橘泰一 さん プロフィール

  •  
橘泰一さん: フラグシップブログ灼熱
ハンドル名橘泰一 さん
ブログタイトルフラグシップブログ灼熱
ブログURLhttp://flower76.blog.fc2.com/
サイト紹介文富山県砺波市で県産杉と国産材、自然素材を丁寧に使い心地よい住まいをつくる地域工務店をやってます。
自由文薪ストーブ、無垢材、造作家具、杉下見板、ガルバリウム鋼板、Kスパン張り、パッシブ、端材、設計デザイン、造作キッチン、羽目板、樹脂窓、Low-eガラス、モザイクタイル
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/08/10 18:23

橘泰一 さんのブログ記事

  • 森づくり塾に参加してフラグシップでできること
  • 約半年の森づくり塾を終えて森や木に対する考えや知識は以前より深く更に関心が高くなりました。とやまの森の現状を学び、機器を使った測量、調査方法を学び、森の観察をして、植物分類を学び、実践では森の手入れ方法を学び、刈払い機、大鎌の扱い方枝打ちの仕方、チェーンソーの扱いと点検整備、いざという時の救急処置を学ぶことができました。フラグシップの仕事として森づくりにどう関わるか?実際にフィールド(森)を所有し [続きを読む]
  • DIYレクチャー〜塗装編
  • カスタマイズハウス丸山の家はオーナー自ら行うDIYが着々と進行していて1ヶ月。なんと!天井板張りが完了していました〜。いやいや凄いです。約13坪の面積を夫婦二人でほぼ張り終えてしまった。傾斜した天井面に玄能と釘の手作業を二人三脚でやり遂げたのです。しかも最初の目立て通りの日数で上げてくるあたりに凄味さえ覚えます笑。張り終えた余韻にじっくり浸る間も無く次の工程へ進めるのも全てDIYをするオーナーのペースで [続きを読む]
  • 改修工事に合わせて行う耐震補強工事〜筋交い編
  • ビンテージハウスR322の耐震補強工事は筋交いを入れる工程に入りました。壁量計算で偏心率が0.3以下で収まるように筋交いを配置します。新築であれば0.15以下を基準にして筋交いの配置と本数を決めていますが、偏心率を求めすぎて筋交い量を減らすことはこの耐震改修のテーマに添わないので、偏心率0.3ギリギリとしています。筋交いは土台と梁の掛かるところに取り付けています。元ある梁の真下に基礎と土台を新設して、土台〜梁間 [続きを読む]
  • 無印良品の収納用品に合わせた造作家具
  • お手持ちの収納用品に合わせてつくれるのが造作のメリット。モノや洋服などの寸法と日本の収納事情を考えたデザインが魅力の無印良品収納用品を愛用されている方は多いでしょう。その無印良品の収納にドンピシャでつくった収納棚をご紹介。ひとつはポリプロピレンのケースをキッチンの棚に入れてあります。ケースにはラップや調味料のストックなど細々したものを入れてあります。ケースは引出して利用するので使いやすい。引き出し [続きを読む]
  • 上越の工務店「暮らしの工房」の家を見学
  • 同世代工務店経営者で、自然素材を素直に使ったシンプルでその土地の特性を生かし家に落とし込む設計が上手い「暮らしの工房」代表岡沢さんに引き渡し間際の新築住宅を見せてもらいました。場所は新潟市。上越妙高駅から車で1.5時間高速を飛ばして現地まで。現場巡回する移動だけで3時間を要する遠方の現場は管理が大変だったようです。大工さんは3か月泊まり込みと気合入っています。それだけお客様が岡沢さんに家づくりを依頼し [続きを読む]
  • チェーンソーの扱い方と整備点検を習って来ました
  • 先週に引き続き、県の事業森づくりボランティアを養成している「森づくり塾」に参加。今回はチェーンソーの扱い方と整備点検を西部森林組合の職員の方より教わりました。自前でチェーンソーは「マキタ」エンジン式350mmガイドバーを持っています。現場から引き上げた廃材を切断して薪や細かく廃材処分するのに役立っています。今はビンテージハウスR322で立木の剪定伐採と大活躍。ただ使ってはいるものの「これでいいのか」と [続きを読む]
  • DIYerが好みそうな充電式防じんマルノコ
  • 建材店の展示会に寄った際に、電動工具メーカー「マキタ」のコーナーを覗くと電動工具愛好家が好きそうな充電式マルノコに新商品が出ていました。https://www.makita.co.jp/product/category/setudan/ks513drg/ks513drg.html充電式マルノコは100V電源コードを引き回す紛らわしさがなく、作業台・屋根上・庭と場所を選ばずに材の切断作業を可能にしてくれる道具。その充電式マルノコに「集じん機と連動できるBluetooth機能」が搭載 [続きを読む]
  • リフォームはシロアリ被害に遭う条件を解決することが一つのテーマ
