きょうげつう さん プロフィール

  •  
きょうげつうさん: 狂月日誌
ハンドル名きょうげつう さん
ブログタイトル狂月日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mds25/
サイト紹介文旧「実録・躁うつ病」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供497回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2014/08/08 04:16

きょうげつう さんのブログ記事

  • 塗り絵でダウン
  • 起床は10時。近所の喫茶店でモーニング。その足で地活(地域活動推進センター)に向かった。理事長の臨床心理士のA女史と雑談。昼はカップヌードル・カレー。そしてメインイベントの曼荼羅塗り絵。もう、全然ダメ。集中しようとするとクラクラしてきて無理。傍目にも様子がおかしかったようで、2階で横になるようにと。ああ、ソラナックスが欲しい。リスパダールが欲しい。でも、持っていない。普段、いかに何もしていないかだ [続きを読む]
  • スーツとラジオ体操
  • 今日は2年ぶりにスーツのズボンをはいた。シルクのオーダーメイド。なぜ、急に。理由が分からない。躁の兆しか。猫のアビシニアンさんに勧められたラジオ体操をやってみた。椅子に座ってやるバージョンを採用。うーん、楽しいかな。微妙。まあ、運動はいいことだ。やってみて身体が凝りに凝っていることがわかった。継続しないとね。午後、通院。リスパダールを入手。ワンワン問題について、統合失調と断定されない。記憶があるか [続きを読む]
  • 清潔にしなさいと言われて
  • 午前3時、一度目が覚めてパソコンをしたが再入眠。起きたのは9時半頃。コンビニに行った。12時ヘルパーさん。予定があると40分で帰って行った。信じられない。退屈だが、外に出るとお金がかかる。命の電話につながった。グダグダ。グダグダ。清潔が大事です。お風呂に入りなさい。臭いと迷惑です。そう言われて風呂に入った。ふむ、やることが無い。ずっと布団の上で横になっていた。これが金欠の帰結なのか。こんな一日に何 [続きを読む]
  • 躁状態と妄想
  • 雑感以降、いろいろと過去を整理したくなった。ここでは、躁状態と妄想の関係を整理してみたい。1.躁状態だが妄想はない  気が大きくなり大判振舞いをする。とにかく、お金を使う。2.躁状態で妄想がある  誇大妄想、重要人物妄想。  フリーランスで食べて行けると考えたのも妄想の一種。  ビジネスが成功すると考えたのも妄想。そこに躁状態が重なると活動的になる。3.躁状態ではないが妄想がある  命を狙われてい [続きを読む]
  • まずは週1回くらいから
  • 午後4時、訪問看護。地活の話をすると、とりあえず週1回くらいからと言われてしまった。毎日行くつもりだったのに、クスンである。ついでに、訪問看護も週2回から週1回に減ることになった。クスンである。リスパダールを衝動で飲んでしまう話はしたがお咎めなし。どうするかは医者に聞けと。医者は木曜日まで夏休みだ。言うとまた怒られるな。どうしよう。無しでチャレンジするか。少し迷う。それにしても、地活を週1回に制限 [続きを読む]
  • 食欲が止まらない
  • 午前5時起床。コンビニへ。今日は年金支給日。銀行で家賃2ケ月分を払った。■朝食(6時)ブリトー、オニオンブレッド、たまご蒸しパン■昼食(11時)はもの天ぷら、わかさぎフリッター、ケーキドーナツ4個全然足りない。我慢か。我慢か。体重は98キロまでリバウンドしている。理由は不明。ああ、川柳の反省会で中華を食べすぎたか。それにしても、プラス3キロは大きくないか。せめて90には落とさないと。腰と膝への負担 [続きを読む]
  • ただ雑感を書きたくて(3)
  • 躁うつ病。人間関係が切れて行く病気。スマホの電話帳には、もう出てくれない人の名前ばかり。メールのアドレス帳も同じだ。友達。もう別世界の人になって行く。真剣に新しい友達を見つけないといけないのかもしれない。変わる人間関係。あの世界では、私はもう過去の人なのだ。やはり一般世界で生きるのは大変だ。それでも頑張って一人暮らし。病状はどうなる。主治医は障害年金でつつましく生活できれば病状は変わるという。卓越 [続きを読む]
  • ただ雑感を書きたくて(2)
