cor さん プロフィール

  •  
corさん: 今日を忘れる明日の僕へ
ハンドル名cor さん
ブログタイトル今日を忘れる明日の僕へ
ブログURLhttp://onedaybrain.ti-da.net/
サイト紹介文心筋梗塞、高次脳機能障害、記憶障害、パニック障害、広場恐怖症、心臓バイパス手術、ICU症候群
自由文心肺停止→低酸素脳症→高次脳機能障害と、蘇生後それまでの記憶を失くし、今日の記憶も明日には忘れてしまう自分への手紙です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/07/31 04:57

cor さんのブログ記事

  • たった一つの「救い」
  • あの頃の音楽…実は毎日聴き続けています。記憶のかけらに触れるたびに拳を握りしめる自分がいます。分かったのは、僕にも頑張っていた時期があったこと。そして頑張り過ぎていたことも…。人のために良かれと思ってやっていたことも、結局は自分本位であったこと。そして同時に人に振り回され、いいように利用されていた事。これらのことが浮かんできて思うことは、不思議と「憎しみ」とかではなく、しいて言えば「悔しさ」でしょ [続きを読む]
  • 「探偵物語」薬師丸ひろ子
  • 薬師丸ひろ子さんは同い年です♪思い出したのは、この曲だけにとどまらず、学生の頃から大ファンだったということです。進学を考え始めた頃、本気でT川大に行こうかと思ったくらいです。高3の頃、学校のすぐ前に駅があり、朝一度、似ている子を見かけては、同じファンの同級生と数日フェンス越しに探してみたり(ストーカー?)とにかく曲は頻繁に聴いていたと思います。でも、どんな時に聴いていたのかシーンが甦りません。そんな [続きを読む]
  • 「夏に恋する女たち」大貫妙子
  • 83〜85年当時の曲をずっと聴いています。それらを聴いていて心に感じるものは、ほとんどが「孤独感」「寂しさ」と言った感情でした。今の僕にはない感情です。都会にいると、あんなに大勢、人がいるぶん、何だか自分が「独り」であることを自覚しているのに、さらに重ねて強く「宣告」されてる気分になります。会社に着いたら同僚や上司がたくさんいて、雰囲気も良く、充実した時間を過ごせます。それだけに一人になると却って孤独 [続きを読む]
  • 心臓カテーテル検査&…
  • 検査を受けてきました。僕の場合、今まで必ず、検査で血管が詰まってるところが見つかるのでそのまま処置に入っていました。一泊入院の予定で。午前中から始まった検査ですが、結果、詰まってる所もなく、以前、バルーンで広げたところも逆に広くなってるとのこと。動脈硬化も見られず、初めて処置なしの検査だけで済みました!!きっと新薬の効果があったのだと思いました。処方を提案してくれた主治医に感謝です。結局、入院なしで [続きを読む]
  • 音楽で記憶をたどる。
  • 瞬間的に記憶の扉が開いたことは先に書いた通りですが、その際に、いくつかのキーワードがこぼれ落ちていました。それは地名で、首都圏を中心に7つほど。母に訊ねると18から20の間の数年間暮らしていたと…。確かに、独り立ちしたであろう年齢です。…いつか早いうちに訪ねてみようと思いました。お世話になっている先生や、以前の教え子、在京の先輩、同級生、後輩たちとも会ってみたいと…。その頃の記憶も、もちろんベールに包 [続きを読む]
  • 拒否反応。
  • 一度は開いた「記憶の扉」が、閉まったのはフルカラーのワンシーンを一枚一枚拾っては、全てのシーンの記憶を引き出そうとして容量を超えた作業に、脳が拒否反応を起こしたのではないだろうか?引き出そうとするときの僕の身体は、目まいはする、頭はクラクラ、吐き気もする。それでも記憶を取り戻したい一心で続けようとする…ICU症候群にかかった際に、一気に父の記憶が甦った時のように、半狂乱のようになった時の恐怖を、身体が [続きを読む]
  • 真っ白な闇…。
  • ★朝、目が覚めたら、頭の中で散乱していた沢山の写真が、きれいさっぱり消えていた。扉も開かない。10日間だけなんて聞いてないぞ…所詮、記憶障害だけど…ぬか喜び(T_T) ★心臓受診日。今日から自宅にて自己注射はじまる。この薬を自己注射する患者は病院初とのこと。また、心臓カテーテルの検査&手術のため、来週8月4日に1泊入院決定。2年ぶりで、いつも日帰りだったが、広場恐怖症が少し良くなっているので個室で1泊すること [続きを読む]
  • 戻った記憶と記憶障害の共存