  • ビンテージハウスを解体して発見できたシロアリ被害。今回のリフォーム工事で難易度が高い構造材(梁)の架け替え工事を何とかやり遂げました。被害に遭った箇所の元はタイル貼りの在来浴室。大体どの家でも在来浴室の場合9割方は構造材がシロアリ被害に遭っていてビンテージハウスも当然のように食害されていた。ただ被害度が異常で梁まで喰われ且つ2階の柱まで蟻道があったことには驚きです。柱を取り換える場合と梁を架け替え [続きを読む]
  • 自宅リフォーム後初めての夏はどうだったか
  • 自宅の2階をリフォームして昨年11月に入居。今回が初めての夏でした。冬の過ごし方を主として設計検討していて冬は相当心地よく、且つ省エネで過ごせましたが暑い夏はどうだったか。通風について。日中はほぼ留守で夜に居ることがほとんど。夜は南の東・西よりの風が風速約1.0m/sで吹いていますが、ほぼ無風に近く通風は期待出来なかった。締め切った部屋の室温は主に33℃で外気温が28〜9℃であれば窓開けした瞬間は涼しい [続きを読む]
  • 出入り口の建具と家具の扉の面材を合わせる
  • 建具の仕様は骨となる木枠を両側からベニヤを張って太鼓のような感じで作ります。これをフラッシュ戸と言いますが、このフラッシュ戸を建具やさんで製作して、大工さんが造作した枠に吊りこんで仕上げています。建具は既成品と建具やさんが製作する造作建具の2パターンありますが、フラグシップでは造作建具を基本の建具工事にしています。その理由はキッチンや洗面台などの設備を大工さんで造作して、それに合わせて引き出しや引 [続きを読む]
  • 森林ボランティア 森づくり塾普通救命講習
  • 県が養成している森林ボランティアの研修で、森の手入れの基本を学ぶ座学と救急処置研修、刈払い機・大鎌の使い方、枝打ちの仕方を県民公園「頼成の森」にて習得して来ました。救急処置研修は、いざという時の救命・救急処置を救命士の方を講師として3時間みっちり教えていただきました。森林ボランティアでなぜ救急処置が必要なのか?というよりも、ひとりの市民として一人でも多くの人が救命救急処置の知識と行動ができれば、い [続きを読む]
  • 工務店と大工さんでつくる家具 本棚編
  • 収納するモノで嵩張ると意外と重たいのが食器と本。重量があるモノを収納する場合はしっかりとした骨組みで且つ耐久性のある設計が大切です。今回は本棚のご紹介になります。本と言っても雑誌、カタログ、ノート、参考書、教科書、小説、コミックにファイルとたくさんの種類とサイズはまちまち。まずは何をそこに収めるかで本棚の寸法を決めていきます。基本的に重量からの耐久性を考え棚板は固定にしています。何の本・雑誌を収納 [続きを読む]
  • 元々あるものは活かして劇的な変化を付けないリフォーム計画
  • 僕がリフォームを計画する上で考え方の基本としているのが、「元々あるものは活かして劇的な変化を付けないこと」にしています。例えば窓。大きさと位置は元々そこに窓があったところに付けること。また柱、梁、基礎の構造の要となる部位はむやみに移動や撤去をやらずにできるよう計画します。特に構造は無視できないので木構造の組み方を見ます。無理をした設計をしてしまうと、表面はキレイに仕上がっている反面壁や天井裏で起こ [続きを読む]
  • 改修工事に合わせて行う耐震補強工事〜土台編
  • ビンテージハウスR322は改修工事に合わせて耐震補強工事を行っています。耐震補強で分かりやすく皆さんに馴染みあるのは壁に筋かいを入れること。建物のバランス(偏心率)をみながらどこにどれくらいの筋かいを配置すれば良いかを設計しています。設計した筋かいに伝わった力を基礎へ伝達するのは土台の役割。その土台をこれまでの工程でつくった基礎コンクリートに載せてアンカーボルトで固定すると力の流れがスムーズになる [続きを読む]
  • 今年の米、稲刈りが始まっています
  • 僕の家は兼業農家で10年以上前からは集落営農組合となって稲作をしています。営農組合員である父親とともに工程に沿って作業日の出番が割り当てられていて、本日が早稲いの稲刈り出番となって出動していました。暑かったー。朝の8時から夕方5時までみっちり働きますが、役割はコンバインのオペレーターを任命されしかも新車に乗ることに。新車は誰が最初にトラブルを起こすかと先輩方より冗談を言われるのであまり乗り気ではな [続きを読む]
  • 変わった形でも高音質健在なBOSEスピーカー
  • 低音域のサウンドが良質なBOSEからデザイン性と機能的なスピーカーSOUNDLINK REVOLVEが良さそうな雰囲気。これまでいくつかBOSEスピーカーを愛用していますがちょっと別のものが気になっていて見つけたのがSOUNDLINK REVOLVE。特徴は360度に音が出せるところ。正面のないスピーカー。シルエットは水筒型で+の方はハンドルが付いている。ボディ素材がアルミでmac愛好者には好かれそう。僕もその一人になるかも苦笑。音自体は下側に [続きを読む]
  • 貴闘力の焼き肉店「ドラゴ」
