小夜 さん プロフィール

  •  
小夜さん: 風のベンチに腰掛けて
ハンドル名小夜 さん
ブログタイトル風のベンチに腰掛けて
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazenosayo/
サイト紹介文小中学生の時は、図書委員でした。本は未来の自分。毎日が面白くなる選択肢を増やす。
自由文風のベンチに腰掛けて ページをめくる。音楽を、草花を、ニュースを、君を想い、575と指をおる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/07/31 02:46

小夜 さんのブログ記事

  • 親子で読む古典の世界(読歩980)
  • 読書散歩  980歩斎藤孝の親子で読む古典の世界古典には、昔の日本人のココロが詰まっています。古典を読んで、昔のひとが考えていたことや、感じていたことにふれてみましょう。 子ども向けに書かれたものです。字が大きくて音読しやすい。説明もわかりやすい。わたしのレベルには丁度いいです。竹取物語 古事記 枕草子 古今和歌集源氏物語 方丈記 徒然草 平家物語奥の細道 東海道中膝栗毛歎異抄 風姿花伝 五輪書 [続きを読む]
  • 「考える人」は本を読む(読歩979)
  • 読書散歩  979歩「考える人」は本を読む河野通和(こうのみちかず) 著考えるきっかけになる、とっておきの25冊を紹介しています。季刊誌『考える人』のメールマガジンを加筆し書籍化したもの。 1 読書を考える2 言葉を考える3 仕事を考える4 家族を考える5 社会を考える6 生と死を考える25冊のうち 読んだことのあるのは 0冊知っているものは 0冊 でした〜 でもこれを読めば25冊読んだことになるかぁ  『 [続きを読む]
  • 魔女の12カ月(読歩978)
  • 読書散歩  978歩魔女の12カ月飯島都陽子 著・絵自然を尊び、知り尽くした魔女の「暮らし」と「知恵」を紹介しています。ハーブと魔女の専門店「グリーンサム」発行の『魔女通信』に加筆し書籍化。 以前、私が「魔女」と呼んでいたブロガーさんがいました。ちょっとスピリチュアルなことを綴っていたので、運営側から注意を受けていたそうでアップをやめてしまいました。その後 どうしていらっしゃいますかこの本の筆者は [続きを読む]
  • こころ菌(読歩977)
  • 読書散歩  977歩こころ菌久保克児 詩葉 祥明 絵「法華経」の教えを受け入れ生きた久保克児の詩に、葉祥明の絵を添えた詩集。 久保さんを存じ上げませんでした。「こころ菌」というタイトルと葉祥明さんの イラストに惹かれました。こころ菌 というタイトルの詩がありました。詩の中には、「お釈迦様」「六根清浄」などの仏教に関わる言葉が出てきます。ご主人によるあとがきには彼女は、法華経の教えを受け入れて、日 [続きを読む]
  • バナナタニ園(読歩976)
  • 読書散歩  976歩バナナタニ園谷郁雄 詩吉本ばなな 写真谷郁雄の詩に、吉本ばななが国内外で撮った写真を添えた作品集。 自分の小さな部屋に帰りつき靴下を脱ぎ捨てたら部屋が光と風の草原になったうん そうだだから気持ちのよい部屋にしよう っと・・ ・・ ・・訪ねてくれて ありがとうございます [続きを読む]
  • ポリ袋レシピ(読歩975)
  • 読書散歩  975歩ポリ袋レシピ2川平秀一 著「ポリ袋」に材料と調味料を入れて、鍋でお湯を沸かした中にいれるだけでできる簡単でヘルシーな調理法。 先日、母のところから ポリ袋をたくさんもらってきたので目に止まったのかもしれませんね。これは試す価値がありそうです。例えば鯖 2切れ玉ねぎ 薄切りピーマン 薄切りなめこ(生)1パックトマト水煮缶におろしにんにく片栗粉しお・コショウをポリ袋にいれ 中に空気 [続きを読む]
  • DVD今蘇る日本の歴史8(読歩974)
  • 読書散歩  974歩今蘇る日本の歴史 江戸8江戸前期からから中期にかけて 農業生産力も発展し、繁栄する。井原西鶴の浮世本、松尾芭蕉の俳諧、尾形光琳、菱川師宣 など元禄文化が花開いた。しかし、18世紀に入ると元禄経済の崩壊浅間山大噴火、店名の大飢饉など頻発し、泰平の世は過ぎてゆく。田沼意次水野忠邦松平定信らにより様々な改革を試みられていくちょっと切り口の違う 江戸の歴史でした。・・ ・・ ・・応援ク [続きを読む]
  • 江戸のアンダーワールド(読歩973)
