ダルマ さん プロフィール

  •  
ダルマさん: 国語職人・社会職人
ハンドル名ダルマ さん
ブログタイトル国語職人・社会職人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skyandsea9
サイト紹介文中学受験の国語職人・社会職人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/08/03 13:44

ダルマ さんのブログ記事

  • 塾の実績
  • 実績は大事しかしこれ,ホント?ということも例えば新興の某塾Fス13人合格といいながらその内,内部生は3人のみ10人は,メインは他の塾に通っていて,カスッただけ ここで頼りになるのが口コミ・ネット情報その真贋を見分けるのも,保護者の力腹の探り合いが必要とされますちなみに偏差値60だと,ほとんどの塾では,良かったね で終わりですが〇塾の世界では全女子中が合格圏内チャレンジ校は,1校も無くなりますさすが, [続きを読む]
  • その塾で,大丈夫か
  • 私が国語講師をしていた塾生徒数・教室数は,S塾より多いしかし実績は その原因は,何かあるはず昨日,私はその塾で講師をしている友人と,飲んできました酔っぱらっていなければ聞けない がバンバンと出て結論として生徒・講師・教材・職員の目的意識が弱いだから中堅校で満足してしまっているのではないか・・・・と私は生徒が,胸を張れる学校に行ってほしいと思っていますそれには生徒・保護者が,この塾こそわが子に合ってい [続きを読む]
  • 「宿題,やった?」と聞くと
  • ほとんどの生徒は,「やった」と応えるしかしチェックをしないと,入試で戦えるレベルに達していないかも 生徒としては「やった」つもりなのでしょう「やった」とは,ここまでやるという基準を生徒に示さなければ結局は,生徒が不合格になり泣くことになりますS塾4月マンスリーで検討してみると同音異義語が出てます 「意義」の意味 「異議」「意義」 「異常」と「異状」の違い   私は,いつも,「義」は,神様の祭壇に,最 [続きを読む]
  • 量か質か時間か
  • 「量」とは問題を何題解くかを中心に考える「質」とは1題しか解けなくても,「語句」や「間違えた問題」を,その理由までキチンと抑える「時間」とは国語は30分,算数は〇分,社会は●分,理科は〜と,時間で区切る勉強年末は「時間で区切る勉強」になります基礎は,一通り終わっているはずですから 今の勉強は「質」を重視する勉強をしなければいけません「語句」を,一つずつ,丹念につぶす「間違えた問題」を,その理由まず遡 [続きを読む]
  • 6年になると−−−特にS塾の場合[追加記事あり]
  • 満を持した(十分に用意した)生徒たちがS塾に入塾して来ますそこで元々S塾で勉強してきた生徒たち偏差値が下がる しかし毎年そうですから,心配する必要はありません私が教えていたS塾の生徒は5年までは,50番に落ちたことはなく6年になると,頭のいいやつが入ってきたから,順位は下がったけど,3ケタになったことはないと言っていましたその生徒色々あって,受ける予定がなかった2月1日の学校を受けて西日暮里の学校に通ってい [続きを読む]
  • 励ます言葉
  • リンカーンの鬼嫁暖炉の牧の入れ方が悪いから,火が消えたと,牧を投げつけ掃除の仕方が悪いと,箒の柄で小突いて家から出し料理・掃除などの家事は,一切やらず 上流家庭出身らしい婚約して,リンカーンは2年間逃げ回り……などと,テレビでやっていましたしかし「私は大統領になる人と結婚する」と言い,リンカーンに自信を持たせたとか中学受験で,自信を持てといってもテストの点がいつも悪いと,自信の持ちようがありません [続きを読む]
  • 学習方法−−量か質か時間か
  • 今の時期はわりと,余裕がある時期です「そうではない,一杯一杯だ」という声も聞こえてきますが,夏休みが終わって,秋になると,今の時期の余裕が,なつかしくなります そして,今はテーマを絞って,集中的に勉強ができる時期なのです夏休み以降は,志望校の過去問や塾が,「〇〇対策」「テーマ〇〇の集中講義」,と不必要な出費を強いてきます無視すれば良いのですが,ノルマ達成に燃える室長生徒のことを親身になって面倒を見 [続きを読む]
  • 国語は手作業−−社会も手作業
  • 国語の文章をボーット読んでも,あまり頭に入らないでしょう「分からない語句に,ラインマーカーを引く」「線を引く」「四角で囲む」ことが必要文章がキレイなままでは,自分の頭に入りません以前書いた,「文章の読解」です目の前にある文章を,自分の頭で理解しなければいけませんそれには自分で文章を,構成し直す手作業が必要となる直線・曲線・四角で囲む・〇・×文章の中に・欄外に,書き込まなければこの方法を試したらS塾 [続きを読む]
