shinkyu--kaminari さん プロフィール

  •  
shinkyu--kaminariさん: カミナリハリナミカ
ハンドル名shinkyu--kaminari さん
ブログタイトルカミナリハリナミカ
ブログURLhttp://dskaminari.exblog.jp/
サイト紹介文浅草、浅草寺二天門の傍らにあります、「伝統鍼灸かみなり」院長の徒然日記
自由文江戸の活気が今もつづく浅草寺二天門の傍らの治療院「伝統鍼灸かみなり」院長が、東洋医学、伝統鍼灸、「雷」や「かみなり」に関わりつつ、徒然に綴っています「カミナリハリナミカ」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/07/30 14:57

shinkyu--kaminari さんのブログ記事

  • わかること
  • ものごとを理解する。「分かる」ということは「分ける」ということでもあります。物事を細分化していく。それは分ければ分けるほど、本質とかけ離れていくことにもなります。東洋医学では身体を分けられないという認識の上で、分けて考え、それを全体に戻すことをします。経絡というものに分けたり、五臓六腑というものに分けたり。全て丸ごと理解することは大事なんだけど、そんなことできるとい... [続きを読む]
  • そもそも論
  • 長男が中学1年生ですが、ひと月後にははじめての中間試験があります。まぁ本人が努力するしかないわけですが、英単語を覚えたり、重要語句を覚えたり、物事をしっかり理解したり。もちろん蔑ろにしていいわけではないのですが、そもそもなぜ学ぶ必要があるのか。そこの教育をしっかりする必要があるんじゃないかなと思うのです。そこを無しに枝葉末節をいくらやっても薄っぺらい感じがしますし、本当の... [続きを読む]
  • 今日昼休みに患者さんが催している器展に行ってきたのですが、展示していたのは患者さん含め4人。他の3名は中国の方。今日はその3名はいらっしゃらなかったのですが、その方が置いていったお茶をいただきました。お店で買うのではなく、直接買い付けるようです。そういったいいお茶は長く出るので、いろいろな味が楽しめ、また茶葉も食べられ、本当しっかりと「いただく」ことができるものでした... [続きを読む]
  • はじめての会食??
  • 今日の昼に母親と2人でとある浅草のフランス料理屋さんで食事をしてきました。母親が営んでいる店を移転したので、そのお祝いとして。向き合って食べると、そういえばこうやって2人だけで食べたことはなかったことに気づきました。一緒に暮らしてたときもなかったことかも。忙しく過ごすことが好きな母なので、必然的に僕も暇であることに罪を感じて過ごしていたため、接点を置くことがなかったよ... [続きを読む]
  • 年度始めの勉強会
  • 休日のきのは平成29年度になってはじめての鍼の勉強会でした。(一社)北辰会関東支部スタンダードコース場所は高田馬場。入会希望者が6人。面接させていただきましたが、ほぼみなさん僕より年上です。キャリアは卒業してすぐの方から僕より上の方まで様々。自分自身が専門学校に通っているときもそうでしたが、脱サラして資格を取る方も結構いらっしゃいます。しかし、一般的にいって... [続きを読む]
  • 紹介という便り
  • 3年ほど前まで僕は荻窪で勤めていました。そのときの患者さんで今浅草まで通院している方もいれば、他の先生に引き継いだ方もいます。引き継いでもらった患者さんを「今どうしているかな?」と思うこともあります。僕から引き継いで数ヶ月で辞めてしまった先生もいて、申し訳なさを感じたり、しばらくして通院しなくなったことを聞いて、心配に思ったり。もちろんよくなって来なくなったのならば問... [続きを読む]
  • クルメ
  • 今朝近くの隅田公園で撮ったツツジ「クルメツツジ」の一種。何かまでは見てきませんでした、、、「久留米」という漢字表記があったので福岡の久留米市と関係があるのかと思ったらその通りで、江戸時代19世紀半ばに九州の久留米藩士が育成したものが伝わったようです。そういえば、とここで疑問が。東京の「東久留米市」ってなにか関係があるのか。調べてみると、結論としては関係ありません... [続きを読む]
  • 「エル」と「アール」
  • 長男が中学生になって2週間ほど経ちました。小学生でもやりますが、やはり中学生になって始まる教科は英語。実は僕は英語が苦手です。学校のテストの点はしっかりとれていましたが、受験英語の勉強はほとんどしていないので、長文読解とかあまりできないし、リスニングもダメですね。一対一の会話とかならわりといけるんですけどね。そもそものはじまりは、中学の英語の先生が発音が適当なのを、... [続きを読む]
  • 手術しかない??
