masa@na8c さん プロフィール

  •  
masa@na8cさん: 峠&林道探索
ハンドル名masa@na8c さん
ブログタイトル峠&林道探索
ブログURLhttp://touge-mtb.muragon.com/
サイト紹介文山好き、乗り物好き=峠&林道好き MTBでの峠&林道探索がメインのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/08/08 21:59

masa@na8c さんのブログ記事

  • LEKI トレッキングポール購入
  • 久しぶりのブログ更新です。 ここのところの休日はもう一つの趣味の車やら釣りやらにうつつを抜かし山に 行けてません。 しかし山に興味無くなったのではありませんよ〜。 この冬はスノートレッキング用にスノーシュー(モンベルスノーポン)を購入し 冬山登山の魅力に取りつかれてしまいました。 しかし、冬山の装備はまだまだ持っておらず揃えて行きたく思ってますが冬山対応 の装備ってのは夏のものに比べすべてにおいて [続きを読む]
  • 雪の竜ヶ岳ーTREK(後編)
  • お待たせしました、 後編です〜! アイゼン装着してストックフル活用で急斜面を登ります。 ある程度登って落ち着けるところで止まって振り返ってみます。 斜度はこんな感じ。 本来の登山道は何処に付けられているのかな・・・? この斜面の下に人影が見えますね。 先ほど追い抜きてきたそり遊びをしていた女性2人組みの方々ですね。 この斜面の下でもスマホで写真撮ったりしてキャピキャピ(表現古い?(笑))して まし [続きを読む]
  • 雪の竜ヶ岳ーTREK(前編)
  • 前回の入道ヶ岳でのルートロスでの撤退で雪山のハードルの高さを 痛感した今日この頃。 その後は日々春らしい日も増えて山の雪も少なくなっていそうだったので 再度雪山へチャレンジしようと考えていました。 前回と同じ入道ヶ岳へのリベンジも考えたのですが新鮮味に欠ける感じが したので別の山を探しておりました。 そこで考えた結果は竜ヶ岳へのチャレンジです。 このブログにいつもコメントくださる私の大先輩の903 [続きを読む]
  • アウトドアリサーチ バーグスゲイター購入
  • 雪山アイテム一つ追加しました。 ゲイターといわれる物。 雪が靴に入らないようにする物なのです。 写真は同じメーカーのクロコダイルゲイター。 デザインは今回購入したバーグスゲイターとほぼ同じですが 写真の物はゴアテックス仕様でお値段がちょっとお高いです・・ 以前の石榑峠でのスノートレッキングの時のようなラッセルをする時には必要ですね。 昨年の冬季通行止めシリーズでの雪の武平峠へ行った時はこれを 付け [続きを読む]
  • 雪の入道ヶ岳ーTREK Part2
  • 先週のきらら峰のスノートレッキングで気をよくした私はさらなる雪山への チャレンジをしたくて行ってきました。 行き先は入道ヶ岳。 ちょうど1年前に友人Y氏と雪中登山を慣行した山です。 なので題名もPart2とします。(どうでも良い?) 一年前は登山の冬装備は全く持ってなく冬山経験もゼロな2人が 無謀にもチャレンジしてルートロスしながらもなんとか根性だけで 登頂出来きました。 その様子は下記を [続きを読む]
  • 雪のきらら峰ーTREK(後編)
  • いよいよ登山道へ足を踏み入れます。 登り口は斜面に対しトラーバース気味に登って行くので斜度はたいしたことありません。 奇麗に植林された杉林の中にグライダー搬送用のトロッコ?が雪に埋もれてます。 深い雪の斜面と踏み跡に沿って登って行きます。 踏み跡はだんだん斜面に対して垂直に登って行きます。 なので必然的に斜度は急になってきます。 斜面を横から見るとこんな感じ。 斜度30°ほどはあるのではないでしょ [続きを読む]
  • 雪のきらら峰ーTREK(前編)
  • 前回の石榑峠へのスノートレッキングで雪山の楽しさを知ってしまい 今度はもうちょっと登山らしい所にチャレンジしたく思いまたもや スノーポンを持って行ってきました。 行き先は昨年の春にMTBでチャレンジしたキララ峰。 石榑峠のスノートレッキング一回目の時に本当はこの山へ行こうとしていました。 しかし前日の下調べでキララ峰のたもとの林道へは我がビアンテでは進入出来ない 程の積雪があり断念しました。 なの [続きを読む]
  • 冬季通行止峠シリーズ石榑峠ーTREK(リベンジ後編)
  • 深そうな雪の上を越えて峠に到達しました。 この石榑峠は鈴鹿山脈の縦走路を横切っています。 この竜ヶ岳、釈迦ヶ岳も冬以外は登ったあります。 冬も登ってみたい〜。 三重と滋賀の県境です。 昔は滋賀県永源寺町の看板だった気がしますが、いつの間に東近江市になったの? 11:50 石榑峠到達。 酷道マニアの間では超メジャーな石榑峠のコンクリートブロックの門。 よく皆こんなところを通っていたものだと感心します [続きを読む]
