あらちんパパさん さん プロフィール

  •  
あらちんパパさんさん: こんぶログ
ハンドル名あらちんパパさん さん
ブログタイトルこんぶログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/arachin0
サイト紹介文海野菜でお馴染み!!『昆布』をテーマに採取から出荷、歴史や調理法など様々なことを紹介してます。
自由文日本食が無形文化遺産に登録された今、『昆布』の良さを世界へアピールできる大きなチャンスでもあります。北海道の昆布は世界でも認められる食材の一つだということを日本人の皆様には特に知っていただきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供282回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/08/06 15:44

あらちんパパさん さんのブログ記事

  • ブログの引っ越し
  •  こんぶログの記事を1ページごとにバックアップして何か月経ったかな!?とりあえず全ての記事(1500以上)をバックアップすることが出来ました。 そこで感じたのは、Yahoo!ブログには結構バグやエラーがあるということ。投稿した記事の画像が消えていたり、いろいろ問題点が多々ありました。そういったこともあって、今後のことを考えました。 有料のブログを検討しましたが、Yahoo!ブログをそのまま引っ越しさせることは面倒、 [続きを読む]
  • 間引き昆布の袋詰め
  •  ここ最近の時化模様にさらに追い打ちをかけた今回の爆弾低気圧。各地、昆布の養殖施設状況が気になるところです。 昨日は北海道の道南地区で、ものすごい風と波がTVで紹介されていたりして… 養殖施設の中がものすごい波だと恵山の漁業者からの情報もあり。 ヤバ!ヤバ!ヤバい!!とあらパパさんはビビっておりました。 このような不安な環境でありながらも、養殖を営んでいるスーパー漁師たちは陸仕事に精を出します。 沖での [続きを読む]
  • 爆弾低気圧、北海道上陸
  •   流氷がどれほどの爪痕を残し去って行ったのかはまだまだ知る由もない状況下、現段階では状況が良いとされる養殖昆布関係。現在爆弾低気圧が北海道へ上陸。  この時期からこの調子じゃ〜水揚するまでに気になって気になって仕方がない。  上の画像は、先日つながりをもった函館恵山地区の漁業者からの、早朝の情報です。 現在は養殖施設の中が波立ってて、もの凄い状況のようです。 心配ですね。 大事にならないことを祈 [続きを読む]
  • ホンダワラ
  •   以前、ってかだいぶ前に知り合ったブロ友さん(陶芸家)から、昆布ではなくホンダワラから作る釉薬?で焼くとイイ〜色が出るんだよね〜と教わったことがありました。 当時は、浜に打ち上げられたホンダワラでさえ拾い集めていると、どこからか監視している漁業者に『密猟者発見』と、何時つるし上げられるかわからない土地だったもので、その方にホンダワラを採ったり拾ったりして差し上げることが出来ないでいました。 だけ [続きを読む]
  • 鮎うるか
  •  最近のあらパパさんは、物欲も食欲も必要最低限になってきたので、コバタケファームとの農産物以外に、何か特別に欲しいものと考えても何もなくなってしまい、名古屋の物々交換相手から『何を送ってよいか困ります』…と。  そりゃそうだわね^^; でもね、あらパパさんの好物である『鮎』に関する製品を色々と送ってくれたのです。 以前にも交換したお品に、『鵜舞屋』の鮎の昆布巻にいろいろとセットされた商品をいただい [続きを読む]
  • 昆布ワングランプリ 6月中旬開催決定
  •  先日紹介した『北海道から はじ○TV』、先ほど放映されました。 あらパパさんの提供した写真も映りましたね^^v 4月2日の放送で紹介されたガゴメ昆布に対し、猫足昆布の方ががごめより粘りがあるという情報にベッキーの興味を誘った。 本日、4/16の放送では、『がごめVS猫足!昆布の熱きバトル』ということで、がごめと猫足昆布をメインMCのジュニアとベッキーが食べ比べていました。 ジュニア:ネコアシ昆布って初めて見 [続きを読む]
  • お忍びの旅と初舞台
  •  あらパパさんとあらママさん、お忍びの旅に行ってきました。 お忍びの旅をこのような場で公開してしまえばお忍びとは言えなくなるかもしれないけれど、ブログのネタにするためには、公開しなければならいので仕方ない^^;  先週、あらママさんとの話の中で急に決まったお忍びの旅。行先は札幌周辺で宿泊先は札幌。 あらパパさんもあらママさんも札幌には兄弟がいるので、札幌に行くときは連絡をせず出かけることは殆どない [続きを読む]
  • がごめVS猫足!昆布の熱きバトル勃発