  • 病院で診察を受ける場合、やはり最終的には大きな有名なところに行くことになると思います。そういったところをいくつか行っても「手術しかないですね。」と言われ、藁にもすがる思いで鍼灸院を受診される方は少なくありません。果たして本当に手術しかないのか?西洋医学にとってはそうですよね。保存療法か手術か。東洋医学には手術はありません。でも西洋医学で治らず鍼灸東洋医... [続きを読む]
  • 筋肉痛と酒
  • 今年度から小学校1年生のサッカーのコーチを担当することになりました。はじめの週が雨で流れたので、この土日が初練習。練習時間がたまたまお昼だったので、土曜の練習にも遅れながらも参加し、昨日も一緒にボールを蹴ってきました。ラダーもやったり、一対一もやったり、ゲームもやったり。結構ストップ&ゴーだったりダッシュが祟ったのでしょう。今日筋肉痛です(^^;;ハムストリ... [続きを読む]
  • 別の選択肢
  • 今日いらした85歳の初診の方、腰から脚への痛みで間欠性跛行が見られるのですが、そもそものはじまりは5年前に自転車で転倒してから。幸い骨折したわけではないのですが、問題があるからと手術をすることに。ありがちなのですが、その問題(骨頭がハマりすぎている?)は改善したと言われたものの、症状変わらず、、、その後もろもろあり、ここ数ヶ月で悪化して来院されました。悪化したことに手術は... [続きを読む]
  • いつもと同じだからといって、、、
  • 今朝から背中が痛いと訴えて来院日を一日早めた患者さん、特段何かをしたわけではないし、強いストレスがかかったわけでもないとのこと。まぁ日頃ストレスを抱え込んで過ごしているので、今回もそこからかなぁと思って診ていくと、胃経の左右差が最も大きく、背部も胃兪の左右差が顕著。僕「食べ過ぎてませんか?」患者「普段と変わらないですよ。」これで終わっちゃいけません。僕「普段から... [続きを読む]
  • まだ花見
  • 葉が多いものもありますが、まだ隅田公園では花見を充分にできます。今日の昼は弁当を持って行ってきました。同様の人が結構いて、あいてると思ったベンチは菜の花の香りがしっかりとする場所。あまり食べながら嗅ぎたい臭いではないですが、春の香りだし、臭いは少し経てば慣れますからね。やっぱりご飯は外で食べた方が格段にいいですね。清気を取り入れながら食べるというのもあるし、... [続きを読む]
  • 侠渓(きょうけい)
  • 足の少陽胆経という経絡に「侠渓」というツボがあります。場所は足の四趾と五趾の間で、水かきの部分。胆経の問題による腰痛において、足臨泣という、もう少し侠渓より足首に近いところにあるツボを使うことはよくありますが、意外にこっちに反応が出ていることもあります。胆経を上手く使えていない、特に足趾の問題が強いとでやすいと思います。なぜこの人は肝胆の問題があったときに腰に異常が出... [続きを読む]
  • 器(うつわ)
  • 老荘思想で言うところの「道」道は限りなく融通無礙ですが、器はある目的のためには役に立ちますが、融通がきかない。人でも道を学んだ人は融通がききますが、道を学んでない人は融通がきかない。しかし道は必ず器をともなうから、いろいろと器をかえていける人が器用ということになるのでしょう。必要に応じて器を作っていきます。器量のある人とは道を体得している人。「道器一貫」... [続きを読む]
  • 同じようで違う
  • 今年の桜は早い遅いだけじゃなく、色が濃いとか薄いとか、同じ場所に同じように咲いていても毎年違いますよね。一本一本丁寧に見て行ったら本当違いはしっかり出ているでしょうね。大きく見れば同じ感じだけど、散り方や、葉の状態なども違うはず。日曜の隅田公園の墨田区側にこんな桜がありました。木についているように見える花。来年には枝が伸びているでしょうね。違いはないものだと... [続きを読む]
  • 危険な状態を見逃さない
  • 来院してくる方はそれぞれ様々な訴えをするわけで、中にはその訴えが重篤な方もいれば、そうではない方もいらっしゃいます。生き死にという観点や、生活が困るかという観点においてです。でもここで大事なことは、訴えが重篤でなくても、他の病で重篤になる可能性を感じさせる方もいるということです。例えば、大腿の肉離れで治療に来たとしましょう。これそのものは別段重篤なものではありません。もちろん... [続きを読む]
