クスドフトシ さん プロフィール

  •  
クスドフトシさん: 世界はキミのためにある!
ハンドル名クスドフトシ さん
ブログタイトル世界はキミのためにある!
ブログURLhttp://ameblo.jp/kusudofutoshi/
サイト紹介文なるほど!って話や、笑える話、おまけに潜在意識的な話もあったりなんかして、一緒に願望実現しませんか?
自由文潜在意識を知って早10年。

おいおい、そろそろインプットよりアウトプットだろ!ってことで、自身で体験したり、開発したメソッドやお話を、今夜も繰り広げています。

え?叶う願いしか浮かばないだって?
じゃあ、なぜオレ(私)の願いは叶わないの?

その答えは当ブログにございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2014/08/05 23:20

クスドフトシ さんのブログ記事

  • ワカランマン VS ナゼナゼ星人
  • しばらくの間、新着ブログ記事の更新をお休みしております(コメント欄も一旦閉じさせていただきます)。 充電から復活までの間、 過去(このページに引っ越してくる前)に書いていたブログから記事を再アップしていきます。 本日は、2014年7月19日の記事からどうぞ! :-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-: この宇宙の平和を守るのは、我らがワカランマン [続きを読む]
  • 役に立たないお悩み相談室(相談編)
  • しばらくの間、新着ブログ記事の更新をお休みしております(コメント欄も一旦閉じさせていただきます)。 充電から復活までの間、 過去(このページに引っ越してくる前)に書いていたブログから記事を再アップしていきます。 本日は、2014年7月7日の記事からどうぞ! :-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-: 当ブログにこんなお便りがありました。「夫のギャ [続きを読む]
  • 役に立たないお悩み相談室(回答編)
  • しばらくの間、新着ブログ記事の更新をお休みしております(コメント欄も一旦閉じさせていただきます)。 充電から復活までの間、 過去(このページに引っ越してくる前)に書いていたブログから記事を再アップしていきます。 本日は、2014年7月9日の記事からどうぞ! :-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-: (⇒昨日の続き) 昨日の記事を踏まえて、早速回 [続きを読む]
  • わたしは宝くじ
  • しばらくの間、新着ブログ記事の更新をお休みしております(コメント欄も一旦閉じさせていただきます)。 充電から復活までの間、 過去(このページに引っ越してくる前)に書いていたブログから記事を再アップしていきます。 本日は、2014年7月4日の記事からどうぞ! :-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-: もしも今、あなたが何かに悩んだり苦しんだり、落 [続きを読む]
  • 鯉に学ぶ人生訓
  • しばらくの間、新着ブログ記事の更新をお休みしております(コメント欄も一旦閉じさせていただきます)。 充電から復活までの間、 過去(このページに引っ越してくる前)に書いていたブログから記事を再アップしていきます。 本日は、2013年11月28日の記事からどうぞ! :-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-: かなり前に、“六甲山カンツリーハウス(⇒ [続きを読む]
  • そこに愛はありますか?
  • 今日からしばらくの間、新着ブログ記事の更新をお休みしたいと思っています。 新たなステージに向かうためのいわゆる"充電"をしたいなと思っていたので、 いつも応援してくださってる皆様にはしばらくの充電をお許しいただき、 また帰りを待っていてもらえると嬉しいです! その代わり、このブログページに引っ越してくる前に掲載していたブログがあるのですが、 そこから過去記事を順次アップしていこうと思います。 ほとんどの方 [続きを読む]
  • ゴーマニスト
  • 昨日で秘密倶楽部3期もすべて終わりまして、 今日はそこで出たお話をちょっとここでもシェアしたいと思います。 それは『与えることが好きだけど受け取るのが下手な人ほど(実は)傲慢』だという話です。 自分に自信のない人、不安や後悔や心配や恐れなどネガティブが常につきまとう人… こういった人は本来の自分(生まれたときは失敗も恐れも何もなかった)ではなく、 育ってきた環境や周囲の影響を受けて出来上がった、 "制約 [続きを読む]
