Akiko Nagae さん プロフィール

  •  
Akiko Nagaeさん: Vinos de Chile/ チリワインのブログ
ハンドル名Akiko Nagae さん
ブログタイトルVinos de Chile/ チリワインのブログ
ブログURLhttp://chileanwine.blog.fc2.com/
サイト紹介文チリのソムリエ学校に通いながら数々のWinery訪問。4年間@チリ帰国後WSET Level3取得
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/08/17 13:02

Akiko Nagae さんのブログ記事

  • チリについて前編【チリワインを深掘りしようシリーズ】Vol.1
  • 早速、【チリワインを深掘りしようシリーズ】Vol.1です。第一回目は、まずはチリという国について、ご説明したいと思います。一般的にチリと言えば、「ワイン」「サーモン」「銅鉱山」「地震がよく起こる」「細長い国」などという言葉がよく聞かれます。しかし、詳しくはご存じない方も多いようで、これまでに「何語話すの?」「治安は大丈夫?」「一年中暑いの?」「チリの料理って辛いの?」「ワイン以外はなに飲むの?」などと [続きを読む]
  • 始動!!
  • 2012年にブログを始めて、気が付くと5年の歳月が流れておりました。途中で書けていなかった時期もありますが、細々とでも続けることができました。読んでくださってありがとうございます。最初の方の記事は、読み返すのも恥ずかしい、、、というのが正直なところですが、しかしこれも成長しているからだ!!とポジティブに考えてこれからも続けていきたいと思います。…でもインスタと差がないくらい、ほぼ写真な記事とかもあるなー [続きを読む]
  • お花見CAVA @小笠原伯爵邸
  • 少し前のことになりますが、小笠原伯爵邸で行われたイベント、Viva Espanaに行ってきました。小笠原伯爵邸は私たちの結婚パーティーを行った場所でもあり、来るとその時の事が思い出されて懐かしい気持ちになります。パーティーは8月最終週だったので、この季節にここにこんなにもきれいなモッコウ薔薇が咲くことを知りませんでした。桜のお花見が終わって、洋風なお花見といった感じでしょうか。黄色と白の色味がツボでした。今 [続きを読む]
  • チリのICONワインセミナー
  • 先日開催されたWINE TOKYOで行われた田辺由美さんのチリのアイコンワインのセミナーに参加してきました。田辺由美さんは、このセミナーの前日スペインから戻られたばかりだそうですが、お疲れのご様子など全くなく、本当にパワフルな方だなーと改めて感じました。この日は季節外れの日射量と28度の暑さ。現地に着くまでに、暑さでふらふらするわーと弱音を吐いていた私、反省です。笑「進化するチリワインの現状と産地」というタイ [続きを読む]
  • ブドウの苗木を植えました
  • 長野県東御市にあるRue du vinリュードヴァンさんに定植のお手伝いに行ってきました。本当に勉強になりました。机の上で勉強しているだけではなくて、実際に目で見ることは大事だなと改めて感じました。この日は既に稼働している畑の抜けている部分を補う作業で、Sauvignon Blancソーヴィニオンブランの苗木を植えました。 そもそもなぜ抜けているかというと、写真の通りです。 幹を虫に食べられ、その部分よ [続きを読む]
  • 第8回全日本最優秀ソムリエコンクール決勝戦
  • 今日、目黒雅叙園(今月から名前が変わり、ホテル雅叙園東京となったそう)で行われた全日本最優秀ソムリエコンクールの決勝戦を見に行ってきました。この大会は3年に一度行われ、A.S.I.アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクールの日本代表選出を目的としていて、今大会の優勝者と準優勝者は来年10月に京都で開催される第四回A.S.I.アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクールに日本代表として出場されるそうです。そして今回 [続きを読む]
  • ペルー料理屋巡り
  • ペルー料理にはまり中です。 チリでよくペルー料理を食べていたので、なんだかなつかしくて、ここのところ毎週末ペルー料理を食べています。笑 3月上旬に友人の誕生日のお祝いで五反田のアルコイリスにいったことがきっかけでした。一見知らないと入りにくい雰囲気のお店ですが、ローカル感出ていていい感じです。(人によりかもしれませんが私は大好きな感じです)(Photo by Tabelog)乾杯の定番、ピ [続きを読む]
  • チリの土着品種:Paisパイス
