Paris-MaX さん プロフィール

  •  
Paris-MaXさん: ディーラーが読み解く株・先物チャートに隠された心理
ハンドル名Paris-MaX さん
ブログタイトルディーラーが読み解く株・先物チャートに隠された心理
ブログURLhttps://ameblo.jp/paris-bijou/
サイト紹介文株・先物・為替問わず、テクニカル分析だけでなく、投資家の行動パターンを読み解きながら相場を解説します
自由文☆株や先物に関して熱く語ります。その他、相場の仕組みやGPIF(年金)、CTA(ヘッジファンド)など相場についてならお任せ下さい。


☆チャートの基礎知識に頼らず、ディーラー時代に知り得た様々な投資家の
内部事情・行動パターンに基づいて、デイトレ・スイング目線の
マーケット分析・予測をしています。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/08/10 20:59

Paris-MaX さんのブログ記事

  • 朝のレポート
  • 8月23日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、大幅上昇。税制改定に向けた動きが進展しているという報道を受けて・・・投資家のセンチメントが改善し、指数は大幅高となりました。しかし、商いは極めて薄く、《一部投資家によるショートカバー》といった色彩の上昇となっています。為替市場では、上記報道による株価上昇を受けて、やや《円売り・ドル買い》が優勢。ドル円は、小動きながら円安基調となり、概ね《109.50》 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月22日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。引き続き、トランプ政権内部の混迷や日韓合同演習による北朝鮮情勢の緊迫化が・・・気掛かりとなり安い場面もありましたが、ジャクソンホールでのイエレン議長・ドラギ総裁の講演を前に《金融引き締めペースの緩和》期待からREIT・通信などの業種が買われ、指数はまちまちとなりました。為替市場では、上記複数の材料を受けて、ドル売りが優勢。ドル円は、昨日日本時 [続きを読む]
  • お休みのお知らせとチー子。
  • 8月18日 今日の呟き 《夏休みのお知らせ》 8月11日(金)〜8月21日(月) まで、夏休みを頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。皆さん、体調を崩しませんようにお過ごしくださいませm(_ _ )m ポチっとして頂けると嬉しいです(#^.^#) にほんブログ村 ゚・:,。★゚・:,《お知らせ》゚・:,。★゚・:, 週一回の無料メルマガ登録 どうぞ、宜しくお願い致します(#^.^#)"立会外分娩さん"が、ツイッターをはじめてくれましたっ。”株の [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月10日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、小幅安。北朝鮮情勢緊迫化を受けて、寄り付き直後に安値を付けましたが・・・ティラーソン国務長官が『米国は外交的手段で北朝鮮の核兵器追及をやめさせる』と述べたことから売り一巡となり、その後は押し目買いで前日終値付近まで戻す動きとなりました。為替市場では、北朝鮮情勢を巡る緊張の和らぎを受けて、円買い一服。ドル円は、《109.50〜110.10》のレンジ内で、方向感 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月9日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、反落。正午過ぎまでは、じり高歩調の動きでしたが・・・北朝鮮が小型核弾頭保有との報道や、トランプ大統領による攻撃的な発言、著名投資家によるVIX指数上昇の可能性示唆の材料により投資家のリスク回避姿勢が強まり、株式市場は反落し、VIX指数の急上昇も目立つ一日となりました。為替市場では、利回り上昇を受けてドルが強含むも、リスクオフに転じたあとは《円》が独歩高。 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月8日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、小幅高。薄商いの中、企業決算や・・・M&Aに関する材料が好感され、続伸しました。為替市場では、材料難の中小動き。ドル円は、《110円台後半》での狭い値幅での小動きとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、出来高《3000枚台》と極めて薄商いの中、《20020円〜20050円》と値動きもほとんど見られませんでした。参加者も乏しければ材料にも乏しいため、突発的な [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月7日 今日の呟き 先週末のアメリカ株域市場は、小幅高。予想を上回る雇用統計が好感され・・・金利上昇の恩恵を受けやすい《金融株》が相場を牽引しました。為替市場では、上記雇用統計を受けて、ドルが買われる展開。ドル円は、《110円》水準から《111.05》まで約1円幅上昇し、その後は《110円台後半》での値動きとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、《19900円台後半》で膠着したのち、雇用統計を受けて《 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月4日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。