  • 幸せな人生とはお金がたくさんあることじゃない。 もちろんお金がたくさんあったら幸福度が高いという実験結果も出ている。 そりゃそうだ。 ストレスなく生活できるのだから。 でも、本当に大事なのは… 本当に幸せな人生とは… 誰かに必要とされること。 それが誰か一人でもいい。 一人でもいいから「必要だね」って思われること。 かと言って、出しゃばって誰かのお節介は焼かない。 砂漠で喉がカラカラだったら雫でさえ必要だけ [続きを読む]
  • 不幸人
  • "「ありがとう」という言葉は良い言霊のエネルギーがあるから、 何万回も唱えましょう"というメソッドがあったとします。 そして、”そのメソッドを実行すれば幸せになれます"、と。 でも、これはこれはよーく考えてみましょう。 誰がやるの?って言ったら、 今、不幸だと思っている人がやるわけですよね。 今、幸せな人はそもそもやんないと思うんですよ。 まあ、ここまではいいとして、 不幸だと感じている人が「ありがとう」と [続きを読む]
  • スッキリ or ドヨーン
  • 昨日の福岡での秘密倶楽部で嬉しかったことがありました。 昨日参加してくださった、高校3年生になる娘さんをお持ちの女性は、 娘さんの三者面談の際に待合室代わりに使っていた学校の図書室で、 ボクの本を見かけたのが"クスドフトシ"を知るキッカケになったことでした。 県や市や町の図書館でボクの本が置かれているのは、 有難いことに今では当たり前の状況になりつつありますが、 まさか学校の図書室で自分の本が置かれる日が [続きを読む]
  • 欲と恐怖(後編)
  • (昨日の続き) 昨日は"恐怖はなぜ起こるのか?"ということを考えてもらったかと思いますが、 これは実に簡単で(あくまでもボクの考えです)、 恐怖は「無知」と「疑い」の2つから起こることがほとんどだと思います。 まず、「無知」といっても何も知らないわけではないと思うんですね。 例えばめちゃくちゃ分かりやすい例で言うと、 「好きなことを仕事にして生活していきたい!」と思っても、 好きなことを徹底的に調べている [続きを読む]
  • 欲と恐怖(前編)
  • どうも、お久しぶりです。 1週間ぶりのブログですね! クスドフトシです。 楽しみに毎朝このブログを覗いてくださっている方もいたかもしれませんね。 できるだけ更新するようにしますので、期待せずに今後もお付き合いいただければと思います。 先週末は東京で、以前イベントをご一緒させていただいたスピリチュアル女子大生CHIEちゃっん(⇒ブログはココ)と、 サンマーク出版の編集者・岸田さんとお茶をしたり、 『恋の勉強会 [続きを読む]
  • 過去を飛び出して
  • 人はどんな人も過去を持って生きている。 過去を背負って生きている。 良い思い出もあれば、思い出したくもない過去も。 忘れてしまいたい思い出ほど忘れなくて、 覚えておきたい嬉しかったことほど忘れてしまうもの。 どうでもいい歴史の年号はいつまで経っても忘れないのに、 あの人の声や横顔は忘れてしまうもの。 たくさんの過去の中に、忘れたいもの、忘れてはいけないものが混じり合い、 過去は半永久的に僕たちを追いかけて [続きを読む]
  • その誰か
  • 昨日の記事(⇒)で、 「サンマーク出版の編集者・岸田さんと金子さんが始めるLINE@の登録をお願いしまーす!」と、 お声がけした結果(これはボクだけの功績ではありませんが)、 今日、確認をしたら登録者数が1100名を突破していました!! 昨日のブログ記事の前は600名ほどだったので、ほぼ倍ですよね。 別にボクの公式LINEでもないのですが、素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。 なぜなら、もちろん他の媒体でも紹介さ [続きを読む]
  • 岸田、LINEはじめるってよ!
  • 先にみなさんに謝っておきます。 申し訳ありません。 ボクはもう今や広告代理店と化してしまいました(T_T) そうです、今日も告知です。 しかも他人の。 しかも、もうこれに至ってはお金が1円も入ってこないどころか、 商品(本やセミナーなど)の宣伝でもなければ告知でもありません。 何の因果でしょう。前世で悪いことをしたのか、前前前世で悪いことをしたのか…。 昨日のブログ、『究極の選択』っていう記事(⇒ココ)で、 " [続きを読む]
  • 究極の選択
  • 究極の選択っていうものがありますね。 現実にはそんな選択は存在しないのかもしれませんが、 例えば、今、アナタの目の前に神様らしき人物が出てきて、 どっちかを選ばせてやると言ってきたとします。 「選ばせてやる」と言われた時点で上から目線でめちゃめちゃ鬱陶しい神様ですが、 一旦そこはグッと拳を振り上げるのを我慢して聞いてみます。 「どっちかと言いますと?」と。 すると神様らしき人物はこう言います。 「お金には [続きを読む]
