Kimiko さん プロフィール

  •  
Kimikoさん: YUKAのおもちゃ箱
ハンドル名Kimiko さん
ブログタイトルYUKAのおもちゃ箱
ブログURLhttps://ameblo.jp/happyyukanyago/
サイト紹介文運動機能の発達を促すための遊具、知育に役立つ手作りおもちゃ、教材、成長記録などをご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/08/02 22:58

Kimiko さんのブログ記事

  • シンガポール終日観光ツアー
  • ≪高3・8月15日≫豊かな国際色を感じる!アジアン・チャンプルツアー<終日/指定ホテルお迎え付/日本語ガイド/ビュッフェ昼食付>というツアーに参加しました。 【ツアーの説明】チャンプルとはマレー語でごちゃまぜの意味。まさに中国、マレー、インド、プラナカンの独特な文化の混ざり合った異国情緒溢れるツアーです。博物館のあとは、トライショーでブギス・リトルインディアを回り、チャイナタウンやアラブストリートも散 [続きを読む]
  • ホテルのプール
  • ≪高3・8月14日≫ 日中、動物園で行き倒れと間違えられて、ちょっとした人だかりを作ったMちゃんですが、実は元気いっぱい。 夜にはプールを楽しみました。ちなみに、翌朝も6時からMちゃんがプールで泳いでいるのが、部屋の窓から見えました。 Mちゃんがプールで楽しむのを見ていた有香はプールサイドで脱力。少し咳をしていたので、プールに入らせるのはやめようと思っていたのですが、どうしても入りたいということで、ダッ [続きを読む]
  • シンガポール動物園 ジャングルブレックファスト
  • ≪高3・8月14日≫オプショナルツアーで【シンガポール動物園/オラウータンと朝食/ホテルに出迎え】プランに申し込むと、大人一人125シンガポールドルかかります。思案の末、シンガポール動物園には、チケットを予めインターネットで購入し、タクシーで行くことにしました。チケットはVoyaginで購入しました。不思議なことに、動物園の窓口で購入するより安いのです。 Voyaginで購入したチケット↑はemailで届きます。動 [続きを読む]
  • ジョホールバル 幻想的なホタル観賞ツアー
  • ≪高3・8月13日≫ 朝ごはんはホテルの近くのホーカーズで食べました。マーライオンの公園であまり美味しくないホットドッグ1個が7ドル以上したことを思えば、かなりお手頃価格です。食べ物の種類が多くて、何を食べたら良いか迷います。 午後から【シンガポール発ジョホールバル】ボートで幻想的なホタル観賞ツアー!伝統舞踊も見れる充実の日帰りツアー<日本語ガイド/夕食付>に参加しました。このツアーはシンガポールを出国 [続きを読む]
  • アジアンな夜!オープントップバス&リバークルーズ
  • 《高3・8月12日》チャンギ国際空港で友人の到着を待ちました。日本から来るのはMちゃん(6年生)とKさん(母親)の2人です。Kさんと私は有香が小学校2年生の時に、ブログを通して知り合いました。初めて出会った時、Mちゃんは1歳、Mちゃんのお兄さん(T君)は年長さんでした。 KさんとT君と私たちは、9年前に一緒にカナダに行ったことがあります。当時、小学校1年生だったT君は、あっと言う間に子ども時代を駆け抜けてしまいまし [続きを読む]
  • 外国人とは?
  • 《高3・8月12日》有香「外国人がいっぱいいるね」母親「有香ちゃんも外国人よ」有香「?」母親「日本にいたら、外国から来た人が外国人だけど、ここでは有香ちゃんが外国人よ」有香「?」『外国人』について説明しました。理解したかどうかは分かりません。シンガポールは移民の国だから、どの人が外国人かの見極めはつきません?? [続きを読む]
  • シンガポール旅行
  • 《高3・8月10日》…今年の夏休みはシンガポールで過ごします。12日にチャンギ国際空港で友人と待ち合わせをしています。家を17時過ぎに出発。関空で夕食を食べ、南ウィングにあるラウンジ『金剛』で営業が終わる22時半まで時間つぶしをしました。23時25分発のシンガポール航空に搭乗。24時に飲み物のサービスがあり、就寝タイム。4時頃に朝ご飯で、5時過ぎに到着しました。飛行機の中で配布された出入国カードがちょっと怖かったで [続きを読む]
  • マーライオン
  • 《高3・8月11日》母親「水を飲んでいるみたいな写真を撮ろう」有香「意味が分からない」母親「教えてあげるから、マーライオンの前で口を開けて」有香「分からない」父親「お父さんがやるから見て」有香「私は出したい」飲む人は大勢いると思いますが、出す人もいるのでしょうか《高3・8月12日》ガイドさん「それ反対よ」母親「出したいそうです」ガイドさん「あっそう」 [続きを読む]
  • カラオケ
  • 《高3・7月31日》この3人が出会ったのは、生後2〜3ヶ月の時です。赤ちゃん時代には一緒にカラオケを楽しむようになるなどとは想像もしませんでした。本当に振り返ればあっと言う間でした。卒業後の進路はバラバラです。みんなそれぞれに、自分だけの花を咲かせてくれたら良いな [続きを読む]
