跳ねうさぎ さん プロフィール

  •  
跳ねうさぎさん: 跳ねうさぎの日記
ハンドル名跳ねうさぎ さん
ブログタイトル跳ねうさぎの日記
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/kotarobazu/
サイト紹介文五十肩でお着物着られていません。あれから約1年、この秋には着物も京都旅行もお茶も楽しみたいです。
自由文近い将来、自宅の和室に炉を切ってお茶事をしたいと日々お稽古に励んでいます。皆さんのブログを楽しみに見て、また参考にさせていただきたいと思います。茶歴18年です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/08/17 18:15

跳ねうさぎ さんのブログ記事

  • ブログをお読みいただきありがとうございます
  • 秋の夜長はこちらのカップでお紅茶を・・・ ブログお読みいただきありがとうございます。急にたくさんの読者登録、いいね!をたくさんいただき、本当にありがとうございます。 これからも引き続きよろしくお願い致します。(^_^;) 『華紋の訪問着に引箔地、牡丹の手刺繍の袋帯』は新たに写真を添付しましたので、良かったらまた、見てくださいませ。https://ameblo.jp/kotarobazu/entry-12311353749.html 書く方に忙しく、今までお [続きを読む]
  • 志ま亀さんの小物でコーディネイト
  • リサイクルネットで去年買った、灰茶色、源氏貝に菊詰めの小紋、帯は丸重多かはしさんの鈴を織り出した名古屋帯です。手持ちの小物を合わせていたのですが、志ま亀さんの着物は色が独特、やっぱり、志ま亀さんので合わせたいなあと思って送っていただいて↓選んでみました選んだのは帯揚げは1番上のもの、帯締めは下の紫色と橙色のコンビのものです。はっきりした色が若い感じになってとても気に入っています 去年は五十肩で約1年 [続きを読む]
  • 四季の花の加賀友禅の訪問着
  • 結婚するときに母がもたせてくれた、四季の花々を描いた加賀友禅の訪問着です。帯は、成人式の時に・・・というわけではないのですが、2枚目のお振袖にあわせてしめていた横段の締め切りに能蝶を織り出した錦の袋帯です。落ち着いた緑色が、地味な気がして、今まではあまり袖を通してなかったのですが、この歳になって、ちょうどいいかなとおもうようになりました。それでもまだまだパアっとした綺麗な色を着てみたいと思っていま [続きを読む]
  • 華紋の訪問着に引箔地、牡丹の手刺繍の袋帯
  • 去年他界した母が大事にしていた引箔地に牡丹の手刺繍の袋帯を合わせてみました。着物は子供の行事に着ることが多かったので、自然に春の色目のものが多くなってしまい、秋の雰囲気のものがありません。濃い色の帯でしめると少し、秋の雰囲気がでるのではないかと思いましたが、どうでしょう、牡丹は1年中締められる富貴の花に違いはありませんが、厳密に言うと5月の花。 秋には全国的な大きなお茶会が予定されています。11月だけ [続きを読む]
  • 華紋の訪問着に向かい鳥襷紋様の袋帯
  • この前、牡丹唐草の袋帯を合わせた華紋の訪問着ですが、今日は向かい鳥襷文様の袋帯を合わせてみました。訪問着のベージュがかったピンクが優しい色合いで、顔色を綺麗に見せてくれます。着物に馴染ませるような色の向かい鳥襷文様の袋帯、きらびやかでないのでお茶の席にとても重宝です。今日はフォーマル仕様の絞りの帯揚げと白金の観世撚りの帯締めを合わせてみました。房のところだけ、さりげなく金色の色糸で組んであります。 [続きを読む]
  • 丸重多かはし 辛子色華紋の綴れの名古屋帯
  • 最後は付け下げに辛子色の華紋の綴れの名古屋帯を合わせてみました。こちらも多かはしさんのもので、大恵比寿講の時に求めたもので、織帯なので、5月ごろの陽射しが強くなった時のお茶会に大活躍しました。色がたくさん入っているので、「茶色以外はなんでも合わせられます」ということでいただきました。帯締めを何をもってきたらいいのかいつも悩みます。いつか、きねやさんに両方を持ち込んで小物合わせをしないといけないかな [続きを読む]
