絵本読み聞かせ講師・上甲知子 さん プロフィール

  •  
絵本読み聞かせ講師・上甲知子さん: 読み聞かせの楽しさを伝える 「絵本で子育て講座」
ハンドル名絵本読み聞かせ講師・上甲知子 さん
ブログタイトル読み聞かせの楽しさを伝える 「絵本で子育て講座」
ブログURLhttp://ameblo.jp/osekkainaobasan/
サイト紹介文子育てに絵本を!働く母も絵本を!大人も絵本を! (元おせっかいなおばさんのおすすめ絵本)
自由文できること
☆絵本で子育て講座
☆ワーキングマザーのための絵本講座
☆わらべうた講座
☆わらべうたベビーマッサージ
☆絵本セレクトアドバイス
☆じいじばあばのための孫育て講座
☆絵本・子育て・ワーキングマザー関係コラム執筆
今までの実績は
http://ameblo.jp/osekkainaobasan/entry-11909782618.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供560回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2014/08/13 23:01

絵本読み聞かせ講師・上甲知子 さんのブログ記事

  • 自分と向き合える時間 まさに 女の幸せ
  • 一体全体、どこから、そんなにも強烈な「だって あたしたちだもの」「楽しいに決まってる」っていう自信が湧いてくるのか不思議っちゃ不思議なんだけど念願のサニー☆ちゃん こと つなしまあさみちゃんとのコラボがあっと言う間に終わってしまったなんの力みもなく自分たちらしくそして、サイコーにスペシャルな仲間とけっこう、いや、かなり、いい時間を過ごせた「だって あたしたちだもの」そうなっちゃうに決まってる実はわ [続きを読む]
  • わたしの分身のようなセルフマガジンが全国を旅してる
  • セルフマガジンの郵送をご希望くださった方が届きましたのご連絡をくださいましてあわせて感想を送ってくださいました承諾をいただきご紹介させてください「もっと知りたいとんちゃんのこと」ページ。大好きです。漠然と続けてきた子ども達への読み聞かせ、長女(中1)も未だに好きな読み聞かせ。いい加減自分で本を読め。とかちょっと面倒。なんて感じようとしていたのは、誰目線だったんだろう…。なんとなく、一般論的な感覚に身 [続きを読む]
  • なぜ 働くのですか?
  • 「お金」「働くのが好き」「質」(たち)「生活」「スイッチ」「なんとなく」「もらえるものはもらったほうがいい」「家にいると汚くなる」・・・・・あなたは、なぜ、働くのですか?女が 働く理由はいろいろ ですどれが いい とか 悪い とか正しい とか 間違ってる とか一切 ないですよね自分の生き方を自分で選ぶ 自分の生き方を自分で選べばいいとは言えどうにもならない状況に「なんで あたしばっかり」と怨念をつ [続きを読む]
  • 綺麗な部屋で可愛らしい服を着た子どもを育てるより大事なこと
  • そんなこぎれいな部屋で小さな子どもを育てられるわけがないだって、こどもはきれいじゃないそんなつもりはなくなって上手にできないんだから汚すし、散らかるし、それが当たり前でしょうと思ったら、そうじゃないようね汚されるのを徹底的に阻止するママがいる、とそのためには、クレヨンは家では使わせない、というか、発想すらない、と離乳食は、自分のそばに置いて、子どもの口に親が運ぶ子どもが自分で食べることを許さない、 [続きを読む]
  • 父と息子
  • もう具体的にできることは少なくなった手をかけることも目をかけることももうあとは想うしかないいったい子育てってなんだったのかわたしもわからない19年、親をやっててもけっきょくわからない父と息子我が家の父と息子に想いを馳せたファザーリングジャパンの西村直人さんのFacebookでシェアされていた動画をふと見てなんだか涙が出てきたのでシェアいつか我が家の父と息子物語を書きたい☆お問い合わせはこちら☆これからの出 [続きを読む]
  • じょうずなことが「いい」 へたなことは「悪い」?