  • さて、ひょんな拍子で戻ってきた41年分の記憶ですが、それらは、整頓もされず頭の中で散乱している状態です。記憶は一枚の写真のようでストーリーまでは書いてありません。一枚を手に取り、そのシーンから記憶を辿っていくのです。その作業は頭に混乱をもたらし、めまいもすれば、吐き気もします。頭の中をグルグルと吹き荒れている嵐の中から記憶を引っ張り出すのです。でも、その作業に挑もうとするのは必ずストーリーが見つかる [続きを読む]
  • 突然の記憶の嵐。
  • 寝る前にベッドでスマホをいじってたら、N県のニュースが…。(そう言えばN野って県立で女子高と男子高あったなあ〜)と思った瞬間、頭に浮かんだのが駅のホームに立っている女子高生。…制服にも関わらず何故か赤いハイヒール!!(あれはおかしかったなあ)そこで突然思い出した!!はじめてN野に降り立った時のことに。昭和63年8月、名古屋から特急しなのでO駅に着いた時のことでした。覚えてたハズなのに忘れていた…それから、も [続きを読む]
  • 広場恐怖症…その後。
  • さて、ショック療法(笑)のおかげで、随分、色々なところに行けるようになりました。ある時は2夜連続でライブハウスに出かけたり(!!)、楽器の練習でも最初から最後まで居続けられたり、外でサングラスや耳栓を使う機会も減りました。僕を見守ってくれる周囲の方々のおかげです。とても感謝しています。ある日、以前の僕の教え子が法事のために帰沖すると連絡があり、少しだけ時間を作って会おうという事になりました。N市くらいま [続きを読む]
  • 僕を追い込む優しい人。
  • こんな僕にも支援の手を差し伸べてくれる人はいます。特に「広場恐怖症」のために引きこもりがちになる僕に何度もメールや電話をくれては僕を外に連れ出そうとする方が…。今週に及んでは3日連続でお会いしました。3日目には何とカラオケに!!以前から、あの騒々しいと思っていたカラオケBOXに行きたいと、切望していたのは確かに僕自身でしたが、連日の外出に多少の疲れを感じていました。初めてのカラオケBOXです。各部屋からの音 [続きを読む]
  • 作業終了〜♪
  • ひたすら続けていた作業がやっと終わりました。それらが形になっていく過程を見るのは、達成感が得られ、大きな「喜び」を感じます。photo : Infinite by Vladaaan [続きを読む]
  • 近況。
  • 昼夜の区別なく作業をしてる。頭が文字や記号の違いを認識出来なくなったらボロ雑巾のように横たわりしびれていた脳がスッキリしたら、また作業。ただ、それだけの繰り返し。photo : Chaos by Michael Zero Mayer [続きを読む]
  • リセット
  • 毎日、相変わらず地味な作業の連続です。「気分転換」とか、「ストレス発散」などと言う概念のない僕は、(意味が分からない)それ以外の時間は、睡眠とリハビリくらいでしょうか…。(食事は作業しながら…)気分転換とか分からなくても、寝て目が覚めれば、脳が勝手にリセットしてくれてます。効率は良いのかも知れませんね。作業中はPCもオフラインで行うので、外の事をまったく知りません。元々ですが…浦島太郎状態です(^_^;) [続きを読む]
  • 【自己(皮下)注用ペン】
  • 家族性高コレステロール症改善のための皮下注射は相変わらず定期的にやっていますが、最近になって、自分で自宅でも出来るよう開発されたペンタイプに変わりました。(映画のバイオハザードなどで、よく見かける自分で首に注射したりするタイプです)でも当分は通院で、自分でするようになるには、まだまだ時間がかかるとのことで、今は病院で看護師さんに処置してもらってます。処置室のスタッフの方々は皆、優しくて、いつも安心 [続きを読む]
  • タイムトラベリング
  • 夢を見た。最近、作りたいモノがあり、PCに向かう時間が長くなっている僕は、夜には疲れて自然と眠りに入ることが多い。薬なしで。そんな時には決まって夢を見る。夢の中では、僕はいつも空を飛んでいる(笑)夢から覚めた後は、寝汗がスゴイね。そのほとんどが、目覚めてすぐに忘れてしまうけど、今日は何故か覚えている。忘れないうちに書いておく…徐々に消えかけてるけど…。空を飛びながら場所と時間(!!)を移動するタイムトラ [続きを読む]
  • 【高次脳〜はメンドクサイ】
  • 今日(昨日)記録を読み返してみたら友人との間に落着していない一件があった。きっかけは、些細なことに過ぎないが、僕は怒りを覚えた。それでも友人に恩義を感じていた僕は、謝るべきは相手の方なのにと思いながらも、関係を修復したくて謝罪をしていた。しかし、当の相手から謝罪があったと言う記録はない。納得がいかない僕は、いつも気にかけてくれている、別の友人に電話をして相談をしてみた。平日の夜にも関わらず、彼は遅 [続きを読む]