  • 個別・家庭教師のダメ講師の見分け方
  • わが子の成績が上がらない時または国語の成績が150点満点で,140点台から120点台に落ちてしまった時−−−こういう依頼も受けたことがあります 集団塾だけでは,限界を感じた時頼るのは,家庭教師か個別塾でも,良い講師に当たらなければ, お金と時間の無駄そこで,良い講師の見分け方が大事基準になるのは,やはり入試問題事前に,「〇〇中の〇年の入試問題」と指定しておきましょうそして検討済みの解説・解答と比べてみましょ [続きを読む]
  • 塾の成績の上げ方
  • 何だか,昨日の続きのようですが まず,近時3回の模試を準備するそしてしっかりと解き直す春休みに成績を上げるために,チョット見てという家庭にお邪魔しました穏やかな家庭で,熱心で真面目な生徒でしたそして復習の方法を教えましたその内容は「語句ノートの取り方」「選択肢のサバキ方」「記述の書き方」が,1回目「文章の読み方」が2回目「文章の読み方」は大事です問題に応じて,文章を読まなければ,点になりません文章を読 [続きを読む]
  • 今は,塾の成績を上げる時
  • 塾の成績をアップさせないと下のクラスにいると良い先生が教えに来ない 私が大手塾で国語講師をしていた時講師がいるところに室長が来て「下のクラスは,気持ちよく受験会場に行かせるだけで結構です。実績は,上のクラスで出しますから。」(⌒^⌒)bうふっつまり下のクラスは,授業料だけ払ってくれれば,それでOKと言う意味 下のクラスの生徒は「〇〇(室長の名)先生,上のクラスに行っても,このクラスには来ないよ。」と言い [続きを読む]
  • やり方(方法)は,ある[文末の,ただし書きを追加しました]
  • その生徒に合った方法を,探す集団塾で成績が上がらない生徒はその原因を探さなければいけません何となく勉強して何となく,模試を受けていつもと同じ成績これでは,マズイと思う保護者はわが子に合った勉強のやり方(方法)を探さなければいけませんそれにはどこが不得意なのか,を探すそれを見つけたら,そこをつぶせばいいだけ気持ちが楽になります不得意なところが①選択肢か,②記述か,③難しい文章か,④特定のテーマか国語 [続きを読む]
  • こういう生徒は伸びない
  • 勉強しない生徒信念を持って(?)勉強しない塾には行くしかし家で勉強しない知識の定着は,望めない生徒対策としては近所にある,評判の悪い公立中学を見学に行く 自分に合わない教材を,使い続ける生徒どうしても合わないのなら,別の教材にしたらいいのに社会でありました1冊を選ぶ時,その塾の教材にこだわって・・・対策としてはやはり,教材を変えるのが一番でしょう納得が行かない解き方にこだわる生徒特に国語ですが選択肢 [続きを読む]
  • 勉強方法を固めてあれば....
  • 秋になると塾の模試だけでなく,志望校の過去問も加わり「平常心でいろ」と言うのは,『ムチャ言ったら,オウジョウしまっせ〜〜〜』の世界 秋になると,誰もが,ご招待されます そこで今のうちに,勉強の方法論を確立しておくことが必要不安なときに,この勉強をすれば,元に戻るという勉強を具体的には国語の記述が,チョットズレてきた生徒「くちぶえ番長」の記述の復習をしたら元に戻りました ただ怖いので,しばらく,以前や [続きを読む]
  • 偏差値の壁
  • 偏差値通りの結果の学校は国語の入試問題が,選択肢・記述バランスよく出題する学校私の経験上あまり逆転はありませんまあ固いというか面白みがないというか偏差値の壁を乗り越えるのは(国語で)やはり記述重視校記述の書き方をマスターしていれば結構,戦えます今年記述重視の男子校3校(K成・A布・K東),女子校1校(Y葉)に合格してくれました大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので, [続きを読む]
  • 塾で良い成績を取りたいのか,受験に合格したいのか
  • この問題に悩むのは,秋以降塾の模試と中学入試の解答の違いに悩むのは具体的にいえばE光の記述に合わせて書けば,塾の模試では減点されそう字数制限の範囲内で要素を練り込んで書き切る訓練をしても,塾の模試では評価されない塾の要求する書き方は,もうマスターしたといって,第一志望の中学の書き方を書いて,どう評価されるか知りたい・・・塾の模試の作成者を呪いたい「この阿呆」となどという悩みは秋以降です 今は塾の成績 [続きを読む]
  • 比較の視点
