bowbowsan さん プロフィール

  •  
bowbowsanさん: 介護・保育の世界へ、いらっしゃ〜イ!
ハンドル名bowbowsan さん
ブログタイトル介護・保育の世界へ、いらっしゃ〜イ!
ブログURLhttp://ameblo.jp/metabolic-oyaji/
サイト紹介文平凡なサラリーマン生活から、リストラで退職を余儀なくされて、辿り着いたところが福祉の世界
自由文50代半ばのメタボおやじ、bowbowと申します。6年前からケアマネジャーとして働いています。
10数年前、リストラ同然で前の会社を辞め、約2年間職を転々とした後結婚。その後、福祉業界で介護員をしながら介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員の資格を取得しました。
妻からは「ぼうぼうさん」と呼ばれています。子供はなく、夫婦二人暮らしです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/08/09 13:53

bowbowsan さんのブログ記事

  • ドモアリガト、ミスターロボット
  •  みなさん、こんばんは。  実は、アメブロで読者登録させていただいている「介護業界で働きたい!」のrioさんの記事、「官民ファンドがAIでケアプランを作る会社を設立!ケアマネは必要なくなる?」を読んで、少なからずショックを受けています。  そしてrioさんが記事中で、「ケアマネ資格は持っている身分としては危機感を感じます」とおっしゃっていますが、まったく同感です。   ケアマネという職種が、そ [続きを読む]
  • 午前中は両親の通院介助、午後は写真撮影
  •  みなさん、こんにちは。   昨日は両親の病院受診に付き添い、それぞれ整形外科と循環器内科及び呼吸器科に分かれて受診だったため、父親の方に病状説明を聞いたり、母親を検査室へ誘導したりとてんてこ舞いでした。  午後1時には両親をケアハウスに送りとどけ、その後病院の会計を済ませ、薬局で薬取りも行いました。 (両親住んでいるケアハウスの庭で撮影した、咲いたばかりのクロッカス)  二人とも90 [続きを読む]
  • デジタル一眼レフを、手に入れました
  •  みなさん、こんばんは。  最近、中古でデジタル一眼レフカメラを購入しました。  元々はフイルム式の一眼レフカメラを所有して、風景なんかを撮るのが趣味だったのですが、福祉業界に入ってからはすっかりご無沙汰でした。  休日にふらりと「カメラのキタムラ」に入ったところ、急にデジタル一眼レフカメラが欲しくなり、中古でしたが衝動買いしてしまいました。  FUJIFILM の FINEPIX SL10 [続きを読む]
  • ○ ○ 銀行本店地階、分厚い丸扉の金庫室
  •  今から10年程前の権利擁護事業(現:日常生活自立支援事業)では、1回のサービス利用料が1,500円程度でしたので、年金収入の多い方々が主に利用されていました。 次に多かったのが生活保護の方々です。利用料が免除されていたためです。 また、収入の多い利用者さんの中でも資産家の方は、日常的金銭管理サービスの他に、定期預金等の預かり(保管)サービスも利用されていました。 当時は成年後見制度のハードルが高かっ [続きを読む]
  • オレオレ詐欺は、無かったけれど
  •  私が権利擁護事業の専門員となったのが、JR西日本福知山線脱線事故があった年でした。 あれから早いもので、12年が経過した事になります。 当時、認知症高齢者を標的とした悪質なものは、訪問セールスによる次々販売が主流でした。 現在のようなオレオレ詐欺、振り込め詐欺はまったく存在していませんでした。 羽毛布団、羊毛布団、高価な栄養補助食品、消火器、先物取引、シロアリ駆除、営業用掃除機、スチームクリーナ [続きを読む]
  • 介護福祉士試験の思い出 (後編)
  • (中編からの続きです) そして平成22年3月7日午後、青森県立保険大学で介護福祉士の実技試験を受けました。 午後からの試験だったため、午前の受験者が退出するまで随分待たされました。 大講堂での待機も順番がずっと後で、午後3時過ぎの呼び出しとなりました。 試験問題が渡され内容を覚える事になりました。 内容をみてびっくり。 試験課題 金子薫さん(80歳)は左上下肢に麻痺があり、歩行はできません。 起き [続きを読む]
  • 介護福祉士試験の思い出 (中編)
