跳ねうさぎ さん プロフィール

  •  
跳ねうさぎさん: 跳ねうさぎの日記
ハンドル名跳ねうさぎ さん
ブログタイトル跳ねうさぎの日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/kotarobazu/
サイト紹介文日々のお茶と着物を通して、感動したことや、美しいと感じたことを綴っていきたいとおもいます。
自由文近い将来、自宅の和室に炉を切ってお茶事をしたいと日々お稽古に励んでいます。皆さんのブログを楽しみに見て、また参考にさせていただきたいと思います。茶歴18年です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/08/17 18:15

跳ねうさぎ さんのブログ記事

  • 京都旅行 2泊3日 2日目 夜の祇園 八坂の塔
  • つじ華さんで、ディナーをいただいた後、お昼の顔とは趣の違う祇園の町を散策したくなって、娘と二人、八坂の塔の影をを目指して歩き始めました。 だ〜れもいません。「ちょっと怖くない?」と娘、本当に。祇園祭で皆、河原町のほうに行っているせいなのか、それとも、夜の祇園はいつもこんな感じなのか、歩いている人は誰もいません。連なる店の軒先に名前入りの提灯がぼんやりぶらさがっているだけ。 それでもどこかからわいわ [続きを読む]
  • 京都旅行 2泊3日 2日目 夜は祇園 つじ華さんでお食事
  • 前日の夜は、ご挨拶をかねて子供がバイトしている居酒屋でお夕食をいただきました。この日も祇園祭で忙しく、三男はバイト、この夜は、娘と一緒に祇園の『つじ華』さんへお邪魔しました。 着物セレブ御用達のお店は、祇園祭ということで、どこも予約でいっぱい、このお店はネットで見て予約しました。ネット予約ということで、本来は¥8800のディナーが¥6500、全部で6品、男性には少し物足らないかとも思いましたが、女 [続きを読む]
  • 京都旅行 2泊3日 2日目 トロッコ嵐山と保津川下り
  • 二日目は前々から子供達と一緒に行ってみたいと思っていた、保津川下り。天候に左右されるので、何回予約しても乗れないという方もいらっしゃっるとか。前もって、定期観光バスに予約しといたので、慌てることなく乗られて、また、川下りするのに、ちょうど良い天気で、良かったです。私達は屋根があるから良かったけど、船頭さん達は暑い中、船をずっと漕いで大変そうでした。こんなに暑かったら一回で3キロ痩せると言ってまし [続きを読む]
  • 京都旅行 2泊3日 1日目 細見美術館 古裂に宿る技と美
  • 寂光院を後に、タクシーの貸し切り時間も迫り、建物内で涼みたいという思いから、ぎをん齋藤さんからご案内で細見美術館の『古裂に宿る技と美』を見に行かせていただきました。モダンアートな細見美術館の建物シックな煉瓦造りの中にお洒落なカフェもあり、落ち着いた雰囲気です。 展示された古裂の数々は歴史の重みを感じながらも、どこか親しみを覚えました。何世紀も前の図や柄が、今もなお受け継がれてたくさんの人々の目に触 [続きを読む]
  • 京都旅行 2泊3日 1日目 寂光院へ
  • この日、待ち合わせした友達の誕生日「そういえば、今日って、あなた誕生日じゃなかった?」「あ〜ら、あなたよく覚えてたわねぇ」 なんか、奇数だらけのすっきりした数字が頭の中にインプットされていた。思った通り。「お昼ご飯はごちそうするわ〜」と言ったのに、三千院にくる途中のしば漬け屋さんに行きたいと、お誕生日にしては簡素なイメージだったけど、そちらで、お昼を済ませて寂光院へ 三千院よりももっと北に向かって [続きを読む]
  • 京都旅行 2泊3日 1日目 大原三千院へ
  • 一日めは、愛知に住んでいた時のお友だちと大原三千院と寂光院を訪ねました。 大原三千院を訪れたのは長女が1歳の時。なんと26年ぶりです。 この三連休は、祇園祭の真っ只中、観光客が100万人集まると聞いて、京都初心者の私たちは、定期観光バスを予約して〜と思っていたのですが、観光バスもほぼ満席の予約で、仕方なく、一日貸し切りの観光タクシーをお願いすることにしました。 大原は京都市内から随分と離れた山里。こんな [続きを読む]
  • 向日葵の絽の染め帯 きねやさんで小物合わせ?
  • ネットでお安く買った向日葵の絽の染め帯、私らしいのですが、今までの私のワードローブにはない色なので、京都のきねやさんの、『お見立て企画』を利用させていただいて、スマホで画像を送り、それに合わせていろいろ組み合わせていただいた帯揚げ、帯締めの中からこちらをチョイス実際に着物と帯にのせてみました花火のとび絞りは1番のお気に入りだったのですが、実際にのせてみると、思ったよりずっとお地味で、絽縮緬に金彩 [続きを読む]
  • 京都が私を呼んでいる?
