郷土愛好 さん プロフィール

  •  
郷土愛好さん: 歴史さんぽ
ハンドル名郷土愛好 さん
ブログタイトル歴史さんぽ
ブログURLhttp://rekishi-sanpo.blogspot.jp/
サイト紹介文主に広島周辺の史跡巡りを中心にした写真ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/08/16 17:54

郷土愛好 さんのブログ記事

  • 京都を訪ねて(5)曼殊院辺りを歩く② 修学院離宮への道
  •  曼殊院から修学院離宮に向かいます。ツツジも満開です。タンポポも黄色い花を咲かせています。山はヤマザクラや新緑などできれいなモザイク模様になっています。しばらく進むと三叉路になったところに、雲母坂(きららさか)の案内板が設置してありました。この道はかつて比叡山への主要道でこの先比叡山に向かう坂道は雲母坂と呼ばれ、源氏物語ゆかりの道のようです。是非この道を通って比叡山に行ってみたいものです。ここを左 [続きを読む]
  • 京都を訪ねて(4)曼殊院辺りを歩く①
  •  4月16日朝、京都市左京区の曼殊院辺りを散歩してみました。曼殊院は坂の上にあります。とても静かで気持ちのいい散歩道です。武田薬品の薬用植物園の桜も満開です。この植物園は年何回か一般公開されるようです。曼殊院勅使門前に着きました。曼殊院は最澄が比叡山に建立した一坊を起こりとする天台宗のお寺です。江戸時代1656年にこの地に移されました。皇族や摂関家の子弟が代々門主となる寺院で曼殊院門跡と呼ばれてい [続きを読む]
  • 京都を訪ねて(2) 二条城② ライトアップ①
  •  夕方6時からライトアップの開城なので、城外に並びました。すでに東南隅櫓がライトアップされています。「二条城桜まつり」ライトアップは16日までなので、たくさんの人が並んでいます。6時から列が動き始めやっと入城できました。唐門はプロジェクションマッピングを使って光と音で演出するライトアップです。鶴が飛んだり、花びらが散ったりする動きのある光の演出です。城内の山桜や八重桜、枝垂桜が満開でライトアップさ [続きを読む]
  • 京都を訪ねて(1) 二条城①
  •  4月15日〜17日、京都を訪ねました。15日午後、京都に着いて先ず向かったのは二条城です。この時期「二条城桜まつり」でライトアップが行われているので観に行きました。二条城は徳川家康が慶長8年(1603年)に築いた城です。通常観覧は4時までで間に合わなかったので、ライトアップが行われる6時まで周辺を歩いてみることにしました。南東櫓、東大手門、北大手門などを見ながら城の周りを一周するとその広大さが実 [続きを読む]
  • 4月の縮景園(1)桜
  •  4月10日の縮景園の桜です。今年はどこの桜も一斉に咲いていました。縮景園の桜も満開でした。悠々亭の周りの桜が濯纓池に映っていたり、清風池の周りの桜は散り始めた花びらが池の水面に浮かんでいたりしてきれいでした。枝垂れ桜も満開でした。悠々亭近くの桜が濯纓池に映る清風池周りの桜の花びらが清風池に浮かぶソテツ園近くの桜枝垂れ桜も満開 [続きを読む]
  • 浜田市三隅大平桜を撮る
  •  4月9日、鷲原八幡宮から向かったのは島根県浜田市の三隅大平桜です。樹齢推定670年といわれ、太い幹の周囲が6、3m、高さ17m、枝の広がり27mもあります。ヒガンザクラとヤマザクラの両方の性質をあわせ持った珍しい品種で国の天然記念物に指定されています。ちょうど満開でしたが、曇り空なので空の白と花の白が重なり、撮影は難しかったのですが、命の重みを感じました。三隅大平桜(国の天然記念物 樹齢約670 [続きを読む]
  • 島根県 津和野を訪ねて(3) 鷲原八幡宮の流鏑馬②
  •  いよいよ流鏑馬の始まりです。270mの馬場に三つの的があり、それを馬に乗って走りながら次々と矢を放ち当てます。命中すると大きな音がして的の板が割れます。観客からどよめきが起こります。しかしなかなか当たらないものです。矢を放つと馬上ですぐ次の矢を放つ準備をします。射手は矢を放つ前に「インヨー」と大きな声をあげます。鎌倉時代に戻ったようで迫力がありました。三つの的を次々と射る(矢を放つとすぐ次の矢を [続きを読む]
  • 島根県 津和野を訪ねて(2) 鷲原八幡宮の流鏑馬①
  •  午後からは鷲原八幡宮の流鏑馬を撮影します。鎌倉時代、武士の武芸の訓練の一環として行われていた流鏑馬ですが、走る馬から的を射て当てるというのは至難の技です。鷲原八幡宮の馬場は日本で唯一原型を残しており、明治以降一度廃れていた流鏑馬は地域の人々の努力で復活しました。本や映像では見たことがありますが、生で見るのは初めてです。まず社殿前で神事が行われます。鷲原八幡宮流鏑馬会場流鏑馬の準備をする流鏑馬に先 [続きを読む]
  • 島根県 津和野を訪ねて(1)
  •  4月9日一日撮影旅行で津和野に行きました。殿町の水路には錦鯉が泳いでいました。生憎小雨が時々降る天気でしたが、桜は満開でした。川沿いに鷺舞のモニュメントがありました。津和野は弥栄神社の鷺舞や蒸気機関車(SL)が走るので有名です。SLが来るかと待っていましたが、来たのはディーゼル機関車。SLは修理中だそうです。津和野の鯉鷺舞のモニュメント桜が満開やってきたのはディーゼル機関車 [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(9)大可島城跡(円福寺)