  • 久しぶりに図書館に行って絵本コーナーからパッパッパッパッパっとテキトーに深く考えず9冊の絵本を題名だけで選んで借りてきて初見でどんどん9歳の娘に読んでみてとある1冊終盤でことばが詰まったなぜならなにかがこみ上げてきたからそのこみ上げてみたものがなんなのかなんなのかそれはうまく言語化できるかなというわけでぜんぜん、絵本を紹介しないこのブログが珍しく絵本を紹介しようとしていますその絵本はこちらへたなん [続きを読む]
  • 「いつまでも生きられると思ってんなよ、自分」
  • なんとなく自分はそんなに長くは生きられないような気がしていますいつ死んでも悔しくないような生き方をすると決めてここまで来ましただから変な話し、明日、死んでも悔しくないです「いつまでも生きられると思ってんなよ、自分」と常に自分に言っています「死にたい」とかそういうことではなくて「いつなにがあるかわからない」ってことを承知しておこうと思っているのですいつ交通事故に遭うかもわからないしいつ大きな地震が起 [続きを読む]
  • I(アイ)メッセージってこれか!
  • I(アイ)メッセージってこれか!「怒っています15歳長女がラッキョウの汁をぶちまけました」先日の朝夕べの残りのカレーを朝ごはんに食べようとしていた15歳長女コーヒーの瓶に実家の母が作ってくれたラッキョウがあって「開かない」とかなんとか文句を言っていたのは聞こえていたんだけどそのうちびしゃ!とラッキョウの汁をぶちまけた!おい!おいおいおいおいおい!!おい!よりによってラッキョウ!ぶちまけられた座布団と長 [続きを読む]
  • セルフマガジン 作って良かったです
  • ああ〜第4回セルフマガジン大賞以下かさこさんのブログより転載します■絵本読み聞かせ講師上甲知子http://ameblo.jp/osekkainaobasan/前回はモノクロでシンプルでみやすかったものの今回色をつけたものの文字がごちゃごちゃしてかえって読みにくい冊子に。見出しが画像はりつけなのか地色が微妙に濃くなっているのも素人感あり残念さを増す。ご自身で作るならかえって手の込んだことをせず前回のようなシンプルな作りに。もしく [続きを読む]
  • 根っこ育ての読み聞かせ会はただの読み聞かせ会ではありません
  • 根っこ育ての読み聞かせ会で読んだ絵本をご紹介しますととけっこうよがあけた (わらべうたえほん) [ 小林衛己子 ]むすんでひらいて [ 新井洋行 ]どうしてそんなにないてるの? [ いしずまさし ]いたいいたいはとんでいけ (あかちゃんのわらべうた) [ 松谷みよ子 ]ねこのピート だいすきなしろいくつ [ エリック・リトウィン ]こんにちはいぬ (ゆうたくんちのいばりいぬ) [ 北山葉子 ]根っこ育ての読み聞かせ会はただの読み聞 [続きを読む]
  • 三砂ちづる先生へ 伴走者でいます
  • トンちゃんへ多くのこどもたち女性たちの伴走者でいて下さい三砂ちづる2017.6.11 開成町三砂ちづる先生の著書女たちが、なにか、おかしいおせっかい宣言女たちが、なにか、おかしいおせっかい宣言 [ 三砂ちづる ]を購入しいただいたサインそのことば伴走者伴走者っていいな供に走る者わたしは多くのこどもたちと女性たちの伴走者であろう呪いをかけず呪いをとき女を生きるのは楽しいんだよ女を生きるのは喜びだよと発酵したドロッ [続きを読む]
  • 足柄療護園さんで絵本
  • 足柄療護園さんデイサービス利用者さんと絵本を楽しむ時間をご一緒させていただきました合間合間におしゃべりしながら7冊の絵本を読みました読んだ絵本はこちら世界中のこどもたちが (からだとこころのえほん) [ 篠木真 ]むすんでひらいて [ 新井洋行 ]一緒に歌ってくださったので2回読みましたねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本) [ なかえよしを ]でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん) [ とよたかずひ [続きを読む]
  • 実は潜在的にはわたし(のようなヒト)を必要としている
  • 寒川町にて絵本で子育て講座をさせていただきました以前、わたしの講座に参加してくれたママが主催してくれたのですそのママ以外は誰ひとり、わたしのことを知らない、という状況実はあんまりないのですなぜなら自分が主催していることが多いからそれはなぜなら講座を依頼されることが実はそんなには多くないからだからすごくうれしいのです必要だという認識もそんなにしていないけれど、実は潜在的にはわたし(のようなヒト)を必 [続きを読む]
