kobaan さん プロフィール

  •  
kobaanさん: my life with a photograph
ハンドル名kobaan さん
ブログタイトルmy life with a photograph
ブログURLhttp://kobaanphoto.blogspot.com/ncr
サイト紹介文写真とカメラに囲まれた日々。写真について思うこと、考えたことを日々書いています。
自由文kobaanです。写真を撮り続けています。
フィルム撮影が中心ですが、デジタルも活用します。
<camera>
Nikon FM3A F100 D800 D700
MamiyaflexC330s RZ67
PLAUBELmakina670
Fujifilm GA645ziX100
OlympusPENE-P3 etc.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/08/10 17:37

kobaan さんのブログ記事

  • なんでもない夕焼けの写真
  • MamiyaflexC330s Sekor80mmF2.8f8 1/125 Fujicolor RVP100 和歌山県御坊市 いつからだろう。 夕日にカメラを向けることが まるで日課のようになったのは。 夕日に照らされた雲が赤く染まって、 空が青から赤へ、 暗い闇に包まれてゆく。 オレンジ色に輝く日もあれば、 深い紫の空色の時もある。 同じ日は [続きを読む]
  • 見えない力の写真
  • Nikon COOLPIX A Nikkor 28mm F/2.81/30 f2.8 ISO125 大阪府東大阪市 山歩きをしながら写真を楽しんだ休日、 帰宅して写真をチェックしていると 撮った憶えの無い写真が出てきた。 レンズを回転させながら撮ったような グルグルと渦巻く写真。 そんなことした憶えは無いんだが... 3台のカメラを取り替えながら 忙しくシャ [続きを読む]
  • 写真の手応え(Re)
  • Nikon D2X AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDf4.5 1/250 ISO200 大阪府伊丹空港「撮ったぞ」という充実感だけは、いつも常にあるけれど、「撮れたぞ」という手応えは、なかなかやって来ない。ただ撮るだけでやってくる満足感。新しい道具を手にした時の嬉しさ。お気に入りのフィルムをカメラに詰める興奮。どれもこれも、写真の手ごたえとは別の話。カメラを持つことで味わえるたくさんの誘惑が、写真への集中力を削いでゆ [続きを読む]
  • 樹の姿をずっと撮る
  • PLAUBEL makina670 Nikkor80mmF2.8 1/125 f4 Fujifilm VELVIA100滋賀県大津市 日差しが差し込んで光る木漏れ日に カメラを向けずに居られない性分で、 一年を通して樹の写真を撮っている。 新緑の美しい緑もいいし、 秋の鮮やかな色彩もすばらしい。 春夏秋冬、それぞれの季節には それぞれ美しさがあって、 そ [続きを読む]
  • 撮るべき何かは自然の中に
  • Olympus PEN E-P5 + Panasonic LumixG 20mm F1.71/800 f2 ISO400 大阪府大東市 撮り続けることよりも、撮り続けるものを見つけることの方が少し難易度が高い。撮り続けながら腕を磨いていきたいとそう思うと撮り続けたいものとの出会いが重要だと思えてくる。僕にとってのそれは何か?木々?水?空?夕陽?どれのことなのだろう。でもどうやらそれは自然の中にあるもののようだとはうすうすだが気が付いている。& [続きを読む]
  • 閃きは天邪鬼
  • PENTAX 645D SMC PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL IF SDM AW1/4000 f2.8 ISO200 Trim. 和歌山県田辺市 新庄運動公園 「これだっ!」とひらめく瞬間があって、そんな時は迷わずシャッターも切れるし、結構な確立で気に入った写真になる。直感に近い閃きなので、何をどうしたらそうなったかは説明できないけど、とにかくひらめいて撮る瞬間がある。もしも、狙って「ひらめく」ことができればきっと作家になれるの [続きを読む]
  • 迷いの無い写真
  • Olympus PEN E-P5 M.Zuiko Digital 45mm F/1.81/640 f2.5 ISO200 ArtFilter Cross-Process 写真を趣味にするようになると、 被写体に悩むということは 誰もが経験しているだろうと思う。 何を撮っても誰かの真似に思えたり、 思い通りに撮れずに苦しんだり。 それでも撮り続けていると、 そのうち気づく時がやって [続きを読む]
  • 一枚のためにたくさん撮る
  • Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G 1/3200 f1.4 ISO100大阪府 鶴見緑地公園 一枚の「いい写真」が手に入るなら何枚も何枚もシャッターを切る。何に対して格好をつけているのかわからないけど、フィルムを浪費するこの撮り方が、どこかストイックで格好いいのではとそんな風に感じていた。「1本丸ごと同じ被写体を撮ったよ」てのは失敗談じゃなくて自慢話や武勇伝。今思えば「何だよそれ」ですね。フィルム時代からデ [続きを読む]
  • 撮りたいから撮れるようになりたいへ
  • Nikon COOLPIX A Nikkor 28mm F/2.81/40 f3.5 ISO100 大阪府東大阪市 何を撮ればいいのかわからない。 そんな言葉もよく耳にするし、 自分自身もそんな時期が あったような無かったような・・・。 「撮りたいものを撮りたい」から、 「撮りたいように撮れるようになりたい」に、 目的や目標が変化している。 これはきっと、 [続きを読む]
  • 自然にカメラを向けることのすごさ
  • Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G 1/400 f1.4 ISO400和歌山県 中辺路 継桜王子 野中の一方杉 樹齢800年の杉の大木が20本近くも立っている。熊野古道を行き交う多くの旅人を、800年も見守ってきたことになる。長生きしてもたかだか100年。そんな人間が、芸術だ、美術だとどんなに騒いでも、自然の前には本当に小さくてなんだか申し訳なくなる。自然にカメラを向けることが魅力的なのは、きっと本能でそのすごさを感じ [続きを読む]
  • スナップする世界が見えているか?
  • Canon EOS6D EF 50mm F/1.4 USM1/1600 f1.4 ISO100 大阪府東大阪市 スナップの面白さはよく、狩猟や居合いのような、一瞬の戦いだと表現される。本当にその通りだなあとこの頃よく感じるようになった。ちょっと視点を変えるだけで、撮るべき瞬間が溢れていると感じる。少し心の在り方を変えてみると、今まで見えていなかった世界が見えてくる。結局のところ、目は開けていても見ていなかったのだろうと思う。常に [続きを読む]
  • カメラのおかげで描けている
  • Canon 5D Mark III EF 50mm F/1.4 USM1/640 f1.4 ISO100 大阪府 鶴見緑地公園 若葉の1枚にピントがあると、どこか清々しい雰囲気になる。命とか、未来とか、儚さとか、そんなことを写真から連想したり。***ほんの少しの時間でも、次から次へとスナップして何十枚、何百枚と描けてしまう。絵画やスケッチだと、きっとそういうわけにはいかない。カメラのおかげ。 [続きを読む]
  • 写真は人類の進化に貢献する?!
  • Nikon D800 TAMRON SP 45mm F/1.8 Di VC USD1/60 f2 ISO100 和歌山県那智勝浦町視覚からの情報を神経シナプスの奥に記録するそんな人の脳機能では、忘れたり、ぼやけたり、違えたり、不確かなことが多い。でも写真に撮られた場面の記憶は、とても鮮明に、時には哀愁深く、深く正確に記憶されている。もしかしたら、写真は人類の進化にとても重要な意味を与えたのか?蓄音機やトランジスタと同じくらい、いや人類への貢献度合いはそ [続きを読む]
  • 桜の木の下で撮る姿
  • Nikon D800 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G1/100 f2.8 ISO100 大阪府大阪市 早咲きの河津桜が咲いていて、 たくさんの人が集まっていた。 花の間を飛び回る小鳥にカメラを向ける バードウォッチング目的の人。 桜の木の下に座って弁当を食べる人。 散歩の途中で桜にカメラを向ける人。 大きなレフで光を集めながら撮る自分の姿は、&nbs [続きを読む]
  • 写実絵画と印象写真
  • Olympus PEN E-P5 + Panasonic Lumix G20mm F/1.71/160 f1.7 ISO200 大阪府東大阪市 絵画に印象画があるように、印象写真というのも成立する?写真の特性は現実性だけど、青空を?印象に近づけるために、PLフィルターで反射を除去して青くしたり、夕空のグラデーションを美しく見せる露出選びは良くある技法。これは写真にも印象表現が、少なからず存在するということ。ではもう少し踏み込んで [続きを読む]
  • 何が撮りたかったのだろう
  • Olympus PEN E-P5 + Panasonic LumixG 14mm F2.51/6400 f2.5 ISO200 大阪府東大阪市 確かに何かが見えて、 それを撮ってやろうと考えて、 そしてシャッターを切った... そのはずなのだけれども いったい何を撮りたかったのか、 後から全くもって思い出せない。 そんな写真が山ほどある。 そんな写真は数え切れない。 & [続きを読む]