  •  石段を上って円福寺に着きました。ここはかつて大可島城があった所です。案内板によると康永元年(1342年)南朝方と北朝方の合戦があり、大可島城に籠る南朝方が全滅したという城で、その後、村上水軍の拠点となっていたようです。1600年福島正則が鞆城を築いた時、陸続きとなり真言宗円福寺が建てられたということです。境内に天保4年(1833年)に奉納された面白い形の手水鉢がありました。円福寺境内の一段下がっ [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(8)鞆城跡から大可島城跡に向かう
  •  港町らしく碇が店先に置いてある舩具店の前や今も使われている井戸の前を通って山中鹿之助の首塚に行ってみました。尼子氏の再興を図り毛利氏と戦った山中鹿之助は岡山県の阿井の渡しで打たれ、この地で足利義昭や毛利輝元に首実検されたそうです。胴塚は岡山県の阿井の渡しにあります。首と胴体が分けられて埋葬されるとは改めて厳しい世の中だったことが実感できました。近くに「ささやき橋」があります。応神天皇のころ、この [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(5) 沼名前神社②
  •  沼名前神社の狛犬は俊敏そうです。石段を上るとコンクリート造の社殿が建っていました。社殿横の桜が満開です。拝殿前には福山三代藩主水野勝貞が慶安4年(1651年)に奉納した石燈籠が建っていました。市重要文化財に指定されています。境内には力石が置いてありました。港町の鞆では荷役作業に従事した仲士などが祭礼の場で力石を使って力比べをし、持ち上げた人の名前などをその石に刻み、神社に奉納したのだそうです。市 [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(4) 沼名前神社①
  •  また4月4日の鞆の浦散策に戻ります。沼名前神社(ぬなくまじんじゃ)前に来ました。沼名前神社は大綿津見命を祀った渡守神社と、須佐之男命を祀った祇園社併祀している神社です。境内の桜は八分咲でした。鳥居は寛永2年(1625年)2代福山藩主水野勝重が寄進したもので、笠木の先端の上に鳥衾(とりぶすま)が載っている珍しい様式です。県の重要文化財に指定されています。石段を上ると享保20年(1735年)に建てら [続きを読む]
  • 広島城ブルーライトアップ
  •  4月6日の夜、雨が降っていましたが、広島城のブルーライトアップを撮影しました。4月2日の世界自閉症啓発デーに合わせて4月2日〜8日の間、広島城がブルーにライトアップされています。丁度堀端の桜も咲き、ブルーに染まっていました。広島城ブルーライトアップ(4月2日〜8日)4月2日の世界自閉症啓発デーに合わせてブルーにライトアップ桜の花もブルーに染まった [続きを読む]
  • 宮島の桜
  •  4月5日宮島に花見に行きました。丁度桜の花は満開で、平日にもかかわらず、たくさんの観光客が訪れ、花見を楽しんでいました。あいにく、薄曇りで花の色は鮮やかに見えませんが、春の一日を楽しむことができました。要害山の桜の花の間から五重塔を望む五重塔の桜多宝塔の桜満開の桜の下で花見を楽しむ人々一面の桜の花枝垂れ桜も咲いている [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(3)小烏神社
  •  歩いていると小烏神社の鳥居前を通りかかりました。鳥居前には安政3年(1856年)奉納の形のいい狛犬がいます。案内板によると小烏神社は鞆鍛冶の氏神だそうです。鞆の津は鞆鍛冶の伝統を持つ町で奈良時代から船具類の鍛冶が発達し江戸時代には錨や船釘などの製造へと発展していったのだそうです。またこの地は南北町時代「小烏の森の合戦」があった地でもあります。小烏神社狛犬(安政3年奉納)小烏神社は鞆鍛冶の氏神祭神 [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(2)安国寺②
  •  備後安国寺は文永10年(1273年)創建の金宝寺が前身とされ、暦応2年(1339年)に足利尊氏により南北朝の戦乱による戦死者を弔うために国ごとに造られた「安国寺」の一つとされました。一時衰退しましたが安国寺恵瓊によって再興されました。釈迦堂は国の重要文化財に指定されています。丁度桜がきれいに咲いていました。安国寺山門(暦応2年(1339年)創建)釈迦堂は国の重要文化財境内の桜がきれいに咲いていた [続きを読む]
  • 福山市鞆の浦を訪ねて(1)安国寺①
  •  4月4日久しぶりに鞆の浦に行ってみました。何回か訪れたことはあるのですが、まだ行っていないところがたくさんあります。福山駅からバスで向かいます。安国寺下でバスを降りました。そこに「舟唄」の歌碑が設置されています。鞆の浦と関わりがあったのかなと思いましたが、なんの説明もないのでよくわかりません。舟唄を口ずさみながら路地を入って行くと虫籠窓のある古い町屋がありました。さらに進むと安国寺前に着きました [続きを読む]
  • 春爛漫
  •  桜の花ばかり気にしていましたが、団地の中を歩いていると、法面に菜の花が咲いていたり、道の脇にホトケノザやクサイチゴが咲いていたり、正に春爛漫です。菜の花①菜の花②ホトケノザクサイチゴ [続きを読む]
  • 広島市中区白神社の桜
  •  広島市中区平和大通り沿いにある白神社の桜の花の4月2日3時頃の開花の様子です。5〜6分咲きというところでしょうか。近づいて撮ったり、下から見上げて撮ったり、石段を上がって上から見下ろして撮ってみたりしました。丁度雨が降ってきました。咲く前から雨で花が散ってしまわなければいいのですが。白神社の桜が咲いた5〜6分咲きというところか下から見上げて撮影神社の石段の上から撮影 [続きを読む]