  • 冬季通行止峠シリーズ石榑峠ーTREK(リベンジ前編)
  • お待たせしました!前々回のブログのリベンジ編です。 前回スノートレッキングと意気込んで向かった冬の石榑峠でしたがあまりの積雪で、 まさに手も足も出ない状況になってしまい1時間半で退散してしまったのでした。 その後、やはり雪山にはそれ相応の装備が必要だと痛感し悩み悩んでモンベルの 「スノーポン」というスノーシューを購入することに。 その詳細は前回のブログにアップ中なので気になる方はご覧くださいね。 [続きを読む]
  • モンベル スノーポン購入
  • 久しぶりのアイテム追加の報告です。 前回の石榑峠のスノートレッキングでの惨敗があまりに悔しく、あの日以来 スノーシューの事が常に頭から離れませんでした。(ちょっと大袈裟) 先シーズンも欲しいと思いながらも春になってしまい購入するタイミングを 逃していたので今シーズンは必ず購入しようと心に決めました。 で、登山の雑誌やインターネット等で色々調べること約2週間。 悩みに悩みました。 スノーシューと言っ [続きを読む]
  • 冬季通行止峠シリーズ 石榑峠ーTREK
  • 一月も終わりに近づいてきましたね。 年末までは比較的暖かかったのですが年明け後の一月中旬 この東海地方大寒波により20年ぶり位の大雪に見舞われました。 大雪に慣れていないこの地方、各所さまざまな被害が発生しておりました。 この画像は大雪1日目の自宅の庭の様子。 こんな状態が2日間続きました・・・ そんな大波乱な大雪も落ち着いたこの一月下旬奇麗に雪を被った山に誘われ 行ってきました。 昨シーズンMT [続きを読む]
  • 忘年登山2016 藤原岳ーTREK
  • 前回の御在所岳登山から約2カ月、久しぶりのブログ更新です。 ここのところもう一つの趣味のロードスターの遊びに夢中になっていました。 その為ブログも「みんカラブログ」へ車ネタ中心でアップしておりました。 興味ある方は下記を してみてね〜。 恒例になりつつある友人Y氏とF氏との年末登山の様子をお伝えします。 行き先は三重県の鈴鹿山脈の北に位置する藤原岳。 実は昨年も年末登山としてここ藤原岳に今回 [続きを読む]
  • 御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(後編)
  • 中登山道の本格的な登山道を下って行きます。 画像でもわかるように空は薄曇りになって景色も霞んできました。 明日は天気悪そう・・・ しかし周りの木々を見ると紅葉に包まれていて秋本番って感じですね。 遥か下に藤内小屋も見えます。 中登山道は御在所岳では一番メジャーなルートですがこのように梯子や ロープ、鎖なんかも出てくる割とハードなルートです。 私はそんなルートの方が好きですが・・ とある鎖場で対向の [続きを読む]
  • 御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(中編)
  • 本谷ルート最上部まで登ってきました。 目印となる白い鉄塔もかなり下に位置していますね。 ただし大黒岩までは最後の一登りが待っています。 この画像の右に位置しているほぼ垂直の岩壁の上に大黒岩は位置しています。 ここから大黒岩を目指し登ります。 ここにもロープが下がっています。 この先は崖を登るようなルートでロープ使わないで登るのはかなり 辛い感じです。 しかし、ここまで来たら意地でロープは使いません [続きを読む]
  • 御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(前編)
  • 季節はすっかり秋になりましたね。 この夏に2度チャレンジした北アルプスの槍ヶ岳はもう初雪が降ったそうです。 ってことで地元での登山の季節になりました。 地元鈴鹿の山は春に登った雲母峰以来です。 その時は非常に蒸し暑くしかもヒルの猛攻をくらい、今まで鈴鹿の山から遠ざかって いた原因にもなりました。 10月中旬の休日、天気は申し分ない秋晴れ、鈴鹿山脈も非常に奇麗に見えます。 今回の山行の予定は前日まで [続きを読む]
  • 槍ヶ岳ーTREK リベンジ編6
  • 南岳新道の見晴らしの良い尾根ルートを下って行きます。 結構な急斜面ですが見晴らしが良いので気分良く下って行けます。 途中見つけた救急箱。 これと同じものを飛騨沢でも見かけました。 山小屋の方の好意で置いてもらっているようです。 ここに書いてある靴のソールのはがれは結構あるようですね。 この山行中でも一人テープぐるぐる巻きの靴の方見かけました。 靴も車のタイヤと同じで溝があれば良いってものじゃないの [続きを読む]
  • 槍ヶ岳ーTREK リベンジ編5