  • 4年生学年全体に朝の読み聞かせ
  • 小学校4年生2クラス朝の読み聞かせに行ってきました娘の学年なので「どの絵本がいいかなあ」と相談しましたらわたしが読もうかなと思っていた絵本を「あれ、いいんじゃない?」って娘も言うのでそれをいちばんに読んでみましたヒトニツイテ [ 五味太郎 ]キョトンという反応次はこれだじゃれどうぶつえん [ 中川ひろたか ]一瞬のシーンという間の後に笑いが起こるこの時間差がだんだん早まっていくへへへそして「6月にお誕生日の [続きを読む]
  • 新生・根っこ育ての読み聞かせ会 始まります
  • いよいよ今年度の根っこ育ての読み聞かせ会が始まります6月15日(木)10時から40分間絵本を読んだりおしゃべりしたりしますわたしは9時半過ぎにはじねん堂に着いているようにしますじねん堂は開成町にある 個人のお宅の一角です住所:神奈川県足柄上郡開成町吉田島725−3中家村(なかやむら)の足柄デンキ隣です昨年度は、名札を作ってもらいましたが今回から、受付でお名前を書いてもらおうと思っています今年度はおやつはな [続きを読む]
  • わたしたちがお産を語っているとき
  • わたしたちがお産を語っているちょうどそのとき上野動物園ではパンダがお産していたんだってねお産を語り合う そのつどそのつど いろんなお産がある どれひとつとして 同じお産はない どれも尊いお産 だって、奇跡 奇跡奇跡奇跡の積み重ねによって お産 がある 別に語らなくてもいいし 日々は過ぎていくけれど 語りたかったら 語りたくなったら 誰かのお産の話しを聞きたくなったら リクエストください (男性にはご遠慮いた [続きを読む]
  • 15年前のこの日の体験がすべてを帳消しする
  • 先日、中3長女の15歳の誕生日でした 15年前のこの日、わたしは あの世とこの世が一体化したような 猛烈に気持ちのいいお産をしたのでした 今でも思い出すとぞわりと鳥肌が立つくらい気持ちよかった その体験をさせてもらった もうそれだけで それ以前の壮絶なつわりも それ以降の育てづらさも 今現在のイライラする苛立ちも 全部全部 帳消しされた そう思えるほどの体験でした特別にお産に思い入れがあったわけでもないなんとな [続きを読む]
  • 授乳とは 男の あれに似ている
  • 三砂ちづる先生 講演会 女が女になること@じねん堂三砂ちづるさんのお話を聞きながらひとつリアルに思い出したこと身体感覚を伴って思い出したこと授乳は気持ちよかったわたしは3人子どもを母乳だけで育てたたくさん 母乳が出た産む前は赤ちゃんを産めば自然と赤ちゃんはおっぱいを飲めるもんだと思っていたけどそうではないと知ったわたしの 乳 首のかたちがいけないのか生まれてすぐの赤ん坊の口が小さすぎるのかぜんぜんう [続きを読む]
  • 産婦人科医 池川明先生が推薦文を書いた絵本の著者はなんと!
  • なんと!なんと!我らが 花梨ちゃん絵本講師で絵本セラピスト®の香川美香さんが絵本を出版されましたあかちゃんのくにから作:花梨さん絵:宮本さちこさんさっそく注文して届きました花梨ちゃんが長い長い年月を経て生み出した作品ですきっかけは産婦人科医 池川明先生の講演会に参加したことだそうです巻末の花梨ちゃんのことばに背筋の伸びる思いがしました以下引用「わが子」でありながらその親子関係に悩みを持つ方、また、 [続きを読む]
  • 読み聞かせボランティアなんて簡単です
  • 読み聞かせボランティア入門講座 でしたリクエストをいただいての開催でした小田原、川崎、八王子、秦野などからご参加いただきましたすでに小学校や幼稚園などで読み聞かせボランティアをしている方またこれからやってみようかなという方にご参加いただきました今までも小学校や教育委員会主催で読み聞かせボランティア入門講座の講師をさせていただいたことがあるのですが今回、初めてがっつり、フォントのポイント小さめで表紙 [続きを読む]
  • シニア向け絵本の会 
  • お声かけいただきましてシニア向け絵本の会あえてシニア向けと限定して絵本を読んだりおしゃべりしたりする会をやってみようかと第1回目をしてみました会場はなんと!循環するお庭循環するお庭のオーナーさんがお声かけくださったんです↑玄関前のビワの木に実がなりました↑落ちた実も美味しい↑ベリーがはじけました読んだ絵本をご紹介しますちいさなヒッポ [ マーシャ・ブラウン ]おだんごぱん ロシアの昔話 (日本傑作絵本シ [続きを読む]