  • 【脱!!救急ファッション】
  • 以前にも話したことがあったと思いますが、僕は「衣服」にあまりお金をかけません。突然、心臓発作を起こした時などを考えると、ハサミで切り裂かれてもイイものを常時、着ています。上着も、常に薬を携行しなければいけないので、ポケットの多い工事現場用のジャンパーや、釣り人用のベストなどを好んで着ていました。同じ意味でボディバックも…。裏を返せば、それだけ発作に対して大きな恐怖感を常に抱えていました。しかし、最 [続きを読む]
  • 全部ありがとう。
  • いよいよ今年も終わりを告げようとしています。ブログやフェイスブック、手帳などを読み返すと、今年も色々あったことが分かります。僕の障害を疑った人。僕の障害に理解を示してくれた人。僕を傷つけた人。僕が傷つけた人。(これはゴメン)僕に優しくしてくれた人。僕を気遣ってくれた人。感動した事や嬉しかった事。嫌な思いをした事。新しい出会いや別れ…。どちらにしてもそういった全ての出来事と、僕に接してくれた全ての人 [続きを読む]
  • 蘇生から丸10年…。
  • 10年前の今日、12:15頃に心停止。12:30頃、蘇生しました。それまでの記憶と人格の喪失と引き換えに今の僕がいます。祝日に仕事をしていたおかげで救われたこの命…。周囲の方々の素早い連携のおかげで病院に到着するまで僕の心臓は動き続けてくれました。「高次脳〜」を医師ですら、あまり知られていない時代、それに気がつくまで、もがき苦しんだ最初の3年間。どんなに気をつけても血管の再狭窄を繰り返す身体に怯える毎日。毎晩 [続きを読む]
  • 【社会的行動障害】僕の症状。
  • 社会的行動障害とは、感情や行動に障害が残ることによって対人関係がうまくいかず、社会に適応していけないことです。症状としては以下のようなものです。1)感情の鈍麻喜怒哀楽の内、悲しむ、楽しいといった感情が欠落しています。他人の良し悪しの判断は出来ても、好きになったり嫌いになったりと言う感情がない。恋愛感情がない。(意味が分からない)2)意欲、発動性の低下人や趣味に無関心になり、自発的な行動が乏しい。3)固執 [続きを読む]
  • 【遂行機能障害】僕の症状。
  • 【遂行機能障害】1)目標を設定したり計画を立てたりすることができず段取りが悪い。2)急な事態に臨機応変な対応ができない。3)予定が変更されたときそれに応じて自分の行動を変えることができない。4)指示されたことは仮に軽く頼まれたことでも、きっちりこなす=指示されないと動けない。5)指示された作業が、他の作業に応用が利かない。例)A「この間の件、軽く頼んだけどさあ、速すぎるよ〜」僕「え?やれって言ったじゃん!?」※ [続きを読む]
  • 【注意障害】僕の症状。
  • 【注意障害とは?】高次脳機能障害のひとつとされ、交通事故等で脳に損傷を受けた場合にも発症することがあります。集中力が低下し、仕事や勉強を長く続けることが困難になったり、外見的にもぼんやりすることが多くなったり、また、同時に2つ以上のことが出来ない、考えられないなどの症状も見られます。症状によって、以下の4種類の注意障害に分類されます。(僕の場合は2〜4が該当します)1)全般性注意障害(これは該当しません [続きを読む]
  • 【記憶障害】僕の症状。
  • ここでの記述は、あくまでも僕自身の症状です。1)手続記憶これは、人間が生きていくために、生活していくために必要な記憶で、毎日毎日繰り返し行ってきた動作で、身体に自然と染みついた記憶のことを言います。洗顔や歯磨き、食事、トイレ、服を着る、そして「呼吸する」ことも、これに入ります。僕の場合は、小さな頃から続けていた楽器の演奏や、音楽の知識などが加わっています。仕事ではTpを使っていたので、自分はTp吹きだと [続きを読む]
  • 【広場恐怖症】僕の症状。
  • ほぼ毎回恐怖や不安を誘発するため、公共交通機関や、あるいは広い場所や閉ざされた場所を避けていることが6か月以上持続している、不安障害に含まれる障害。典型的な広場恐怖症は、繰り返されたパニック発作の結果としての合併症です。発作、パニック様症状が起きることを恐れる。パニック様症状とは、パニック発作ではないが似たような発作で、症状が限られている。従って広場に限らず、旅行や家の外に出ること、群集 、発作時に [続きを読む]