ダルマ さん プロフィール

  •  
ダルマさん: 国語職人・社会職人
ハンドル名ダルマ さん
ブログタイトル国語職人・社会職人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skyandsea9
サイト紹介文中学受験の国語職人・社会職人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供281回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/08/03 13:44

ダルマ さんのブログ記事

  • 難問を避ける?
  • 家庭学習の時と入試の時では難問に対するアプローチは全く異なります家庭学習のときは難問にこそ勝負を掛ける必死になって,考えるそして解けてももっと行数が短くなる解き方はないかと探す探す考える私の大学受験の数学の解き方です 入試会場では解ける問題から,解く当然難問は最後ただし予想された問題(記述)では基本は書く[おまけ]算数の家庭教師は入試問題の難問を「これ,難しいから解けなくて良いよ」と,パスしました [続きを読む]
  • 成績が悪い生徒には
  • 必ず,原因があるはずその原因を突きとめなければ集団塾の限界私が教えていた集団塾はとてもじゃないですが1人1人,目が届きませんクラス全体の内,〇人合格したから,いいか,と言う感じしかし個別・家庭教師はその生徒が合格しなければ,いけません当然,原因を突きとめなければそして対策を立てて,実行せねば保護者会などに行き「原因は何ですか?」と聞いてみて即答できない講師・事務員なら多分成績は悪いままそのままでし [続きを読む]
  • ぶっつけ本番でも,合格するときは合格する
  • 2月1日,2日不合格で2月3日に,K城2次に合格そして2月3日の夜に,お母さんが私へ電話S光の2次の資料を送ってくれとメールで送りました初めてするS光の問題2月4日,お母さんが付き添いで行き待つ間,国語の問題を読んでいると「これなら,ウチの子でも解ける」その家庭は,兄・弟と,2年続けて教え,お母さんが横にいたので私の教え方を熟知子供の学力も熟知弟の時,私が,「私の教え方はワンパターンですから,お母さんが教えたら [続きを読む]
  • ページ数か,時間か
  • 基礎学力がある生徒なら時間を意識した勉強をするべき1日〇時間勉強できるとして△時間は算数に充てて,●時間(分)は国語に,……ここで基礎学力とは偏差値57ある生徒を言います基礎学力に不安がある生徒は今の時期どの範囲が不得意か,分かっているでしょうその不得意なところを秋の内に,つぶす不得意分野を何度もする,ページ数を意識した勉強になるでしょう大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関 [続きを読む]
  • 逆転しやすい学校
  • 国語について言えばそれは記述重視校なぜなら記述はパターン化しやすいから記述の中でも応用は解けなくて良いです例えば開成中で「先生、先生……」の『……』を学校解答は文章中に根拠求めた上で(後述A君指摘)道徳的に素晴らしいことが書いてありました某S塾の看板講師は,市販の過去問集と同じ解答でしたが,学校解答とは違っていました私が教えた生徒(A君)は,学校解答そのままでしたもう10年近くたつのに,先日,その看板 [続きを読む]
  • 国語の基本中の基本
  • 答え・ヒントは文章の中に書いてあるなぜでしょうこう言っては何ですが国語は屁理屈をいえばなんとでもなります採点者はそれでは困るそこで文章に書いてあれば採点者は言い訳が出来ますですから文章の中から探す選択肢の中から探すこれが国語の基本中の基本となります[おまけ]かつて大学受験の国語では文章を読まずに選択肢だけから判断できる,という方法がありました試してみたら全く,使えませんでした選択肢だけで何とかなる [続きを読む]
  • 社会の過去問の注意点
  • 過去問の点が悪いと嘆く前にどこを間違えたのか,チェックしましょう時事問題で間違えてもまず,今年は出ませんからどうということはありません社会の記述に内容をどのくらい盛り込むかは国語の記述と同じように字数によります大事なことは記述の前提となる掲載されている資料の読み取りそして読み取ったからには書かなければ(表現しなければ)点になりませんこの訓練は合格したければ必ずやらなければいけないものです大切なのは [続きを読む]
  • 初見の問題に弱い生徒
