ダルマ さん プロフィール

  •  
ダルマさん: 国語職人・社会職人
ハンドル名ダルマ さん
ブログタイトル国語職人・社会職人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skyandsea9
サイト紹介文中学受験の国語職人・社会職人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2014/08/03 13:44

ダルマ さんのブログ記事

  • 早くも
  • 国語の成績がチョットの生徒の依頼が来ています毎年夏期講習が終わってこんなはずでは・・・ と,秋の寒さが身にしみる頃に私への依頼が多くなるのに今年は夏休み前に来るとはただワラをもすがる状態にならないと私の言う通りにしてくれないおそれが・・・素直に言うことを聞いてくれる生徒は成績が上がります言うことを聞いてくれるには客観化された実績が一番です 私は公開されている,某塾・某センターの私の実名入りデータを提 [続きを読む]
  • せっかくの添削も
  • 某S塾の看板講師口は悪いが,腕はいいそして,その口調のままの添削しかし生徒には,その添削で何を言おうとしたのかが,伝わらない生徒は「あのゴリラ。何言っているのか分からない!?」 私が読むと「これはこういう意味で,こう書けばいいんだよ」「良いこと,書いてあるよ」添削にセカンド・オピニオンが必要かも添削をしても生徒に伝わらないのでは添削に工夫が必要かもガンバレ〜〜 大切なのは,わが子の合格今やらねば,合 [続きを読む]
  • 塾の善し悪し
  • 評判の良い塾・実績を上げている塾塾は,それぞれ「売り」がありますなければ,今の時代,生き残っていかないでしょう 一番当てにならないのが特にネットでの評判評判は,一つを鵜呑みにせず,多数の評判を集めることが大切ただし他の子には合っても,我が子には合わない可能性もそこでお試しが大切それには自分の子の弱点と,志望校の出題傾向を見比べるその塾が,我が子の合格可能性を上げてくれるか,見極めるのが大切[おまけ [続きを読む]
  • 夏休みに,何をする?
  • 夏期講習に通う生徒できれば,早い時期にお試しか何かで勉強方法を教わることが大切今までと同じやり方では夏期講習を受けても今までと同じ結果になります教わるポイントは3つ①語句ノートの作り方②問題の解き方(選択肢・記述)③文章の読み方この3つの訓練を,夏期講習で試してみる夏期講習に通わない生徒この生徒は,不得意分野をじっくり勉強できます以前,某塾の一番上にいた女子が夏期講習に通わず結果を出しましたただし [続きを読む]
  • 講師の学歴
  • 以前のブログでは学歴は,公開していませんでしたしかし生徒を教え始めてしばらくたって,(さりげなさを装って)父兄に聞かれたとき私の大学名を言うと父兄がホッとするのが分かりますそれなら最初から公開しようと,載せることにしました生徒の情報は小学校名・塾名・クラス・兄弟など,いろいろ聞くのに講師の情報を与えないのは,不公平かな?と思います(あくまで,受験に必要な限度の情報です)大学で判断できるのは大学の入 [続きを読む]
  • 社会のまとめ
  • 国語に比べて社会の解説ブログは少ないのでたまには社会でも 基本となる本は,1冊にするボチボチ,来年の受験用のデータも出揃うころ〇〇チェ,〇〇プラス,〇〇〇まとめ慣れている本なら,何でもいいですどうせ,山のように書き込むのですから 近頃私の〇〇チェの書き込みを,写メに撮って生徒の〇〇チェに書き写すのは,保護者の役目になっています 今年〇塾の某クラスからA布に行った生徒内閣不信任案可決・信任案否決から2ル [続きを読む]
  • 夏休み間近−−今,しておくべきこと
  • 夏期講習に通わなかった女子某塾αクラスにいた女子お父さんが熱心夏休みまでにその生徒の弱点・夏休みまでにするべきことを紙に書き家と近くの図書館で勉強ちょうどその時一日12,3時間勉強している下剋上受験が話題となり私が,「すごいですね」と言うとお父さん「ウチの子も,そのくらいはやってます」その少女はFスとK等に受かり,K等に進学ところで,話を戻していますべきことは我が子の弱点・対策・使える時間を紙に書く大事 [続きを読む]
  • 文章把握の仕方
  • 国語のブログが近頃増えて嬉しい限りです参考になるものも多く早速生徒に試してみました 試せないのがほとんどですが それはさておき語句ノートもこなしている問題の解き方も,何となく分かったしかし全体の文章の把握が不安定そんな生徒にはその文章の構成にドップリつかってみる作者・設問者と同じ思考をたどってみるそれには文章に線・ラインマーカーを引く大事なのは文章全体に線を引くのではなく語句に線を引く線を引いた語句 [続きを読む]
