フライヤーズポンタ さん プロフィール

  •  
フライヤーズポンタさん: メタル再興祈願
ハンドル名フライヤーズポンタ さん
ブログタイトルメタル再興祈願
ブログURLhttp://fryersponta.blog.fc2.com/
サイト紹介文単なるHR/HM好きの備忘録。コメント等お気軽にどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/08/02 14:23

フライヤーズポンタ さんのブログ記事

  • MR. BIG 「Lean Into It」
  •  ★★★ US盤アメリカンHRバンドの2ndアルバム。おっさん世代の青春の1ページですな。究極のビッグインジャパン。なんで、日本でこんなに人気があるんだろ?この記事を書いている時点でのBURRN!最新号において、巻頭カラー大特集で表紙を飾ったのは皆さんもご存じのはずだ。こんなこと言ったら、怒られるかもしれないが、おっさんにとっては、すっかり過去のバンドだし、まったく興味がない。日本で人気があるっていうのは、エリ [続きを読む]
  • UFO 「No Heavy Petting」
  •  ★★★★ 07リマスターJP盤英国HRバンドの5thアルバム。このアルバムでキーボードをプレイしているのは、元HEAVY METAL KIDSのダニー・ペイロネル(Key)。積極的に作曲にも関わってたみたいで、単なるサポートメンバーという扱いではなかったみたいだ。ただし、マイケル・シェンカー(G) は、ダニーのプレイが嫌いだったみたいで、ダニーは次作からはドロップアウトされている。ライナーノーツを読む限り、今作から本格的なアメリ [続きを読む]
  • メタル喰い in 町田東急ツインズ
  • 今日は、インディアダイニング ローカルインディアでカレーを食べた。けっこうオシャレなインドカレー店で小奇麗。なんといっても、終日ナンが食べ放題なのが最高にイイし、プレーンナンなのに、ほんのり甘いモッチモチのナンが何枚でも食べられる。そして、サイドメニューも豊富です。ダンニャワードセットカレーを2種類食べたい人にはお得なセット。インドの定食スタイルだそうです。チキンコルマカシューナッツソースのクリー [続きを読む]
  • なんとなく透けてきたLOUD PARK 17
  • LOUD PARK 17の第一弾ラインナップが発表されたのは4月だったっけ?6月になっても第二弾の発表がなく、ローテーション職場のおっさんとしては、早くスケジュールを押さえたくてしょうがない。出演バンドのオフィシャルHPを覗いてみると、日程を確定させているバンドがチラホラいるのがわかった。10/14ALICE COOPERBEYOND THE BLACKCRADLE OF FILTH10/15MICHAEL SCHENKER FESTSABATONあくまで、今、各バンドのHPを覗いてみただけな [続きを読む]
  • YES 「Close to the Edge」
  •  ★★ 94リマスターGER盤英国プログレッシヴロックバンドの5thアルバム。YESの最高傑作としてどこでも名前が出てくるこのアルバム。正直、何も思い浮かばない。だから、おっさんのお気に入り度もごく普通の2スターズ。前作「Fragile」の方が断然好きだ。くどいようだが、ダメというわけではない。あくまでも、お気に入り度合が自分の中では低いというだけの話だ。なぜなのか自分なりに解釈してみるんだが、超絶テク集団のプログ [続きを読む]
  • これがラスト、さようなら!!
  • って、オイオイ、嘘つけ!!おっさんは信じないぞ。うちのカアチャンがニュースを見聞きして買ってきた。おっさんの大好物。みんな好きだろう。そんなに売れなくなったん?まあ、売れるんだろうけど、採算が合わないのかな?うまいけど、指がギットギトになるから、きっと女子受けはしないんだろうなぁ。おっさんはいつも箸で食べてます。どんな世界にも「やめます」って言いながら、いつまでもやめない奴や、やめても白々しく何食 [続きを読む]
  • OVERKILL 「Under the Influence」
  •  ★★ JP盤米国産スラッシュバンドの3rdアルバム。バンドが世界で認められることを示した会心作と言ってもいいだろう。前作「Taking Over」よりも曲のパワーが増してグッとくる場面が多くなった。今作からドラマーは、元IRON MAIDENのポール・ディアノのバンドにいたこともあるデンマーク出身のシド・ファルク(Drs) となっている。音質も各段に良くなった。プロデューサーは前作と変わらないが、マイケル・ワグナーがミキシング [続きを読む]
  • MEGADETH w/ ANTHRAX at ZEPP DiverCity 2017
  • 行ってきました、2017/05/18、ZEPP DiverCity。MEGADETHは「Dystopia」ツアーで東南アジアから中国を経て日本へ、ANTHRAXは「For All Kings」でのKillthraxツアーで全米を廻った後に日本へとやって来た。THRASH Big4の2/4がここ日本の同じステージで汗を流すことになるなんて、なんとも贅沢という前評判がタイミングよく発売されたBURRN!6月号にも巻頭カラー大特集でインタビュー記事とともに紹介されていたが、その通りだね。東京 [続きを読む]
  • MEGADETH 「United Abominations」
  •  ★★ JP盤米国産インテレクチュアル・スラッシュバンドの11thアルバム。自分の中では「Youthanasia」以降、興味のないバンドとなって久しかった。だから、マーティ・フリードマンとバンドの確執なんてどうでもよかったし、バンドに誰が迎え入れられようが、新作に触手を伸ばすことはないように思われた。「The System Has Failed」より風向きが変わってきたかに思われたが、この時のバンドはデイヴ・ムステイン(Vo/G) のワンマ [続きを読む]
  • ACCEPTが来るぅ〜!!