  • 国語については男子ならはっきり言って全くの初見の問題なんか,ありませんせいぜい,既に解いた問題の変形です男子が弱い分野をやれば,十分物語文では女子が主人公の文章ほのかな恋愛感情を持つ男子が主人公の文章過激な恋愛の物語文は,入試問題では見たことがありません 加えてその生徒が不得意な分野例えば言語論の説明文が苦手なら言語論の文章を10題ほど,集中的にやる説明文で一番難しいのは,言語論だと思います女子につ [続きを読む]
  • 公表されない,塾のデータ
  • 某塾 某教室もう,新興とは言えないかもしれませんが 6年のクラスは2つ上のクラスと下のクラス私が教えていた生徒上のクラスに在籍10月にK東からK成に志望校を変更その教室から,唯一K成に合格大々的に宣伝されましたしかし下のクラスは全員どこにも受からず上のクラスでも実績を出したのは前から2列目までの生徒私が教えた生徒のお母さん「落ちた生徒がかわいそうです」「何とか,ならなかったのでしょうか」塾は下のクラスが [続きを読む]
  • 資料整理
  • 大量の資料が塾から渡されますその資料の整理・管理は親の仕事生徒の仕事は問題を解くことマスターした解き方を何度も何度も繰り返すこと受験生はまだ,幼いです余分な労力を勉強以外に使わせては成績が下がります大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ言います この方針に賛同される人は, を m(._.)m 中学校受験 ブログランキン [続きを読む]
  • 信頼できるやり方を
  • 生徒が「これだ」と思う解き方でなければ結果は出にくいですこのやり方で,解くと決めたら,3カ月は,やってみる国語で結果が出やすいのは記述ですパターンを,いくつかマスターしたらドンドン解いてみる私は記述のパターンは4つでまかなえると思います除く O蔭,Fス の2校得意科目を作るのは難しくても得意分野を作るのは,国語でも,可能です[おまけ]選択肢についてはサバキ方は,2つ文章からサバクか,選択肢からサバクか [続きを読む]
  • 国語は論理
  • 数年前のメッセージですがはじめまして。大手進学塾〇に通っております。国語が延びません・・・。…というのも塾の先生が何を言っているのかが分からないというのです。(中略)残念なから、現在受験生の娘は明らかに講師の先生に恵まれていないように感じます。(中略) 国語につきましては、おそらくブログで解説されているようなテクニックを使った論理的な解き方が出来ていないように感じます。(後略)勉強時間・問題の量を [続きを読む]
  • 時は,過ぎていきます
  • 去年の今頃のメールはじめまして。こんにちは。ブログは時々拝見していて、息子の勉強をみてもらいたいと思っていましたが、住まいが(略)なので諦めていました。小6の息子です。〇〇塾の下のクラスに通っています。算数はできるのですが、国語がさっぱりで40以下です。社会と理科も50いかないことも多く、成績が安定しません。塾からは算数の勉強はやめて、社会と理科を家でやるように言われました。国語に関してはこれ以上伸び [続きを読む]
  • 模試と過去問
  • 重点を置くべきなのは,過去問模試で良い点を取ってもムダとは言いませんが 精神安定剤にはなるでしょう例えば記述重視校なのに記号ばかりの模試で良い点を取っても危険逆も当てはまりますやはり過去問をしかも特定の学校を集中的に9月は,第〇志望の学校を10年分10月は,第△志望を一定期間,同じ学校の過去問を集中的に解く(考える)ことで,その学校への感覚・サバキ方,が磨かれますそして冬休みには,2回り目冬休み明 [続きを読む]
  • 復習について
  • 国語と社会は全く復習の方法が違います社会はやはり,何と言っても暗記科目正確な知識があるか例えば江戸時代の三大改革「年号と,やった人と,その内容(3つぐらい)を,言ってみて」即答できなければ,甘いですそして社会の復習は,入試会場に行くまで,覚えたところも,何度も何度もやる国語は知識は,語句・文学史・文法そして学校に合った問題の解き方の訓練をする例えばE光は,1行の記述の解答欄に,3つの要素を練り込むこの [続きを読む]
  • 解説がジャマになるとき
  • 問題の解き方が確立されると解説がジャマになります自分の解き方と違う解き方で解説されても読んで理解するのが面倒ただし自分の答えが正解かどうかは知りたいそこで答えだけ載っている問題集を解くことになりますここまで来るとどこを受けても,合格してしまいます[結論]自分の解き方を確立させること大切なのは,わが子の合格今やらねば,合格発表で地獄を見る塾関係者ではないので,生徒にとって,最善と思うことを,ズケズケ [続きを読む]
  • セカンド・オピニオン