  • 他塾の模試
  • 〇塾に通っている女子国語の模試の成績がチョットだったのでS塾(最も実績を上げている塾)の組分けを受けてみたらお母さんからメールが来て国語の記述は16点の問題が二題でしたがお陰様で、16点と15点(酷い送り仮名のミス)でした。国語の偏差値は,67得意の算数は,70近く2学期になったらS塾の模試を・・・と,牙(女子だから,『爪』の方が良いかも)を研いでいます〇塾は,夏期講習で,一通り,全範囲が終わりますゆっくり過ぎ [続きを読む]
  • 強化方法
  • まず情報を集める我が子に足りないものは何かどうすれば,成績が上がるかこれは,人それぞれ選択肢が不得意の生徒もいれば説明文の文章の把握が苦手の生徒もいる次にその対策に,お金をかけるお金の話をすると,チョット下品な感じがしますがやはりお金をかけなければ例えばS塾で何度も1番を取った生徒のお母さんが「ウチの子は,〇〇の〇〇が弱い」と感じてその教科の専門塾に入室を申し込み・・・などなどそしてそのやり方を,最 [続きを読む]
  • 「これしかない」,と思わない
  • 塾や模試の解説・解答に「納得できない」ことが良くあります家庭から相談を受けた特に私は,「〇〇(塾の名)だから」  とよく言います複数の解答・解説を比べるそして生徒が納得できるやり方で,突き進む算数でも分からない問題は,面積図・線分図・三角比で解く,と決めている生徒は強いらしい国語でも分からないときは塾のやり方にとらわれず自分のやり方で解く選択肢はコレ記述はコレ,と夏休みまでに自分のやり方・解き方を [続きを読む]
  • 宿題の出し方
  • 家庭学習の重要性塾や家庭教師に習っている時間より,家庭学習をしている時間が長いでしょうからその時間の使い方は大事1週間のスケジュール表に書き込む国語が不得意の生徒ならまずは朝起きたら,計算と漢字に15分ずつそして語句ノートは,毎日5分文章題は,1日おきに1題20分文章題をしない日は前日した文章題のチェック私の宿題の出し方は前にも書きましたが週の前半は標準的問題週の後半は,チョット難し目そして,塾の国語の授 [続きを読む]
  • 「親の思い」と「子の思い」
  • 今年の生徒α1とTM 父兄の第1志望はK成とA布その対策は,ほぼこなし両校には合格しかし生徒は,二人とも,その塾の一番上のクラス心密かに,T駒を狙って受験しました生徒の気持ちは,T駒が第一志望ただ私K成とA布の過去問はしましたがT駒の過去問は,二人にはほとんどせず家庭の要望は,K成・A布ということで私の生徒でα1でT駒に落ちたのは,初めて・・・・TMは,今年が初めての卒業生落ちたと聞いたとき生徒は,気持ちが落ち [続きを読む]
  • 昔のブログ
  • 近頃,怠け癖がついて(^^ゞブログの更新もあまりしていませんm(._.)mでは昔のブログの紹介をhttp://blog.goo.ne.jp/haruyokoi999/d/20100422私のパソコンのWindowsがXPだったころのものですWindowsが7になり,パソコンを新しくしたら,そこで,このブロクを始めました昔は,記述の方法論は確立していましたが,選択肢の方法論はイマイチで それにもかかわらず生徒達は,頑張って合格してくれました今と昔で共通するところは私が良 [続きを読む]
  • 国語が不安定な生徒−−1週間の使い方
  • 1週間を前半と後半に分けて前半は,標準的な問題を宿題に後半は,チョット難し目の問題を宿題に標準的な問題をすることで問題を解く技術・パターンに慣れるただ,これでは,難しい問題が出たときに そこで週の後半は,難しい問題をして考える・推理する勉強を加えて塾の問題も解く[おまけ]標準的な問題を解くことは,大切です標準的な問題は偏差値付のものを用意して自分の志望校の偏差値を越えるとやる気が出ます難しい問題で× [続きを読む]
  • 国語の解き方が分からない
  • とのことで,アドバイスをすることが多いですこんなメールを頂きましたお礼(私の名)先生昨日はお忙しいところ、たくさんのことを教えていただきありがとうございました。娘が理解できたか心配だったのですが、「今日、おしえてもらって、すごく良かった。このやり方で問題をといてみたい!」とはりきっていました。私自身、〇塾の解答を読んでもしっくりせず、どう教えたらよいのか悩んでいたので、先生に記述の型をおしえていた [続きを読む]
  • 他塾を覗いてみる