  • 入学式の後は、、、
  • 今日は長男の中学校の入学式がありました。詰襟の学生服。身長は150センチにも満たないですが、学生服を着ると中学生っぽく見えますね。夫婦で参列しましたが、式が終わるとすぐにPTAの役員決めがありました。一番人が集まるこの日に決めないとなかなか決めるのは難しいですからね。僕ははじめてこういう場に参加しましたが、いろんな方がいて人間観察にはおもしろいですね。これが決まっ... [続きを読む]
  • ピッチングフォーム
  • 野球をしている人にとって、ピッチャーに限らず、ピッチングフォームはとても大事です。速いボールを投げるにも、コントロールをよくするにも、怪我をしない身体にするためにも。プロでさえも指摘を受けることは珍しいことではないのですから、少年野球においてはなおさらです。崩れたフォームを発見したら、いかにしていいフォームに変えるかあれやこれやコーチ含め大人が指摘します。でもですね、実現す... [続きを読む]
  • 夜桜
  • 毎年桜が満開のころに、夜桜見物に行きます。今年は今日がその日。昼間の花見は阿波おどりの仲間たちと桜橋花まつりで踊った後にしているので、夜桜は家族と。隅田公園内のあるスポットに行くのですが、なんか年々人が増えています。以前はほぼ地元の人しか来なかったところにも、外国人観光客まで訪れます。毎年同じことをするからこそ、変化がわかるということもあるでしょう。同じことと言って... [続きを読む]
  • 重たくなった
  • 鍼をしてすぐに良好な変化が出たので「何か変化を感じますか?」と聞いたところ「頭が重たくなってきました。」とのことこの言葉をそのまま受け止めて悪化したなんて思わないですよ。なぜならば「良好な変化」があるからです。張り詰め過ぎていると、自分に対する感覚が希薄なことがよくあります。それが緩和されることで自覚できるようになり、そのため、もともと重たい状態だ... [続きを読む]
  • 続・腕立て伏せ
  • 前回の続きです。動き作りのための、しっかりと体幹、肩甲帯が使えるようにするための腕立て伏せ。そのために僕は、脇を締めた状態でギリギリまで身体を落とすことをしてもらいます。脇を締めるのは、上腕を内旋させないため。ギリギリまで落とすのは可動域を広く使うため。そうすると、身体を起こせない人が意外に多いです。そこまで行うことで使われる場所があります。普段そこが使われていな... [続きを読む]
  • 腕立て伏せ
  • 以前、といっても10年くらい前になるかもしれませんが、身体をいい状態にしてもらうために、「腕立て伏せ」を患者さんに勧めてたことがありました。鍛えるためではなく、動き作りのためなので膝をついた状態で。その当時はそこまで気をつけてもらってはいなかったのですが、最近また「腕立て伏せ」が自分の中で流行っており、しっかりと体幹、肩甲帯が使えるように①地面スレスレまで落とす②上腕を内... [続きを読む]
  • 移住ドラフト会議??
  • 何かで目にしたことはあったけど、とくに調べることもせず放置していました。『移住ドラフト会議』今日朝NHKの「おはようにっぽん」で取り上げていました。鹿児島のいくつかの地域が名乗りをあげ、企業も加わることで、地方に移住して暮らしたいという若い人をマッチングしようという企画。以前自治体が取り組んでいたけど、引退をした中高年の移住が多く、より若い現役世代が移住することを考え... [続きを読む]
  • 土台
  • 土台は大事ですね。知識の土台。技術の土台。人としての土台。やっぱり土台が不十分だと上に乗っかれるものに限界がきます。ただ広い土台にするだけではなく、形の整った揺るがない土台。土台の不十分さを感じたので、基礎に立ち返っています。まだまだ何十年も臨床は続きます。見直すことも必要でしょう。当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますありがとうござ... [続きを読む]