  • 狂っていたな。会社をやめて食べて行けるなんて。いや、生活保護はプランに入っていたんだよな。だから在職中に家を売った。現状は、ある意味プラン通りか。ただね、病状はプラン通りではないね。意味不明な躁状態。ワンワンと鳴く解離性障害。知能の著しい低下。貧困との戦い。まあ、私が選んだ道なのだろう。後悔しても始まらない。劣化した俺が生きている。劣化した俺か。劣化がとまらないな。病状。何だろう。無気力。何がやり [続きを読む]
  • ただ雑感を書きたくて
  • 50歳での退職。浮かれていた。単身赴任先の実家に母と住んでいた。母は本気で私を追い出したかった。甘く見ていた。もっとはやく東京に戻るか、マンションを借りるべきだった。まさか精神病院に送り込まれるとは考えてもいなかった。しかし、私は狂っていた。フリーランスで楽勝で食べて行けると思っていた。はい。そんな能力はありませんでした。一人暮らしになりパニックになった。稼げない。そんな時、悪徳病院のY医師が「貴 [続きを読む]
  • 盂蘭盆は霊の世界でひと休み
  • 今日は朝から街に出て、予定外の出費に泣いた。昼に中華料理屋で生中を2杯も飲み、おごりかと思ったら自腹だったのだ。痛い。痛すぎる。今日は障害者になる前からの生活の変遷を見て行こう。2012年1月。実家から逃げて、マンションで一人暮らしを始める。2012年4月。病院を変わり障害年金を申請する。前の病院では、貴方はそういう人ではないと言われていた。2012年6月。このブログを開設する。2012年8月。行 [続きを読む]
  • 川柳が命を救うこともある
  • 朝。喫茶店でモーニングのあと、訪問看護。地活に行ったことを報告した。今日は月1回の川柳の句会。少しだけ地活に行こうか迷ったが川柳にした。句は不作。3本しか入らなかった。まあ、3本入れば上出来とも言える。ポイントはそこではない。句会の終了後、中華料理店で恒例の反省会。そこでたまたま大御所の隣に座り、聞かせていただいた話が凄かった。80過ぎの一人暮らし、難病を持つ障害者で足もお悪い。それでも、毎日、歩 [続きを読む]
  • 考えがコロコロ変わる
  • 朝はコンビニで買ったブリトーとおにぎり。ブログを書き横になっていたがお腹がすきチョコパイを買ってきて6個食べる。それでも空腹で、近所の中華料理屋でらーめん。夜は、とろさばの棒寿司とわかさぎフリッター。完全に予算超過だ。当り前だが、行くところがない。横になるか、ネットをするか。今日は過去のブログを見返した。2014年3月のブログが面白い。論考として充実している。自我意識の変遷のようなものが分かる。そ [続きを読む]
  • ビジョンとか新しい世界観とか
  • 昨日の夜、突然にビジョンが必要だと思った。しかし、そんなものは一朝一夕には作れない。そして今日は、新しい世界観が必要だと思った。なぜか急に元気が出たのだった。もう、昔の私ではない。それなのに、過去の私を引きずっている。世界観は昔のままだ。ただ、障害者世界に詳しくなっただけ。意識改革ができていない。笑顔の監獄。日本に健常者世界と障害者世界を作るという構想。障害者を増やして安価な労働力を大量にい作ろう [続きを読む]
  • 突然、地活の見学に行った
  • 10時半ヘルパーさん。やることもなく雑談。どこか出かけないと引きこもっていては拙いですよね、ということで浮上したのが、近所にある地域活動推進センター「G」。以前からその存在は知っていたが行ったことはなかった。とりあえず電話をすると、いつでも見学にいらして下さいとのこと。徒歩30分を敬遠して今まで行かなかったが、他にアイデアも浮かばず、行って来た。スタッフ3名で、今日の利用者は10名弱。清潔感があっ [続きを読む]
  • トリキとPSWのEさん
  • プレドニンの効果か脳内スッキリ。気が大きくなってバスで街に出た。鳥貴族でかわ塩を食べるためだ。5時前に着いたので、PSWのEさんが経営するカフェに寄った。私がアイスコーヒーを飲んでいるとEさんが帰ってきた。暑いですねの挨拶から長話。Eさんは私が精神障害者であることを知っている。仕事と自炊を少しずつとか、と言われた。とにかく感じのいい奥様なのだ。話をしてくれただけで嬉しかった。初恋かよ。その後、鳥貴 [続きを読む]
  • またもプレドニン入手
  • 昨日は喘息の発作で、あまり眠れなかった。不吉なお中元の祟りかもしれない。迷ったが、今日はタクシーで病院に行きプレドニンを入手してきた。他にもアドエアやオメプラゾールを入手。これが厄払いだ。それにしても外は暑い。歩くだけで、体力の限界を感じる。整形外科にも行こうかと思ったが、混んでいるのでやめた。正午からヘルパーさんだ。それまでに帰宅しないといけない。去年のブログを少し読んだが、情けない内容にショッ [続きを読む]
  • 不吉なお中元
