Kimiko さん プロフィール

  •  
Kimikoさん: YUKAのおもちゃ箱
ハンドル名Kimiko さん
ブログタイトルYUKAのおもちゃ箱
ブログURLhttp://ameblo.jp/happyyukanyago/
サイト紹介文運動機能の発達を促すための遊具、知育に役立つ手作りおもちゃ、教材、成長記録などをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/08/02 22:58

Kimiko さんのブログ記事

  • まねっこアルパカ
  • 《高3・6月26日》楽しいおもちゃです。有香は歌を復唱させたり、話しかけたり、テレビの前に置き音声の復唱を聞いて楽しんでいます。大感謝価格『まねっこアルパカ』玩具 女の子 誕生日プレゼント 子供 ヌイグルミ 動物 ぬいぐるみ おもちゃ 声まね『まねっこアルパカ』1,869円楽天 [続きを読む]
  • 実習
  • 《29年6月21日》今週の月曜日(19日)から実習に入りました。今回実習させて頂く事業所まで片道1時間半かかります。月曜日は送迎。火曜日は送りましたが、帰りは一人で帰宅しました。(途中まで担当教諭が送ってくださったようです)本日も送りますが、一人で帰る予定です。公共交通機関を3つ利用するので大変ではありますが、ラッシュに合わないので楽しく通えています。一番の心配ごとは、下車駅で眠ってしまい降りそびれること [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • ≪高3・6月8日≫…梅雨入りしました有香「お父さん、雨は?」父親「今日は降るらしい」有香「必ず降るとは限らないんやね」 細かい表現が出来るようになりました。 [続きを読む]
  • ろくな大人
  • ≪高3・6月6日≫有香「これで立派な大人になれる?」母親「分からない」有香「じゃあ、ろくな大人になれる?」母親「」  ろく【▽陸/×碌】 [名・形動]1 (あとに打消しの語を伴って用いる)正常なこと。まともなこと。満足できる状態であること。また、そのさま。まとも。「―な品物がない」「―に休みもとれない」2 (陸)土地や物の面の平らなこと。また、そのさま。平坦。3 気分の平らかなこと。安らかなこと。また、そ [続きを読む]
  • 妄想
  • ≪高3・6月5日≫有香「多分、あともう少し時代が進んだら、皆が『服にサイン頂戴』って言うかもしれんわ」母親「あはははは」母親「何で有名になるの?」有香「多分、詩じゃない」 [続きを読む]
  • 寝室を覗く父親へのコメント
  • ≪高3・5月30日≫父親「おはようございます」有香「おはようございます」有香「昨日は会わなかったね」父親「東京へ行った(仕事)から帰りが遅かったんだ」有香「で、見た?」父親「何を?」有香「私の寝姿」父親「見たよ」有香「どうだった?」父親「可愛かったよ」有香「うつ伏せだった?」父親「いや、横向きだった」 有香は、うつ伏せか横向きでしか寝られないと言います。自分の寝ているときの姿が気になるようです。 [続きを読む]
  • 神奈川県知事賞「僕の姉」
  • 神奈川県福祉作文コンクール“おもいやり”や“たすけあい”の心を育み、「ともに生きる福祉社会」の実現を目指して始められたこのコンクールは、昭和52年に始まりました。小学生も、中学生も、お年寄りも、障害のある人も、健康な人も、みんなで手をとり合い、肩くみあって、生き生き暮らせる社会を願ってコンクールを実施しています。中学生の部 最優秀賞 神奈川県知事賞 「僕の姉」 [続きを読む]
  • 天気についてのコメント
  • 《高2・1月21日》有香「天気のことでご不満がありましたら私に言って下さい」母親「言ったらどうしてくれんの?」有香「解決してあげます」母親「」有香「雨の予報が外れたら晴れ。晴れの予報が外れたら雨」母親「」有香「私は気象予報士になってテレビに出たい」 [続きを読む]
  • 消火訓練でのコメント
  • ≪高2・1月17日≫…阪神淡路大震災から22年が過ぎました。学校でシェークアウト訓練・防災訓練などがあり、その様子が連絡帳に書いてありました。先生「天ぷら火災の時には消火器で消しますか?水をかけますか?」有香「水」先生「その理由は?」有香「食べ物だから」先生「」 …夕食時母親「天ぷら火災には水をかけるって言ったんだって?」有香「消火器をかけます」母親「何で水をかけるって言ったの?」有香「消火器かけ [続きを読む]
  • サプライズ失敗
  • 《高2・1月14日》…明日は母親の誕生日有香「明日は驚くことがあるで。なっ?」父親「」有香「もう手紙書いたで」母親「」有香「嬉しいことが書いてあるで」母親「」有香「明日の朝渡すわ」父親「」 [続きを読む]
  • 母親を励ますコメント
  • 《高2・12月25日》…身内の怪我の連絡を受けた母親を心配して有香「私にぶつけて。その方がお母さんの心が晴れ晴れするから」母親「…」有香「悲しい相談は、私が泣きながら相談にのってあげるから」母親「…」有香「私はお母さんの味方だから」 [続きを読む]