あねっさ さん プロフィール

  •  
あねっささん: 京都はんなり着物歳時記
ハンドル名あねっさ さん
ブログタイトル京都はんなり着物歳時記
ブログURLhttp://anessasenbun.blog.fc2.com/
サイト紹介文宇宙一着物が似合う街〜京都で大好きな着物や季節の歳時記・礼法・和文化をはんなり優しく綴ります。
自由文メインのオシゴトは臨床検査技師です。
9年前にお着物を学び始め、和装文化や日本の伝統文化の奥深さに感動。今も和装文化やマナーを学びながら、キモノに憧れてキモノを始めた皆さんに大好きになっていただきたくて、ブログを始めました。
お着物っていいな〜京都っていいな!日本って素敵だなって、日々の元気パワーに繋がるようなブログを目指しています❣
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供409回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2014/08/10 18:10

あねっさ さんのブログ記事

  • 浜ちりめん絵羽の道中着コートが主役のコーデ
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございますこの日のコーデをどうしようかな〜とTPOをちょいと考えてみると北野天満宮の紅梅、白梅の梅苑から高台寺の夜咄(よばなし)茶会へふむふむ着物はやわらかもので帯結びは二重太鼓でもいいし、織でもいいな〜以前もアップしましたが気軽に旅行者にも参加してほしいと軽装でもOKの高台寺の茶会は着物の格は染でも織でもOKなんですよあ。でも久々に墨黒のボカシも [続きを読む]
  • 絵羽の道中着コートで飛梅から和ろうそくの高台寺へ(1)
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます今宵は帰宅が遅くなりましたので予告バージョンでねえさん今日はどちらに?エヘヘそう今日は天神さんの梅花祭そ、それが〜もうビックリの人、人、ヒトで。。。笑え?お茶席が…まさかの長蛇の列で…方向転換飛梅ちゃんにはたっぷり癒されでも全くもって読みが甘かった私たちはランチのお店もどこも満員でお腹がペコペコで困り果てていたらおいでやす!の美味し [続きを読む]
  • 1000枚の至宝の図案にあねっさ驚く〜金沢加賀友禅産地の旅(6)
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます加賀友禅産地の旅の続記事です(^^♪はじめての方は「加賀友禅産地の旅」を してごらんくださいね私は宮野先生の加賀友禅の魅力に、何度もため息をつきながらくいいるように見ていましたこの花舟の下に置いているのが貴重な図案ですねこの図案が本当に緻密で素晴らしいのですよ私が宮野先生の図案の素晴らしさに驚いているとじゃあ〜良かったらこれをど [続きを読む]
  • 亀甲絣の謎が解けた!〜結城紬セカンドステージへ(2)
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます結城紬セカンドステージへ(1)の続記事です母から受け継いだ本場結城紬 地機(じばた)のコを、じ〜っと見ていて、いつも感じていたこと亀甲絣って、なんて可愛いんだろう〜(^◇^)ラブリー亀ちゃんね、ねぇ〜かっわいいでしょう〜亀さんの甲の六角形の亀甲模様を絣で表したんですよ亀甲文様とは不老長寿を願いおめでたい亀の甲を文様化したもので、上下左 [続きを読む]
  • 受け継いだキモノを鑑定&クリニックをしてくれる呉服店さん
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます先ほど着物通の友人から素敵な呉服店さんのお話しを聞き心がポカポカあったかくなりましたあねっささん、今日伺った呉服店さんはね着物の催事の中で着物初心者の方で家にある受け継いだ着物や帯で、それが何かが解らないキモノをとにかく全部持っておいでというコーナを作っていてねそれがもう皆さん着物や帯をワンサカ持ってきて、長蛇の列で番号札を持って並 [続きを読む]
  • 着物チェーン店でチャーリーが見た人間ウォッチング
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございますチャーリーが昨日の記事(はじめての方はこちらも→数10年の旅している大量の中間在庫から出逢った付け下げちゃん物語)を読んでくれてあねっささん、昨日の記事もなるほど!ってすごく勉強になりました〜少しずつだけど私も知識がついてきて着物愛がますます上昇しています〜と嬉しいコメントをくれた後で実は昨日、地元の大型きものチェーン店で○○周年の記 [続きを読む]
  • 祖母から聞いたあったかい留袖の5つ紋の話〜愛しき家紋(2)