  • 常念平でザックを下ろし地図を出してコースタイムを確認します。 ここ南岳小屋から向かいに見える北穂高小屋まで3:30 現在の時刻は8:40。大キレットの通過だけを考えたら充分時間の 余裕はあります。 ただし北穂高まで進むと下界へ下りるには涸沢経由の上高地か 穂高岳山荘まで縦走で南下し新穂高へ下るルートになってしまいます。 どちらのルートも本日中には下界にはたどり着けそうにもありません。 大キレットを [続きを読む]
  • 槍ヶ岳ーTREK リベンジ編4
  • 翌朝 5:00起床 5:30からの朝食に備え着替え、ザックへの荷物のパッキングなどを行います。 やがて館内放送で朝食の準備が整ったとの放送があり食堂へ向かいます。 こちらが食堂です。かなりの席数ですね。 朝ごはんのメニューはこちら。 カレイの煮つけメインでオクラや卵焼き他です。 いつものようにご飯、味噌汁はおかわりしました。 朝食後、受付で昨日頼んだお弁当を受け取ります。 前回同様のお弁当と思われ [続きを読む]
  • 槍ヶ岳ーTREK リベンジ編3
  • 休憩もなしに、ザックを山荘脇にデポしてアタック開始です。 前回7月にここへ来た時は全く槍の穂先は見えませんでしたが今日はすっきり 見えますね、この2カ月間この時をずっと夢見ていました〜。(ちょっと大袈裟) 槍の穂先の登り口。 まずはザレた斜面を踏み跡に沿って進みます。 前方には誰もいません、良いタイミングでアタック出来ます。 ここからいよいよ穂先へのクライミングの開始です! と言っても写真で見ると [続きを読む]
  • 槍ヶ岳ーTREK リベンジ編2
  • 2日の朝、午前4時半少し前に携帯アラームより先に目覚めました。 昨晩は両脇に寝床を共にしたおじさま達の強烈なイビキがステレオサウンド となってなかなか私の安眠を許してはいただけませんでした。 そんな中、明日も今日のような雨の一日だったら耐えられるだろうか、 もし、そんなんだったら千丈沢乗越から飛騨沢へエスケープして新穂高へ 下山するか、はたまた出発時から土砂降りだったらそのまま下山しようか・・ な [続きを読む]
  • 槍ヶ岳ーTREK リベンジ編1
  • 大変お待たせしました。 遡ること2カ月前の7月に槍ヶ岳登山チャレンジしたのですがあまりの悪天候で 槍ヶ岳山荘まで登るも登頂を断念せざるを得なく、下山しました。 その時の様子は下記をご覧ください。 その悔しくも未踏に終わった槍ヶ岳の登頂のリベンジの様子をお伝えします。 今回は前回と違い前泊はしません。前回と同じルートでは面白みに欠けるので 違うルートのプランを立てました。 早朝出発の山小屋2泊するプ [続きを読む]
  • マツダ ビアンテ 簡易ベッド作成
  • 我が家の家族車のマツダ、ビアンテに簡易ベッドを作成した様子をお伝えします。 ちょっとその前に、なぜベッド作成を思いたったかと言いますと、前回の槍ヶ岳 登山での車中泊での前泊を行った事に始まります。 ビアンテのセカンドシートサードシートをすべて倒しフラットモードにして、そこに 一人で寝るので十分にスペースもあり快適に寝れるはずでした。 しかし、フラットモードとは名ばかりで実際はかなり凹凸が有るんです [続きを読む]
  • モンベル エディボトル購入
  • 8月も終わりに近づき朝晩は幾分涼しく感じられるようになりました。 ここのところの猛暑で近場の山へは行く気になれず休日は子供が夏休み ってこともあり家族サービスにいそしんでいました。 しかし、心の中ではいつも北アルプス槍ヶ岳のリベンジを忘れたことは ありません・・(ちょっと大袈裟) そんな中、新たに登山用に追加したアイテムを少し紹介しますね。 モンベル エディボトル0.75Lとエディハンズフリーアダ [続きを読む]
  • 奥飛騨〜信州ツーリングーロードスター(ダイジェスト)
  • 今回は先日行ったロードスターみん友さんのへーきちさんとのツーリングの様子を お伝えしますね。 ちなみこちらはダイジェスト版です。 ルートの詳細等はみんカラのブログにアップ中なのでそちらも見てね。 なのでこちらのブログは少しですがみんカラに無いネタ&画像を中心に 紹介しますね。 7:30 東海北陸道川島PAに集合。 高速降りて県道(険道?)を駆使して北上します。 道の駅 馬瀬で休憩。 最近は道の駅が [続きを読む]
  • 柴犬もみじのシャンプー
  • 久しぶりの愛犬もみじのネタです。 夏本番で暑い毎日ですね。 毛皮を着たワンコちゃんが気の毒になりますね。 もっとも我が家のもみじは「お犬様」状態のエアコン完備のリビングで 涼しい顔して眠っていますが・・・ そんな中もみじのシャンプーをした様子をお伝えしますね〜。 お風呂場でシャンプーの準備をし始める嫁さん。 それをジーっと眺めるもみじ・・ 気配を察知したのか逃げ腰モード。 「なんか、嫌な予感が・・ [続きを読む]