  • (前編からの続きです) 筆記試験の結果通知通知の2日前に、公益財団法人介護労働安定センターが主催する実技講習会に参加しました。 公的機関という事で、講習料がかなり格安で5千円程度だったように記憶しています。 実技試験の場合、日頃職場で行っている身体介助では不合格になると聞いてたので、1日講習ですが参加をしてみました。 やはり実際に参加してみて思ったのですが、不自然くらい頻繁な声かけと安全確認が必要 [続きを読む]
  • 介護福祉士試験の思い出 (前編)
  •  介護福祉士試験は、デイサービスの介護職員になって4年目の冬に受験しました。 私の場合47歳で初めて介護現場を経験し、介護福祉士受験の時にはすでに51歳になっていました。 最初の頃は利用者さんを介助するのも怖くてぎこちないため、意地の悪い先輩職員からはかなりきつい事も言われ、本当に悔しい思いもしました。 3年目に社会福祉士の試験に合格し、生活相談員と兼務になりましたが、まだまだ介護現場では一人前に [続きを読む]
  • 明けまして、おめでとうございます
  •  みなさん、こんばんは。  本当に、久しぶりの更新となってしまいました。  ブログ内容もテーマが絞れず、中途半端な気がしていましたので、一部の記事を削除し、統一感を持たせようと手を加えています。  初心にかえって、福祉の世界に転職してきた頃の話の続きを、また書き始めたいと思っています。 [続きを読む]
  • 春の小川はサラサラ流れ、田舎道をバスで送迎
  •  今から11年程前の平成18年4月、基幹型社協の権利擁護事業の専門員を辞め、遠く離れた山間のデイサービスへと転職しました。 晴れて正職員として就職できたのですが、それはあくまでタイミングの問題だったのかもしれません。 このデイサービスでは、利用者送迎にバスを使っていたのですが、運転できる男性職員が不足していたらしいのです。 私も以前勤めていた食品メーカーを辞めた時、長距離トラックの運転手でもやろう [続きを読む]
  • 意外かもしれないけれど、介護・福祉業界の方がよっぽどいい
  •  私は現在ケアマネとして働いていますが、15年程前は食品メーカーの営業事務の仕事をしていました。 その食品メーカーですが入社当時は、運動会や社員旅行、独身寮や会社所有のバスによる無料送迎などもあり、家族的で福利厚生の行き届いた良い会社でした。 バブル経済の崩壊後、9.11米同時多発テロの頃までその食品メーカーに在籍していましたが、景気が悪くなるのと同時進行でその会社もブラック企業化していきました。 [続きを読む]
  • 怖くて、まったく触れない
  •  平成18年4月、県庁所在地にあった基幹型社協の権利擁護事業の専門員を辞め、30キロ離れた山間のデイサービスへ介護員一年生として転職しました。 街中はすっかり雪も消えていましたが、その年は「平成18年豪雪」と言われた年でしたので、山間のデイサービス周辺はまだまだ残雪が残っていました。 福祉系の学校を出てきた若者ならまだしも、40過ぎてリストラ同然で失業し、職を転々とした中年男がやってきたわけですか [続きを読む]
  • イチから出直し、介護職一年生
  •  権利擁護事業の専門員を1年間やってみて思ったことは、法律とお金の知識がいかに大切かという事です。 世の中には、認知症高齢者、精神障がい者、知的障がい者など、判断能力に問題を抱えた方々が数多く存在します。 多重債務のため取り立てに怯えて電話をかけてくる方、悪徳訪問販売員の口車に乗せられ言われるがままに買ってしまわれる方、架空の先物取引で退職金の半分以上を失くされてしまった方など、専門員として法律と [続きを読む]
  • 二重扉の向こう側
  •  12年前の権利擁護事業(現:日常生活自立支援事業)では、成年後見制度のハードルが高かったこともあり、かなり無理な契約依頼が時としてありました。 精神科の閉鎖病棟に入院されている患者さんのご家族、あるいは親戚の方からの依頼です。 たぶんそれぞれに言うに言えない事情があったのだとは思いますが、実際にご本人に会って制度の説明とサービス利用を希望されるかどうか、その意思確認を行わなくてはなりませんでした [続きを読む]
  • 社会福祉士か、ケアマネか、あ〜それが問題だ
  •  前々回の、記事からの続きです。 10年前の7月、東京虎の門の全社協灘尾ホールで行われた「権利擁護事業専門員実践力強化研修」から帰って来ると、研修で一緒になった社会福祉士やケアマネの資格を持った専門員のみなさんが羨ましくて仕方ありませんでした。 自分より年下なのに言う事もしっかりしていて、なんちゃって専門員の私より明らかに賢いじゃないですか。 そんな訳で、思い立ったが吉日。 無謀にも社会福祉士とケ [続きを読む]
  • これが、マッカーサーが作った全社協?