  • わくわくさん
  • 自分がワクワクできることは何だろうか? 自分がワクワクしたいことは何だろうか? それは「ちょっとやりたくないなぁ」と思っていること、 「本当にやっていけるだろうか?」と思っていること、 「うまくいくか分からない」と思っていること、 そういったものの先にあること。 それがワクワクだと思います。 自分の中で「やれるかな?」、「やった方がいいと分かっているけど、ちょっと怖いな」、 「失敗したらどうしよう」という [続きを読む]
  • シャドウ
  • 自分のやりたいことや、好きなことをやれない人がいるとしたら、 それをせき止めているのはたった一つの理由です。 それは『恐れ』ですね。 何かしらに『恐れ』を抱いてるってことです。 ・今の仕事を辞めて、自分の好きなことを仕事にしていきたい(でも、そんなに上手くいくだろうか?お金が入ってこなかったらどうしよう。怖い…) ・好きな人に気持ちを伝えて、付き合いたい。(でも、断られて今後、 [続きを読む]
  • 全部捨てちゃって
  • 赤ちゃんが立ち上がるまで、歩くまでに要する時間は、1日や1ヶ月どころでは済みませんね。 10ヶ月前後でしょうか。 それが今や僕たちは数十年も生きていれば、 自由に立つことも歩くことも思うままに話すことだって手足を動かすことだってできます。 簡単というよりも意識せずとも。 赤ちゃんに意識があったとして、もし、今のアナタを見ればこう思うでしょう。 「いいなぁ。羨ましいなぁ。私も [続きを読む]
  • ダウトはアウト
  • 昨日、読者様からある質問をいただきましたので、 他に同じように悩まれている方がいるかもしれないと思い、 その質問をシェアしてお答えさせていただきます。 質問の内容はこういったものでした。 「一つ質問なのですが、先日の『潮流』の記事(⇒コレ)から過去記事を拝見し、 『願望レストラン』の記事(⇒コレ)を拝見したのですが、 改めて読むと、こうしてセミナーに参加したり、ブログを読ん [続きを読む]
  • 功徳<くどく>の塊
  • はっきり言って宣伝なのである。 はっきり言って告知なのである。 しかも、他人の。 しかもボクには当たり前だが1円も入ってこないのである。 では、なぜボクは他人の宣伝を報酬も無しにやるのか? 否! やれるのか? それはもうこの一点に限られているからである。 "与えるものは与えられる" …からである。 それを証明するためである。 なので、これはもう確実に!&nbs [続きを読む]
  • 才能の欠片
  • 人にはどんな人も何かしらの『才能』というものがあるはずです。何もそれを仕事にしてメシを食うというようなシロモノではなくても…。お子さんをお持ちのママさんからよく質問をいただく事は、「フトシさんのお母さんはどんな子育てをされていたんですか?」というものです。ボクの母親はもう自分の子どもをどう育てたか忘れていたみたいで(笑)、何の参考にもならなかったのですが、ただ一つ、ボクはよく小さい時から本を読んで [続きを読む]
  • そこに理由(わけ)はあるのかい?
  • 昨日、道を歩いていると、ある一人の男の子(4〜5歳ぐらい)が向こうからやってきました。右腕をぐるぐる回しながら走っていました。いつもは別にそういう男の子がいても何も思わず通り過ぎるのですが、昨日に限ってはちょっと思うところがありました。昨日の記事で、"「『引き寄せの法則』を使って願望を達成しよう!」というスタンス自体がそもそも間違っているのでは?"という内容のことを書きましたね(⇒昨日の記事)。その [続きを読む]
  • 誰も教えてくれない『引き寄せの法則』の真実
  • もしかしたら今日でこのブログはなくなるかもしれません。何かの圧力(あるか知りませんが、引き寄せの法則組合とか?)によって、このブログがなくなってしまったらごめんなさい(笑)。『引き寄せの法則』が大好きな人は、今日はもうここでブログを閉じちゃいましょう。そして、『引き寄せの法則』のことを書かれているブロガーさんも、今日はここでブログを閉じちゃいましょう。『引き寄せの法則』についてセミナーやセッション [続きを読む]
  • 素晴らしき欠点
  • ボクの信条は『何事も逆手にとって考えること』です。逆手にとって考えると、案外うまくいったりします。というよりも、自分自身が心が軽くなるからそう思えるのでしょう。これは言い換えると、条件が揃ってから始めるでもなく、条件が揃う前に動き出すでもなく、『(幸せになる)条件を自分で作ってしまう』ということでもあります。もちろんこれは良い面と良くない面がありますが、短所や欠点が多いと思っている人ほど、自分で条 [続きを読む]