  • 先日こちらのワインを飲みました。Agricola Luyt Limitadaアグリコーラ・リュイット・リミタダのPipenoピペーニョ、チリの土着品種であるパイス(Pais)100%のワインです。こちらはCoelemです。(似たようなエチケットで現在は7種類あり、産地毎に分かれています→HP)品種のパイス(Pais)は、聞きなれない品種かもしれませんが、アメリカではミッション(Mission), アルゼンチンではクリオージャチカ(Criolla Chica)やネグラチカ(Ne [続きを読む]
  • ウィークリーワイン日本一決定戦
  • 日曜日に行われたThe Winery主催のイベント【ウィークリーワイン日本一決定戦】のお手伝いをさせて頂きました。場所は麻布十番、The Winery Tokyoのすぐ近くにある博多ほたる麻布十番店で行われました。何ともおしゃれなステキなお店でした。 (博多ほたるHPより)そのステキさが、The Winery Tokyoのお店のおしゃれな感じにもよく合っていました。 (The Winery HP, FBより)11時に集合して、お客様がいらっしゃる12時半 [続きを読む]
  • 第4回仙台ワインフェストSendaiWineFEST
  • 2月26日(日)にホテル法華クラブ仙台にて第4回仙台ワインフェスト(公式FBはこちら)が行われ、ブエンモストも出展させて頂きました。今回が初めてのイベントということもあり、とても緊張していました。今回はまだ販売ができないため、お披露目という形で参加させて頂きましたが、数多くのご意見を伺うことができ、大変有意義なものとなりました。何よりこのワインフェストに参加させていただけて、とても楽しかったです。このイベン [続きを読む]
  • もうすぐ初イベント
  • さらりとブログの仕様を変更し、プロフィール欄にも追記していましたが、昨年12月よりブエンモスト株式会社のお手伝いをしています。 12月に設立したばかりの会社で、新しい発見の毎日ですが、着実に前に向かって猛進中です。まだホームページは完成していませんが、Facebook(こちら)やInstagram(こちら)は、社長がマメに更新しているので、是非ページ横(PCの方は横、スマホからは下かな。)のアイコンからアクセスして見て [続きを読む]
  • L'AS
  • ずっと気になっていた南青山のL'ASに行ってきました。(写真はHPより借用) お料理のコースとコースに合わせたワインのペアリングをお願いしました。まずはシャンパンから始まります。DEUTZ ドゥーツBrut classic PN, ムーニエ、CH NVそして、ワインを飲むときの必需品、お水。少しでも長く楽しむために、ワインと同量の、いやそれ以上のお水を飲むことを心掛けています。それでも相変わらず酔っぱらいますが…主人用にガス入りの [続きを読む]
  • チリの大規模火災
  • 日本でもニュースになっていますが、現在チリでは大規模火災が発生しています。外務省の発表によると、1月初めに森林火災が発生、その後広範囲に森林火災が拡大。1月30日現在、7つの州で、合計36万6519ヘクタールで森林火災が発生、11名死亡、3782人が被災、3782人が被災したそうです。ワイナリーも例外ではなく、被害に遭っているようです。学校の先生で、記者でもあるMariana Martinezは自身が立ち上げたワインの報道機関WIPで被 [続きを読む]
  • レバノンワインティスティングセミナー
  • レバノンワインティスティングセミナーに行ってきました。先日御土産にもらったヨルダンワイン、ヨルダンリバー、そして持ち寄りの会で初めて飲んだレバノンワイン、シャトーミュザールと、最近中東のワインに触れる機会が増えてきて興味が沸き始め、今回参加することにしました。たくさんのワインをティスティングできたこともさることながら、先生のお話がおもしろくて、とても有意義なセミナーでした。そして馴染みのない国なの [続きを読む]
  • Vinexpo Tokyo 2016
  • Vinexpo Tokyo 2016に行ってきました。まずはボルドーの試飲会Union des Grands Crus de BordeauxTastingに行き、以前にボルドーを訪れた際に訪問したワイナリーの方とお話したり、他にもいろいろティスティングできました。たくさんのワインがありすぎて、時間が足りず駆け足で見て回りました。駆け足で回ったのは、17時からの2016年最優秀ソムリエJon Arvid Rosengrenジョン・アーヴィット・ローゼングレンのChampagneのセミナー [続きを読む]
  • チリワインらしいチリワイン
  • 先日チ リで一緒に過ごしていた友達たちと家で集まりました。事前にワインのラインナップや合わせる食事を考えている時間はとても楽しかったです。ワインは迷いましたが、珍しいものより、懐かしさを求めて 有名どころワイナリーのワインを集めた"THEチリワイン" をテーマにしました。1) MontesモンテスのOuter Limitsアウターリミッツ(SB, 2014, Aconcaguaアコンカグア)酸がしっかりあってすっきりした味わいでした。2) Concha [続きを読む]