  • 午前、インターフォンが鳴った。郵便局からの書留だった。母からだ。お中元一万円。手紙、文章は一文字もなし。いつも不吉なんだよ。いったい何を考えているのか分からん。それよりも、電話に出ろと思う。訪問看護が予定より早く、1時からになった。やはり主治医は怒る人らしい。要警戒だ。問題は、1日やることがないことらしい。すぐには見つからないとも。小説ね。ブログでも良いんだよな。やることあるじゃん。■今日の食事ト [続きを読む]
  • 医者も人間だ。怒る。
  • 午前、診察。医者の機嫌が悪い。どうやら、怒っているようだ。何に。薬を指示通りに飲まないから。デポを拒否したから。調子が悪いを連発するから。通院や電話が多いから。理由はいろいろあるだろう。医者も人間だ。怒る。怒ると治療は変わるのか。そういう問題ではない。精神科の診察は他科とは違う。医者とは仲が良くないとまずいのだ。今日の診断は普通。入院はなし。障害年金の範囲で慎ましく暮らせればよし。処方は変更なし。 [続きを読む]
  • ポエジー
  • 中途覚醒または早朝覚醒。睡眠時間は今のところ4時間。書きたい欲望に勝てなかった。精神障害からの回復を願う気持ちは、良いことなのか、悪いことなのか。良いも悪いもない、ふと願ってしまう。狂気を抱える正気の苦しさに耐えられなくなる。それでいて、一般社会に戻ることは考えない。それは無理だと諦めている。本当だろうか。消えない野心。低下した能力。突然襲う狂気。感情という器の中には何でも入っている。問題は何に満 [続きを読む]
  • デジャヴュ
  • 午前8時起床。昨日はベルソムラ15mgを使ったが特にベルソムラ的な感覚はなく、普通に眠れた。コンビニに行き朝食。リスパダールは無い。頭は空っぽだが、少しだけエネルギーが出たようだ。数ケ月ぶりに「笑顔の監獄」(カクヨム)の執筆を進めた。読み返しもした。本格的に、第1章から校正が必要なようだ。読んでいて「精神病世界からの脱出」という記述に胸が熱くなった。いまの私が失ってしまった気持ち。しかし、かすかに [続きを読む]
  • 頭が空っぽなのは鬱ですか。
  • 一日中、頭が空っぽである。何も考えない。考える対象が見つけられない。ネットで調べたら、これはどうやら鬱状態らしい。頭が空っぽだから、ブログに書くことも浮かばない。バスに乗って鳥貴族に行こうかと思ったが、コンビニのおにぎりにしたこと。それくらいか。今日はまだ発狂していない。しかし、発狂して楽になりたいという気持ちが少しある。どうなりますやら。おーい、これで終わりですか。今日はリスパダールを飲んでいな [続きを読む]
  • リスパダール・ゼロ
  • 昨日、リスパダールを全部飲んでしまったので、今日取りに行こうと昨日電話した。するとなんと、取りに来なくて良いという。2日間、リスパダールを飲まなくて良いと言うのだ。信じられない。精神科医の皆さん、信じられますか。1日の維持量4mlの患者が、2日間もリスパダールなしで良いなんて。この件で訪問看護師に電話していたことを忘れてしまい。今日の訪問看護はキャンセルに。さて、リスパダールなしでどうなりますやら [続きを読む]
  • 叶わぬ願い
  • 今日は喫茶店でモーニングを食べているとKさんが来た。ストーカーかよと少し思った。少し話をし、私はバスで区役所に行った。Kさんは私と一緒にいたいのだ。役所が終わったら別のカフェでと待ち合わせをした。区役所の相談員とは、のらりくらりな話。相談員としては、どうすれば良いとは言えないという。自分で決断せよと。そんなところだろうな、ということで早々に切り上げた。暑い中電車で移動してカフェへ。それから王将でビ [続きを読む]
  • ギャンブル・ドラッグ
  • 夜間の精神科相談機関に電話をした。病院の部長をしていた年配の男性が対応してくれた。今日のいっけん、そう、私が調子が悪いと言っているのに、調子が良いという医者はいかがなものかと言われた。ズバリものを言う人で町のクリニックは商売なので、病院の方が良いと。内科でも個人の病院には行かない方が身のためだとまで。具体的な良い医者の名前や、病院の内情も聞きだした。話をしていて、精神病どころか普通の人よりしっかり [続きを読む]
  • 緊急通院、これが正常では。
  • 朝、コンビニ後、ヘルパーさんが来る。雑談中心。ファイルを片手に「次に危ないのは9月ですね」だと。うむ、医者気分だな。占いの仕事でサイゼりヤに行ったら、Kさんと、Tさんがいた。ついつい、私の昔話をしたら、松居一代のような母だと言われた。退職時に同居していたのが間違いだったとの指摘も。その通りだと言った。気が狂わないで欲しいと手を握り、涙を流して懇願された。しかし、どうすれば良いのかが分からない。薬を [続きを読む]