  • ぎりぎりまで、子供たちの予定がわからなかったので、未定だった週末。やっぱり京都へ〜楽しみ〜・・・と言っても、なんだかんだ京都は祇園祭の真っ最中で、お食事処も、きものセレブのお薦めのところは全部予約でいっぱい それにお着物もリハビリで着るのが精一杯後ろ姿は見せられません宵山くらい、浴衣でそぞろ歩きたいところ〜 子供主導の旅行なのでどうなることやら・・・ 7月に入ってお店もセールしてるだろうからちょっと [続きを読む]
  • 向日葵の絽の染帯
  • 鉄線のコーディネイト、素敵すぎ〜ヾ(@^▽^@)ノ季節限定の模様に弱い私は、梅雨明けに着たいと思っている、ひまわりの染め帯をどうにかコーディネイトしたいと思っているところです黄色の絽の無地も、ひまわりの染め帯もしつけ付きの新品をネットでお買い物ひまわりの帯が欲しくていろいろ見てましたが、この帯の柄の感じとあまり重くない感じが私らしいかなと思い購入 でも、今までの私のコーディネイトにはないお色なので、小 [続きを読む]
  • 京都の買い物と内緒話
  • 今回の京都旅行の目的はおしゃべりだったので、お買い物と言えば、七條甘春堂の『天の川』と近所の方へのお土産のお菓子ぐらい もともと彼女の家はいつお邪魔しても「新築?」と思うくらいピカピカにお掃除されていて、無駄なものを一切買わない主義、それは今も変わっておらず、いえ、そろそろ老いを迎えようとしている今は一層、断捨離に拍車がかかっているのだとか・・・。 その彼女が、一緒にホテルで過ごした時に、お互いの [続きを読む]
  • 京都のお土産 七條甘春堂の天の川
  • 台風、ここはそれたのか、あまりひどいことにならなくてよかったですけど、東北、北陸地方は大変だった様子で、お見舞い申し上げます。異常気象が普通になってきて天気の予想ができませんね 七夕は晴れて、織姫様と彦星様は逢うことができるのでしょうか 京都では、どうしても買いたかったお菓子があって2年思い続けてやっと手に入りました(^_^)vマイ茶会でお客様にお出ししたかった、七條甘春堂というお店の『天の川』です。ネッ [続きを読む]
  • 昔は3高、今は4低
  • 前後しますが、お友達と京都旅行に行った時のお話。画像は、文章とは関係ない、私達の泊まったホテルのロビーのお庭。 京都に何度も訪れている彼女のセレクト、去年、新しくできた四条のホテルで『ソラリア』というところです。スタッフさんも丁寧で、ホテルもできたばかり、なんといってもリーズナブルなお値段で良かったですよ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 彼女 [続きを読む]
  • 紫陽花も終わりなので・・・
  • おはようございます30日の雷を伴った雨が梅雨明けだったのかしらと錯覚させる陽射しの強い今日のお天気です。 先月の研究会に締めていった帯、柄が紫陽花なので、締められる期間は短いものです。また、夏物は汗もかくし、傷みやすいですので、もう1回締めてすぐに悉皆やさんに持っていこうと思います。 相変わらず、上がらない利き手でいつもの倍の時間をかけて着付け完了髪のセットはまだ無理です。ですので、帯回りだけの画像 [続きを読む]
  • 母の羽織から名古屋帯と数寄屋袋に?
  • 先月、懇意にしている悉皆屋さんに持って行った母の更紗の羽織。おとといお電話いただいて早速引き取りに行ってきました。 若い時のものなので、それこそ、60年くらい前のもの。年齢が上がると共に、地味な色を好んで着るようになった母なので、しまい込んでいたこの羽織は、あちらこちらシミが出て、かなり傷んでしまっていましたが、悉皆屋さんのご主人に相談して、洗い張りをしてもらって、消えないシミは上手に中に隠してもら [続きを読む]
  • 京都旅行 2日目 帰りに駅の京都茶寮へ
  • 久しぶりに会ったお友達、今回、観光と言えば、貴船と実相院だけでしたけど、二人の本来の目的はおしゃべりなので十分楽しめた感じです。帰りに京都駅の京都茶寮でお抹茶と練りきりをいただきました。『蛍川』という銘のお菓子です。上品な甘み、やはり京都の老舗の和菓子です。 エステサロンを経営している彼女、生き方もとてもおしゃれ、ポジティブな彼女の思考回路でいろいろなアドバイスやヒントになる言葉をたくさんいただき [続きを読む]
  • 京都旅行 2日目 高島屋でお買い物
  • 天気予報で25日は雨という予報だったので覚悟していたのですが、案外そうでもなかったのです。どこに行こうかと、その日の朝決めようかと言っていたのですが、なぜか、京都高島屋へ・・・京都まできてわざわざ百貨店なんか行かなくてもよさそうなものですが、二人とも地元に百貨店らしい百貨店がないのですぐに盛り上がってしまいました ホテルを後に四条河原町の高島屋へ青信号の点滅に気がついて二人で慌てて引き返した横断歩 [続きを読む]
  • 京都旅行 1日目 夜は三条の柚子家でお食事
  • インスタにもアップしましたが、夏トマトオリーブオイルとペッパーとトマトの絶妙な組み合わせ、果物のような甘さです。こちらは鴨ロース、からし醤油でいただきました。海鮮のカルパッチョこの後、お出汁で食べる湯葉、加茂茄子の田楽、稲庭うどんや・・・ほかにもいただいて画像にも収めたはずなのに、なんせいつもは飲まない高級ワインを2杯いただいて、もう出来上がってしまって(^_^;)写したはずが写ってない私の場合、しめ [続きを読む]
  • 京都旅行 1日目 貴船神社と実相院
  • 昨日と今日、以前住んでいたところのお友達と久しぶりに京都で再会17年ぶりですそんな時間も感じさせないほど、何も変わってないお友達、美しい人ではあったけど、私と同じ年なのに、ノーメイクでお肌つやつや、週2回はジムに通って体も鍛えているおかげかスレンダーなまま、なんと高校生から体型が変わってないんだとか、やっぱり努力してる人は違うなあ〜と反省しきりとりあえず子育て一段落したから私も体鍛えなくっちゃ し [続きを読む]
  • 娘のお友達と一緒にBBQパーティー?