  • 泊まったホテル界隈で夕飯を食べるお店を探していると、貴闘力と書かれた赤提灯が下がっているお店に遭遇。覗くと厚切り肉がおススメの焼肉店。特に相撲が好きなわけでもないけれど、当時貴闘力や琴錦のスピードある相撲が僕の中ではかっこ良い相撲と記憶されていました。場所は清澄白河。清洲橋と駅のちょうど真ん中あたりにお店があって店名は「ドラゴ」。厚切りは推しメニューでしたが高価だったため諦めてハラミやホルモンミッ [続きを読む]
  • 改修工事の要は基礎補強から始まります
  • 築年数が古い家の基礎と柱の関係は、基礎代わりの石の上に柱を立てているか、無筋コンクリート基礎に土台が置いてあるだけでアンカーボルト緊結されていないことが殆どです。ビンテージハウスR322の基礎も同様な状態で、柱下に無筋コンクリートの塊がありその上に柱が立っていました。柱と基礎は緊結されてなく載っているだけ。建物が地震で揺らされると柱が基礎からズレ落ちてしまい危険。この問題を解決するのが鉄筋コンクリ [続きを読む]
  • ビルをリノベーションして出来たホステル
  • 先日泊まる機会があった東日本橋にあるホステル。デザインがとてもいい感じに仕上がっていたのでご紹介します。ビル一棟リノベーションして地下にはバーダイニング、1階にコーヒースタンドと宿泊用レセプション。2〜7階が宿泊室となっている建物。宿泊室はドミトリーとプライベートの2タイプあってトイレ、シャワーブースは共有で各階にある間取りです。リノベのデザインは元の内装を剥ぐって天井・壁・床とコンクリートをむき [続きを読む]
  • 今度のフェスはビンテージハウスR322で丸洗い
  • ビンテージハウスR322でのフェス第2弾。次は丸洗いフェスをやります。第1弾フェスの様子http://flower76.blog.fc2.com/blog-entry-1416.html長い月日壁や天井裏に隠れていた梁と柱と2階の床板が剥き出しになった状態。月日と共に蓄積された煤や埃を洗車ブラシと雑巾でひたすら水拭きします。もちろん蜘蛛の巣や害虫の糞や死骸もあるので掃除する甲斐があるほど汚れている現在。工事を進めるため予めする掃除は欠かせません [続きを読む]
  • 新聞に掲載していただきました
  • 建設業界専門の新聞、建設工業新聞の北陸圏ページにある北陸発「あっ!」とホ〜ムVol,27にフラグシップが掲載されました。記事は家づくり、建築と普段考えて取り組ませてもらっていることを素直に載せた内容になっています。僕の自己紹介から起業したきっかけ。得意としていること。お客様に提供していること。これからの課題のことを簡潔に写真つきで紹介して頂いています。オファーの依頼があったときは、「うちのような小さな会 [続きを読む]
  • 構造塾で学び活かせる設計をする
  • 自分があまり得意ではない構造分野。日々設計と現場管理に携わっていると「これでいいのか?」「もっと力学的に根拠あるものにしたい」と感じること、考えることが多々あります。そういった自分なりの考えを整理することと、「これでいいのか」と改善したい考えなどをまとめたい思いから、一定のカリキュラムで木構造を学べる「構造塾」で勉強することに決め本日より講義を受けてきました。構造設計を行うときに注意していることは [続きを読む]
  • 夏休みとDIYレクチャーなど
  • あっという間にお盆が過ぎて朝晩涼しく過ごしやすくなりました。お盆前後はDIYレクチャー、チューリップ朝市、親戚との余暇、お墓参り、同級生飲み会と遠出をすることなく過ごさせてもらいそれとなく休日のようなそうでもないような日々でした笑。丸山の家は施主によるDIYが本格的にスタートしています。これからは休日のたびにDIYをやって年内には入居!?を目指して頑張って仕上げます。夫婦、ときには子どもと。友達と [続きを読む]
  • ホットフィールド2017@黒部市宮野運動公園
  • 富山県で開催される野外ロックフェス「ホットフィールド2017」先日5日にお休みをとって午前中から夜まで自然に囲まれた中での音楽をたっぷり楽しんできました。僕はほぼ洋楽しか聞かないのでお目当てのバンドやアーティストが特に出演するわけではない。ホットフィールドはライブそのものを楽しむだけではなく、その場所フィールドに居ることで味わえる雰囲気と空気感が心地良く、音を聴く以外に楽しめるコンテンツがたくさん [続きを読む]
  • シロアリ被害の木材に薬剤注入して駆除する方法
  • 古くて特に空き家だった期間が長ければ長い程雨漏りや害虫の被害にあっているケースは多く、ビンテージハウスも例外なくそのケースにハマっている旧家です。雨漏りが起きて害虫の被害となれば大体がシロアリになります。水分とエサさえあれば地上から高く上がった屋根まで昇っていることも珍しくはなくなっています。リフォームで天井や壁、床を解体して構造材、床下とスケルトンになればシロアリ被害が目視確認できるので、解体完 [続きを読む]