ダウ平均は上昇しましたが、大型IT株の下落が圧迫し・・・S&P500とナスダック指数は、終日小幅安水準での推移となりました。為替市場では、イギリス中銀による《金利据え置き》と《GDP見通しの下方修正》を受けてのイギリス国債利回り急低下が波及し、全般に円買いが優勢。ISM非製造業指数が予想を下回ったこともドル売り材料となり、ドル円は《110.50を挟んだ動き [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月3日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。アップルが指数を牽引し、ニューヨークダウが22000ドルを超える水準まで上昇しましたが・・・小型株全般に売りが広がる場面もあり、全般的にはやや軟調な動きとなりました。為替市場では、FRBメンバーによる年内追加利上げに消極的な発言を受けてドル売りが進む場面があるも、その後に持ち直し。ドル円は、《110円70〜90銭水準》でもみ合いの後、《110.30》まで下落 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月2日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、上昇。経済指標は予想を下回ったものの・・・好決算や利回り低下が好感され、堅調推移となりました。為替市場は、方向感ない値動き。ドル円は、利回り低下に伴い《110円台》を割り込む場面もありましたが、値ごろ感や株式市場の堅調推移を受けて、その後は《110円台前半》に持ち直す動きとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、《20000円》を挟んで上下動したのち [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 8月1日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。特段材料がない中、銘柄入れ替え中心の動きとなり・・・これまで上昇率の高かった大型IT株は売り優勢となりました。為替市場では、北朝鮮ミサイル発射問題やトランプ政権内部の混乱が意識され、ドル売りが継続。ドル円は、《100.50》をやや上回る水準で揉み合っていましたが、その後は小幅ながら値を切り下げ、一時《100円20銭台》まで値を下げる場面がありました。 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月31日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、まちまち。発表された決算が失望される銘柄が目立ったことから、安く始まりましたが・・・全体的には良好な決算内容ということで、その後は徐々に値を戻す展開となりました。為替市場では、この日発表の4〜6月期GDPが予想を下回ったことを受けて、ドル売りが優勢。ドル円は、《111円を挟む動き》から《110円50銭手前水準》まで下落する動きとなりました。これらの動きを [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月28日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。予想を上回る経済指標や主要企業の決算発表を受けて、高く始まったものの・・・現在の低ボラティリティと金融引き締めに対するリスクを指摘するレポートをきっかけに売りが膨らみ急落し、売り一巡後は値を戻すという、振れの大きい一日となりました。為替市場では、予想を上回る経済指標や堅調な株式市場を受けてドル高が進行するも、その後の株価急落で一転《リスク [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月27日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、上昇。ボーイングの急伸を受けて、ダウ平均の上昇率が高くなりましたが・・・S&P500はほぼ横ばいと、全体的には前日終値付近での小動きとなりました。為替市場では、FOMC声明文において《インフレ率の低下》が指摘されたことを受けて、急速にドル売りが進行。ドル円は、一時《112.18》まで上昇する場面があったものの、FOMC声明文を受けて《111.09》まで約1円下落しました。 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月26日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、上昇。経済指標が予想を上回ったことを受けての金利上昇、サウジの原油輸出量の削減発表を受けての原油価格上昇を背景に・・・《金融・エネルギー》が相場を牽引しました。為替市場では、欧米の金利上昇を受けて、円売りが優勢。ドル円は、《111円前後》の水準から《112円手前》水準まで、1円ほど水準を切り上げました。それらの動きを受けた日経225先物は、じり高歩調で推移 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月25日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。決算発表などを受けての個別主体の値動きとなり・・・ダウ平均は下落、ナスダックは大型IT銘柄の決算への期待感から上昇しました。為替市場では、FOMCを控え、方向感のない値動き。イベントを前にポジション調整主体となり、ドル円は、ロンドン時間に《110円台半ば》まで下落する場面がありましたが、その後は《111円台前半》に戻す展開となりました。それらの動き [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月24日 今日の呟き 先週末のアメリカ株式市場は、小幅安。