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます愛しき家紋(1)の続記事です〜はじめての方はこちらも→愛しき家紋のルーツ〜60才の桐たんすから受け継がなかったキモノとは留袖はミセスの礼装着として最も格の高い着物で地色が黒の黒留袖は第一礼装として用いられ、黒以外の色留袖もほぼ用途は同じです結婚式や披露宴に出席する時や授賞式や式典などの公式の場に出席する時などに着ますね留袖の語源もまた [続きを読む]
  • これぞチャーリーズ変法 晒まきまきダ!え?胸元がスッキリ激変!
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございますねえさん〜チャーリーさんの晒チョッキ変法って、どんな形なん?むっちゃ、見てみたいんやけど〜とシスターズからご質問を頂いたので、早速チャーリーに確認したらえ?アレを公開するんですか?それも京都はんなりのブログで。。。(´・ω・`)あ。。。大丈夫!大丈夫!綺麗に盛ってあげるしね〜それに、もしかしたらチャーリーと同じような勘違いされている方 [続きを読む]
  • 紅梅白梅の手絞りの小紋でチャーリー目黒雅叙園100段ひな祭りへ
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます今宵は感動の二月花形歌舞伎とシネマ歌舞伎を書こうと写真加工していたらチャーリーから「あねっささん、雅叙園の100段おひな様を見てきたよ〜」と写真を送ってくれて、前回は分からなかったコーデの詳細も判明(笑)し、更にビックリしたので、そちらを先にアップしますねはじめての方はこちらも→紅梅がきわだつ黒〜黒のクオリティを見極めるワ〜この紅梅白 [続きを読む]
  • 長浜きもの大學2016 たまゆら(3)大徳寺きんとんのナルホドのルーツ
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます昨年秋に伺った、長浜きもの大學の体験講座の続きで〜すサイトはこちら→長浜きもの大學 長浜出世まつり午前の体験は季節のたよりは和菓子から素敵なテキストを読むときんとんは中国から留学僧が持ち帰ったものが日本で発展したんですね興味深かったのは京都 大徳寺きんとんを黒(小豆色)、または緑とするのは、黒を紫とみて、紫野と掛け緑を苔とする〜文政の [続きを読む]
  • ロクシタンハンドクリームと風通お召〜入り口は広い方がいい
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます今日は有休を頂き、着物関係の所用で京都へはじめてお会いするので着物は色無地ではちょっと仰々しいし、かといって紬ではカジュアルかな〜とちょうど中間くらいの格で。。。そうそうこの子がいいわ〜とチョイスしたのが菱屋六右ェ門の風通お召に浅田紋綴れ帯揚げは綸子の淡い黄色に、帯締めは菱屋六右ェ門のお召の丸ぐけちゃん洒落モンの丸ぐけは、着物の色に [続きを読む]
  • 愛しき家紋のルーツ〜60歳の桐たんすから受け継がなかった着物とは
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございますさて着物初心者の若葉の皆さまに質問です皆さんのお家の家紋は何ですか?実は私が60才の桐たんすから受け継がなかったキモノ…それが家紋のついた着物…紋つきの着物なんですよ(はじめての方はこちらも→60才の桐たんす)数年前のあの日のことはよく覚えています。親友の他界されたお母さまの桐たんすの着物を受け継ぐ時に、着物を着ない親友が私に、あねっ [続きを読む]
  • 100年前のおひなさまと祖母の桶絞り友禅
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます立春も過ぎたのでそろそろ、おひなさまを出されるお宅も多いことかと昨年の我が家のおひなさまは長浜からお嫁入りさせた大人可愛いガラスのおひなさまでしたはじめての方はこちらも→大人可愛いガラスのお雛さまひな祭りは、上巳(じょうし)の節供、桃の節供ともいいますよね。古代中国では、三月初めの巳の日(上巳)の日を忌み日として、川や海に入って『厄 [続きを読む]
  • 髪の毛より細い糸で織られた手織りの黒共帯〜勝山織物周山工房へ
  • こんにちは〜 あねっさです本日もご訪問いただきありがとうございます昨年秋に伺った、勝山周山工房の続きです〜初めての方はこのカテゴリを順にどうぞ〜これ、何だと思われます?この道、40年以上の至宝の技術者のおかあさまが集中して織られているのは〜(私の母をつい思い出すもので)別注の黒共帯。。。喪用の夏帯ですね文様は牡丹を意匠化したもの私たちがビックリ仰天したのは、この上質な日本の絹…糸の細さなんです夏用の [続きを読む]