古荷家幸之助 さん プロフィール

  •  
古荷家幸之助さん: G7と旅に出てみたら〜
ハンドル名古荷家幸之助 さん
ブログタイトルG7と旅に出てみたら〜
ブログURLhttp://koniminodimagea200.blog.fc2.com/
サイト紹介文鉄道旅行での写真を主に載せています。カメラはパナソニックのミラーレス1眼 DMC-G7を使用してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/08/13 17:55

古荷家幸之助 さんのブログ記事

  • 『山陽路の旅』7 鞆の浦(3) 夕焼けのにゃん
  • 前回に続き、『山陽路の旅』の写真をUPします。今回の旅は、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島 → 倉敷 → 鞆の浦 → 尾道 → 松山 → 呉 の順に巡っています☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※前回に続き鞆の浦編の3回目です◎今回は圓福寺近くで撮影した猫の写真「夕焼けのにゃん」をUPします◇前回の写真撮影後、小高い丘の上にある圓福寺に行ってみること [続きを読む]
  • 『山陽路の旅』6 鞆の浦(2)
  • 前回に続き、『山陽路の旅』の写真をUPします。今回の旅は、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島 → 倉敷 → 鞆の浦 → 尾道 → 松山 → 呉 の順に巡っています☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※今回は前回に続き鞆の浦編の2回目です◎常夜燈前広場にて(前回の続き)・常夜燈に近付いて撮影(16:55)やや黄金色に見えます・遠くのフェリーはそんなに大きくありま [続きを読む]
  • 『山陽路の旅』5 鞆の浦(1)
  • 前回に続き、『山陽路の旅』の写真をUPします。今回の旅は、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島 → 倉敷 → 鞆の浦 → 尾道 → 松山 → 呉 の順に巡っています☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※今回からは鞆の浦での写真です(鞆の浦編1回目)◎前回の倉敷より鞆の浦へ移動しました。◆倉敷駅からJRで福山駅へ (JR倉敷駅→JR福山駅 約40分)◆福山駅から鞆 [続きを読む]
  • 『山陽路の旅』4 倉敷(後編)
  • 前回に続き、『山陽路の旅』の写真をUPします。今回の旅は、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島 → 倉敷 → 鞆の浦 → 尾道 → 松山 → 呉 の順に巡っています☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※前回に続き倉敷での写真(後編)をUPします◎今回は倉敷館前(中橋)から北上、大原美術館周辺です。・倉敷考古館前にてこの日は休館日でした・倉敷館(観光案内所)・こ [続きを読む]
  • 『山陽路の旅』3 倉敷(前編)
  • 前回に続き、『山陽路の旅』の写真をUPします。今回の旅は、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島 → 倉敷 → 鞆の浦 → 尾道 → 松山 → 呉 の順に巡っています☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※今回からは倉敷での写真です◇前回の鷲羽山展望台より児島駅までバスで戻り、さらに児島駅から倉敷美観地区に移動しました。児島駅からはJRで倉敷まで移動すること [続きを読む]
  • 『山陽路の旅』2 児島・鷲羽山展望台からの瀬戸大橋(後編)
  • 前回に続き、『山陽路の旅』の写真をUPします。今回の旅は、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島 → 倉敷 → 鞆の浦 → 尾道 → 松山 → 呉 の順に巡っています☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※今回は児島・鷲羽山展望台(後編)での写真です◎前回はビジターセンターまでの中間地点までの写真をUPしましたので今回はその続きです。・ビジターセンターの近くま [続きを読む]
  • 『山陽路の旅』1 児島・鷲羽山展望台からの瀬戸大橋(前編)
  • 今回からのシリーズは、JR、高速バス、フェリー等を利用し、児島、倉敷、鞆の浦、尾道、松山、呉へ行ってきましたので、その時に撮影したものを順にUPしていきます。◎日程1日目・・・岡山県・児島(鷲羽山展望台)、倉敷、福山市(鞆の浦)2日目・・・鞆の浦、広島県(尾道)、愛媛県(松山)3日目・・・松山、広島県(呉) の順です☆1日目の行程は名古屋駅 → 岡山駅 → 児島駅 → 鷲羽山展望台 → 倉敷 → 鞆の浦 の順です※今回は『山陽 [続きを読む]
  • 「名古屋港水族館」6 名古屋港ポートビル