  • 夏祭りにコメント
  • 《高3・7月27日》支援学校でお友達と約束したそうで、久しぶりに夏祭りに行きました。有香「(小学校時代の)お友達はみんな受験で忙しいね」7年前の夏祭りを懐かしく思い出しました。みんな高3です。受験生なので、必死に勉強をしているんだろうと思います。有香には受験は無縁。最後の夏休みを有意義に過ごしたいと思っています。 [続きを読む]
  • 障害支援区分の審査にコメント
  • 《高3・7月26日》…28日に障害支援区分の審査を受けます。既に受けた友人の話によると、「作り話をしますか?」というような質問もあったそうです。子供の目の前では答えにくい質問が多々あるそうです。有香「何を聞かれるの?」母親「心配?」有香「」母親「出来る、出来ないの返事をしたら良いらしいよ」有香「出来ないと言う勇気がない」質問に「出来ません」と答えるのは嫌なんだそうです?? [続きを読む]
  • 書くことから、読むことへ
  • 《高3・7月24日》6月の実習を通し、読む力が弱いと感じました。担当の先生と相談し、将来を見据え、書く(入力)ことより、読むことに力を入れることにしました。(個別支援計画を修正)読む力をつけるために電子書籍リーダーを購入しました。この夏休み、できる限り、毎日読書に取り組みたいと考えています。今日、5分程度で読める短編小説を一緒に読みました。電子書籍リーダーの良いところは、文字の大きさを変えられるところで [続きを読む]
  • 発達障害に関する番組を見てのコメント
  • 《高3・7月24日》…アイロンをかけながら、発達障害に関する番組を見ていました。(知らない間に見ていました)有香「私が将来誰かと結婚して、赤ちゃんが生まれるやん、発達障害がある子供が生まれるかもしれないから見てる」母親「何でそう思う?」有香「そりゃ、どんな子が生まれるか分からないから」母親「どんな子が生まれても育てるの?」有香「そうよ、それがお母さんや」母親「どんな子が生まれても育てるの?」有香「そう [続きを読む]
  • 京都旅行
  • 《高3・7月22日》…京都に向かう車中で喋り続け母親「あまりしゃべったら疲れるからやめとき」有香「しゃべってしゃべってお腹すかせたいねん」…ホテルで有香「すごい。こんなの家にあったらいいのに。お母さん、ちゃんと止まったよ。賢いね」…ロビーでのコンサート(大音量)を6階から眺めながら母親「そばに行って聴く?」有香「心臓に響くからここで良い」…川床料理で舞妓さんの踊りを見ました母親「舞妓さんどう思った?」 [続きを読む]
  • 七夕のお願い
  • 《高3・7月20日》学校から七夕の飾を持ち帰りました。お願い事は「ドラえもんにお世話をしてもらいたいです。秘密の道具で助けてください」ちなみに、2年前のお願い事は「大人の顏、大人の声、大人の体、美しい髪」成長したのか?微妙です。一人一人に天の川と飾りを作らせてくれる学校。すごく手厚いなと思います。 [続きを読む]
  • 魔法の宿題プロジェクト など
  • ≪平成29年7月21日≫ HP【YUKAのおもちゃ箱】に下記の記事をアップしました。 魔法の宿題プロジェクト大阪セミナー ICT機器の活用 【お願い】アメンバーの申請をされる前に、ご一読ください。★対象者ダウン症児の保護者・療育関係者など、ダウン症児と関わりのある方に限らせて頂きます。★ブログを書かれている方メッセージが無くても承認させて頂きます。★ブログに記事を投稿されていない方 ダウン症者との関係が分 [続きを読む]
  • 中学部2年生 11月 言葉の記録
  • ≪中2・11月4日≫…ニュースに疎い祖母に向かって母親「今年は台風が多くて、山が崩れたりして、大きな被害が起きているんです」祖母「へ〜」有香「それを土砂災害って言うねん」 ≪中2・11月6日≫父親「トイレの蓋を自動で開けたり、自動で流すのは止めない?」母親「そうね。2階のトイレに行ったら、何で蓋が開かないのかと、一瞬思うよね」父親「有香が学校などで流すのを忘れたら困るから、止めた方が良いと思う」オート機能を [続きを読む]
  • 空港のグランドスタッフについてコメント
  • ≪高3・6月19日≫有香「空港の受付のお姉さんになりたい」母親「何で?」有香「美人で髪の毛が長くて、ここ(後頭部)をくくってる」有香「ヒールを履いている」有香「ここ(鎖骨のあたり)に青い花をつけている」母親「花?スカーフじゃないの?」有香「花」母親「スカーフの結び方じゃない?」有香「(インターネットで)調べたら分かる」 調べた結果、有香が言うのはANAのグランドスタッフでした。花ではなく、やはりスカー [続きを読む]
  • まねっこアルパカ
  • 《高3・6月26日》楽しいおもちゃです。有香は歌を復唱させたり、話しかけたり、テレビの前に置き音声の復唱を聞いて楽しんでいます。母親「何が楽しいの?」有香「構ってくれるから楽しい」まねっこアルパカが、ダウン症のある子どもに役に立つおもちゃなのか、言語聴覚士の先生と大学の先生に聞いてみました。ご参考まで。【真似をしているという因果関係が分かりにくい子ども】大人がアルパカに話しかけて、アルパカの変な声や動 [続きを読む]