  • 読書散歩  973歩枕絵・もののけ・アウトロー江戸のアンダーワールド太陽編集部私が知っている浮世絵といえば風景画、美人画、役者絵などですが、以前博物館で見た 黄表紙本の妖怪の絵がよかったのでちょっと見たくて借りてきました。現代もそうですが、幽霊話やゴシップも盛り上がります。江戸時代だってもちろん。妖しい姿態を描く枕絵を、犯罪者や刑罰がテーマの浮世絵。(これは博物館には展示は難しいでしょう )幽霊 [続きを読む]
  • 海からの贈りもの(読歩972)
  • 読書散歩  972歩海からの贈りものアン・モロー・リンドバーグ落合恵子 訳何かに紹介されていたので読んでみた。書かれたのは半世紀も前のものだ。著者の暮らしと哲学を落合恵子の新訳。豊かなアメリカの女性の言葉・どれだけ少ないもので暮らすか。・所有欲は、美しいものを理解すること両立しない。海が教えてくれる。シンプルな暮らし、孤独、断続性、と。今、日本では 断捨離をしたい人が増えている当時のアメリカに近 [続きを読む]
  • 龍穴パワースポット(読歩971)
  • 読書散歩  971 歩龍穴パワースポット李家幽竹 著・いく時間午前中〜午後2時くらいお祭り、大晦日、ライトアップされていれば4時すぎでもOK・マナーを守るゴミを捨てたり、身勝手な行動は避けましょう。・出かける前の準備と行動朝、入浴する朝食は食べていく白いものを身に着ける(下着でOk)胸元の開いた服装がいい天然石を身に着ける神社仏閣には 必ず正面から入る気に入った場所では30分滞在するゆっくり歩く自分の言 [続きを読む]
  • 頭のよさはノートできまる(読歩970)
  • 読書散歩  970歩超速脳内整理術頭のよさはノートで決まる斎藤孝 著先週だったか、午後6時代のニュースでかつて話題になった少女たちのその後を紹介していた。その中で お料理上手の少女が 大変難度の高い大学に進学していた。ポイントはレシピノートだと何冊もたまったレシピノートを紹介した。やはりノートかぁ斉藤さんがこの本を書くためのノート①コンセプト②ポイント③段取りの3つにまとめて企画を構成。アイデアは [続きを読む]
  • 図書館徹底活用術(読歩969)
  • 読書散歩  969 歩ネットではできない!信頼される「調べる力」が身につく図書館徹底活用術寺尾隆 監修図書館のネット検索はもちろん頼りにしていますがは 館内を歩いて背表紙を眺めたり、気になった資料を手に取って 表紙をみたり拾い読みしたり するのが好きです。これを図書館界では「ブラウジング」というそうです。偶然の出会いの効果を重要視しているそうです。同じ図書館に何回も来ていると どんな本がどの辺に [続きを読む]
  • 二十四節気と七十二侯の季節手帳(読歩968)
  • 読書散歩  968歩二十四節気と七十二候の季節の手帖山下景子 著花鳥風月を愛で旬のものをいただく・・・旧暦で、日本ならではの季節あそび。二十四節気関係の本はめくっているだけで楽しいのです。暑い寒い花粉症以外に 季節を感じるようにりましたよ 鯉のぼりの季節今年もたくさんの鯉のぼりをみました。鯉幟は 立身出世を願って上げたものですが近頃はこうしてロープを渡して泳がせる形が増えました。みんな仲良くとい [続きを読む]
  • 小さなかがやき(読歩967)
  • 読書散歩  967歩写真家と詩人がとらえた無垢なまなざしの光小さなかがやき長倉洋海 写真 谷川俊太郎  詩ー どんなおとなになってもいいけれど子どもを殺すおとなにだけはぜったいなるな ーエルサルバドル アフガニスタンブラジル 南アフリカ コソボベネズエラ 中国ウイグル自治区ミクロネシア レバノン キルギス世界各地の子どもたちの素顔に谷川さんの詩 が添えられています。『子どもたちの遺言』『こどもの [続きを読む]
  • かーかん、はあい(読歩965)
  • 読書散歩  965歩子どもと本と私かーかん、はあい俵万智 著著者が息子さんに読んであげた本の記録と短歌とエッセイ。『じゃぁじゃぁびりびり』『ころころころ』『がちゃがちゃ、どんどん』オノマトペに惹きつけられるらしい『きんぎゃがにげた』(おお、これはわたしも子どもに読んであげたワ)『はっけんずかん むし』(虫は、私が苦手だった。故に子も苦手です。)『りゅうのめの なみだ』(表紙に未覚えがあります。お [続きを読む]
  • 色の性格診断書(読歩964)
  • 読書散歩  964歩選んだ色を利用して、幸せを引き寄せよう!色の性格診断書佐々木仁美 著わたしはラッキーカラーも意識して利用します。でも、好きな色でも幸せを引き寄せることができそうなのです。この16色の中から好きな色をひとつ選び、その他の中から気になる色、目を引く色をひとつ選びます。好きな色はひょうす意識、2色目は潜在意識を表すそうです。私が好きな色は Violet・精神的癒しを与えられる (わたしは [続きを読む]