薄商いの中、この日は終日・・・利益確定売りが優勢となりましたが、安値圏からは戻し、下落幅は小幅に留まりました。為替市場では、金利低下の影響もあり、ドル売りが優勢。ドル円は、《111円手前》水準まで下落した後、横ばいの動きとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、《円高・株安》の動きに沿う形で《19950円》まで下落後、ドル円の戻りの鈍さ [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月21日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。ディフェンシブセクターへの資金シフトが見られましたが・・・指数は前日終値付近での小動きでした。為替市場では、金利低下などを受けて、ドルが軟調。ドル円は、《111.50》付近まで下落した後、10年物インフレ指数連動債の入札不調を受けた金利上昇に伴って《112円手前》水準まで戻す動きとなっています。これらの動きを受けた日経225先物は、概ねドル円に連動す [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月20日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、上昇。税制改定の進展や企業決算への期待に加えて・・・バイオ銘柄の急騰も指数の押し上げに寄与しました。為替市場では、特段材料がなく、小動き。主要通貨に対しては小幅に円高方向に振れ、ドル円は《111円台後半》での小幅な値動きとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、《19950円〜20010円》の間での閑散商いとなっています。本日は日欧で金融政策会合の結 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月19日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。ネットフリックスの決算を好感して大型インターネット株に買いが入り、ナスダック指数は続伸し・・・ゴールドマンサックスの決算が失望され、ダウ平均がマイナスに沈む構図となりました。為替市場では、オバマケア代替法案の採決断念を受けて、ドル売りが優勢。途中まとまった《株売り・債権買い》が入ったことで、ドル円は《111.70水準》まで下落する場面がありまし [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月18日 今日の呟き 連休中のアメリカ株式市場は、先週末の上昇後、昨日は小動き。 予想を下回る経済指標が続いたことで、利上げペースの鈍化観測が強まり・・・株式市場への資金流入期待から、《金融》を除いて幅広く買いが入りました。 為替市場では、金利低下を背景に、ドル安が進行。ドル円は、先週末に《113円台》から《112円台》に1円ほど円高に振れた後、昨日は《112.50》を挟んだ揉み合いとなりました。 それらの動きを受 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月14日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、小幅続伸。金利の反発や決算への期待感から・・・金融株が指数を牽引しました。為替市場では、金利の上昇を受けて、円売りが優勢。ドル円は、《112円台》を付ける場面もありましたが、その後は金利の上昇に沿う形で《113.47》まで上昇後、113円台前半での揉み合いとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、為替市場の動きにもほとんど反応を示さず、《20090円〜2013 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月13日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、大幅に上昇。イエレンFRB議長の議会証言で、『中立金利が低下しているため、 それほど大幅な利上げは必要ない』との意見が示されたことから・・・過度な金融引き締め懸念が急速に後退し、金融・エネルギーが小幅に留まったものの、全面高になりました。為替市場では、金利低下を背景に、主要通貨に対して円が強含み。ドル円は、《113.50》を挟んだ動きから、上記材料を受 [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月12日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、ほぼ横ばい。トランプ大統領の長男とロシア人弁護士との間のメールが公開されたことを受けて・・・急落する場面がありましたが、今後の影響が不透明であることから、その後はイエレンFRB議長の議会証言を見極めるムードとなり、急落前の水準に戻して横ばいの動きとなりました。為替市場では、上記材料によるドル売りが優勢。ドル円も、《114.50》付近から《113.72》まで急速に [続きを読む]
  • 朝のレポート
  • 7月11日 今日の呟き 昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。特段新規材料もなく、イエレンFRB議長の議会証言や第2四半期決算を控えているとあって・・・薄商いの中を小動きとなりました。為替市場も小動き。先週の債券売りを受けた債券市場での買戻しを受けて小幅な《円高》となり、ドル円は《114円台前半》での小動きとなりました。それらの動きを受けた日経225先物は、《20050円〜20120円》のレンジ内での《閑散・小動き》 [続きを読む]