ヒトメボ さん プロフィール

  •  
ヒトメボさん: ヒトメボコラム〜一目惚れを科学する。恋愛コラム〜
ハンドル名ヒトメボ さん
ブログタイトルヒトメボコラム〜一目惚れを科学する。恋愛コラム〜
ブログURLhttp://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/
サイト紹介文専門家への取材を通して分かった新しい恋愛のカタチ、意外な常識・非常識をお届けします。(毎日更新)
自由文ヒトメボコラムの記事を執筆しているライターをご紹介します。
http://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/journalist.php

ヒトメボコラムで取材させて頂いた専門家の皆さまをご紹介します。
http://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/expert.php

人気のコラムをご紹介します。
http://www.tokiomonsta.tv/hitomebo/column/ranking.php
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/08/08 13:49

ヒトメボ さんのブログ記事

  • 思春期の息子に接する気持ちで!? 男性の「別に」「大丈夫」への対応の仕方
  •  現代はストレス社会。仕事や人間関係でストレスが溜まることは多いと思います。そんなとき、皆さんはどう発散していますか? 発散できずに自分の中に溜め込んでしまう人も多いですが、特に男性にその傾向が強いような気が。彼氏がいつもより元気がなかったときに、「どうしたの?」と聞いてみて、「別に」「大丈夫」と言われた経験はありませんか? 実はこの台詞、男女で意味が違うようなんです。●男性のそれは「今は放ってお [続きを読む]
  • 「今日生理」…いつ伝えるべき? 男女のすれ違い
  •  明日は楽しいデートの日! それなのに生理になってしまうと、こちらもブルーだし、彼氏にどのタイミングで伝えるべきか、悩みますよね。面と向かって「生理なの」なんて言うのも恥ずかしいし、わざわざメールするのも、暗に「エッチできないからね」と言ってるみたいで、なんだか…。そこで、デートのとき、「生理」であることを女子はどんなふうに伝えているのか、男子はどんなふうに伝えてもらいたいのか、アンケートしてみま. [続きを読む]
  • 「ご無沙汰」と感じるのは一体いつから?
  • 「最近めっきりご無沙汰で…」 なかなか会えなかったり、ケンカをしたり、遠距離恋愛だったり。そもそも恋人がいなければなおさら、ご無沙汰になりますよね。でも、この「ご無沙汰」っていったいどのくらいの期間をさすのでしょうか? ヒトメボ読者にアンケートを実施しました!(有効回答数:98件/男性36名・女性62名)Q.特定のパートナーがいないとき、どのくらいで「ご無沙汰」と感じますか?<男性>1位 1カ月〜... 続きを [続きを読む]
  • お返しはどうしたら? ホワイトデーに告白を断るときの注意点
  •  バレンタインにチョコと一緒に告白されたけど、彼女の気持ちに応えてあげられない…そんな男性は、どう告白を断ろうか頭を悩ませているのではないでしょうか? そして、そのときの断り方次第で傷はより深くなってしまうかもしれません。バレンタインで告白された後の断り方について、コミュニケーション・インストラクターの杉山美奈子さんにお話を伺いました。●まずは、プレゼントへの感謝をしっかりと述べること バレンタイ [続きを読む]
  • 「優等生」「できる上司」はNG!? 職場で先輩・後輩と恋愛関係になるポイント
  •  年の差婚も珍しくなくなってきた昨今、お付き合いする人の年齢も、上から下まで幅がある人も多いのではないでしょうか。こうしたタイプの人たちは、どんなところが年上・年下の人たちへ魅力的に映っているのでしょうか? 例えば職場で、先輩や後輩に恋愛感情を抱かれやすいのはどういう人?●恋愛感情を抱かれやすいのは「ダメな後輩・先輩」タイプ?「仕事上で先輩ウケのいい後輩は、与えられた役割をテキパキこなし、明るくて. [続きを読む]
  • 仕事も恋も両立させたい! 職場内恋愛のルール
  •  同じ職場で意気投合、恋に発展するケースはよくあること。仕事中も好きな人と同じ場所で過ごせるのは、職場内恋愛の最大のメリットですよね。とはいえ、職場に恋愛沙汰を持ち込むと仕事そのものに影響を与えてしまったり、周囲との人間関係がもつれたりすることもしばしば…。何かと注意が必要そうな“職場内恋愛”ですが、今回は仕事と恋愛を両立させるためのルールについて調査してみました! まず心得ておかなければいけない [続きを読む]
  • 「決断力」と「リードする力」が大事! 女性が求める“少しの強引さ”
  •  「優しい人が好き」と言いながら、実際付き合うのは少し強引な男。「優しくていい人なんだけど…」と、友だち止まりで終わってしまう男性もいますよね。でも、ただやみくもに強引にすると嫌われてしまいそうだし、どういうときに強引さを見せればいいの?●まずは自分に好意があるか確認を!「そもそも男性が強引さを示すとき、女性がその男性に対して一定の好意を持っているというのが大前提です。基本的に好きでもない男性から [続きを読む]