  • おはようございます(*^o^*)こちらは雨が降りませんお天気が良いのはいいはずですが、農家の方はさぞお困りでしょうほどほどに雨が欲しいですね 昨日は娘が大学時代のお友達を連れてきて一緒にお庭でBBQをしました。昨日のうちにアップする予定だったのに、いい感じに酔いつぶれていまになりました(;^_^A 帰ってきた娘にインスタグラムを教えてもらって私もインスタグラムデビューしましたc×k..satagramですブログはエッセイ、 [続きを読む]
  • ぎをん齋藤さん 撫子のお単衣
  • 子供の入学式のついでに寄せていただいた、ぎをん齋藤さんの春の展示会これから数年必要になりそうなお単衣をお願いし、昨日、手元へ届きました。畳紙に包まれた単衣のお着物、お店で見たときは、もっとキラキラした印象だったのですが、実際はすごく落ち着いたピンク色、大好きな撫子の柄。これだったら帯次第でもっと長〜く着られそうです 手持ちのピンク色の絽綴れの帯を合わせる帯としてイメージしていたのですが、のせ [続きを読む]
  • 紫陽花
  • 研究会に締めていった紫陽花の紗の袋帯、花の咲く時期を待って締めなければ季を逃してしまいます。この時期紫陽花がとっても綺麗です。昨日、散歩してたら、土手の紫陽花が紫やピンクの綺麗な花を咲かせていました。 紫陽花の花をかたどった和菓子もたくさん作られていますね 季節を大切に過ごしてきた日本人ならではの美意識を感じますね にほんブログ村 人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 昨日の戦利品 おうちごはん
  • 昨日私は、お茶の研究会へ、主人は久しぶりの魚釣りあまり期待してなかったのだけど、鱚を14尾近くの釣り人は60尾釣っていたとか「まあいいじゃない」昨日は1年ぶりの研究会で利かない手で着物も着て疲れ切っていたのでとても魚をおろす気分にならず今日、天麩羅にしました〜この日なぜか主人が初めて3枚におろして下ごしらえをしてくれてびっくりまたそれが上手、もともと自他ともに認める器用な人なのですが、こんなに上手に [続きを読む]
  • 研究会には紫陽花の紗の袋帯で
  • 今日はお茶の研究会へ出かけました。外に着物を着てお出かけするのは、母のお葬式以来、1年以上になります。数日前に、和装時の髪を結おうと何回か試してみたのに、なんだか決まらず・・・でも手が慣れていないだけで今日はできそうな気がしたのにう〜ん、やっぱり時間の無駄でしたわ 結局、束ねてヘアピースをつけるだけになりました。 着物は2年前のこの研究会に着ていった源氏香のピンクのお単衣に紫陽花を描いた紗 [続きを読む]
  • 髪型が決まらず・・・
  • ひょっとしたら、日本髪が結えるんじゃないかと思って何度か挑戦してみたのですが、カーラーで髪、巻いたりだとか、逆毛立てたりだとか利き手の右手が上がりきらないので、やっぱりちょっと無理〜何年か前の美しいキモノの付録だと思うのですが、カーラーで巻かなくてもよさそうな髪形、まとめるだけの髪形を探しています。去年、五十肩になった秋に、当分、着物を着ることはなさそうだと思って髪の毛、切ってしまったことで、ま [続きを読む]
  • 悉皆屋さんにお願いしました
  • この前、タイの留学生に着てもらった私の若い頃のお振袖ですが、着せながら(あら・・・?)と思って、後からよく見たら、あちらこちらにこんなシミが浮き出ていたのです。数年前に1度、箪笥の中全部の着物をカビ取りや、丸洗いのお手入れに出して安心していたのですが、悉皆屋さんに聞いたら胡粉のものはどうしても出てくるのだとか・・・。綺麗になるそうで安心しました。 このお振袖は祖母が私が13歳の時に買ってくれたも [続きを読む]