  • ラクする家事(読歩963)
  • 読書散歩  963歩家庭科2の私でもうまくいくラクする家事 10の法則みしぇる 著できないものはできない!と開き直ったそして ゆるくやるほうがいい結果がでた。なるほど、もうとっくに開き直っているですが。・超簡単レシピをストックする野菜ジュースで炊くピラフ風簡単ピクルス など 参考にするわ。・片付けがへたなので、物の数をへらした。偉いわ・・まだ減らしきれない・・ ・持ちものはいつでも引越せる量だけに [続きを読む]
  • 絵本おやすみ、エレン(読歩962)
  • 読書散歩  962歩魔法のぐっすり絵本おやすみ、エレンカール=ヨハン・エリーン 著【注意!】車を運転している人のそばで絶対に音読しないこと。どき!昼間は読まにようにしなくちゃ・・・・太字の文字は強調する色文字の箇所は、ゆっくり、静かな声で読む【あくびをする】などの動作の指示もあります。眠れない夜に読むと・・・おやすみなさい・・ ・・ ・・ブログにお付き合いいただき ありがとうございます。 [続きを読む]
  • DVDガリバー&ホワイトカラー(読歩961)
  • 読書散歩  961歩童話の「ガリバー旅行記」はなんとなく知っていました。それを映画化ということで どんな感じなのかと観ていました。ガリバーは新聞社の郵便係で、すぐに諦めてしまうさえない男だった。ハッタリで得た仕事は、バミューダ・トライアングルへの取材。そこで、遭難し小人の国へ・・追放されて 巨人の国で飼われて・・・もし自分が”小人の国”へいったら、すごくやなやつになるかも それより特別収録されて [続きを読む]
  • いのちより大切なもの(読歩960)
  • 読書散歩  960歩いのちより大切なもの星野富弘 著詩画27点とエッセイ、インタビューマタイの福音書の一節が紹介されたりして、キリスト教の香りもするエッセイです。冬があり夏があり昼と夜があり晴れた日と雨の日があってひとつの花が咲くように悲しみも苦しみもあって私が私になってゆくわたしは傷を持っているでもその傷のところからあなたのやさしさがしみてくる・・ ・・ ・・ごらんいただき ありがとうございます [続きを読む]
  • ありがとうの奇跡(読歩959)
  • 読書散歩  959歩ありがとうの奇跡小林正観 著神様・人・モノが味方になる70の習慣「ありがとうと言ったものが、すべて、あなたの味方になってくれる」これは著者が40年間研究した結果、得た結論なのです。002「徳」を摘む方法とは相手のラッキーを一緒に喜んであげること009 「トイレ掃除」を楽しんですると、なぜか、お金に困らなくなる040「モノ」に「ありがとう」を言うと、奇跡が起きるらしい柔らかいテッシュ あ [続きを読む]
  • 一葉裏日記(読歩958)
  • 読書散歩  958歩一葉裏日記上村一夫 著芸術・イラストなどのコーナーに並んでいました。タイトルが気になって手に取るとコミックです。話は三つたけくらべの頃他人の秘密のいくつなりとも胸に仕舞って来世へ旅立つなど容易なことと高をくくっていたけれどーそれも少年の告げ口ひとつで こころ変わった。花ごもりの頃あの夜の満開の桜の花々が、私の罪をどう裁くかは知らないけれど。たとえ地獄に堕ちようとも、閻魔大王を [続きを読む]
  • akiico100LOOKS(読歩957)
  • 読書散歩  957歩基本10着でも 100通りの私になれる!akiico 100 LOOKS田中亜希子 著クローゼットをもっと整理したいので残す服の参考になるかと思い、借りてきました。著者は145cm、ママでもある人気ブロガーさん基本の10着は白TシャツボーダーTシャツ白シャツ黒ノースリーブカットソー白カーディガンスキニーデニムストレートデニム白ワンピース ノースリーブ白ワイドパンツ黒マキシスカートシャツの裾を出したり入 [続きを読む]
  • 1分で脳を鍛える速音読(読歩956)
  • 読書散歩  956歩楽しみながら1分で脳を鍛える速音読斎藤孝 著速く音読することで頭の回転速度があがり、毎日行うことによって脳がつくり替えられる。脳トレの川島隆太先生もおっしゃいます。1分で読む普通の声で読むすらすらと読む間違えても気にせず読む長めの息遣いで読む日本語らしいイントネーションで読む焦らず、無理をしないで読む終了タイムを記録する繰り返していたら 覚えて早くなるのでは?とりあえず 読んで [続きを読む]