  • 男性からの告白or女性からの告白、いい恋愛ができるのはどっち?
  •  好きな人と両想いになりたい。でも、どうせなら彼から告白されたい! という女性は多いと思います。でも、男性だって好きな女性から告白されたら嬉しいですよね。結果的に両想いになれれば問題ない気がするけれど、告白するかされるかでその後の関係が変わるとしたら…これって重要なポイントかも!? 実際にいい恋愛をするには、どちらから告白するのがいいのでしょうか?●男性から告白するほうがいい!「男性から告白するほ... [続きを読む]
  • デートやキスはセーフ!? 法律から見る「不倫・浮気」のボーダーライン
  •  今や男女を問わず珍しくなくなった不倫や浮気。「誰でもやってるじゃない?」と開き直るのは簡単ですが、独身の頃のような軽い気持ちで夫や妻以外の人との恋愛に走ると、想像以上の手痛いしっぺ返しがくることもあります。 「下心ありで食事に行ったら不倫なの?」「1回だけの浮気だったら大丈夫?」など、尽きることのない素人の疑問。法律から見た不倫(浮気)のボーダーラインを、弁護士・佐藤大和さんにお聞きしました。●. [続きを読む]
  • 結婚に無関心なふり… 「年下彼氏」にふと年の差を感じること
  •  かつて「年下の男の子」という曲が大ヒットしたように、かわいくて目が離せない年少の男性はいつの時代も一定層の女性たちを夢中にさせます。さて、最近だと年の差カップルは珍しくないものの、やはり、ときには年齢からくるギャップを感じることもあるようです。今回は「年下の彼氏」がいるヒトメボ読者に、「ふと年の差を感じること」について聞いてみました。●まったく貯金しない「預金通帳にある金額の差が、そのまま年の差 [続きを読む]
  • 女性の8割がナンパを経験! OKするのはどんなナンパ?
  •  街で異性に声をかけられる、いわゆる「ナンパ」。これも男女が出会うパターンのひとつかもしれないけれど、ついて行ったり、連絡先を交換したりするのはなかなか勇気のいるもの。どれだけの人が実際にナンパされた経験があるのか、ヒトメボの女性読者に聞いてみました。(回答数:50名)Q. 街で異性に声をかけられナンパされたことありますか?ある…42名(84.0%)ない… 8名(16.0%) なんと、8割以上の女... 続きを読む [続きを読む]
  • 女性のほうが心配性? 恋人の携帯を盗み見たことがある人6割!
  •  デート中にいつも携帯チェックしている恋人…。もしや浮気でもしてるの!? 見てはいけないと思いつつも、気になってしまうのが恋人の携帯電話。あなたの目の前に、もし無防備に置かれていたら……こっそり見てしまう? それとも我慢する? 今回はヒトメボ読者に「恋人の携帯の中身を盗み見たことがあるか」質問してみました。(回答者:81名/男性22名 女性59名)Q.恋人の携帯の中身を盗み見たいと思ったことがあり... 続きを読 [続きを読む]
  • 女友達に相談はNG! おひとりさまにならないための婚活術
  •  晩婚化が進む昨今。厚生労働省の調査では、女性の平均初婚年齢は29.0歳(2011年調査)と、ここ数年右肩上がりの状態が続いています。女性にとって年齢と結婚は切り離せない関係にありますが、婚活ビジネスに詳しい戦略コンサルタントの西口敦さんによると、そもそも婚活がうまくいかない原因は、市場の分析ができていないことにあるとか。●需要と供給のバランスが合っていない「まず、性格に難がなく、収入も安定してい... 続き [続きを読む]
  • 料理しているお箸を舐める… 別れの決定打となった「ささいな理由」
  •  恋人との別れには必ず理由があるもの。浮気や遠距離など、比較的大きな原因やきっかけもあれば、「そんなことで?」と思ってしまうような、ささいな理由も。今回は、そんな別れる「ささいな理由」を集めてみました。一体、どんなことが決定打となっているのでしょうか。●「どこ行くの?」「誰と行ったの?」「束縛ってほどじゃないけど、遊びに行くときにいつも『どこ行くの?』とか『誰と行ったの?』とか聞かれていました。最 [続きを読む]
  • 「私って○○じゃないですか〜」 知らぬ間に嫌われる、女子のNG言動集
  •  好きな人の前ではいつでも可愛くいたいものですが、良かれと思った言動が実は男性の地雷を踏んでしまっている…なんてこともあるかもしれません。もしかしたら、男性はあえて口に出していないけれど、内心「女のそういうところが嫌い!」とうんざりしていることがあるかも…。 そこで、本音を知るため周囲の男性陣にリサーチ。「女性のどんな言動にイラッとする?」と聞いてみたところ、こんな意見が挙がりました。●「かわいい [続きを読む]
  • 食後すぐの歯磨きはダメ! 実は口臭予防になっていない、3つのNG習慣
  •  普段から気をつけてはいても、いざデート前になると余計に気になるのが「口臭」。相手が不快な思いをしたらどうしようと気になって、思うようにデートを楽しめなかった…なんて経験はありませんか? そこで、口臭のことならこの先生! 日本口臭学会指導医・常任理事の本田先生にお話を伺いました。「基本的な口臭予防としてはにおいの強いものを食べないようにすればいいのですが、そうでないときも『生理的口臭』が発生するこ [続きを読む]