  • 丸重多かはし 付け下げに黒縮緬地に金格子に束ね花紋
  • 縮緬地の名古屋帯ですが、金色で格子が描かれ、描かれた牡丹と菊の花のところどころに金駒刺繍が施された丁寧な作りで、お茶会の時のお運びにも十分通用する1本です。黒なので、持っている紬など、いろいろな着物に合わせられて、本当に便利で重宝です。これをお勧めいただいたときは、私は背が低いので、黒だと分断するようで、なるべく着物の色に添わせるような色のものがいいと思っていたのですが、「絶対便利です」とすすめら [続きを読む]
  • 丸重多かはし 付け下げに織悦の幾何学紋の袋帯
  • おはようございます。ほんとうなら、2泊3日の予定でお出かけだったのですが、もうすぐやってくる台風のためにキャンセル、昨日からお着物の整理兼、コーディネイト兼、リハビリで着物を着ています。後から、また、おととい届いた志ま亀さんの小物を合わせたいので、志ま亀さんの小紋も着てみたいと思います。 着物も数、持っていないので、同じ雰囲気で、見ていても面白くないかもしれませんが、自分自身の頭の中と箪笥の整理のた [続きを読む]
  • 丸重多かはし 水縹色 花の丸に四季の花詰めの付け下げに華紋の袋帯
  • 長男が生まれたときに誂えてもらった着物なので、もう20年以上前のものになりますが、柄付けも控え目で帯が合わせやすく、また、花が重なるのを嫌うお茶の場面で、このような文様化した着物は、とても重宝です。こちらは本当にフォーマルな場面での組み合わせ帯に数色色糸が使われているので、合わせて帯締めを変えたりします。.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+ 以前に着物の [続きを読む]
  • 志ま亀さんの帯揚げと帯締め
  • 去年、リサイクルのネットで見つけた志ま亀さんの源氏貝に菊の花詰めの小紋、私なりに手持ちの小物で合わせてみたのですが、やっぱり、志ま亀さんのものは色が独特、夏に絽の小紋をお願いした担当者様に着物と帯の画像を送って、合いそうな小物をお見立ていただきましたら、すぐに6つの組み合わせで画像を送ってくださいました。 ・・・・・・なのですが、お着物って実際に見るのと画像を見るのとでは微妙に色が違ってきます。担 [続きを読む]
  • 望んでいるのは不倫じゃなくて純愛
  • 今までのブログ、経験をもとに書いていたから、さくさく筆が運んだのに、こればかりは経験がないので、なかなか筆が、進まず遅くなりましたお待たせしました。興味のおありの方はお読みくださいませ。 新幹線の中で手をつないで寝ていた今井恵理子や、民進党、幹事長の座を射止めた矢先、週刊文春で不倫問題をすっぱ抜かれた山尾志桜里議員、とうとう医者との不倫を認めた斎藤由貴女優の不倫など、めずらしくもないけど、私達の血 [続きを読む]
  • 丸重多かはし 華紋の訪問着に牡丹唐草の袋帯
  • 今朝はとても涼しかったですね。歩いても汗をかかなくなりました。・・・ということは、あまり痩せないということですよね涼しくなって食欲は増すばかり・・・食欲の秋です。 紬が続いたので、今日はたれものを着てみました。丸重多かはしさんの華紋の訪問着です。正倉院文様の繋がりを持たせて手持ちの牡丹唐草の袋帯を合わせてみましたが・・・ 濃い色があまり似合わないのでどうしても淡い、顔映りのよいものを選んでしまいます [続きを読む]
  • 六條ゆきやま紬に菊の帯
  • これは母から生前に譲ってもらった紅色の六條ゆきやま紬、母は派手だからと早いうちに私に縫いかえてくれたのですが、母が私にくれた歳をずっと上回った年齢になったけれど、まだ地味と思ってあまりきていないのです。無地っぽいので、帯次第でいくらでも着回しができそうですね。帯揚げも帯締めもありあわせで合わせてみましたが、どんなのが良いのでしょう。この秋にはお茶のお稽古に着て出かけようと思います。 人気ブログラ [続きを読む]
  • 茶屋辻文様 染めの結城紬