  • もう来ちゃうのぉーーーー!!新作「The Rise of Chaos」の発売は8月。で、その翌月に日本ツアーが組まれるとは...。Wacken Open Airに出演するのはアナウンスされていたが、これを書いている時点では、新作ツアーのトップは来日公演となっている。っていうか、日本以外はまだ告知されていない。9/10 福岡9/12 大阪9/13 名古屋9/14 中野サンプラザえーーー、今回の東京はライブハウスじゃないんだ。中野サンプラザのキャパは約 [続きを読む]
  • QUEEN 「Sheer Heart Attack」
  •  ★★ 93リマスターUK盤英国HRバンドの3rdアルバム。前作「Queen Ⅱ」で美しきロックという形を徹底的に提示した後のアルバムは、音作りにおける緻密さはそのままにわかりやすさが増したという感じだろうか?自分もそうなんですが、きっと親しみやすさが増したはずです。だから、前作よりは好き。遊園地での喧騒のようなSEに割って入ってくる摩訶不思議なリフをもって疾走曲①Brighton rockがスタート、フレディ・マーキュリー(V [続きを読む]
  • メタル喰い at 最強ラーメンFes.
  • 3/30から5/7まで、第一陣から第六陣、全60店が町田に集結だそうだ。おっさんが足を運んだのは第五陣。ギョーザ&半チャーハンFes.も同時開催らしいが、第五陣のラーメンは【麵屋 あがら(埼玉)】 【つけ麺道 癒庵(山形)】 【麵屋 翔(新宿)】 【チーム静岡(コラボ)】 【NEW OLD STYLE 肉そばけいすけ(住吉)】 【麵屋 音(北千住)】 【ラーメン海鳴(福岡)】 【中華蕎麦 とみ田(千葉)】 【地球の中華そばx拉麺 [続きを読む]
  • アマゾンだって怖いんだぞ
  • 先日、母の日用にと想って、日ごろの疲れを癒してもらうために癒しグッズをアマゾンで探していた。お目当ての商品を探し出し、相場がどのくらいなのかと検討していたら、相場よりやたら安い品物を見つけた。出品者はマーケットプレイスの個人なんだろうが、安いからいいやってことで即決して注文したら、こんなメールが届いた。【誠に申し訳ありませんが、○○○へご注文いただいた商品は、出品者が、ご注文の商品を30日以内に発送 [続きを読む]
  • ALICE COOPER 「Hey Stoopid」
  •  ★★ JP盤米国産ショックロッカーの19thアルバム。直前ではQUEENSRYCHEやRUSHのアルバムを手掛けていた職人ピーター・コリンズをプロデューサーに迎え、前作「Trash」同様、有名ミュージシャンを多数使って仕上げたビッグプロダクションのアルバムがこれだ。基本的な録音メンバーは元Y&Tのステフ・バーンズ(G)、今やBON JOVIの影のバンドメンバーであるヒュー・マクドナルド(B)、ヴェテランミュージシャンに人気のセッションド [続きを読む]
  • ALICE COOPER 「Theatre of Death」
  •  ★★★ DVD盤2009年12月のハマースミス公演。アリス・クーパー(Vo)劇場へようこそ。アリスの魅力はやっぱりライブ。最高のエンタテイナーだ。世間評では闇に埋もれている「From the Inside」の世界観がちょっぴり顔を出している最近のライブがこれだ。だからこそ、ゲットした。バンドメンバーは、デーモン・ジョンソン(G)、ケリー・ケリー(G)、チャック・ギャリック(B)、ジミー・デグラッソ(Drs)である。ステージのカーテンが開 [続きを読む]
  • ALICE COOPER 「From the Inside」
  •  ★★★ FRA盤米国HRバンドの11thアルバム。星の数を見て勘違いしないでね。星数はあくまでも自分の好み度であって、評価ではありません。評価する立場の人間でもないんで、本来星を付けること自体畏れ多いんですけどね。なので、このアルバムを他人に大プッシュすることもありません。70年代初期が好きで「Billion Dollar Babies」を傑作とする人は絶対ダメ。メタルバブル期の「Trash」から入ってアリス・クーパー(Vo)を好きに [続きを読む]
  • ストライクど真ん中!!LOUD PARK 17
  • 行くっきゃないでしょ。MICHAEL SCHENKER FEST  2016年の国際フォーラムは結局観に行かなかったんで、これは棚から牡丹餅だな。噂されてた「M」ってMANOWARのことじゃなかったんだ。MANOWARは、11,12月のドイツしか発表されてなかったから10月にラウパっていうのも大いにアリだと思ってただけに残念。で、マイケル・シェンカー・グループの面子は2016年と同じかいな?だとしたら、ロビン・マッコリーにもっと歌って欲しいんだよ [続きを読む]