  • 不安混じりのシャッタータイミング
  • Nikon D700 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G1/100 f2.8 ISO400 富山県礪波市 いつシャッターを切っている? 呼吸の切れ目だと感じたり、 被写体のリズムを感じて撮りたいと思ったり。 シャッターを切るタイミングは、 目に見えない空気を感じた瞬間だと そう思いたい。 でも、考え出すとわからなくなる。?本当のところは、ただなんとなく、こ [続きを読む]
  • 桜はその瞬間が勝負の時
  • Nikon D700 AF-S Nikkor 50mm F/1.4G 1/200 f2 ISO200 大阪府大東市 桜が美しく咲く季節、 花見に興じる人たちの傍らで カメラを持って右に左。 美しいのは花開いたその日の朝。 次の朝には瑞々しさを失って、 その翌日にはしおれてしまう。 一期一会とはよく言ったもの。 この時ばか [続きを読む]
  • 写真の中だけの美しい世界
  • Nikon D800 SIGMA 50mm F/1.4 DG HSM ART1/640 f1.4 ISO100 大阪府四条畷市 人の目は普段、 世界を適正露出で見ている。 だから美しいなと思った場面を カメラの設定そのままでは 美しく撮れないことになる。 でも写真的な美しい場面は 肉眼のそれと少し違っていることもある。 光が溢れて美しい場面を描いたり、&nbs [続きを読む]
  • ハイビスカスの蕾が紫色してた
  • Olympus PEN E-P5 + M.Zuiko Digital 17mm F2.8 1/400 f2.8 ISO200沖縄県名護市写真が繋いでくれたとても幸運な出会いがあり、沖縄に何度か足を運んだ。海に隔てられた彼方の土地は、暖かい風も、少し強い日差しも、海も、森も、滝も、道路も、どれも新鮮に感じられて、たくさんたくさん写真に収めた。交通の便が発達して、科学技術が進歩して、狭くなったこの地球でも、冒険はまだまだできるんだなあとカメラと写真が [続きを読む]
  • 道具の進化を感じる
  • Olympus PEN E-P3 M.Zuiko 14-42mm F3.5-5.6 II R 1/320 f10 ISO200 42mm 16:9 大阪府大東市 久しぶりに古いデジカメを手に歩いてみた。 手に入れた頃は画素数も多くて、 綺麗に撮れるなあと感激したものだけど、 あれ?シャッターがなかなか下りない。 AFもワンテンポ遅れてしまう感じで、 「ここ!」って瞬間を捉えられなかったりも。&n [続きを読む]
  • 写真は、見直すことの繰り返し
  • Mamiya RZ67pro SEKOR 110mm F2.8W f8 1/500KodakE100VS PL 6×6 filmholder 静岡県御前崎市 撮影する時には気付いていなかったことを、 後で写真をよく見ていると気づくことがある。 こんな面白い形をしていたのか。 こんな模様があったのか。 そしてあの時もっとこうすればよかったとか、 もう少し違う構図でとればよかったとか、 &n [続きを読む]
  • 芸術と自然
  • Olympus PEN E-P5 + Panasonic Lumix G 20mm F/1.71/4000 f1.8 ISO200 大阪府天王寺区 アート(Art)反対語は、 ネイチャー(Nature)になるそうだ。 日本語にすると芸術と自然。 訳語がうまくいってないのか、 この二つを対極として捉える感性は 日本ではそう一般的で無いのかもしれない。 写真を芸術(アート)と捉える [続きを読む]
  • 「アビィ企画グループ展でかフォト●11」に参加します
  • アビィ企画グループ展でかフォト●11 写真展に参加します。 今年はデジタルで作品作りを試しています。大きく印刷して、どんな風に見えるのか、僕自身も楽しみです。 皆さん、お時間が許せば ぜひ足を運んでください。 *** アビィ企画グループ展でかフォト●11(出展作家)生熊章浩 井上正詞 カジマヒロ 佐藤 柊 伸之助 タナカジュリアン(Jules)CHOM-POO ツジヒロコ とshi pao はやしあ [続きを読む]
  • カメラは偶然と撮影技術
  • Nikon D700 Ai-s Nikkor 50mm F/1.2s1/5000 f1.2 ISO200 大阪市鶴見緑地公園 「見たままを写真にする。」 「写真は真実を写す。」 そんな言葉、どこかで耳にするけれど、 実はそうじゃないことも多い。 眼と違ってレンズ越しでは ピントが一部にしか合わないし、 自分の眼でボケ味が見えているとしたら、 それ [続きを読む]