場合もあれば、ふたつ同等くらいにある場合もあるし、同等でなくても三つが絡んでいる場合もあります。そしてそれは生活の様々な要因によって変わることもあるし、自然界の状況によっても変わることもあ... [続きを読む]
  • 洗練
  • 十年前からはもちろん、去年よりも、昨日よりも。日々進歩していけるよう心がけています。知識を増やす。経験を増やす。感覚を磨く。意識して行っていたことが無意識でできるようになる。診ようとしていたことが自然とみえてくる。無駄がなくなってくる。洗練されてくるというのは、余計なことをしなくなり、自然と多くのことができるようになることなのでしょう。気がつかない余計な... [続きを読む]
  • 究極の完全試合!?
  • 子どものころ憧れていたのは、プロ野球選手でした。今ではサッカーと野球が人気を二分していますが、人気があることには変わりません。実際の試合であれ、友達との遊びであれ、ゲームであれ、究極の目標を思い描いたことありませんか?27球、ひとり一球で完全試合。これは八百長でもしない限り無理ですよね。一球でも見逃せば終わりです。ならば最も現実に近い究極の目標は何か?全員三... [続きを読む]
  • 5月の勉強会
  • 今日は高田馬場で行われた(一社)北辰会スタンダードコースに参加してきました。前回も新入会員の面接をしましたが、今日も数人。もちろん途中で辞めていく人もいるのですが、トータルでは着実に増えているので、鍼灸会で注目されていることを感じます。僕の患者さんで教えてもいないのにYouTubeで代表の動画をみている方がいました。当会では火曜会と呼ばれる勉強会で、奈良にある代表の治療院で定... [続きを読む]
  • 人それぞれ
  • 自分のやりたいことがあり、やりたいことに向かって突き進む。他にもやりたいことがあり、いろいろとやって自分の人生を楽しむ。まぁ僕なんてそんなタイプです。かたや、やりたいことがないという人もいます。でも何かしてる人の手助けをしたり、やりたいことをやっている人の話を聞くのが好き。自分のためにがんばっているのか、人のためにがんばっているのか。僕の仕事は人のためになることをし... [続きを読む]