  • KISS 「Dressed to Kill」
  •  ★★ 96リマスターUS盤アメリカンHRバンドの3rdアルバム。収録全10曲中、3分に満たない曲はなんと8曲もあって、収録時間トータルは30分しかない。初期から中期にわたるKISSのアルバムの多くは三十数分なんだけど、全スタジオアルバムの中で最も短いアルバムだ。それだったら、リマスター時に2 in 1 にして何かのアルバムと合体させちゃえばいいのにって思うんだが、アルバム単位でこそ生きてくるアルバムっていうのもやっぱりあ [続きを読む]
  • AEROSMITH in 1998 Japan Tour
  • 行ってきました、98/03/09 東京ドームと98/03/14 横浜アリーナ。「Pump」で頂点へと登り詰めた第二期黄金時代、「Get a Grip」でロック界の王者としての揺るぎない地位を確立し、「Nine Lives」の出来はもうどうでも良かった。とにかく、彼らのライブが観たい、ただそのことだけしか頭になかったはずである。東京ドーム2デイズはあっという間にソルドアウトで、3/12の横浜アリーナ追加公演も1時間で完売したそうだ。ほんで、横浜ア [続きを読む]
  • AEROSMITH 「Nine Lives」
  •  ★★★ JP盤米国HRバンドの12thアルバム。当時のインタビューで語ってたこととして印象に残っているのは、スタジオ内でお香を焚いてスピリチュアルな雰囲気でアルバム制作に没頭したということだったと記憶するんだが。違うか?前作「Get a Grip」までプロデューサーのブルース・フェアバーンとの共同作業で第二期黄金時代を築いたわけだが、今作ではケヴィン・シャーリーを起用している。当初はマイアミでグレン・バラードと一 [続きを読む]
  • AEROSMITH 「Pump」
  •  ★★★★★☆ JP盤米国HRバンドの10thアルバム。前作「Permanent Vacation」でHR/HMの世界に誘われたおっさんだが、それは発売後に聴いたアルバムだったので、正確に言えば後追いだった。今作こそがリアルタイムで発売解禁日を今か今かと心待ちにしたアルバムだ。聴けば期待以上の出来で、こんなにもセクシーかつ野性的でHRスターのオーラを放ちまくるアルバムがあるもんかと驚愕し、ぶったまげることしきりなのである。もう、 [続きを読む]
  • 偽証罪で告発しないでね
  • MEGADETH with ANTHRAX ジャパンツアーまであと1ヶ月半、皆さんはチケットをゲットできたでしょうか?ANTHRAXがゲスト扱いされているもんだから、ANTHRAXの単独公演を希望するおっさんとしては、ANTHRAXのセトリがすんげぇ気になる。それを占うKILLTHRAXツアーがニュージャージーよりスタートされた。このツアーのヘッドライナーと思われるKILLSWITCH ENGAGEが17曲プレイし、たぶん、ダブルヘッドライナー扱いのANTHRAXは12曲プレ [続きを読む]
  • CRADLE OF FILTH 「Midian」
  •  ★★ EU盤英国産エクストリームブラックメタル・バンドの4thアルバム。実はおっさん、これ1回リストラしている。そして、つい最近買い戻した。おっさんが求めるCoF像っていうのは、断然に耽美とゴシック性だ。おっさんがなぜリストラしてしまったかっていうと、前作「Cruelty and the Beast」よりはそれらが減じてしまっっていると勝手に思い込んでしまったからである。結局、後悔してアホみたいに買い戻す結果となったのだが、 [続きを読む]
  • CRADLE OF FILTH 「Cruelty and the Beast」
  •  ★★★ JP盤英国産エクストリームブラックメタル・バンドの3rdアルバム。ジャケットの絵は、貞子がバスタブに浸かっているわけではない。今作は、血の伯爵夫人と呼ばれたハンガリー王国の貴族、エリザベート・バートリ(バソリー)を焦点にあてたコンセプトアルバムとなっている。バートリに関しては、ここでは詳細を書かないが、自身が犯した猟奇事件の裁判後に幽閉された部屋で死亡したのが1614年のこと。そのころ、日本では [続きを読む]
  • PRIMAL FEAR 「Jaws of Death」
  •  ★★ JP盤独産パワーメタルバンドの2ndアルバム。マット・シナー(B)が自身のバンドSINNER以外で息抜きするサイドプロジェクトとして始動したんだと思うんだけど、デビューアルバム発表から間隔を開けずに2枚目が制作された。ラルフ・シーパース(Vo)とやってみて、よほど手ごたえがあったのだろう。前作「Primal Fear」では、ギタリストが一人だったので、GAMMA RAYのカイ・ハンセンに手伝ってもらっていたが、今作からは新たな [続きを読む]