  • UHB 北海道から はじ〇TV 4月16日(日)午後1時からの放送  次の日曜日は北海道の道東(あらパパさんの故郷)のみに繁茂するネコアシコンブ(根元が猫の足の形に似ている)が紹介されるそうです。前々回のガゴメ昆布とのバトル勃発が発端だそうです。  粘りの強さ。流石の猫足昆布もがごめには敵わないと思いますが、先々週の放送では猫足の方が粘りが強いと豪語する加工業者さんが現れ、ガゴメ好きのベッキーの心に猫足昆布 [続きを読む]
  • 北海道各地の昆布状況
  •  先日の記事にもチラッと載せたのですが、FBでも呼びかけてみました。全道各地の昆布漁業者にFB申請を…。 昆布漁業者とFBでつながることは仕事上色々と勉強になるしリアルな情報源にもなり、とてもありがたい。 これまでも、根室地区や日高地区、故郷の浜中厚岸地区、そして何故か留萌管内の焼尻にも昆布漁業者や漁業関係者とのつながりを持っていました。そこで、居住地の宗谷管内や未だ経験のない他の地域へも呼び掛けてみた [続きを読む]
  • 曲がった昆布と物々交換
  •  リシリコンブの促成養殖や養殖は、種苗した目に見えない胞子を海中で育てて、間引きしたり株分けしたり、陸や船上での作業を春夏秋冬約1年から2年間、手塩にかけて育てます。利尻鴛泊地区  綱に数株ずつ等間隔に付けられた昆布は、水温や気候、災害などの影響をみながら、水深の調整を計ったり除藻を行ったりと様々な工夫と努力もみられます。 利尻仙法志地区  そんな工夫や努力があっても、生長過程で綱に絡まったり巻いた [続きを読む]
  • 5か月ぶりの利尻島
  •  越年の養殖昆布検査があって、5か月ぶりに利尻島へ行ってきました。  越年した昆布は、十分なアンジョウと熟成が進んでいるので、品質を検査するときに開放した瞬間、芳醇な香りが漂います。 役得です^^v  夏に水揚げし製品化される昆布ですが、漁業者の担い手や、そこに関わる手伝い人の減少により、生産を抑えるか越年させるかしなければ、生計を安定させることも、出荷数量を確保することも難しいのが養殖昆布業者の [続きを読む]
  • 十勝『風』豚丼定食
  •  今夜の食事は十勝『風』豚丼を作りました。 なぜかと言うと…。 先日、知人のFBに『ソラチさんのタレを使った豚丼!!コストパフォーマンス的には魅力ありですね』と次の画像が紹介されていたので…。 画像を見たあらパパさんは間髪入れず、次のようなコメントを入れてしまった。 十勝『風』豚丼なんですね^^; ソラチのたれを使用したというだけで、それ以外はまったくもって十勝とは関係の無い豚丼という事でしょうか^^ [続きを読む]
  • おきな昆布の山椒昆布
  •  7年前の2010年3月の消費地視察研修の時に、視察先のおきな昆布さんから頂いたお土産に山椒昆布が入ってました。とても美味しくあらパパさん好みだったこと記憶している。 そんな(翁)おきな昆布さんの山椒昆布を、ブロ友yubaさんから昆布のお返しで〜すと、お気遣い頂きました。 かえって申し訳なかったですね^^ありがとうございます。 絵柄の付いた秋鹿のワンカップも添えいただいたところが、またなんとも酔い子のyuba [続きを読む]
  • NHK あさイチ
  •  先日の4月6日、イノッチと有働さんの笑顔から始まる『あさイチ』は、毎日欠かさず見ている連ドラが終わると自動的に映る。 連ドラが終わってひと段落したら、仕事に出かけるのだけれど、そのタイミングで『なにわの驚くべきだし文化』と題したコーナーが始まった。 この様な紹介が始まると、あらパパさんはTVの前でカメラを構えてしまう。急きょの事だったので、レンズは望遠、設定はめちゃくちゃ、シャッターは2秒後。ぜんぜ [続きを読む]
  • クレーム
  •  昆布を採って、干して、調整して、選別して、荷造りして、出荷する。 この一貫した生産は、現在も漁業者ごとに行われています。 ということで、採った場所、干す作業の手間暇、丁寧な調整、愛ある選別と荷造り。ここに違いがあると、当然のように製品の仕上がりにも違いが出てきます。 ・同じ場所で採ったとしても、見極める目と意識と技量と体力が違えば採れる昆布はまったく違う。 ・同じ環境で干し上げても、手間のかけ方 [続きを読む]
  • 流氷状況2017.04.06
  •  北海道東方面。ここ数日の南方面からの風で流氷が北へ押し戻されてるようですが、釧路に着いた流氷がどのように戻されたのか!?昨日更新された海氷速報のレーダーでは、厚岸の大黒島も小島もすっぽりと覆うほどの流氷接岸がある模様です。 厚岸湖から流れ出た氷だと良いのだけれど… 一体どんな状況なんだろう!? 気になったところでどうにもならないのだけれど… 気になるな〜 厚岸方面の流氷状況を確認された方!! 情報お待 [続きを読む]