  • 自分が通っている塾に満足している生徒は覗く必要はないでしょうホントは,あったりして 私の生徒で最も実績を上げている塾で,全国1位を何度も取った生徒が算数のM,理科のT,という単科塾に通ったこともWの入室テストを受けたら,授業料無料で,その生徒一人のために,池袋から看板講師が教えに来て目標は入試に合格すること塾で良い成績をとることは,最終目標ではありません自分の通っている塾を絶対視せずに他塾を覗いてみれ [続きを読む]
  • 中途半端な問題は,欠点を隠す
  • 点の取りやすい問題は自信はつくでしょうひょっとしたら,つかないかも 自信をなくしているときは,易しい問題はいいかもしかし平均的問題より,チョット難しい問題頭の髄まで疲れる問題をこなしてこそ実力が鍛えられますギリギリの所まで考えたことが合格へと導きますまあ「問題選択は大事だよ」,と言う話ですが 塾の模試・テキストでも「こう聞かれたら,どう答える?」「この時の,主人公の気持ちを50字で書いて」50字は,汎用 [続きを読む]
  • 限定した知識で−−知識習得はキリがない
  • これを知らなかったから,点が悪かったと思うのは,ある意味,楽これは,もう知ったから,次は点が良くなると思えるからしかし知識をつぶせば点が上がる,と言うのは,危険な考え知識は,キリがないからどの程度まで,覚えなければいけないのかその範囲を,明確に知るそしてその範囲は,歯を食いしばって,マスターするマスターしたら自分が知らないことを聞かれたらそれは応用基本的知識(自分が知っていること)からの推理で点が [続きを読む]
  • 中途半端に勉強しない
  • 中途半端ではない勉強とは文章の語句は,全て確認済み文章の論理構成・流れも,把握してある大事なことは自分が間違えた問題なぜ間違えたのかどうすれば,もう間違えないのか対策もOKこのくらい,やれば文章題を検討した,と言えるでしょう確認方法は「前回の模試で,間違えたところは?」と,聞いてみる即答できる生徒は,即答できなければ,もうチョット,優しい確認方法は模試で,間違えたところを指して「これ,どうして間違え [続きを読む]
  • 生徒の成績
  • 上がってきました (^_^)語彙力がつくと,成績が上がります語句ノートの勉強を,毎日,家庭でやってくれているおかげでしょう過去問の宿題も並行してやってもらっています絶対に受験しない学校をやる生徒もいれば第一志望の学校の,大昔の過去問をやる生徒もいてどの過去問を選ぶかは「生徒がやりたい」,というものを基準にしていますこう言っては何ですが今の時期,どれをやっても,一緒 今の時期,特定の学校対策に特化した勉強 [続きを読む]
  • 夏休みまでに−−−過去問のすゝめ
  • 夏休みまでに,過去問を今の時期まだ早いと思われるでしょうが・・・対象とする過去問は絶対に受験しない学校か男子なら女子中を,女子なら男子中を生意気な弟が,O蔭に行っているお姉さんのO蔭の過去問集を姉の前にポンと置き「これをヤッツケテから,自分の勉強しよ〜〜〜っと」 ハイレベルな戦い(あくまで偏差値上です−−−ケンカのレベルは−−−)受験予定の学校でも,20年以上前の過去問塾でやる過去問は,せいぜい10年前 [続きを読む]
  • 中学情報を集める
  • 中学では,今中間試験間近そこで中学受験で教えた生徒の父兄から,中間試験対策をしてくれ,とのメールあり「古文が分からん」と現在どこでも受かりそうな女子(2人)を教えておりその2人が受験する予定の中学2人に,その女子中の内部情報を話して,イメージを持ってもらって,テンションを高めなければ私古文は,よく教えておりY共に進学した生徒のお母さんお母さんもY共出身「私は,古文が出来なかったから,大学選択が制限され [続きを読む]
  • 教材選択
  • つまらない問題をやるより面白い,興味の出る問題・テキストをやる方が,やる気になります某塾のGW講習で感動する物語文がありました私は,読んだこともない作者「赤川次郎」女子中・高生が読むものという,意識があり いや〜〜感動しました話の内容は,女子高生が,学校さぼって,海に行きタバコを吸って 私の生徒は,「あ!!!タバコ吸ってる」と,この部分に異様に反応していました 幸せそうな4人の家族連れから,記念写真を [続きを読む]
  • 夏休み前までに,すべきこと
  • GWも終わり順調に成績が上がっているなら,その勉強方法でしかし上がっていない・不得意教科があるという人は今,通っている塾をそのまま続けてもそのまま変わりません私現在月に1度,教えている生徒がおりこのようなメールを頂きました昨日、先生のお話を伺って(私の記述のパターン)の事がストンと腑に落ちました。ただ、(塾)の記述はもっと簡単で、適当につなぎ合わせる物が多い様に思います。本文を読みながら下線の箇所の [続きを読む]