  •  私は40歳を過ぎて普通の食品会社(辞める直前は、かなりブラックに変貌していましたが)を辞め、2年間職を転々とした後、偶然福祉業界で働くことになりました。 それも仕事内容を全くを知らなかったとはいえ、ヘルパー2級の資格で権利擁護事業の専門員として基幹型社協で働く事に・・・。 私が権利擁護事業(現:日常生活自立支援事業)の専門員となった平成17年は、働き始めてすぐにJR西日本福知山線の脱線事故などが [続きを読む]
  • 昨日、ようやく保育士証が届きました
  •  みなさん、こんばんは。  ご無沙汰しておりましたが、昨夜簡易書留で保育士証が届きました。  「保育士登録の手引き」には、交付までの期間はおおむね2ヶ月と書かれていましたが、まったくその通りで2ヶ月で届きました。  リストラ同然で前の会社を辞めて、最初に挑戦した本格的な資格でしたが、結果的に一番最後になってしまいました。  今すぐは無理にしても、定年後はこの資格 [続きを読む]
  • 春の小川はサラサラ流れ、田舎道をバスで送迎
  •  今から9年前の平成18年4月、基幹型社協の権利擁護事業の専門員を辞め、遠く離れた山間のデイサービスへと転職しました。 晴れて正職員として就職できたのですが、それはあくまでタイミングの問題だったのかもしれません。 このデイサービスでは、利用者送迎にバスを使っていたのですが、運転できる男性職員が不足していたらしいのです。 私も以前勤めていた食品メーカーを辞めた時、長距離トラックの運転手でもやろうかと [続きを読む]
  • 意外かもしれないけれど、介護・福祉業界の方がよっぽどいい
  •  私は現在ケアマネとして働いていますが、13年前は食品メーカーの営業事務の仕事をしていました。 その食品メーカーですが入社当時は、運動会や社員旅行、独身寮や会社所有のバスによる無料送迎などもあり、家族的で福利厚生の行き届いた良い会社でした。 バブル経済の崩壊後、9.11米同時多発テロの頃までその食品メーカーに在籍していましたが、景気が悪くなるのと同時進行でその会社もブラック企業化していきました。  [続きを読む]
  • 昨日、抜歯終わりました
  •  昨日、予定通り抜歯終わりました。  前回の2度目の抜歯の時と同様、今回もあっけなく終わり、痛みもほぼありませんでした。  その代わり、左上の親知らずだったためか、麻酔が切れ始めてからは、ジンジンと鈍痛が襲い、痛み止めなしにはいられませんでした。  そして今日消毒のため、二日続けて歯科医院へ行きましたが、自宅へ帰って来る頃には痛みが消えていました。 それにしても、歯痛のおかげであまり食 [続きを読む]
  • 大人になってから、3度目の抜歯になりそう
  •  みなさん、こんばんは。  3ヶ月前、大人になってから2度目の抜歯を行い、それから5週間後に前後の歯を削ってブリッジを装着し、一件落着かと思っていました。  ところが、一昨日の金曜日に職場でお茶を飲んでいたところ、突き刺すような強い痛みに襲われました。  ブリッジを入れたちょうど真上の奥歯が痛みで出したため、午後から仕事を休み、掛かり付けの歯科医院で診てもらいました。  奥歯の根元がすり減 [続きを読む]
  • 保育士試験の結果通知、まだ届いていません
  •  みなさん、こんにちは。 最近は更新が滞って、週イチどころか、月イチ更新となっています。(ゴメンナサイ) ところで、今週末から保育士試験の結果通知書の発送が始まっていますが、例年とは違い土曜日に届いている人が結構いるみたいですね。 私は東北北部の片田舎に住んでいますので、たぶん来週になると思います。 今年の筆記試験は、「子どもの食と栄養」と「社会的養護」をたぶん落としているのですが、昨年幸いにも全 [続きを読む]