  • Latin Americas's 50 Best Restaurants2016
  • 少し前になりますが、Latin Americas's 50 Best Restaurants2016、2016年南米のベストレストランベスト50位が発表されました。http://www.theworlds50best.com/latinamerica/en/the-list.htmlチリのレストランも例年通りのところがランクインしました。No.4BoragoNo.20 AmbrosiaNo.22 99No.43 Osaka個人的には99がもっと上で、EstroやOperaもランクインしてもいいのになぁと感じています。 [続きを読む]
  • 誕生日@割烹小田島
  • 主人の誕生日に割烹小田島に行きました。ラクロスの先輩で、主人の飲みっぷりもよーく知っている方なので、主人はいつも完全に身を任せて飲んでいます。笑私はゆっくりと少しずつを心掛けています。でも飲んだことがないワインを飲むことができたり、お料理との合わせ方もすばらしくて、ついつい飲み過ぎます。この日もおいしいワインとおいしいお料理とで、本当に幸せな時間を過ごせました。                  [続きを読む]
  • 買付隊ワインセミナー
  • ヴィノスやまざきで開催されたセミナーに参加しました。買付けに行った方のお話が直接伺えるということで楽しみにして行ってみると、なんと斎藤先生のお話を伺えました。斎藤研一さん、漫画の「神の雫」でアドバイザーをされていたり、多くの本を執筆されています。3日前にフランスの旅から戻られたばかりだそうなのですが、旅のお疲れも見せず、採れたての情報をお話してくださいました。おいしいワインを飲みながら、おいしいチ [続きを読む]
  • マンズワイン 勝沼ワイナリー MannsWine
  • 昨日の続きです。シャトーメルシャンを訪問した後は、目の前にある宮光園という場所に立ち寄りました。趣のある建物の中には、ワイン醸造や観光ブドウ園に関する膨大な資料がありました。その後、マンズワイン勝沼ワイナリーに行きました。山梨県最大級の生産能力を誇るワイナリーだそうで、ツアーからすべてきっちりオーガナイズされていて施設も大規模でした。大規模なこの感じ。チリのサンペドロSanPedroを思い出しました。ここ [続きを読む]
  • シャトーメルシャンChateau Marcian
  • 山梨県勝沼のワイナリーに行ってきました。前回、GWに登美の丘ワイナリーに行って以来でしたが、毎週末ワイナリー巡りをしていたチリでの生活があったからか三カ月前が随分と昔に感じます。まず勝沼に着いて、勝沼の景色が見える丘でBBQができるレストランに行きました。週末には家族でBBQというのがチリでよくある休みの過ごし方。みんなお家やマンションにキンチョと言われるBBQスペースがあるので、友人のうちに招いてもらった [続きを読む]
  • サッポロビール千葉工場
  • サッポロビールの千葉工場に行ってきました。正直、あまりビールは得意でない私。でも製造工程にはとても興味があります。ワインを勉強し始めてからというもの、どんなお酒にでも興味を持ち始め、作る過程は特に気になっていて、以前からずっと見てみたかったのです。そして教科書でだけで見て勉強するより、俄然興味が沸き、実際見た方が頭にしっくりきて入ってくる気がします。こちらではまず施設内を係りの方が説明してください [続きを読む]
  • Le Bourguignonル・ブルギニオン@六本木
  • 久々に六本木にあるLeBourguignonルブルギニオンに行ってきました。(https://s.tabelog.com)ランチで行くのは初めてでした。席について、まずはハイビスカスのシャーベットの入ったシャンパンを頂きました。これがとってもおいしかった。そして、これが食べたくて行ったといっても過言ではない人参のムースとコンソメジュレのウニ添え。本当に本当においしくて、とろけそうに幸せでした。次にグラスで頼んだ白ワイン。AlsaceのSy [続きを読む]
  • 無印良品ワイン本コーナー
  • 日々時間が飛ぶように過ぎていきます。したいこともなかなかできず、そして読みたい本も読めずにいる中、、、また一冊買ってしまいましたw以前からいろんなところで目にしていて気になっていたこの本。 「ワインは楽しい LE VIN C'EST PAS SORCIER」この帯で覚えていました。中身は、視覚に訴える感じで書かれていて、且つ絵がかわいくておしゃれです。活字だけの本も好きですが、こういう本は雑誌感覚も味わいながら読めて [続きを読む]