  • と言っても塾の比較ではなく,中学の比較塾の比較は,書いていて面白いですテストの質はどうかテキストのレベルはどうか教える講師の質はどうかいつか,機会があれば 同じ記述重視とは言っても男子中と女子中では,違いが・・・と,一般論を言っても,役には立ちません個別的な学校の検討をしなければ,役に立ちませんここで興味深いのは同じ文章を使いながらも,設問の仕方が違うところ2009年の駒東と桜蔭の国語文章は,「橋本紡 [続きを読む]
  • S塾の特徴−−社会について
  • 私の,独断と偏見に基づいています私が作った暗記用年号語呂合わせ用で,簡単な解説にもなっていますA4で3枚(表裏で6ページ)自分では,「ナカナカの優れものでは」と思っています事実この年表を使って,私の生徒,T駒・K成などに合格していますしかしS塾の娘がいるお父さんS塾のテストに対応できるように,詳しくしてくれとそれで枚数は変わらず,コラムを作りましたテーマは①鎖国へ,②開国へ,③開戦へ,④終戦へ,がメインの [続きを読む]
  • S塾以外の生徒・保護者の不安
  • 去年の秋こんなメールを頂きました息子の〇塾の本科クラスは、近隣校から上位生が集められたクラスで、〇クラスのカリキュラム以上のことを教わってきました。それなのに、S塾のテストを受けるとさっぱり得点できません。知識不足を思い知らされます。息子に言わせると、「問題の格が違う。」のだそうです。果たして、〇塾の勉強で難関校対策はできるのでしょうか?とにかく不安です。(私の名)先生、よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 子供の弱点を知る
  • 説明文で「生態系」を,よく知らない生徒がいましたこれは危険 分野別の問題集はいろいろ出ていますから,本屋に行って買うことを勧めます1分野,5,6題もやれば,感覚はつかめます「生態系」でいえば生態系を維持・守るのは,常に良いこと人間は,生態系を壊す存在として登場して,常に「悪」もし,人間が「良い存在」として登場する説明文があっても「ふ〜〜ん」「いつもと違う」と思って読んでくれればいいだけテーマに慣れるこ [続きを読む]
  • 親が手をかけるほど,子供は伸びる
  • 子供を叱るだけの親では子供は伸びるはずもなく 勉強方法を示して,成績が上がったらほめるこの繰り返しお母さんが,このブログを読んでいて語彙力の訓練は,小学3年(4年かも )から十分積んでいる少女語句ノート作成は不要なレベルになってしまいましたそのお母さん自分の子供の特徴だけでなく通っている塾の弱点もよく知っていますそしてその弱点を克服するために個別塾に通わせています(その範囲のところをやってくれと)[追 [続きを読む]
  • 春期講習中にすべきこと
  • ボチボチ春期講習も終わりテーマを持って講習に臨んだ生徒もそうでない生徒も出来ていることは,そうは変わりません しかしせっかく,春期講習のテキストが手元にあるのですからそれを活用せねば 国語は読んだ文章で,分からない語句を「語句ノート」に書くそれが出来なければせめて文章に,分からない語句にラインマーカーを引くそして次は,父兄の出番父兄が,語句ノートに書くできれば,前後の文章も父兄なら,その語句はどのよ [続きを読む]
  • 模試の見直し
  • 間違えた問題のチェックだけというのは,もったいないせっかく,時間とお金をかけたのに国語はまず,文章の語句のチェックを分からない言葉は『語句ノート』に1日1ページの割合での復習は忘れずに(見るだけで良いです)次に,間違えた問題の理由を考えるここで気をつけるのが考えすぎないこと質の悪い問題は,結構あります 「普通に考えたら,違う答えだろ〜〜」「記述,こう書くか〜〜〜」というレベルのものが 質の高い問題は, [続きを読む]
  • 入試問題の方が面白い?
  • 近頃第2・第3志望の学校の入試問題を解くことが多く通っている塾の解き方が実際に使えるか,試してもらっています通っている塾の解き方と言っても教室(講師)によって,かなり差があり私が,教室ごとの特徴を言っています 困るのは選択肢が苦手な生徒に,ラインマーカーを使って解き方を教えたところ選択肢は出来るようになりましたが得意だった記述が,チョットになってきたこと記述のポイント(物語文)は「道徳的に好ましい [続きを読む]
  • 春期講習
  • 私が教えている某塾の女子2人とも秋季講習をパスしてますそして1人は,十分に休養を取ってほしいと私は願っていますもう1人は,不得意なところを集中して勉強中春季講習に行けば『実力が上がる』とは思っていないところが,頼もしい 国語についていえばまず,不得意なところを探る 語句・物語文・説明文を一通り回して,その生徒の考えるクセを探る同時に,私の思考パターンを,ノートに書き込みながら,伝える1回目は,問題 [続きを読む]