  • 過去問は解いて,塾に提出しますそして添削されて,返って来ますここからが,合否の分かれ目塾から返って来た添削をたたき台に私は,決まった解き方で解説しますそしてその場で,書き直して(解き直して)もらいますワンパターンの解き方入試会場で,実際に解く解き方でどうすれば解けるのかどうすれば,書けるのか体で覚えてもらいます塾の添削は一貫していないときがあります添削者がバラバラだったり,解き方が固まっていない添 [続きを読む]
  • 国語が不得意な生徒の勉強方法
  • 毎日国語を40分は勉強する塾で国語を勉強する日と,国語のテストをする日を除きます勉強内容は20分で,問題解き20分で,語句と間違えた問題のチェックどうしても国語の勉強は,後回しになってしまいますですがどの科目もそうですが成績は正しい勉強時間に比例します[訂正]昨日の渋幕中の記述は,50字にして下さいm(._.)mこの年,私の教えた生徒は2人受験して,2人とも合格しました。その内の一人は,特待生で。「メモチェの書き [続きを読む]
  • 社会の勉強方法
  • 勉強量が必要なものは何と言っても,歴史社会を集中的に教えて,という依頼があり歴史の勉強方法は基本となる1冊は,メモチェにしてもらいます(どこの塾に通っていても)しかし,足りないので,書き込みを例えば「5世紀中頃には,大和朝廷の力が九州北部から関東まで及んでいたのは,何から分かるか」(渋幕・20字記述)メモチェに書いてあるのは稲荷山古墳(埼玉県),鉄剣,金文字これでは,足りない江田船山古墳(熊本県) [続きを読む]
  • 国語の教え方の上手・下手とは
  • 中国のことわざに「飢えた者には,魚を与えるな。魚の取り方を与えよ」というのがある(らしい)出典は,漫画だったかも 国語の教え方も最悪なのは,単に答えを言って,オワリもっと最悪なのは,私が教えていた大手塾で,某講師が,室長から,「せめて,答えをテキストに書き写して授業に臨んでください。」と言われていました。さらに最悪なのは,去年,地域塾で・・・・(かわいそうで,書けません)極悪なのは,某大手塾で,・ [続きを読む]
  • 経験がモノをいう
  • 物語文と説明文どちらかというと物語文の方が得意という生徒が多いそれは物語文の主人公の方が,理解しやすいからその理由は自分の経験と比較できるだから自分が経験していない主人公の物語文の出来は 物語文でも男子なら女子が主人公の文章は出来が悪くほのかな恋愛感情がテーマの文章は,悲惨な出来そこでいろいろなテーマの文章に当たる必要がある事前に,文章の内容を経験しておくことは有利説明文は経験していない・なじみの [続きを読む]
  • 地域塾の長所・短所
  • 去年,今年と地域塾で勉強していた女子を教えて全員,第一志望に合格しましたと言っても,1人ずつ,計2人ですが 共通するのはいずれの塾も,算数に力を入れているそして拘束時間が長い大手塾の算数講師が独立することが多くだから算数の教え方は上手しかし国語の解き方が,体系化されていない例えば2人とも,第1志望は記述重視校でしたが何となく,記述を書いている体系化されていないそこで記述の4パターンを教えて,その練習さ [続きを読む]
  • 家庭教師・個別の講師の依頼のポイント
  • そろそろ我が子の勉強に拍車をかける時期このままでは,落ちるそこで家庭教師・個別の講師に依頼することが多々ありますですが結構,高額無駄な出費・時間の浪費は避けなければ私は参考書を買うときは分かりにくいテーマを決めてそのテーマだけを,何種類かの参考書を読みますそして一番分かりやすい(易しい,と言う意味ではありません)参考書を買います家庭教師・講師選びも生徒が分かりにくい問題・分野を事前に指定して何人か [続きを読む]
  • 不思議な姉妹
  • 語句を一つずつ詰めて文章を読み問題を解くオーソドックスな方法でしょうしかし両親が中国出身の姉妹姉は,語句の知識がなくても,国語の偏差値50キープ「不思議だな〜〜」と思っていましたその妹を教え始め姉と同様,語句の知識はなくどのくらい知識がないかというと「木こり」「声を張りあげる」「たしなめる」などなどを知りませんですが第一志望のT岡国語は,合格点に行ってしまいます肝心なことは文章・問いの核心となる言葉 [続きを読む]
  • 夏期講習で気をつけるべきこと
  • 量よりも質中途半端に,量をこなしても,学力向上は見込めませんしかし塾によっては,膨大な過去問の宿題を出すところもありますそれをやらなければ,生徒の塾での立場が悪くなるそこでとりあえず,答えを埋めることになってしまいますこんな勉強では「力がつかない」と思うようでは,受験生とは言えません限られた時間夏期講習に体力・知力を取られ,集中力もない時の過去問解きその時にこそ自分の不得意な分野・問題が如実に現れ [続きを読む]