  • 前回に続き、名古屋港水族館 → 南極観測船ふじ → 名古屋港ポートビル での写真をUPします。※今回は「名古屋港ポートビル」での写真を紹介南極観測船ふじの近くには名古屋港ポートビルが建っています。このビルの3階・4階には名古屋海洋博物館が、7階には地上53mの展望室があり観光出来るようになっています。このポートビルには名古屋港の歴史とか海洋関連の模型が展示されていました。また最上階は展望室となっていますので、 [続きを読む]
  • 「名古屋港水族館」5 南極観測船ふじ
  • 前回に続き、名古屋港水族館 → 南極観測船ふじ → 名古屋港ポートビル での写真をUPします。※今回は「南極観測船ふじ」での写真を紹介◇「名古屋港水族館」は単独で利用すると2,000円ですが、南極観測船ふじと名古屋港ポートビルも合わせて利用すると2,400円で利用できます。今回はこの共通入館券を購入しております。・ふじ券売所ここでは「南極観測船ふじ」単独の入場券も販売してます・南極観測船内の様子このような部屋ごとに、 [続きを読む]
  • 「名古屋港水族館」4 ポートブリッジ
  • 二週間ぶりのご無沙汰ですが、名古屋港水族館 → 南極観測船ふじ → 名古屋港ポートビル での写真を続けてUPします。※今回は名古屋港水族館と名古屋港ポートビル間の連絡橋(ポートブリッジ)での写真を紹介・「名古屋港水族館」南館を出るとこのような場所に出ます左に南極観測船ふじ、右に名古屋港ポートビル。・せっかくですから階段を上がり、ポートブリッジへ。平日ですのであまり人が通りません・ポートブリッジからの南極観 [続きを読む]
  • 「名古屋港水族館」3 南館(後編)
  • 前回に続き、名古屋港水族館 → 南極観測船ふじ → 名古屋港ポートビル での写真をUPします。※今回は引き続き「名古屋港水族館」南館での写真(後編)を紹介・南館ではこのような珊瑚も展示されてますこれはデスクトップの背景画像ではありません。実際にカメラで撮影したものです。・ここではウミガメもいましたので撮影しましたカメが手を振っている・・・んな訳ない写真中、室内の非常灯が反射して写ってしまった。あと生まれた [続きを読む]
  • 「名古屋港水族館」2 南館(前編)
  • 前回に続き、名古屋港水族館 → 南極観測船ふじ → 名古屋港ポートビル での写真をUPします。※今回からは「名古屋港水族館」南館での写真を紹介します前回の北館でのイルカのショーが終わった後、引き続き南館へ移動しました。ここ南館では特に変わった撮影をするのではなく、単純に見た魚を撮影しただけです。テレビでは見たことがあるけど、実際に見るのはほとんど初めてだったので記念に残しました。この南館での写真は2回に [続きを読む]
  • 魅力のない街名古屋より「名古屋港水族館」を紹介
  • ◎前回までの『富士山フリーきっぷの旅』で、三保水族館での写真を少しUPしたのですが、あまりにつまらなかった(失礼)。じゃあ、地元名古屋ではどうなのかということで、今回「名古屋港水族館」へ行って確認してきました。ということで、今回から「名古屋港水族館」及びその周辺で撮影したものを順次UPしていきます。名古屋は、基本的に「行きたくない/魅力のない街」ランキング1位なので、特にお勧めするほどの観光地はありません [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』14 三島・源兵衛川
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。3日目は 柿田川公園 → 富士川 → 楽寿園  の順です。※今回はシリーズ最後、楽寿園近くの源兵衛川での写真をUPします。◆前回の楽寿園での撮影後、すぐ裏の源兵衛川へ行きました。ここでは源兵衛川の雰囲気を撮影してきました。・蓮沼川源兵衛川へ行く途中には、蓮沼川が有ったので一枚撮っておきました。・こちらは源兵衛川ですここの遊歩道は結構雰囲気が良か [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』13 楽寿園
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。3日目は 柿田川公園 → 富士川 → 楽寿園  の順です。※今回は楽寿園での写真をUPします。◆前回の富士川河川敷での撮影後、JRにて富士駅から再度三島駅まで戻りました。ここでは、楽寿園へ行く前に、伊豆箱根鉄道の車両を少し撮影しております。この伊豆箱根鉄道の三島駅は、JRの三島駅のとなりですのですぐに行けました。・伊豆箱根鉄道三島駅ホームには修 [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』12 富士川
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。3日目は 柿田川公園 → 富士川 → 楽寿園  の順です。※今回は富士川で撮影した新幹線車両の写真をUPします。◆前回の柿田川公園前(10:36発)から、バスにていったん三島駅まで行き、さらにJRにて富士川駅まで移動しました。 ・JR富士川駅(11:45着)ここから、東海道新幹線の富士川橋梁下まで、徒歩にて移動しました。(20分位かかった)ここでは、天気が良けれ [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』11 柿田川公園