  • 重ねたままの母の着物を取り出して着付けの練習です。今日は、薄い紫地に茶屋辻文様の染めの結城紬です。帯揚げは京都に行ったときにきねやさんでいただいた薄い紫色のもの。帯締めは丸重かはしさんのもの、房のところだけ薄い黄緑色のものです。コーディネイトが難しくていろいろ帯や小物をのせてみたのですが、この組み合わせが1番私らしいかなと思います。母はもっと難しくて地味な帯を合わせていましたが、私の雰囲気ではあり [続きを読む]
  • お疲れ様
  • 研究会から帰ってきましたが…いつも反省ばかり… 日頃のお稽古がいかに大切かを思い知らされる一日 なんとなくやっていてはいけないのです基本って大切 重陽の節句にちなんで主菓子は『着せ綿』お席が角っこになり、畳の目に沿えてませんが… ちょっと休みますそしてまた明日から頑張ろう。 人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 家という呪縛 完結編
  • 週末、夫の休みに合わせて彼は訪れ,長い話をした後、2つの選択肢を提示した。 ひとつは、このまま帰る予定のない豊橋のマンションを持ち続け、みんなが我慢してここに暮らし、定年を迎えたら夫の実家に戻る。 ふたつ目は、マンションを売却し、少し頑張って、4人の子供たちがそれぞれのお友達を呼んで楽しく遊んだり、泊まったりする。趣味のお茶を楽しんだり・・・ 「この家からお嬢さんをお嫁に出されますか?」夫はすぐに返事を [続きを読む]
  • ブログをお読みいただきありがとうございます
  • アメブロのランキング、大抵、20位あたりを行ったり来たりしていたのですが、IN、OUT、PV、いずれも一挙にランキングアップしてびっくりしています。ありがとうございますヾ(@^▽^@)ノ励みになります。『着物』ブログなのにかけ離れた内容となってしまいまして、恐縮ですが、興味のない方は読まなければいいだけの話なので、引き続き書いていきます。読者登録もなんだか一気に増えて・・・嬉しいやら戸惑うやら・・・読者登録も [続きを読む]
  • 続.家という呪縛
  • 夫は首を縦にふらなかった。 小さい子供を連れてかなりしんどい引越しだったのに、それから2年しか住んでないのに、また借家へ引っ越し…「どの借家も似たようなものだろう」ここで探す借家は確かにそうかも知れない。でも、探せば、ここより絶対いいところがある。夫はめんどくさそうだったが、週末から借家探しに奔走した。 条件は子供達の学校区を変えないこと。特に、長女は微妙な年頃、学校を変わることで、いじめなどのタ− [続きを読む]
  • 多かはしさんの縮緬地に椿の染め名古屋帯
  • ブログ読んでいただいてありがとうございます。『家という呪縛』、続きを書いてますが、途中です。ひと休みに、今日は多かはしさんの椿の染め名古屋帯です 偶然、きねやさんの帯締めが、ぴったり合いました??私はクールな知的な色が似合いません以前とった画像です。帯のおたいこ部分です ずっとこれでいきます? 人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 家という呪縛
  • この家に引越しして、もう14年になろうとしている。 すごく早かったなあ〜4人いた子供はいまはみんな出て行って夫婦2人きり 新築したこの家に移り住んだのは14年前だけれど、愛知からこの地に引越ししてきたのは2000年にだから、そろそろ18年になろうとしている。長女が9歳、長男4歳、次男3歳、三男1歳、子供たちも生活のほとんどを、ここで過ごし、この地が故郷と呼ぶことになるのだろう。今でも、こちらに帰ってくると [続きを読む]
  • 多かはしさんの小紋に更紗の名古屋帯
  • 今日も、朝から着付けの練習今日は、まだ、単衣状態のつばきの描かれた、多かはしさんの小紋に昨日の更紗の名古屋帯を合わせてみました。小物類は、京都きねやさんのお見立てです。帯締めの色は蘇芳色こちらは真夏以外は締められるという多かはしさんの綴れの名古屋帯です。小物類も多かはしさんのもの若奥様にお見立ていただいたものです。自分の好みでなく、ひとさまに選んでいただくと違った発見ができ楽しいです。帯締めを変え [続きを読む]