  • 今回のシリーズですが、JRの『富士山フリーきっぷ』を使用し、久能山東照宮、清水港、三保の松原、浅間大社、白糸の滝、熱海海岸、柿田川公園、富士川、楽寿園へ行ってきましたので、その時に撮影したものをUPしております。撮影地は、久能山東照宮 → 清水港 → 三保の松原 → 浅間大社 → 白糸の滝 → 熱海海岸 → 柿田川公園 → 富士川 → 楽寿園 の順です。◎今回の観光日程は1日目・・・久能山東照宮、清水港、三保の松原2 [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』10 熱海
  • 昨年に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。2日目は 富士駅 → 富士宮駅 → 浅間大社 → 白糸の滝 → 熱海海岸 の順です。※今回は熱海での写真をUPします。◆前回の白糸の滝から、いったん富士宮駅へ戻り、さらに熱海まで移動しました。(15:40熱海着) (『富士山フリーきっぷ』利用)◎熱海駅は今まで一度も利用したことが無く、どんな所かということで、とりあえずさらっと軽く、雰囲気を味わって写真を撮 [続きを読む]
  • 2016年度 年間ベスト3
  • 2016年度 年間ベスト3の発表今回はいつもの記事はお休みし、代わって今年度の自己年間ベスト3の写真を発表したいと思います。評価はあくまでブログ管理人の主観的な判断のみで勝手に決定しております。さらに、自分で自分をかなりほめた表現をしておりますのでご了承ください。対象は今年ブログUPした作品を対象としています★今年はカメラ機材を更新しました昨年まで撮影した写真と、今年撮影した写真とを比べると、今年 [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』9 白糸の滝
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。2日目は 富士駅 → 富士宮駅 → 浅間大社 → 白糸の滝 → 熱海海岸 の順です。※今回は白糸の滝の写真をUPします。◇前回の富士山本宮浅間大社から、いったん富士宮駅へ戻り、白糸の滝へ。◆富士宮駅よりバス(富士急静岡バス)を利用し白糸の滝に移動(11:10→11:40)(『富士山フリーきっぷ』で利用可)このバスは、さっきまでいた浅間大社経由で、白糸の滝に行きます [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』7 富士山本宮浅間大社
  • 今回のシリーズですが、JRの『富士山フリーきっぷ』を使用し、久能山東照宮、清水港、三保の松原、浅間大社、白糸の滝、熱海海岸、柿田川公園、富士川、楽寿園へ行ってきましたので、その時に撮影したものをUPしております。★今回からは2日目の写真となります2日目の行程は、富士駅 → 富士宮駅 → 浅間大社 → 白糸の滝 → 熱海海岸 の順です。※今回は、富士山本宮浅間大社で撮影した写真をUPします。◆前日の宿泊先(富 [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』6 三保の松原・三保水族館
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。1日目の行程は名古屋駅 → 静岡駅 → 久能山東照宮 → 清水港 → 三保の松原 の順です※今回は三保の松原と三保水族館で撮影した写真をUPします。◆三保(水上バス)桟橋で降りて、150m位離れた「しずてつジャストライン」のバス停まで移動し、バスにて三保の松原に移動・エスパルス練習場入口 → 三保の松原入口(所要約5分)(『富士山フリーきっぷ』で利用可)◎三保の [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』5 水上バスからの富士山
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。☆1日目の行程は名古屋駅 → 静岡駅 → 久能山東照宮 → 清水港 → 三保の松原 の順です※今回は水上バス船上より富士山を撮影した写真をUPします。◎清水港(江尻)から経由地の「日の出エスパルスドリームプラザ前」に向け出発・備蓄タンクの背景に富士山清水港出発後に撮影・ちょっと沖に出てから、真っ赤な灯台と貨物船を撮影・真っ赤な灯台と富士左側の白いものは [続きを読む]
  • 『富士山フリーきっぷの旅』4 清水港・水上バス
  • 前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。☆1日目の行程は名古屋駅 → 静岡駅 → 久能山東照宮 → 清水港 → 三保の松原 の順です※今回は清水港・水上バスの写真を紹介◎前回の久能山からJR清水駅まで移動。清水駅からここの水上バス乗り場までは5分位で到着します。・清水港の風景です後ろには備蓄タンクも写っています・魚市場手前にて・清水魚市場この先の建物の中には、魚介類豊富な食事ができる店もあ [続きを読む]